ママのための悩み解決サイト
ハーフの子供の子育ては難しい? 日本で育てる現状と育児の4つのポイント

ハーフの子供の子育ては難しい? 日本で育てる現状と育児の4つのポイント

一昔前の日本に比べると、日本在住の外国人もハーフの子供も多くなったなと感じている方もいるでしょう。子供のお友だちやクラスメイトにハーフの方がいると思いますが、日本でのハーフの子育ては難しいのでしょうか。現状と楽しい育児のポイントをお伝えします。


日本のハーフ育児の現状

Getty logo

ハーフの子が身近にいるのが珍しくない今、学校ではどんな問題が起きているのでしょうか。集団生活での現状や日本における法律など、どのように子育てをしていけばよいのかをみていきましょう。

日本におけるハーフ出生数

2016年の厚生労働省の統計によると、出生した乳児は約97万人。うち両親が外国人、または片親が外国人のハーフは約1万9千人います[※1]。

日本のハーフに対する法律

国籍取得に関する法律があります。子供の国籍を取得するには血統主義と出生地主義があり、血統主義とは親が日本国民であれば子も日本国民であるとする方式です。出生地主義とは、日本国の領域内で出生した子供は、両親の国籍がどの国にあるかにかかわらず日本国民であるとする方式になります。20歳より前に日本国籍とともに外国の国籍を持つ多重国籍の状態になった場合は22歳に達するまでに国籍をひとつに選択。20歳に達した後に多重国籍となった場合は多重国籍となった時から2年以内が、国籍選択をすべき期限と法律で定められています[※2]。

実際に日本在住のハーフはどう見られているの?

Getty logo

ハーフへのいじめ・差別

ハーフの割合が増加しているとはいえ、クラスに一人、二人いる程度というのが現状。子供たちの間では髪や肌、眼の色などの違いを受け入れたり理解できず、いじめへと発展してしまう場合があるようです。また、言葉や文化、生活習慣や風習の壁なども理解してもらえないことがあるかもしれません。

悪いことだけじゃない! ハーフへの憧れも

ハーフへの憧れを抱く人が多いのも事実でしょう。手足が長くてスタイルが良く、顔立ちがはっきりしているモデルや芸能界で活躍している芸能人。身体能力が高いアスリート、さらに語学力などを羨ましがられる要素をもつハーフは憧れの存在なのです。

ハーフの子育ての大切な4つのポイント

Getty logo

学校と情報を共有する

ハーフだからと閉鎖的にならずに学校や地域と家庭が連携をしていくことが大切なようです。先生と距離を縮め学校での様子を伺ったり役員を引き受けたり、地域のお祭りや行事に参加するなどして親交を深め、溶け込んでいく姿勢を持つのもよいかも知れません。まずはママやパパが学校や地域と情報を共有することが壁を乗り越える第一歩になるでしょう。

さらに学校との情報共有も大切です。例えば海外では長期休暇を取って、母国に帰省をするので学校をお休みする場合があるということ。家庭内では母国語を使っているため、日本語力が乏しいこと。ママが外国人の場合、お便りや会話など日本語力がどれくらいか、先生や保護者とのコミュニケーションはどれくらい取れるのかなどを共有しておくとよいでしょう。何よりも子供が集団生活を過ごしやすいよう、ある程度日本のルールに合わせる柔軟性も持ち合わせていたいですね。

海外の文化を他の子供にも共有する

ほかの国の文化や風習、日本にはない常識や遊びなどを日本の子供たちに教える機会があると、理解が深まるのではないでしょうか。学校行事や特別授業、地域のイベントなどを利用して、教えていくのも大切なコミュニケーションのひとつと言えそうです。

親がハーフの子育てを楽しむ

日本人に比べると、外国人のような顔立ちをしていることから”かわいい”と評判になることがあります。また、母国語と日本語を小さいころから話せたり、日本人にはない要素を素敵な個性と信じてハーフの子育てを楽しみましょう。

バイリンガルを目指すのもあり

学校や外出先では日本語を。家庭内では片方の親が日本語を話せないため、家族の間での会話は母国語を話す。このスタイルがもっとも多くバイリンガルを生み出す環境のようです。

まとめ

外見や国籍だけで、まわりと理解し合えないことが少しあるかもしれませんが、まずは親が馴染む努力をしたり情報共有、交流を持つ姿勢ですごしていれば道は開けてくると思います。子育てを楽しむためにも、学校行事やママ友とつながりを大切にしていきましょう。

[※1]e-Stat 政府統計の総合窓口「データセット 4-32 父母の国籍別にみた年次別出生数及び百分率」
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&tstat=000001028897&cycle=7&year=20160&month=0&tclass1=000001053058&tclass2=000001053061&tclass3=000001053064&result_back=1&second2=1

[※2]法務省ホームページ「国籍の選択について」
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06.html

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


育児 育児法

関連する投稿


親子おそろいで履ける! アシックスの“東京2020公式”シューズがシンプル&機能的!

