ママのための悩み解決サイト
子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供にピアノを習わせたい時、まず欠かせないのが自宅で練習するためのピアノ選び。アップライトピアノか電子ピアノ、どちらが良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今回、この2種類のピアノの特徴も含め、子供の練習用のピアノの選び方についてご紹介します。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

幼児・子供に練習用ピアノは必要?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ピアノを習うならば、ピアノを用意しなければなりません。しかし、ピアノは大きな買い物であり、選ぶ際は慎重になりたいところです。まずは、ピアノを習う際の練習用のピアノの必要性と、練習用のピアノの選び方についてご紹介します。

家でピアノの練習は必要

ピアノの習い事は、ピアノ教室でレッスンを受けながら課題曲を覚え、次のレッスンまでに自宅で練習をするという流れがほとんど。ピアノ教室の頻度も1週間に1回程度のケースが多いでしょう。上達のためには、ピアノ教室に通いさえすればよいというわけではなく、家での練習が重要なポイントとなります。

家庭での練習用ピアノの選び方

ピアノといったら、グランドピアノをイメージする人も多いのではないでしょうか。しかし、家庭での練習用となるとグランドピアノは物理的に難しい場合がほとんどでしょう。多くの家庭では、アップライトピアノか電子ピアノを練習用のピアノとして取り入れているようです。

どのピアノを選ぶかは、家庭の環境やピアノを習う目的によって決めることが大切。一戸建てか集合住宅かどうかやピアノを置く場所が確保できるか、どれぐらいの予算で考えているかによって変わりますし、子供にどこまでピアノをやらせたいかにもよって変わってきます。

例えば集合住宅の場合には電子ピアノ、配置する場所が確保できなかったり普段は収納しておきたい場合には卓上で活用できる電子キーボードを使用することになるでしょう。

また、楽譜が読めるようにしたい、趣味の一環としてなどといった目的の場合には電子ピアノ、本格的に習わせたい場合にはアップライトピアノ、プロを目指す子供向けにはグランドピアノといった選び方となるのです。まだピアノを習う目的がはっきりしていない場合には、まずは電子ピアノから始めて本格的に習いたいと思い出してからアップライトピアノに切り替える、といった形でも良いでしょう。

ただし、ピアノ教室によっては電子ピアノをNGとする場合があるので、注意が必要です。ピアノ教室を利用する場合には、教室の方針を事前に確認しておきましょう。

アップライトピアノの特徴・メリット・デメリット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

本格的にピアノを習いたい子供におすすめのアップライトピアノは、どのようなものなのでしょうか。次は、アップライトピアノの特徴をはじめ、メリット・デメリットについてもご紹介します。

アップライトピアノとは

アップライトピアノとは、鍵盤を叩くとハンマーで弦を鳴らして音を出すアコースティックピアノで、壁に沿って配置できるコンパクトな形状が特徴。音が出る仕組みはグランドピアノと同じですが、弦の張り方が異なります。配置するスペースの問題に応じて作られたピアノとのこと。

アップライトピアノのメリット

アップライトピアノのメリットは、やはり仕組みがグランドピアノと同じである部分が大きいでしょう。鍵盤の叩き方で強弱や音色を調整できるので、演奏において個性を出すことができます。

アップライトピアノのデメリット

アップライトピアノは弦の張り方の関係でグランドピアノに比べてハンマーの戻りが遅いのが欠点。そのため、鍵盤を連打した時に音が出ない場合が多く、早い曲を弾く時などには向いていません。

初心者におすすめのアップライトピアノ

・カワイ「アップライトピアノ K-200」

カワイ / KAWAI  新品 アップライト ピアノ K-200 ( K200 )

¥ 531,000

(2018/4/11 時点)

美しく伸びのある構造に見直されたピアノ。初心者から上級者まで幅広く使われています。同製品は、受注生産製品として、ホワイトモデルも展開しているようです。

電子ピアノの特徴・メリット・デメリット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

電子ピアノは、その手軽さから"とりあえずピアノをやってみよう"という子供におすすめ。次は、電子ピアノの特徴をはじめ、メリット・デメリットについてもご紹介します。

電子ピアノとは

電子ピアノは、コンピューターが内蔵されており、電気によって音が出る仕組みのピアノ。木製鍵盤などアコースティックピアノと似たタッチが楽しめる製品もあるようです。電気で動いているため、アコースティックピアノでは実現できないオプション機能が搭載されているのが特徴です。

電子ピアノのメリット

電子ピアノのメリットは、まず住宅環境にとらわれない点。本体そのものが軽量であるため床の耐久性を気にする必要がないほか、音量調節やヘッドホン使用ができるので、時間を気にせずピアノの練習が可能です。

また、電子ピアノはアコースティックピアノと比べて手頃な値段なため、あまり経済的に余裕がなくても購入しやすく、子供がピアノをやめてしまっても負担が少なく済みます。

電子ピアノのデメリット

電子ピアノのデメリットは、まず音の強弱をつける事ができない点があります。自分で音のメリハリを付けられないので、ある程度上達した頃に物足りなさを感じることも。

さらに、アコースティックピアノとはタッチの感覚が違うため、電子ピアノの感覚でアコースティックピアノを弾くと、音の強弱が不安定になることも考えられます。電子ピアノに慣れすぎてしまうことでアコースティックピアノを用いる発表会などで適応できなくなってしまうリスクもあります。

また、電子ピアノはあくまでも電化製品であり消耗品なので、老朽化によって故障や不具合が生じてしまうものです。寿命は10年ほどなので、メンテナンスに出した時にはサポート期間が過ぎていたり部品がなかったりと修繕ができない状態になってしまう事も多く、手頃な価格で購入できる一方で買い替える必要も出てきてしまうのもデメリットといえるでしょう。

