沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


年少さん最後の参観日、泣かなかった?

Lazy dummy

先日、年少さん最後の参観日がありました。1学期最後の参観日の様子をちらりとコラムの中でお話した事がありますが、いやあ、今振り返っても泣きまくっていましたね。

当時、家ではよく泣く子だったのですが、個人面談では「幼稚園では泣いたところを見た事がないですよ」と担任の先生。しかし、親の顔が見えると話は別なのでしょう、1学期の参観日はいつも泣いてましたし、2学期になっても娘の後ろ(すぐ手の届くところ)にいないと泣いてしまう状態でした。お陰で、年少さんの参観日の写真はほとんど娘の後ろ頭しか撮れていません。

子供の虫除けにアロマは効く? 新成分イカリジンはどう?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.2】

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1732

すっかり気温も上がり、真夏日のような暑さが続きますね。イベントや旅行などの多い時期だからこそ、前回に引き続き虫除け対策をしっかりチェックしていきましょう。

Q.さあ、そんな泣き虫の娘、年少さん最後の参観日。1年間で泣かなくなったでしょうか?

A.泣きました。

でもね、とても成長した涙だったんです。

クラスでかるた遊びをする事になり、先生が「カードを一緒に配ってくれる人」と挙手させたんですね。娘も元気に手を上げたんですが、残念ながら先生に選んでもらえなかったんです。それが悔しかったみたいで、椅子に座った娘の目にじわっと涙が浮かんできました。

「ああ、泣くな、こりゃ」と私は遠くから見ていました。そしたら、娘は口をへの字に曲げて、手をぎゅっと握りしめて、必死でこらえてるんです。でもこらえきれずに、目から大粒の涙がぽろりとこぼれました。けれど、娘は声を上げずに、体操服のポケットを探り始めたんです。

しばらく探って、ようやくくちゃくちゃになったハンカチをポケットから引っ張りだして、顔を上げました。そこでやっと私と目が合ったので、私は頷いてみせました。何度も頷いてみせました。娘も頷いて、ハンカチで顔をこすりました。

娘、泣きました。でもね、他のみんなや先生に気づかれる前に、頑張って自分で涙をふいたんです。

もうね、私が泣いてしまって。隣にいた他の子のお母さんも「頑張ったね、泣き止んだね、すごいね」って涙声で言ってくれて。ああ、大きくなったんだな。「ママがいない」で泣いてた娘が「先生に選ばれなくて悔しい」で泣くようになり、そして、その涙をもう、自分でふけるようになったんだな。

参観日の小さな小さな一場面。でも、すごく成長を感じる一場面。そのまま泣き止んでみんなとかるたを始めた娘に金メダルをあげたくなりました。

幼稚園で一番のちびっ子

Lazy dummy

娘は3歳です。3月末生まれなので、幼稚園の中でも一番のちびっ子。成長曲線でもやや小さめなので、4月生まれの子と比べると同じ学年とは思えないくらい大きさが違います。身体の大きさだけでなく、もちろん発達も違います。幼いです。ちょうど入園シーズンに転勤が重なった事もあり、「無理に年少さんから入れなくてもいいのかな……」と悩んだ時期もありました。

引越し前に幼稚園に問い合わせをし、娘を連れて見学と面接を受けました。それが去年の今頃の話です。オムツが外れていない事や、これまで集団生活をした経験が無い事などいくつか心配な事も相談しました。いろいろお話しした最後に、園長先生が言いました。

「みんな泣きます。ずっと泣いてます。やっとなれたらゴールデンウィークになるでしょう。そしたらまた泣き始めます。夏くらいになるとやっとなれて泣かなくなったと思ったら、夏休みが来るでしょう。そしたらまた里心がついて、また泣き始めますよ。運動会くらいになると、やっと泣かなくなるかな。そうして今くらいの時期になると、もう誰も泣かなくなりますね」

この言葉が、私にはとてもありがたかったのです。「あ、みんな泣くんだ」という事や、「そのくらいゆったりした視点で見てくれる幼稚園なんだな」と感じることができたからです。

涙無しには語れない、初めての運動会【ママ女医と娘の○○な日常 vol.15】

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/2076

先日、娘3歳、人生初の運動会がありました。そして、親の私も人生初の娘の運動会観戦。今回は、そんな新米親の運動会苦労談と、ひたすら親バカのお話をさせていただきます。

