子供の習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子供の習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子供の習い事で女の子に人気高いバレエ、習わせたいと思っているママも多いのではないでしょうか。バレエの効果や費用、いつから始めればよいかなど、いろいろ気になりますよね。レッスンは何をするのか、メリットやデメリットなどについてご紹介します


バレエ教室ではどんなことをするの?

Lazy dummy

優雅な動きで見た目もかわいらしいバレエですが、習い事として始めるバレエ教室ではどんなことをするのでしょう。レッスン内容についてまとめました。

バレエレッスンの内容一例

バレエ教室によって内容は異なりますが、レッスンの一例をご紹介します。

ウォーミングアップ

本格的なレッスンを始める前に、ウォーミングアップを行うのが一般的です。先生指導のもと手足を伸ばし、身体へ負担がかかりすぎないよう配慮します。慣れてくると子供たちだけで行う場合もあるようです。

バーレッスン

バレエのレッスンと言えば、長い棒に手を添えて足を伸ばしているイメージがありますよね。これをバーレッスンと呼び、足を動かしながら基本的なバレエの動きを学びます。全て行う場合もあれば、年齢が小さい子供がいる教室ではいくつか抜粋して行う場合もあるようです。

ストレッチ

年齢が小さい子供がいる教室では、バーレッスンのあとにストレッチを行います。センターレッスンの前に身体をリラックスさせるのと、柔軟性を高めておくのが目的です。ウォーミングアップやストレッチなど、怪我をしないよう配慮がされているのはママとしても安心ですよね。

センターレッスン

フロアにある鏡に向かい、バーレッスンの内容をバーを使わずに行うのがセンターレッスンです。手をいっしょに使ったり、ターンやステップを行うことも多く、全身運動が多くなります。曲に合わせて踊るときもあるので、楽しんで行う子供が多いようです。

バレエを習うメリット

Lazy dummy

バレエの習い事をする場合、子供にとってどのようなメリットが考えられるのでしょう。嬉しい効果についてご紹介します。

リズム感がつく

バレエの練習は音楽のリズムになれることから始まります。そのため、幼児期であっても正確なリズム感を養えます。バレエのさまざまな動きを覚えやすくなるため、リズム感は重要な要素の一つと言えるでしょう。

芸術的な感性が身につく

優雅な曲調に合わせながら踊るバレエでは、表現力をとても大切にしています。どう表現すれば伝わるのか、創造する力も必要です。バレエをするにあたり、自然と芸術的な感性が身につくのもメリットです。

協調性が身につく

バレエの発表会では、ほとんどの場合大人数で一つの演技を行います。普段のレッスンも多数の生徒といっしょに受けるため、他の人との協調性が身につくうようです。子供にとってはもちろん、ママにとっても嬉しいメリットですよね。

立ち振る舞いが美しくなる

子供にバレエを習わせている多くのママから、「子供の立ち居振る舞いがきれいになった」という声があがっています。バレエ教室では正しい姿勢や手足の動きを細かく丁寧に指導を受けます。どうしたら美しく見えるのかを常に考えなくてはいけません。その経験を積み重ねることで、子供の所作が美しくなるというメリットに繋がります。

スタイルがよくなる

身体の歪みがない正しい姿勢を常に意識しているという理由から、スタイルにもよい影響があると考えられています。柔軟な動きを多く取り入れるので、大人になってからも身体が柔らかく、スタイルをキープしやすいのもメリットの一つようです。

バレエを習うデメリット

Lazy dummy

バレエの習い事を始める前に、デメリットについても理解しておきたいですよね。ママたちが大変だと感じる部分はどんなことでしょう。

お金の負担が比較的大きい

多くのママが感じるデメリットに、お金の負担が大きいことがあげられます。月謝が他の習い事と比べて高い場合が多く、消耗品であるシューズやレオタードなどのバレエ用品は必要に応じて買い直さなければなりません。

最も費用がかかるのが発表会で、参加するためにも費用がかかります。衣装代もその都度購入する必要があるため、毎月数千円から数万円を教室で積み立てている場合もあるようです。月謝や発表会にはお金はいくらかかるのか、習い先によく確認してから習い事を始めた方がよいでしょう。

月謝や、その他かかる費用は?

