ママのための悩み解決サイト
リトミックの子供への4つの効果とレッスンの特徴

リトミックの子供への4つの効果とレッスンの特徴

リトミックの効果は本当にあるのでしょうか。効果ない、なんて説もあるようですが、近年、小学生前の幼児教育の一つとして注目を集めている効果音を使ったリトミック。具体的にどんなことをするのか、何歳から始めたら良いのか、リトミックの効果や特徴、いつから始めるべきかなどをまとめました。


効果音で学ぶ?リトミックとは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

リトミックとは、スイスの作曲家で音楽教育家のエミール・ジャック=ダルクローズによって考えだされた音楽教育法で、「ダルクローズ音楽教育法」とも呼ばれています。
それまでの音楽教育は、楽譜の読み方や楽器の弾き方などを幼児期から習わせ、その技術や能力をレベルアップさせることが目的でした。しかしダルクローズが提唱したリトミックにおいては、まずは音を聞き、それを感じ、理解することが第一です。それから楽器に触れて親しみ、音楽を作ることの楽しさを身体全体で味わい、音楽へのさらなる興味や音感を育てていこう考え方です。
日本の音楽教育の草分けでもある作曲家・山田耕筰もダルクローズを訪ね、この考え方に大いに影響を受けたといいます。

・一般的な習い事にはない魅力

リトミックでは、音楽に合わせて手遊びをしたり歌ったり、楽器や、身近な生活用品で音を鳴らすなどして、音楽そのものと表現を楽しみます。また音から感じ取ったニュアンスを言葉に例えてみたり、動物の真似をしてみたり……そしてそれらの身体の良し悪しを評価したり、表現方法を指導するのではありません。子どもが音楽に接し、そこから感じ取ったことを表現すること。それを通して情操や音感を育み、より良い生活習慣とそのために知識を身につけ、豊かで可能性溢れる人格形成に役立てようというのが、リトミックの目的なのです。

普通の習い事では知識やスキルを習得するため、厳しく指導されることも珍しくありません。子供自身はもちろん、親御さんもおおらかな気持ちになれないことも。同じクラスのお友達と比べてしまって焦ってしまう経験、「才能がないのでは?」とがっかりしてしまった経験もありがちです。
音をいきなり楽しめること、自分なりに自由に音と触れ合えることは、他の習い事にはないリトミック独自の魅力です。

乳幼児に対する4つのリトミック効果

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

リトミックは赤ちゃんのうちから始められ、子どもの成長に役立つことが多いと言われています。具体的にはどんな効果が期待できるのかを挙げてみましょう。

音感やリズム感を育み音楽性を養う効果

音やリズムをふんだんに使った活動をしていますので、何よりも音楽教育として役立ちます。楽しく遊びながら育んだ音感やリズム感、音楽性は、楽器を習い始めた際に大いに発揮されるでしょう。
また、リズム感を養うことで基礎的な運動能力も上がるので、陸上や水泳をはじめとしたあらゆるスポーツでも役立ちますよ。

集中力&注意力UP!自己肯定感を高める効果も

リトミックレッスンを受けると、集中力と注意力が上がり、自己肯定感も高くなる効果が期待できます。
即時反応力とは、音やリズムの変化にすばやく反応する力のことを言います。リトミックでは「音が聞こえたら動く」、「音がなければ止まる」など、即時反応力を使ったレッスンを行います。音にすぐ反応するべく常に音に耳を傾けているので、集中力と注意力が養えます。
最初のうちは、ルールが分からず、いろんな刺激に惑わされてできない子がほとんどですが、繰り返すうちにできるようになってきます。そして、できたことを親御さんに褒めてもらうことで自信を持ち、ひいては自己肯定感の向上につながるのです。
リトミックは遊びの延長のような活動が多いので、お子さんは楽しみつつ取り組むことができます。そして、できたら達成感を得られ、なおかつ褒めてもらえる。こうした繰り返しがお子さんの集中力と注意力を更に高めていくのです。

想像力と表現力を広げる効果

リトミックでは音や旋律を聴きながら、動物の真似をすることがあります。ゆっくりとした低音でゾウの足音をイメージしながらゆっくり歩いたり、せせらぎのような旋律に合わせて、魚の真似で泳いでみたり……。時には夜や朝をイメージした音を聞いて、自分なりの表現をしてみるレッスンなどもあります。
このように、それぞれが音のイメージを自由に感じ取り、それを尊重することで、豊かな想像力や表現力を培っていくことができます。
子供の想像力は素晴らしいですよね。ただ、感じたこと、考えたことを表現できる子はあまり多くありません。自分の世界を思う存分表現できるようになる効果も、リトミックの見逃せない効果の1つです。

社会性や協調性が身につく効果

リトミックのレッスンはお子さんの名前を呼ぶことから始まり、端から順番に活動を行うこともあります。これを繰り返すことで、赤ちゃんであっても「順番がある」ということをぼんやりと意識するようになり、「待っていれば自分にも順番が回ってくる」と理解し、社会性を身につけられます。
また、常に周りの音を聞いて動くのがリトミックです。自分ではなく、「相手の出す音」を意識し、その音に合わせて活動しようとすることで、相手に合わせようという協調性が身につきます。
これらは1対1の関係では身につけにくいもの。一緒に活動してくれる仲間がいるからこそ、自然と学べ、発揮できる力なのです。

何歳から始めるのが理想的?小学生前?