親子おそろいで履ける! アシックスの“東京2020公式”シューズがシンプル&機能的!

アシックスは、日本製の素材を採用して履き心地の良さを追求した「東京2020オリンピック競技大会公式ライセンス商品のシューズ」を、1月17日より発売します。


ピジョン「ストローボトル クルット」が便利! 新ミッキー・ミニーデザインが登場

ピジョン「ストローボトル クルット」が便利! 新ミッキー・ミニーデザインが登場

ピジョンの洗いやすくてお手入れラクラクな「ストローボトル クルット」シリーズに、 ディズニーデザインが、新たに登場。 2月10日より全国で販売を開始します。


月額制で、子どもの知育玩具使い放題&交換無料の“新サービス”が登場!

月額制で、子どもの知育玩具使い放題&交換無料の“新サービス”が登場!

キッズ・ラボラトリーは、生後3ヶ月から8歳の子どもがいる家庭に向けて、子どもの成長を応援する“知育玩具のサブスクリプションサービス”の提供を1月15日より開始します。


食物アレルギーに悩むママに安心を。「1歳からのはじめてのおやつセット」が登場

食物アレルギーに悩むママに安心を。「1歳からのはじめてのおやつセット」が登場

アレルギーや添加物など、おやつで悩むママにおすすめの「1歳からのはじめてのおやつセット」が、1月14日より、太田油脂公式通販サイト「マルタショップ」にて販売されます。


ママバターの“ディズニーデザイン”がかわいい! 親子で使えるアイテムなど全チェック

ママバターの“ディズニーデザイン”がかわいい! 親子で使えるアイテムなど全チェック

保湿ケアブランド「ママバター」は、ディズニーストアとの共同企画商品を、1月14日より全国のディズニーストア、オンラインにて数量限定発売します。


最新の投稿


頑固なお風呂の水垢を撃退! 諦めていた水垢汚れに効果的な洗剤

頑固なお風呂の水垢を撃退! 諦めていた水垢汚れに効果的な洗剤

水回りの厄介な汚れの代表といえば水垢! 何をやっても取れないと諦めていませんか? 今回は、我が家でも効果抜群だった「ある洗剤」についてご紹介したいと思います。お風呂場の水垢対策に、ぜひ参考にしてみてください。


穴場! コストコのアウトレット品がとってもお得

穴場! コストコのアウトレット品がとってもお得

コストコでは、ブランド品を安く買うことができるのをご存知でしたか? コストコは、ビッグサイズのものを、とっても安い価格で売っているイメージがあるかもしれませんが、実は高級なブランド品も安く販売しているんですよ♪ この記事では、コストコでどんなブランド品が売っているのか、具体的に紹介していきたいと思います。


日用品はどのくらいストックするのが正解? ストック管理方法のコツ

日用品はどのくらいストックするのが正解? ストック管理方法のコツ

日用品のストックをたくさん買いだめしている方も多いのではないでしょうか? 防災のためにもストックは必要ですが、日用品は一体どのくらい持つのがいいか、目安がわからない場合も多いですよね。今回はそんな日用品の管理方法のコツをお伝えします。


【医師監修】産後のスキンケアで肌は変わる? この時期の特徴と肌ケアのコツ

【医師監修】産後のスキンケアで肌は変わる? この時期の特徴と肌ケアのコツ

妊娠中~産後は女性の人生でホルモン分泌量の変化が最も大きくなるタイミング。その影響は肌にも現われます。出産したら肌質が変わったり、トラブルが増えたりした気がする……そんな女性たちに向け、産後の肌について解説します。


コストコのぬいぐるみまとめ! 全種類や値段一覧

コストコのぬいぐるみまとめ! 全種類や値段一覧

コストコでは、いろいろな種類のかわいらしいぬいぐるみが数多く登場しています。しかしコストコのぬいぐるみは、いつも販売されているわけではなくて、時期によってさまざま。そこで今回は、これまでに登場してきた女性や子どもに人気のぬいぐるみから、キャラクターものの日用品まで一挙に紹介していきたいと思います。