バレエの習い事はいくらかかるものなのでしょう。子供の習い事として人気の高いピアノやダンスと比較し、一般的な費用について調査しました。

■バレエ

バレエの月謝は約5,000円~15,000円前後と大きな開きがあります。発表会をしない教室もあるようで、その場合は数千円の月謝ですむようです。負担になりがちな発表会では、5万円から20万円前後と費用に大きな幅がありました。有名ダンサーがゲスト出演するような発表会だと、費用も高くなるようです。

■ピアノ

ピアノ教室は習い先によって異なり、個人が教えている教室教室では4,000円前後。大手音楽教室では10,000円前後となります。未就学児では数千円で済む場合が多いですが、小学校にあがると個人レッスンに力を入れるため、費用も高くなる傾向にあるようです。発表会は12,000円前後のようで、バレエと比べると費用はぐっと下がります。

■ダンス

ダンス教室は約5,000円~8,000円前後が多いようです。本格的なダンススクールでは20,000円以上するところもありますが、発表会は約3万円~5万円前後ですむようです。発表会に月謝以上の費用がかかりますが、バレエよりは安価ですむ場合が多いようです。

子供に人気のピアノとダンスの習い事を例に比較してみると、月謝だけではなく発表会の費用に大きな差があるのがわかりました。数十万円かかる場合もありますので、習う前によく確認しておきましょう。子供の晴れ舞台を楽しむために、計画的に準備をしていきたいですね。

バレエの習い事はいつから始める?

Lazy dummy

バレエを習い始める適切な年齢はあるのでしょうか?いつからいつまでに始めるのがよいか調べました。

3歳は早い?バレエを始めるベストな年齢

幼児向けとして、3歳から募集している教室も多くあります。3歳の時期は本格的なレッスンをするにはまだ早く、楽しみながら音楽に慣れるという目的がほとんどです。幼児期から習っているとレッスンが難しくなっても対応しやすい理由から、プロを考えているママは早期に始めているケースもあります。

一般的には6歳前後から始めるのがよいとされています。まだ身体も柔らかく、先生の指導を理解し自分から取り組めることが理由です。10歳を過ぎてから始めても、先生の注意を的確に理解できる利点があります。考えながらレッスンを受けられるため、遅いということもないそうです。

いつからいつまでに始めたらよい、という明確な答えはありません。子供の成長はそれぞれなので、子供の様子を見ながら始める時期を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

子供にバレエの習い事を考えているなら、効果や費用など気になることは多いですよね。特にお金に関することが気になるママかと思います。いつから始めるのがよいか、メリットとデメリット何なのか、しっかり理解して検討してみてはいかがでしょうか。

習い事に関する記事一覧を読む

#教育の悩みについてもっと見る!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連するキーワード


習い事 バレエ 教育の悩み

関連する投稿


おうちで体操と英語が学べる!子ども向けオンライン体操教室「イエジム」

おうちで体操と英語が学べる!子ども向けオンライン体操教室「イエジム」

OnTechは7月22日より、オンラインで受講できる子ども向け体操教室「イエジム」の提供を開始しました。


幼児向けスポーツ教室「忍者ナイン」小学校受験合格向け特別講習を開始

幼児向けスポーツ教室「忍者ナイン」小学校受験合格向け特別講習を開始

やる気スイッチグループが展開する幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」は、「スポーツ科学」を用いて秋から始まる私立小学校・国立小学校の入試試験合格に向けた「受験体操特別講習」を東京・神奈川・埼玉・千葉4会場で6月から9月まで各4回ずつ開催します。※埼玉会場は受付終了。


ポピンズがwithコロナ時代の幼児教育オンラインナニーサービスをスタート

ポピンズがwithコロナ時代の幼児教育オンラインナニーサービスをスタート

ポピンズはこのほど、新型コロナウイルス感染拡大の影響で子どもの在宅時間が増えたことに伴い、心身の健康や成長にプラスとなる「オンラインナニーサービス」を開始しました。このサービスは、パソコンやスマートフォンを使用して在宅中の教育を教育ベビーシッターが行うものです。


タブレット学習のメリットは? 教材の選び方と各社サービス一覧

タブレット学習のメリットは? 教材の選び方と各社サービス一覧

学校教育や家庭教育においても需要が高まってきている、タブレット学習。ICT(情報通信技術)が盛んになりますます情報化社会となっている中、タブレット学習に関する意見もさまざまです。メリット・デメリットを把握したうえで、子供に与える教材を選んでみてはいかがでしょうか。各社のサービスもご紹介していきます。


8割以上のママが入園・入学準備の「お名前付け」を大変と回答! いつから始めている?

8割以上のママが入園・入学準備の「お名前付け」を大変と回答! いつから始めている?

キングジムは、2019年4月に保育園・幼稚園・小学校に入園・入学した子どもがいる25~45歳の母親400名を対象に「新入園・新入学準備のお名前付け」に関する意識調査を実施しました。


最新の投稿


【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』今回は、この病気を発症した夜のお話です。


【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊娠7週のエコー写真付|赤ちゃんの心拍が確認できるころ

【医師監修】妊娠7週のエコー写真付|赤ちゃんの心拍が確認できるころ

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠7週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠10週のエコー写真付|外見がヒトらしくなってくる

【医師監修】妊娠10週のエコー写真付|外見がヒトらしくなってくる

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠10週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠9週のエコー写真付|手足が動かしはじめることも

【医師監修】妊娠9週のエコー写真付|手足が動かしはじめることも

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠9週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。