子供へのダンスの教え方!上達させる方法・ポイントは?

子供へのダンスの教え方!上達させる方法・ポイントは?

音楽に合わせて身体を動かすダンスは、赤ちゃんの時から楽しめる運動。踊っている時の子供の表情は、本当に楽しそうですよね。今回は、子供にもっとダンスを楽しんでもらいたいママたちに、ダンスの上達方法やポイントについてご紹介します。


幼児・子供が大好きなダンス

Lazy dummy

子供に人気のダンスですが、ダンスって発達面などでどのような効果があるのか気になりますよね。まずは、子供がダンスを楽しむことによる効果やメリットについてご紹介します。

ダンスの魅力

ダンスといえば、音楽に合わせて身体を思いきり動かす運動です。感情を込めて自己表現できる運動なので、リズム感や運動能力といった身体能力の向上が図れるだけでなく、情緒面での効果も期待できる所もダンスならではの魅力といえるでしょう。

例えば、友達と一緒に踊ることでコミュニケーションを豊かになったり、自分の感情を表現することによって楽しさや喜びを感じることができるのです。

保育園・幼稚園のお遊戯でも取り入れられている

心身ともに成長が図れるダンスは、保育園や幼稚園でも多く取り入れられています。運動会や保育参観といったイベントにはもちろん、園内での日々の生活でもお遊戯として実践しているようですよ。

保育園も幼稚園も、子供の年齢や発達に応じたダンスを用意しています。初めはシンプルな動きの踊りから始まりますが、成長するにつれてどんどんダンスのレベルも上がり、1人1人個性が出てくるようになってきます。見守る立場のママたちも、ダンスを通じて子供の成長を実感できるのではないでしょうか。

ベビーダンスが人気⁉︎ 産後ママと赤ちゃんが一緒に楽しめる!

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3007

ベビーダンス。なんだか可愛らしくて楽しそうなネーミングですが、どんなものなのでしょうか。産後ママたちのために考案された話題のベビーダンスをご紹介します。

子供へのダンスの教え方!上達させるコツ

Lazy dummy

音楽に合わせて思うままに踊るのも楽しいですが、決められた振り付けを覚えて、その通りに踊れるようになれば自信にもつながり、より楽しさを感じられるはず。次は、ダンスを上達させるポイントについてご紹介します。

子供がやりやすい振り付け

ダンスの上達には、まず子供がやりやすい振り付けのものを取り入れることが大切。ダンスを選ぶ際、子供が難なく踊れるような振り付けであるかどうかを1カ所1カ所確認してみてください。

また、説明しやすい動きを取り入れるのもおすすめ。例えば、両腕を前で回す動きなら「グルグル」、跳躍なら「ピョンピョン」、手のひらをヒラヒラさせるなら「キラキラ」など。振り付けを教える時、動きと言葉がセットになっていると、より覚えやすいのです。

子供と同じ方向を向いて踊る

大人が振り付けのお手本を見せながら踊る時、大人と子供が向かい合っている形が多いですよね。たしかに動きはその方が見えやすいですが、向かい合うことで左右が反対になってしまうのが難点。

両手が同じ動きの振り付けなら問題ないですが、左右で違う動きの多い振り付けでは、振り付けを逆にして覚えてしまったり混乱してなかなかスムーズに覚えられなかったりと不利なことが多くなってきます。お手本になる側が子供と同じ方向を向いて踊るのも、上達のコツです。

面白い動きを入れる

子供は、面白いものが好きですよね。ダンスも面白さがないとすぐに飽きてしまうので、是非面白い振り付けや動きも大切です。ガニ股や動物のポーズなど、下品にならない範囲で取り入れてみましょう。

かけ声を入れる

振り付けやポーズのタイミングって結構難しいもの。そこで、振り付けのタイミングに合わせてかけ声を取り入れてみましょう。かけ声は、「ヤー」などの単純な言葉でOK。かけ声が入ることでアクセントになり、タイミングだけでなく、振り付けそのものも覚えやすくなります。

子供が飽きないよう毎日は練習しない

ダンスの楽しさを知ってもらいたい、そのためには少しでも早く振り付けを覚えて上手に踊れるようにしたい!と思うと、練習は毎日した方が良いと思いますよね。しかし、子供は同じことの繰り返しには飽きてしまうもの。毎日ではなく、日を空けての練習が丁度良いのです。その代わり、1回1回を丁寧に踊るようにしましょう。

運動会でも人気!3歳以下のキッズダンスにおすすめの曲

Lazy dummy

小さい子供はもちろん、まだ抱っこの段階の赤ちゃんでも楽しく踊れる曲はたくさんあるので、是非トライしてみましょう。次は、3歳以下のおすすめのダンス曲についてご紹介します。

にゃんこたいそう

手でネコの動作のマネをする踊りが特徴。首と手をメインの覚えやすい振り付けなので、まだ立つことができない赤ちゃんでも座りながら楽しめます。立つことができる子供の場合は、屈伸なども合わせて踊ってみると良いでしょう。

