ママのための悩み解決サイト
保育園の連絡帳(おたより帳)には何を書く? 内容など具体的な書き方は?

保育園の連絡帳(おたより帳)には何を書く? 内容など具体的な書き方は?

保育園に通うことになると、連絡帳(おたより帳)を使うことになります。連絡帳は、家庭と保育園をつなぐ大切なツールですが、「毎日書く必要はある?」「特に書くことがないときは何も書かなくてもいいの?」とお悩みのママも多いでしょう。この記事では、連絡帳の具体的な書き方や、活用のコツをご紹介します。


ママの悩み! 保育園の連絡帳

Getty logo

保育園の連絡帳(おたより帳)とは

保育園の連絡帳とは、保護者と先生で子供の様子を共有するコミュニケーションツールです。園によって呼び名が違い、「おたより帳」「連絡ノート」などと呼ばれることもあります。連絡帳には、保護者は家庭での食事内容や、就寝・起床時間、体温などを、保育園の先生はお昼やおやつの内容、お昼寝の時間、保育園での過ごし方などを記入します(項目は園によって異なります)。

「毎日チェックしたり、書き込んだりするのは大変」と感じるママも多いようですが、子供が毎日安心して保育園で過ごせるように、帰宅後は必ず連絡帳に目を通し、書き込む習慣をつけましょう。

連絡帳の役割

連絡帳には、家庭と保育園が子供の様子を伝え合うことで、子供の園生活をスムーズで快適にする役割があります。また、気づいた点や注意して欲しい点、お互いの要望や感想を伝え合う役割も果たします。特に、病気やケガ、お迎え時間の変更などは、口頭で伝えると伝達ミスが起きてしまう可能性があるため、連絡帳に書き留めておきましょう。

連絡帳の基本的な内容

Getty logo

連絡帳に記載する内容ですが、園により内容が異なる場合があります。ここでは基本的な内容を確認していきます。

体温・体調

毎朝できるだけ同じ時間に子供の体温を計り、記入します。保育園で子供の平熱を把握するためにも必要な項目なので、必ず記入しましょう。

食事内容

前日の夜と、当日の朝の食事内容や時間を記載するスペースです。食事内容は、「ごはん」「おかず」と抽象的に書くのではなく、できるだけ「豆腐とワカメのみそ汁」「焼き鮭」「ほうれん草のごま和え」といった具体的なメニューを記入するようにしましょう。また、連絡帳によっては「すべて食べた・まあまあ食べた・食べなかった」といった食事量に丸を付ける項目も追加されています。保育園からは、お昼ご飯とおやつが記入されて戻ってきます。

家での様子

帰宅してから、次の日に保育園に行くまでの子供の様子を記入する欄です。帰宅後の機嫌の良し悪しや、自宅で遊んだ内容、親子・兄弟の会話、睡眠中の様子など、自宅で気づいた点を書き込んでみましょう。

連絡事項

この欄には、先生に留意してもらいたい内容を記入します。例えば、体調の些細な変化も忘れずに伝えておきましょう。

<記入例>
●今朝少し便がゆるめでしたが、熱もなく元気そうなので登園します。
●昨夜から少し鼻水が出ています。
●昨夜、右の人差し指を折り紙で切ってしまい、絆創膏をしています。今朝確認したところ、血は止まっていて痛がる様子はありません。


また、お迎え時間の変更や出欠に関することもこちらでOKです。

<記入例>
●今日のお迎えは17時30分で祖母になります。
●6日は家族旅行のためお休みする予定です。

連絡帳を上手に活用するコツ

Getty logo

子供が喜ぶことを共有する

子供はみんな、褒められるのが大好き! 上手にできたことやがんばったことを、先生にも親にも褒めてもらえたら、「もっとがんばろう!」という気持ちが生まれ成長に繋がります。自分で靴を履けた、トイレトレーニングが上手にできて一日パンツで過ごせた、いつもは嫌がるお風呂をがんばって入ったなど、子供のがんばりを先生と共有してみてくださいね。

また、乳幼児期の子供の成長はめざましく、日々少しずつできることが増えるもの。連絡帳で情報交換することで、離れている間の子供の「できた!」を、見逃さないようにしたいものですね。

返事する形で書く

「特に書くことがない……」とお困りのママは、先生からのコメントに返信してみては? 例えば先生から、「お友だちの○○君と積み木を崩して、楽しそうに何度も笑っていました」とあったら、「早速家でも積み木崩しをやってみたら、大ウケでした! 家での遊びのネタがひとつ増えて助かりました」と返せば、交換日記のように先生とのコミュニケーションを深めることができます。

