ママのための悩み解決サイト
新米ママが本当に喜ぶプレゼント!「出産後欲しいもの」8選

新米ママが本当に喜ぶプレゼント!「出産後欲しいもの」8選

出産を終えた新米ママへのプレゼントはどんなものが喜ばれるのでしょうか。定番以外で喜ばれる、おすすめのプレゼントをご紹介します。


新米ママへプレゼントを贈ろう!

Getty logo

出産祝いは一般的に赤ちゃんのものを考えがちですが、出産を終えた新米ママへのプレゼントも考えてみてはいかがでしょうか。「がんばったね」とねぎらいや「ありがとう」という感謝、そして「おめでとう」という祝福の意味を込めて贈りましょう。

ママ友からプレゼント

ママ友からは、経験者だからこそ実用的でかゆいところに手が届く。そんなプレゼントを贈りたいものです。「●●が好きそう」と好みのタイプや色をセレクトしたり、自分がもらって嬉しかったものや便利だったものを選んでもよいですよね。今後のお付き合いがさらに深まり距離を縮められるきっかけにもなるので、”これからもよろしくね”という想いを込めて贈りたいですね。お返しを気にする方もいるので、金額もあまり張らないほうがよいかもしれません。何人かでまとめて贈るとちょっと高額なものが選べるので、まわりのママ友と相談してみてはいかがでしょうか。

家族・パパからプレゼント

家族が一人増えて、とてもおめでたいことなので”がんばったね””ゆっくり休んでね”というねぎらいの気持ちと赤ちゃんの誕生日のお祝いを込めて贈るとよいでしょう。

【家族(舅・姑、父・母、兄弟姉妹など)から贈る場合】
直接、どんなものが欲しいか、どんなものが好みか聞ける場合は、本人の希望を聞いてからプレゼントを選ぶとよいでしょう。聞けない場合は、現金や商品券を贈る場合も多いようです。「好きなものに使ってね」と言葉を添えるとより温かい贈り物になるでしょう。

【パパから贈る場合】
”産んでくれてありがとう”と感謝の気持ちと愛情を込めて贈りましょう。サプライズで準備をして贈るのか、あらかじめ何がほしいのかを聞いておくのかいろいろな方法があると思います。まわりの経験者の意見も参考にするとよいかもしれませんね。

出産したママが喜ぶ!プレゼントの選び方

Getty logo

出産祝いの定番ものはあえてはずす

出産祝いをいただいて嬉しいけれど、定番や人気のものだと被ってしまうことがあります。できれば被らないようにするために、どんなものが定番なのかを知っておくとよいでしょう。定番と言われているものをご紹介します。

●絵本

●おむつケーキ

●おもちゃ

●スタイ

●食器セット

●タオルセット

●キャラクターもの

●ベビー服

●ぬいぐるみ

など、赤ちゃん向けのものが定番ですが、すでに揃っているものや好みにより使わなかったという悲しい結果も出ているようです。定番ものはあえてはずし、オリジナリティあるプレゼントでよりハートを温かくできるよう工夫をしたいものですね。

相手の好みをリサーチして赤ちゃんよりママのものを

赤ちゃんの誕生の祝福もありがたいのですが、がんばって産んだママへのご褒美もとても嬉しいものです。そんな出産を終えたママに喜んでもらえるよう、どんなものを欲しがっているか、産後の身体の調子はいかがか、実用的なものが良いのか、記念となるものが良いのか、何が好きかなどをリサーチしておくと良いでしょう。

抱っこ紐はマスト! 産後に活躍したグッズって何だった?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/769

育児グッズはたくさんありますが、そのなかで出産後に活躍したグッズにはどのようなものがあるのか、ママに聞いてみました。

育児ママを応援するおすすめプレゼント~ママ友から贈る場合

Getty logo

産後の疲れを癒す香り系アイテム

初産の場合、育児や授乳に関する不安、身体の回復、睡眠不足、仕事への復帰などいろいろな悩みがあるかもしれません。

そんなときは、アロマオイルの素敵な香りで新米ママの心身を癒してみてはいかがでしょうか。産後に良いと言われているのが「クラリセージ」という香りです。ほのかな甘みと温かくやさしいスパイシーな香りが特徴で、産後初めてのことが多く緊張した状態のママの心を癒してくれるでしょう。ほかには気分を明るくしてくれる「グレープフルーツ」「レモン」などの柑橘系や「ベルガモット」「ペパーミント」など親しみのある香りを選び、状態に合わせて使い分けできるよういくつかセットにして贈るのも素敵ですね(※)。また、良い香りのボディケアや入浴剤などもおすすめです。産後、疲れた新米ママの心身を香り系アイテムで癒してあげましょう。

