ママのための悩み解決サイト
保育園の連絡帳(おたより帳)には何を書く? 内容など具体的な書き方は?

保育園の連絡帳(おたより帳)には何を書く? 内容など具体的な書き方は?

保育園に通うことになると、連絡帳(おたより帳)を使うことになります。連絡帳は、家庭と保育園をつなぐ大切なツールですが、「毎日書く必要はある?」「特に書くことがないときは何も書かなくてもいいの?」とお悩みのママも多いでしょう。この記事では、連絡帳の具体的な書き方や、活用のコツをご紹介します。


ママの悩み! 保育園の連絡帳

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

保育園の連絡帳(おたより帳)とは

保育園の連絡帳とは、保護者と先生で子どもの様子を共有するコミュニケーションツールです。園によって呼び名が違い、「おたより帳」「連絡ノート」などと呼ばれることもあります。連絡帳には、保護者は家庭での食事内容や、就寝・起床時間、体温などを、保育園の先生はお昼やおやつの内容、お昼寝の時間、保育園での過ごし方などを記入します(項目は園によって異なります)。

「毎日チェックしたり、書き込んだりするのは大変」と感じるママも多いようですが、子どもが毎日安心して保育園で過ごせるように、帰宅後は必ず連絡帳に目を通し、書き込む習慣をつけましょう。

連絡帳の役割

連絡帳には、家庭と保育園が子どもの様子を伝え合うことで、子どもの園生活をスムーズで快適にする役割があります。また、気づいた点や注意して欲しい点、お互いの要望や感想を伝え合う役割も果たします。特に、病気やケガ、お迎え時間の変更などは、口頭で伝えると伝達ミスが起きてしまう可能性があるため、連絡帳に書き留めておきましょう。

連絡帳の基本的な内容

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

連絡帳に記載する内容ですが、園により内容が異なる場合があります。ここでは基本的な内容を確認していきます。

体温・体調

毎朝できるだけ同じ時間に子どもの体温を計り、記入します。保育園で子どもの平熱を把握するためにも必要な項目なので、必ず記入しましょう。

食事内容

前日の夜と、当日の朝の食事内容や時間を記載するスペースです。食事内容は、「ごはん」「おかず」と抽象的に書くのではなく、できるだけ「豆腐とワカメのみそ汁」「焼き鮭」「ほうれん草のごま和え」といった具体的なメニューを記入するようにしましょう。また、連絡帳によっては「すべて食べた・まあまあ食べた・食べなかった」といった食事量に丸を付ける項目も追加されています。保育園からは、お昼ご飯とおやつが記入されて戻ってきます。

家での様子

帰宅してから、次の日に保育園に行くまでの子どもの様子を記入する欄です。帰宅後の機嫌の良し悪しや、自宅で遊んだ内容、親子・兄弟の会話、睡眠中の様子など、自宅で気づいた点を書き込んでみましょう。

連絡事項

この欄には、先生に留意してもらいたい内容を記入します。例えば、体調の些細な変化も忘れずに伝えておきましょう。

<記入例>
●今朝少し便がゆるめでしたが、熱もなく元気そうなので登園します。
●昨夜から少し鼻水が出ています。
●昨夜、右の人差し指を折り紙で切ってしまい、絆創膏をしています。今朝確認したところ、血は止まっていて痛がる様子はありません。


また、お迎え時間の変更や出欠に関することもこちらでOKです。

<記入例>
●今日のお迎えは17時30分で祖母になります。
●6日は家族旅行のためお休みする予定です。

連絡帳を上手に活用するコツ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもが喜ぶことを共有する

子どもはみんな、褒められるのが大好き! 上手にできたことやがんばったことを、先生にも親にも褒めてもらえたら、「もっとがんばろう!」という気持ちが生まれ成長に繋がります。自分で靴を履けた、トイレトレーニングが上手にできて一日パンツで過ごせた、いつもは嫌がるお風呂をがんばって入ったなど、子どものがんばりを先生と共有してみてくださいね。