気になっていることや相談ごとも

子供が楽しんで保育園に通えるよう、園生活での疑問や不安があれば、ぜひ連絡帳を使って解消してみましょう。「昨日読んでもらった絵本のタイトルを知りたいので、教えていただけますか? 子供がとても気に入ったようです」といったライトなものから、「お友だちの○○ちゃんとケンカをして手をひっかいてしまった件ですが、親としてすべきことはありますか?」といったデリケートな内容のものまで、園の方針を踏まえて先生がアドバイスしてくれます。お迎えの時などに口頭で話すこともできますが、自宅でゆっくり自分の考えや疑問をまとめてから記入できるのが連絡帳でのやり取りのメリットでもあります。

誰が書いたかわかるようにする

連絡帳には「記入者」の欄があり、ここに「母」や「父」といった連絡帳に記入した人の続柄を書き込みます。時々はパパにも積極的に記入してもらい、夫婦で保育園とのコミュニケーションを取りやすくしておきたいものですね。

無理して書かない

「連絡事項」や「自由記入」の欄にどうしても書くことがないとき、忙しくて書けないときは、無理をせず書かなくても問題ありません。保育園側も「特に問題なく生活できているんだな」「お仕事やお家のことで忙しいんだな」と察してくれます。ただし、体温、排便、食事内容などの基本項目は忘れずに記入しておいてくださいね。

シーン別の書き方ポイント

Getty logo

初日の挨拶

初めて保育園に登園するときには、あいさつにプラスして、子供の性格を中心に簡単な自己紹介を踏まえた文章にしてみましょう。特にアレルギーの有無や好き嫌いなど、留意しておいて欲しい点なども記載しておくとよいですよ。

<記入例>
●本日よりお世話になります。○○の性格は活発なほうです。歩き始めたばかりですが、お散歩が大好きで公園でも積極的に歩いています。よろしくお願いいたします。

●○○と申します。絵本を読むことが大好きで、自分でページをめくって読んでいます。書類を提出した通り牛乳アレルギーがありますが、よろしくお願いいたします。

●○○の母です。3つ上のお兄ちゃんが大好きで、甘えん坊な子です。保育園ではお友だちに刺激を受けて、肉と魚嫌いを克服させたいと思っています。よろしくお願いいたします。

イベントなどのお礼

保育園では、遠足、運動会、クリスマス会、豆まき(節分)などのイベントがあります。イベントの前、先生たちは普段の保育のほかにそのイベント準備で大忙し。感謝の気持ちも込めて、イベントの感想などを書いてみてはいかがでしょうか?

<記入例>
●運動会、本人も家族もとても楽しく参加させていただきました! ダンスでは、○○があんなに上手に踊れるだなんて、パパと感動しました。それも先生たちのご指導のおかげです。ありがとうございました。

●クリスマス会の準備、お疲れさまでした。素敵なプレゼントとケーキに、とても楽しんだようです。家に帰っても何度も「サンタさんが来たんだよ!」と興奮気味で話をしてくれました。ありがとうございました。

相談ごと、心配ごと

育児の悩みや心配ごとは尽きないもの。特に働きながらの育児は大変ですよね。そんなときこと、連絡帳に不安な点を書き込めば、先生がよき相談相手になってくれるケースもあります。連絡帳に書くことで悩みが家庭と園で共有化され、アドバイスを書き込んでくれる先生もいますし、子供の様子に変化があれば教えてくれる先生もいますよ。

<記入例>
●仕事が忙しく、帰宅後も構ってやる時間がなかなか取れません。保育園では普段と変わりない様子でしょうか?

●トマトをどうしても食べてくれなくて、料理に混ぜても嫌がります。嫌いなものの食べさせ方のコツがあれば、教えていただけますか?

まとめ

子供を共に保育するにあたって、家庭と保育園の連携は欠かせません。連絡帳はそのための重要なツール。上手に活用して、子供が充実した保育園ライフを送れるようにサポートしてあげてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【助産師解説】赤ちゃんが泣き止まないのは黄昏泣き?コリックって?4つの対策

【助産師解説】赤ちゃんが泣き止まないのは黄昏泣き?コリックって?4つの対策

個人差はあれど、赤ちゃんはよく泣くもの。赤ちゃんの中には、時間帯によってご機嫌に差があることもあります。特に、夕方になると発作のように大声で30~40分泣き続けることを「黄昏(たそがれ)泣き」などと言ったりしますが、これはどのような状態なのでしょうか。原因と思われることや対処法について、助産師さんの監修で紹介します。


【助産師解説】新生児が夜泣き⁉ 夜泣く原因と対策<ママ体験談>

【助産師解説】新生児が夜泣き⁉ 夜泣く原因と対策<ママ体験談>

生まれてすぐの赤ちゃんは眠る時間がこま切れで、3~4時間に一度は夜でも目を覚まして泣きます。これはいわゆる「夜泣き」とは少し性質が違います。新生児が夜に泣く原因と対処法について、助産師さんに解説してもらいました。


【助産師解説】新生児の沐浴!時間帯は?安心してできる7つのステップとコツ!