初心者におすすめの電子ピアノ

・コルグ「DIGITAL PIANO B1」

KORG 電子ピアノ B1 BK 88鍵 ブラック

¥ 32,400

(2018/4/11 時点)

本物のピアノのようなタッチを再現した鍵盤と、ピアノ特有の低音が出るスピーカーシステムを搭載した電子ピアノ。ピアノ以外にもオルガンなど全8種類の音色も楽しめます。

・ヤマハ「ARIUS YDP-143」(参考価格・税別8万5,000円)

YAMAHA / ヤマハ ARIUS アリウス YDP-143 WH 電子ピアノ (ホワイトウッド調仕上げ)

¥ 84,800

(2018/4/11 時点)

コンサートホールで弾いているような残響が表現できるリバーブ4種と、アコースティックピアノのような自然な弾き心地ができる鍵盤を搭載した電子ピアノです。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ピアノの選び方は各家庭の状況次第であると分かっていても、やはり電子ピアノの練習では上達にも限界があるのではないかと心配する親も多いのではないでしょうか。しかし、子供がピアノを好きになってピアノを弾くことに楽しさを感じる事が上達には最も重要なこと。そのためにも、子供がのびのびと気持ちよくピアノを弾きやすいような環境を考慮してのピアノ選びを心がけてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


教育の悩み 習い事 ピアノ

関連する投稿


絵本の読み聞かせアプリおすすめ5選!効果・メリットは?

絵本の読み聞かせアプリおすすめ5選!効果・メリットは?

絵本の読み聞かせアプリは、人気の高い知育アプリのひとつ。スマホやタブレット1台で、何冊分もの絵本が楽しめるので便利ですよね。今回は、そんな絵本の読み聞かせアプリのメリットやおすすめなどについてご紹介します。


家庭学習を幼児に身に付けさせる!幼児期におすすめの教材5選

家庭学習を幼児に身に付けさせる!幼児期におすすめの教材5選

塾や図書館で勉強をするほか、学生がファストフード店や商業施設のフードコートなどで勉強をしている光景を目にすることありませんか。自宅で勉強をしない子が増えている昨今ですが、今回は幼児のうちに家庭学習を身につけるメリットとおすすめの教材をご紹介します。


幼稚園や保育園で使う子ども用のお弁当箱の選び方は?

幼稚園や保育園で使う子ども用のお弁当箱の選び方は?

お昼に給食が提供される幼稚園や保育園もありますが、お弁当を持参する園も多いですよね。でもそこでママが悩むのは、「どのようなお弁当箱を使ったらいいの?」ではないでしょうか。今回は、子どものお弁当箱の選び方のコツや人気のお弁当箱などをご紹介します。


幼稚園・保育園用上履きの選び方は?種類やデコる方法も紹介

幼稚園・保育園用上履きの選び方は?種類やデコる方法も紹介

幼稚園に通うようになると、必要になるのが「上履き」。保育園でも、2~3歳児クラスに上がる頃に必要になるところもあるようです。園生活で長時間履くことが多い上履きの選び方や、アレンジ方法についてご紹介します。


子供へのダンスの教え方!上達させる方法・ポイントは?

子供へのダンスの教え方!上達させる方法・ポイントは?

音楽に合わせて身体を動かすダンスは、赤ちゃんの時から楽しめる運動。踊っている時の子供の表情は、本当に楽しそうですよね。今回は、子供にもっとダンスを楽しんでもらいたいママたちに、ダンスの上達方法やポイントについてご紹介します。


最新の投稿


学資保険は返戻率で決めてはダメ?返戻率の仕組みを知って賢く選ぼう

学資保険は返戻率で決めてはダメ?返戻率の仕組みを知って賢く選ぼう

子どもの将来の教育資金準備として加入している方も多い学資保険ですが、多くの保険会社で取り扱いがあるため、どれを選べば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?大手保険会社の例を挙げて、学資保険を選ぶポイントの1つとなる返戻率について考えてみましょう。


学資保険の掛け金の平均相場は?途中で変更・解約はできるの?

学資保険の掛け金の平均相場は?途中で変更・解約はできるの?

保険は一度加入すると何年も保険料を払うことになるので、適切な保険料の目安を知ることや、不測の事態に備えて対処法を確認しておくと安心です。子どもの将来のために備える学資保険であればなおさらですね。


二人目出産!学資保険に加入する前に確認しておきたいことは?

二人目出産!学資保険に加入する前に確認しておきたいことは?

初めての子どもが生まれた場合、学資保険に加入された方も多いのではないでしょうか。しかし二人目の時には加入を見送る家庭も少なくありません。学資保険はある程度長期に渡って保険料を払い続ける必要があるため、二人分の保険料を支払っていけるのか不安というがありますよね。今回は二人目の学資保険の必要性について紹介します。


子どもの映画館デビューは何歳から? 事前に知っておくべき注意点など

子どもの映画館デビューは何歳から? 事前に知っておくべき注意点など

映画館は何歳から利用できるの? 赤ちゃんや小さな子をもつママやパパは気になっている方も多いかと思います。いつから子どもといっしょに映画を楽しめるのでしょう。席を選ぶときの注意点やおすすめアニメなど、素敵な映画館デビューにするためのポイントをご紹介します。


初誕生祝いは何を贈る?予算とおすすめプレゼント

初誕生祝いは何を贈る?予算とおすすめプレゼント

子どもの満1歳を祝う初誕生祝い。お祝いは、具体的にどのような事をするものなのでしょうか。また、初誕生祝いの贈り物も、どのようなものが良いのか迷ってしまうものですよね。今回は、初誕生祝いに向けて知っておきたいお祝い方法やおすすめのプレゼントについてご紹介します。