また、乳幼児期の子どもの成長はめざましく、日々少しずつできることが増えるもの。連絡帳で情報交換することで、離れている間の子どもの「できた!」を、見逃さないようにしたいものですね。

返事する形で書く

「特に書くことがない……」とお困りのママは、先生からのコメントに返信してみては? 例えば先生から、「お友だちの○○君と積み木を崩して、楽しそうに何度も笑っていました」とあったら、「早速家でも積み木崩しをやってみたら、大ウケでした! 家での遊びのネタがひとつ増えて助かりました」と返せば、交換日記のように先生とのコミュニケーションを深めることができます。

気になっていることや相談ごとも

子どもが楽しんで保育園に通えるよう、園生活での疑問や不安があれば、ぜひ連絡帳を使って解消してみましょう。「昨日読んでもらった絵本のタイトルを知りたいので、教えていただけますか? 子どもがとても気に入ったようです」といったライトなものから、「お友だちの○○ちゃんとケンカをして手をひっかいてしまった件ですが、親としてすべきことはありますか?」といったデリケートな内容のものまで、園の方針を踏まえて先生がアドバイスしてくれます。お迎えの時などに口頭で話すこともできますが、自宅でゆっくり自分の考えや疑問をまとめてから記入できるのが連絡帳でのやり取りのメリットでもあります。

誰が書いたかわかるようにする

連絡帳には「記入者」の欄があり、ここに「母」や「父」といった連絡帳に記入した人の続柄を書き込みます。時々はパパにも積極的に記入してもらい、夫婦で保育園とのコミュニケーションを取りやすくしておきたいものですね。

無理して書かない

「連絡事項」や「自由記入」の欄にどうしても書くことがないとき、忙しくて書けないときは、無理をせず書かなくても問題ありません。保育園側も「特に問題なく生活できているんだな」「お仕事やお家のことで忙しいんだな」と察してくれます。ただし、体温、排便、食事内容などの基本項目は忘れずに記入しておいてくださいね。

シーン別の書き方ポイント

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

初日の挨拶

初めて保育園に登園するときには、あいさつにプラスして、子どもの性格を中心に簡単な自己紹介を踏まえた文章にしてみましょう。特にアレルギーの有無や好き嫌いなど、留意しておいて欲しい点なども記載しておくとよいですよ。

<記入例>
●本日よりお世話になります。○○の性格は活発なほうです。歩き始めたばかりですが、お散歩が大好きで公園でも積極的に歩いています。よろしくお願いいたします。

●○○と申します。絵本を読むことが大好きで、自分でページをめくって読んでいます。書類を提出した通り牛乳アレルギーがありますが、よろしくお願いいたします。

●○○の母です。3つ上のお兄ちゃんが大好きで、甘えん坊な子です。保育園ではお友だちに刺激を受けて、肉と魚嫌いを克服させたいと思っています。よろしくお願いいたします。

イベントなどのお礼

保育園では、遠足、運動会、クリスマス会、豆まき(節分)などのイベントがあります。イベントの前、先生たちは普段の保育のほかにそのイベント準備で大忙し。感謝の気持ちも込めて、イベントの感想などを書いてみてはいかがでしょうか?

<記入例>
●運動会、本人も家族もとても楽しく参加させていただきました! ダンスでは、○○があんなに上手に踊れるだなんて、パパと感動しました。それも先生たちのご指導のおかげです。ありがとうございました。

●クリスマス会の準備、お疲れさまでした。素敵なプレゼントとケーキに、とても楽しんだようです。家に帰っても何度も「サンタさんが来たんだよ!」と興奮気味で話をしてくれました。ありがとうございました。

相談ごと、心配ごと

育児の悩みや心配ごとは尽きないもの。特に働きながらの育児は大変ですよね。そんなときこと、連絡帳に不安な点を書き込めば、先生がよき相談相手になってくれるケースもあります。連絡帳に書くことで悩みが家庭と園で共有化され、アドバイスを書き込んでくれる先生もいますし、子どもの様子に変化があれば教えてくれる先生もいますよ。

<記入例>
●仕事が忙しく、帰宅後も構ってやる時間がなかなか取れません。保育園では普段と変わりない様子でしょうか?