【助産師解説】新生児の沐浴!時間帯は?安心してできる7つのステップとコツ!

赤ちゃんを安全に沐浴(沐浴)させる方法を助産師がお伝えします。上手にできるか心配するママ・パパも多い沐浴ですが、ちょっとしたコツをつかめば誰でもすぐに慣れることができます。沐浴前後の準備や手順、便利グッズもチェック!


【助産師解説】赤ちゃんのへその緒、いつとれる?保管は?へそケア・消毒方法

【助産師解説】赤ちゃんのへその緒、いつとれる?保管は?へそケア・消毒方法

ママと赤ちゃんをつないでいる「へその緒」。保管しておきたいママも多いでしょうが、産後いつ頃に取れるのか、ご存知ですか? 今回は、へその緒の特徴や取れる時期ほか、気をつけるべきケア方法や保管方法についてご紹介します。


【助産師解説】赤ちゃんの乳頭混乱!予防法は?克服はできる?

【助産師解説】赤ちゃんの乳頭混乱!予防法は?克服はできる?

乳頭混乱の予防と克服方法について助産師が解説します。赤ちゃんが乳頭混乱で母乳を飲んでくれずに困っている、哺乳瓶を使いたいけど乳頭混乱が心配…というママ必見です!


最新の投稿


【助産師解説】後陣痛はいつまで続く?経産婦はひどい?緩和方法は?

【助産師解説】後陣痛はいつまで続く?経産婦はひどい?緩和方法は?

分娩の際、激しい痛みを伴う陣痛。これで痛いのは終わり! ……と思ったら、「後陣痛」(こうじんつう)を体験しびっくりしたママも少なくないようです。出産後にママが経験する母体回復の過程のひとつである後陣痛について、今回はその原因や持続期間ほか、緩和方法などをお伝えしたます。


【助産師解説】新生児訪問・赤ちゃん訪問はなにをする?準備は必要?<ママ体験談>

【助産師解説】新生児訪問・赤ちゃん訪問はなにをする?準備は必要?<ママ体験談>

新生児のいる家庭が対象となる「新生児訪問」、また生後4ヶ月以下の赤ちゃんがいる家庭が対象となる「赤ちゃん訪問(乳児家庭全戸訪問事業「こんにちは赤ちゃん事業」)」。これらはどの時期に、どのような目的で実施されるのでしょうか。 今回は、ママたちの「新生児・赤ちゃん訪問、どうだった?」の体験談と、「新生児訪問」「赤ちゃん訪問


【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

産後のママの体の変化のひとつが「生理(月経)の再開」です。妊娠を機におよそ40週の間ストップしていた生理は、産後しばらくしてまたスタートします。今回は「産後の生理はいつ再開するの?」「授乳中はずっと生理がこないの?」などの疑問に答えるほか、産後の性生活に関するアドバイスや注意もお伝えします。


【助産師解説】産褥期ってなに?産後の肥立ち?産褥期のママの心身と過ごし方

【助産師解説】産褥期ってなに?産後の肥立ち?産褥期のママの心身と過ごし方

産後の女性にとって大変重要な時期である「産褥期」(さんじょくき)。ママの心身に様々な変化が生じますが、この時期の過ごし方には注意が必要です。今回は「産後の肥立ち(ひだち)」という言葉の意味も含め、産褥期について詳しくご紹介します。


【医師監修】妊娠7週はママの絶不調期?胎児の変化と注意したいポイント

【医師監修】妊娠7週はママの絶不調期?胎児の変化と注意したいポイント

妊娠7週は生理開始予定日から2週間ほど経過し、ほとんどの妊婦さんが妊娠に気づいて医療機関で妊娠を告げられていることでしょう。つわりの症状が本格的になり、心身共に妊娠を実感するころでもあります。つわり以外にもいくつか、この時期注意しておきたいポイントを紹介します。


教育の悩みランキング


>>教育の悩みランキング