「泣かなくなる」事

Lazy dummy

そして、「泣かなくなる」瞬間を見る事ができました。1学期最後の参観日には、泣いた娘を男の子が頭をなでで慰めてくれました。運動会では、ママがいなくて泣いてしまった女の子を、娘やクラスのみんなが頑張ってなぐさめてあげる姿がありました。

そして今日、娘は自分で泣きやみました。

子供達みんな、毎日いろんな事があります。嫌な事や悲しいことがあっても「泣くほどの事じゃない」という事がわかったり、感情を言葉や態度で表現できるようになったりして、段々泣かなくなっていくのでしょう。

しかし、それでもどうしても我慢出来ずに泣いたりする事も沢山あるでしょう。でも、自分でこらえたり、みんなで慰めたりして、泣きやめるようになるんだな。そして「ママがいない」涙はもうすぐ見えなくなって、もっともっと複雑な涙に変わっていくんだろうな。

クラスで一番小さな娘。みんなが4歳になったのに、最後まで3歳の娘。こんなに小さくても、ちゃんと成長してました。みんなと一緒に、成長してました。

春休み過ぎたら、年中さんです。娘よりもっと小さい年少さんが入ってきます。

ちゃんと頑張れるかな? でも……きっと、大丈夫だね。

(HAL)

※記事内の画像はすべてイメージです

記事の著者  
のんびり子育て中のママ女医   HAL先生
内科医。大学病院研修中にうつ病を発症し、数年間療養生活を経て復帰。その後、病気の間支えてくれた医者の夫と結婚し、娘を出産。現在は田舎で夫、3歳の娘と暮らす。自身の出産・育児の日々をもとに、医学的なエビデンスを交えて育児情報・ニュースなどをブログで発信。またTwitterでは、娘との会話や、ほっこりあたたまる育児エピソードも紹介し、注目を集めている。
http://halproject01.blogspot.jp/
https://twitter.com/halproject00

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』今回は、この病気を発症した夜のお話です。


【漫画】ワンオペ育児の二大呪い! 自己嫌悪&夫へのヘイト『ワンオペ育児の呪い』Vol.4

【漫画】ワンオペ育児の二大呪い! 自己嫌悪&夫へのヘイト『ワンオペ育児の呪い』Vol.4

転勤族の妻で2児の母、ワンオペ育児8年目のヲポコさんが、自分の経験や周囲の声から、ワンオペ育児を考える好評連載。どうしてこんなに苦しいの? もうちょっとラクになる方法があるんじゃないの? ワンオペ育児の現場から、率直かつ切実な声をお届けします。


【漫画】引っ越し直後の繁忙期をコロナ禍が直撃! 『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.4

【漫画】引っ越し直後の繁忙期をコロナ禍が直撃! 『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.4

2020年春、パパの転勤で大阪に引っ越したあいさんファミリー。ちょうどそのころ、コロナによる緊急事態宣言が。おうち仕事はどうなる?『いけいけどんどん! ワーママ奮闘記』で働くママたちの共感を集めたあいさんが、フリーランスデザイナーになり、主に在宅で働き出してからを描くコミックエッセイ、大好評連載中です。


【漫画】どんぐりお持ち帰り問題に、究極の解決法『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.4

【漫画】どんぐりお持ち帰り問題に、究極の解決法『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.4

秋冬になるとお持ち帰り率高まるのが……そう、どんぐり! 毎日増えていくどんぐりにモヤモヤしっぱなしのモチコさんでしたが……!? 子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


【漫画】どうして……? 子宮頚管が短い! 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.2

【漫画】どうして……? 子宮頚管が短い! 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.2

2020年5月、37歳で第4子チイくんを出産したあおのそらこさん。4度目の出産なのでスムーズかなと思っていたら、最高値をたたき出す血圧、望まない転院、さらにコロナ禍と、予想外の出来事が連続で……! 年の差3兄妹と夫の応援を受け、今は無事に6人家族となったそらこさんの、出産までの記録をお届けします。


最新の投稿


【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊娠7週のエコー写真付|赤ちゃんの心拍が確認できるころ

【医師監修】妊娠7週のエコー写真付|赤ちゃんの心拍が確認できるころ

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠7週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠10週のエコー写真付|外見がヒトらしくなってくる

【医師監修】妊娠10週のエコー写真付|外見がヒトらしくなってくる

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠10週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠9週のエコー写真付|手足が動かしはじめることも

【医師監修】妊娠9週のエコー写真付|手足が動かしはじめることも

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠9週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠11週のエコー写真付|ヒトらしい形になる

【医師監修】妊娠11週のエコー写真付|ヒトらしい形になる

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠11週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。