●トマトをどうしても食べてくれなくて、料理に混ぜても嫌がります。嫌いなものの食べさせ方のコツがあれば、教えていただけますか?

まとめ

子どもを共に保育するにあたって、家庭と保育園の連携は欠かせません。連絡帳はそのための重要なツール。上手に活用して、子どもが充実した保育園ライフを送れるようにサポートしてあげてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供にピアノを習わせたい時、まず欠かせないのが自宅で練習するためのピアノ選び。アップライトピアノか電子ピアノ、どちらが良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今回、この2種類のピアノの特徴も含め、子供の練習用のピアノの選び方についてご紹介します。


未就園児との過ごし方!遊び、習い事、未就園児教室で毎日充実

未就園児との過ごし方!遊び、習い事、未就園児教室で毎日充実

保育園や幼稚園に入る前の子どもと1日をどう過ごしていますか。お天気がよければ公園、お天気が悪ければ家遊び。どんな過ごし方があるか、充実するかをご案内します。


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

子どものしつけに取り入れたい食育。保育園や幼稚園ではどんな食育活動をしているのでしょう?食育とは何なのか、食育計画のねらいやゲームを使った伝え方など、ママも知っておきたい食育についてご紹介します。


子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事で女の子に人気高いバレエ、習わせたいと思っているママも多いのではないでしょうか。バレエの効果や費用、いつから始めればよいかなど、いろいろ気になりますよね。レッスンは何をするのか、メリットやデメリットなどについてご紹介します


最新の投稿


子供へのスキーの教え方!ターン・曲がり方を上手に教えるコツは?

子供へのスキーの教え方!ターン・曲がり方を上手に教えるコツは?

ウィンタースポーツの代表格ともいえる「スキー」。今回は、小さな子供へのスキーの教え方や上達方法、子供のスキーウェア選びのポイントなどをご紹介します。


子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供にピアノを習わせたい時、まず欠かせないのが自宅で練習するためのピアノ選び。アップライトピアノか電子ピアノ、どちらが良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今回、この2種類のピアノの特徴も含め、子供の練習用のピアノの選び方についてご紹介します。


子供と自転車の練習をしよう!基本3つのポイントや 教え方やコツなど

子供と自転車の練習をしよう!基本3つのポイントや 教え方やコツなど

成長にともない、「自転車に乗れるようになりたい」と思い始める子供も多いはず。そんなモチベーションが高い時こそ、自転車が上達しやすい絶好のチャンスです。ぜひ、自転車の練習の準備をしてみましょう。今回は、自転車の練習方法や上達するためのポイントについてご紹介します。


幼児も楽しく覚える!とっておきの時計の教え方とは?

幼児も楽しく覚える!とっておきの時計の教え方とは?

子どもが時計を読めるようになると、「〇時になったらごはんの時間」「〇時〇分までにお片付けしよう」などの声掛けができるため、生活にメリハリが付き、子どもも自分の行動の予定を立てられるようになります。時計の読み方を教えたいけれど、教え方が分からないという方のヒントをご紹介します。


折り紙は幼児期から始めよう。メリットや教え方、おすすめの本など

折り紙は幼児期から始めよう。メリットや教え方、おすすめの本など

雨の日でも楽しめる折り紙は、親子で楽しめる知育遊びとして人気があります。折り紙は幼児期の子どもにとってどのようなメリットがあるのでしょうか?幼児期からスタートしたい折り紙ですが、教え方が分からないという方も多いものです。幼児への折り紙の教え方や折り紙の取り入れ方をご紹介します。