(※産後に禁忌のアロマオイルがありますので、必ず事前に確認してから使用するようにしてください)

産後用スキンケアコスメ

産後は環境変化やストレスにより肌がデリケートになったり、しみやそばかすが増えたりと産前にはなかった肌トラブルが起きることも。肌トラブルを避けるためにも保存料が入っていいないものを使用するのが安心です。成分をチェックして、ママと赤ちゃんに安全なコスメを贈ってみてはいかがでしょうか。産後のママにおすすめのコスメのポイントはこちら。

〈保湿〉
産後のスキンケアで大切なのはしっかりと保湿することです。セラミドが崩れやすくなりバリア機能が低下している産後の肌には、セラミド成分が配合されたスキンケアがおすすめです。

〈オーガニック〉
産後のデリケートな肌と赤ちゃんへの影響を考え、天然素材が成分のオーガニックコスメはいかがでしょうか。敏感肌にもやさしく、肌トラブルをサポートしてくれる安心のスキンケアコスメです。

ほっとひと息ついてほしいティータイムセット

授乳を終え、赤ちゃんがすやすやと寝入ってくれた貴重な時間にリラックスしたティータイムをプレゼントというのも素敵ですよね。産後の身体と赤ちゃんにやさしいノンカフェインの「ルイボスティー、コーン茶、黒豆茶、はと麦茶」などを選んでみましょう。お茶に合うスイーツとセットも喜ばれそうですね。

離乳食作りがラクになるキッチングッズ

出産したばかりですが、子供の成長は早いもので離乳食の時期のことを考えるとまだ初めてなので不安を大きくなるかもしれません。そんな新米ママの強い味方でもある先輩育児ママが選ぶ離乳食のためのキッチングッズは心強いもの。役に立つ、ラクになるアイテムは育児の不安をなくしてくれると子育て中のママにも評判です。「ミキサーまたはブレンダ―」「マッシャ―」「ヌードルカッター」「保存容器」などあると便利なものはいかがでしょうか。必要性などを説明するとより距離が縮まるかもしれませんね。

赤ちゃんとおそろいのファッションアイテム

ママと赤ちゃん、おそろいの服をプレゼントするのもおしゃれですね。Tシャツやパーカー、ワンピースなどいろいろなアイテムがあります。おそろいで着ているだけでクールな親子を演出できますし、ハッピーな気分で一日を過ごせるおそろいアイテムは、粋なプレゼントになりそうですね。

育児ママを応援するおすすめプレゼント~家族・パパから贈る場合

Getty logo

海外では定番? アクセサリー

出産をがんばったママへのプレゼントとしてアクセサリーを贈る習慣が海外には定番としてあるようです。”アニバーサリージュエリー”は婚約時や結婚時だけではないんですね。出産したときもご褒美として夫から妻へ贈られる素敵な風習を取り入れてみませんか。何年経っても「このジュエリーは、この子が生まれたときに贈られたもの」と身につけるたびに幸せをかみしめてくれそうです。指輪だけでなく、ネックレスやピアス、時計、財布などの小物を特別なご褒美として感謝を表してみてはいかがでしょうか。家族からのプレゼントとしてもおすすめです。

旅行や映画のチケット

産前は旅行や映画が大好きでよく行っていたのに、産後はすっかり時間がなくなり行けなくなってしまったママへ旅行や映画のチケットをプレゼントするのもおすすめです。好きな舞台やアーティストのライブ、スポーツを楽しんだりとリフレッシュすることも大切ですよね。一人で楽しむ、もしくは夫婦で楽しむために、家族の協力が必要になるかもしれません。その際は、サポートが得られるよう工夫や準備をしっかりしておきたいですね。

ママひとりの時間

産後は24時間、赤ちゃんと過ごし一人になる時間がなかなかないママへ「自由な時間」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。映画や舞台鑑賞、ネイルサロン、エステ、ショッピングなど育児から離れて自由になれる時間を心置きなく過ごせるような環境づくりをしてみましょう。ママが安心して赤ちゃんを預けられるよう、ふだんから協力したりコミュニケーションを取ることが大切です。

まとめ

出産という大仕事を果たしたママへのプレゼントはとても心温まるものですよね。産後、感情が豊かになり涙もろくなっている時期ですので、いつも以上に感動する方もいるかもしれません。それぞれの想いを形にして贈ってみてください。「がんばらなきゃ」と張りつめていたものがほぐされ、ママは素敵な笑顔を見せてくれるでしょう。

出産祝いに関する記事一覧を読む

#子供の行事についてもっと見る!
#ママ友も見てみる?