虫の音楽隊

0歳から挑戦できるダンス。ママの膝に向かい合うようにまたがる体勢から始まり、音楽に合わせてママが子供の手足を動かしたりして親子のスキンシップも楽しめます。

フルフル・フルーツ

明るいテンポで、手をヒラヒラさせながらくるっと回る振り付けで始まるダンス。「ゴーゴー」と掛け声をかけたり、腕を振ったり、腰をひねったりして踊ります。フルーツの名前がたくさん出てくる歌詞も魅力的。

パンダうさぎコアラ

両手の「おいで」のポーズと、「パンダ」「うさぎ」「コアラ」の3匹の動物のポーズからなる振り付けが特徴。どのポーズも手の動きがメインなので、まだ立つことができない子供でも楽しめます。それぞれの動物をイメージすると、覚えやすいかもしれませんね。

まとめ

Lazy dummy

ダンスは心身ともに成長できるほか、親子で一緒に楽しめるのも魅力。日常生活の中で積極的に取り入れたいですよね。思うままに踊るのも楽しいですが、上達することで自信にもなり、楽しみもアップするので、工夫しながら色々なダンスに挑戦してみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【2021年1月】絵本のプロが選ぶ 0~3歳年齢別おすすめ3冊「おしくら・まんじゅう」ほか

【2021年1月】絵本のプロが選ぶ 0~3歳年齢別おすすめ3冊「おしくら・まんじゅう」ほか

東京は神保町にある絵本専門店「ブックハウスカフェ」が全面協力! プロが選ぶおすすめの絵本をセレクトして、毎月紹介します。


【知育】日本とアメリカの違いとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.1

【知育】日本とアメリカの違いとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.1

ハーバード大学をはじめ、アメリカの大学で長年研究されてきた「ダイアロジック・リーディング」。その手法について紹介した書籍、『思考力 読解力 伝える力が伸びる ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』(かんき出版)より、子どもの能力を伸ばす読み聞かせメソッドを紹介します。今回は、日本とアメリカの読み聞かせの違いについてです。


【知育】ダイアロジック・リーディングとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.2

【知育】ダイアロジック・リーディングとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.2

ハーバード大学をはじめ、アメリカの大学で長年研究されてきた「ダイアロジック・リーディング」。その手法について紹介した書籍、『思考力 読解力 伝える力が伸びる ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』(かんき出版)より、子どもの能力を伸ばす絵本読み聞かせメソッドを抜粋してご紹介します。


【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

転勤族の妻で2児の母、ワンオペ育児8年目のヲポコさんが、自分の経験や周囲の声から、ワンオペ育児を考える好評連載。どうしてこんなに苦しいの? もうちょっとラクになる方法があるんじゃないの? ワンオペ育児の現場から、率直かつ切実な声をお届けします。


【漫画】初出社前日、まさかの情緒不安定に!『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.6

【漫画】初出社前日、まさかの情緒不安定に!『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.6

転勤族の夫と結婚し、2人の子供をアウェイな土地で育てる専業主婦だったよいこさんですが、働きたい!と就職活動をスタート。一時は書類審査で全滅して絶望したりもしましたが、なんとか採用をゲット! 初出社に向けていろいろと準備を進めていたものの、突如弱気になってしまい……!?


最新の投稿


【3択クイズ】イヌはなぜほえるの?『科学の教養365』Vol.5

【3択クイズ】イヌはなぜほえるの?『科学の教養365』Vol.5

宇宙や自然、体の仕組みなど、子どもから科学の質問をされて即答できなかった経験、ありませんか? そんなママにおすすめな書籍が、『1日1ページで身につく イラストでわかる 科学の教養365』(SBクリエイティブ)。この連載では、本書から抜粋した科学のギモンを短期集中でご紹介します。


【漫画】今度はわたしが家族を苦しめている……?『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.10

【漫画】今度はわたしが家族を苦しめている……?『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.10

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』。風邪で熱が出たけど、夫と子どもの様子が気になって眠れず……?


【○×形式で考える】両家の親との関係、どっちが正解?『不機嫌な妻 無関心な夫』Vol.9

【○×形式で考える】両家の親との関係、どっちが正解?『不機嫌な妻 無関心な夫』Vol.9

50万部超えの人気シリーズ『察しない男 説明しない女』『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち』(ともにディスカヴァー)の著者である五百田達成さんの最新書籍から、夫婦のコミュニケーション不全を解決するヒントを紹介する短期集中連載。9回目の今回は「両親との関係」についてお届けします。


【躊躇する】子供が撮った写真が消せない親心「漆黒のアルバム」

【躊躇する】子供が撮った写真が消せない親心「漆黒のアルバム」

Instagramで子育て漫画を発信されるなっちパパさん。なっちパパさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師取材】小児科は何歳まで受診できる? 内科とはどう違うの?

【医師取材】小児科は何歳まで受診できる? 内科とはどう違うの?

「小児科は何歳まで?」「内科とはどう違うの?」……子供のいるパパ・ママの疑問について取材しました。