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【助産師解説】「完全母乳」ってなに?混合から母乳のみへの移行は?

【助産師解説】「完全母乳」ってなに?混合から母乳のみへの移行は?

「完全母乳」という言葉や、それを略して「完母」と表現するのをよく耳にするママも多いことでしょう。この「完全母乳」という言葉、実はとても勘違いしやすいものなのです。今回は意味と考え方について解説するとともに、母乳が足りない時の対応、混合栄養から母乳のみへの移行など、母乳育児にまつわる気になる疑問に助産師が解説します。


【助産師解説】母乳が出過ぎるときのリスクと対処法

【助産師解説】母乳が出過ぎるときのリスクと対処法

母乳が出過ぎて困るというママへ向けて、考えられる要因とそれに合わせた6つの対策をご紹介。母乳は出ないことだけでなく、出過ぎても問題に。母乳に関するさまざまな問題に、助産師が丁寧に解説します。


【助産師解説】おっぱいが痛い!乳房や乳頭が痛い時の主な6つの原因と対策

【助産師解説】おっぱいが痛い!乳房や乳頭が痛い時の主な6つの原因と対策

授乳中におっぱいが痛くなるママは少なくありません。なぜ痛くなるのか、考えらえる主な4つの原因と対策について助産師さんにうかがいました。自分の痛みがどれに当てはまるのかを確かめ、原因に合った対応を心がけましょう。


【助産師解説】乳腺炎を予防するための4つの心得

【助産師解説】乳腺炎を予防するための4つの心得

乳腺炎は全授乳期間で24~33%の頻度で起こると報告されています[*1]。授乳期間中はいつでも起こる可能性があるため、予防が大切です。知っておきたい乳腺炎になるきっかけと、予防につながる授乳や生活のポイントについて助産師がお伝えします。


【助産師解説】授乳中のアルコール(お酒)は大丈夫?飲酒量とタイミング

【助産師解説】授乳中のアルコール(お酒)は大丈夫?飲酒量とタイミング

気になる授乳中のアルコール(お酒)問題について、助産師が解説します。赤ちゃんへの影響やリスク、飲みたいときの方法や注意点についてのアドバイスを、ぜひチェックしてください。


最新の投稿


便利&飲みやすい! コストコのアイスコーヒーの種類

便利&飲みやすい! コストコのアイスコーヒーの種類

2019年の夏も後半戦にさしかかってきましたが、まだまだ暑い日が続いていますよね(汗)。こんな暑い日には、やっぱり冷たい飲み物が欠かせません。忙しい毎日の中、ちょっとブレイクしたい時にはアイスコーヒーが最適! 今回は、暑い夏に飲みたい、コストコのアイスコーヒーについて紹介していきたいと思います。


【助産師解説】緑茶のカフェイン含有量!妊娠中は大丈夫?

【助産師解説】緑茶のカフェイン含有量!妊娠中は大丈夫?

緑茶に含まれるカフェインと、妊娠中の飲み方について助産師が解説します。豊かな香りとすっきりした味わいで人気の緑茶ですが、妊婦は飲んでも大丈夫なのでしょうか?推奨量など、詳しくお伝えします。


キッチンのシンク下にある扉式収納を使いやすくする3つの方法

キッチンのシンク下にある扉式収納を使いやすくする3つの方法

キッチンのシンク下の収納は、最近は引出し式が主流ですが、まだまだ扉式の方もいらっしゃいますよね。奥が使いづらいなどの不満があるかもしれませんが、3つのポイントをおさえればしっかり収納できますよ。


【助産師解説】抹茶のカフェイン含有量! 妊娠中は飲んでもOK?

【助産師解説】抹茶のカフェイン含有量! 妊娠中は飲んでもOK?

抹茶のカフェイン含有量はどれぐらいなのでしょうか? 妊娠中の摂取について助産師が解説します。妊婦さんにおすすめのお茶も紹介しているので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。


吊戸棚の収納テク! 専門家が教える有効活用するための5つの方法

吊戸棚の収納テク! 専門家が教える有効活用するための5つの方法

キッチンや洗面所にある備え付けの吊戸棚。使いこなすのは意外と難しいですよね。ですが、使いこなせれば便利な場所でもあります。少しだけ「視点を変えてみる」「手間をかけてみる」ことで、グッと使いやすくすることができますよ! 今回はいくつかの例をご紹介いたします。


家族や人間関係の悩み話題のキーワード


家族や人間関係の悩み 家族 働くママ イクメン