リトミックは何歳から始めるのが理想的なのでしょうか。小学生になる前の乳幼児向けのレッスンですが、リトミックのような音楽のレッスンは、早くから始める方がより効果を引き出しやすい、とされます。実はリトミックもベビー専用のレッスンがあります。2ヶ月~3ヶ月頃の赤ちゃんから通うことができますが、首が据わっていることが条件になるようです。
一般的な教室では年齢によってクラスを分けているので、赤ちゃんの時から通わせたい場合は、0歳児対象のベビーレッスンを行っている教室を探しましょう。
また、リトミックは教室に通う以外の方法でも学ぶことができます。専用のDVDも何種類か流通しているので、チェックしてみて下さい。アンパンパンや星みつる式ソング・オブEQシリーズも有名です。

リトミックレッスンの特徴

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

リトミックのカリキュラムは、年齢ごとに細かく分けられています。
●0歳~1歳未満
ママが赤ちゃんを抱っこしながら、手足を優しく動かしてあげるレッスンがメインになります。スキンシップをしながらリズムに合わせて動くので、赤ちゃんも機嫌良く過ごせるでしょう。この時期はただ音楽を聴くだけでも素晴らしい刺激になりますが、ママが手足を撫でたり、肌の上でトントンとリズムを指で刻むことで、たくさんのプラスα効果を期待できます。
●1歳~2歳未満
1歳を過ぎると、ママの真似を好んでするようになります。音楽に合わせ、ママが動くと子供も真似をして身体を動かしてくれるので、一緒に楽しくレッスンを受けることができます。
●2歳~3歳未満
3歳ぐらいまでの子どもは、集中力が途切れやすいものの、きることを何度も繰り返すという特徴があります。親御さんと一緒に繰り返しながら楽しめる、リズム遊びなどが中心のカリキュラムが組まれています。また、ママから離れ、お友達と交流できるようになる年齢なので、自分なりに感じたことを表現するレッスンも始まります。
●3歳~4歳未満
自発的に新しいことを試したくなる4歳前後になったら、主体性を持って表現する活動や、同年代の子と一緒に協力しながら行う活動が増え、親御さんと一緒に行う機会は減っていきます。リズム打ちやお絵かきを取り入れたレッスンを通じ、自分のイメージを膨らませることを覚えます。
●4歳~5歳未満
自分の考えを身体で表現することをメインに学びます。自立心が芽生える年齢なので、この時期にリトミックを行うことで、表現力や想像力が飛躍的に伸びるそうです。楽器や楽譜について学ぶレッスン、文字や数字の概念を活用するレッスンを行うことも。
●5歳~6歳未満
社会性を身につけられる年齢なので、仲間同士で協力して表現することを学ぶレッスンも増えます。一人で表現する喜びはもちろん、他のお友達と一緒に表現する楽しさも経験する年齢です。表現の幅が広がる時期です。

レッスンではどんな教材を使うの?

また、教材も特徴的です。音楽教材である楽器や五線譜のほか、手先の器用さを鍛えるための折り紙やパズル、数字や身の回りのもの、動植物を覚えるための数字シールやイラスト入りのカードなども使われます。

どれぐらいお金がかかるの?

リトミックにかかる費用は、教室によって差があります。レッスンごとの回数制の教室ですと、1回辺り1000~3000円で設定しているところが多いようです。月謝の教室になると3000~8000円が相場。開きがあるものの、回数制よりもお得な印象がありますが、小さなお子さんは突然体調を崩すことが少なくありません。レッスンを休んでしまっても返金が利かないことを踏まえると、善し悪しですね。
レッスン料とは別に、教材費や入会費がかかることもあります。教材費は大体年間3000円~7000円。年齢が高くなるにつれて使う教材が増え、費用が上がる傾向にあります。入会金は3000円~5000円程度。教材費や入会金がかからない教室もありますので、問合わせてみてください。

リーズナブルな自治体のレッスンも

自治体の公民館や児童館などでもリトミックを行っている場合があります。こちらは参加費が500円程度とかなりリーズナブル。ただし、読み聞かせとセットだったりするなど、ワイワイと楽しみながら交流を広げるサークル活動のような雰囲気であることが多いようです。本格的な幼児教育としてのリトミックを希望するようであれば、やはり専門の教室を選ぶべきでしょう。

先輩ママに学ぶ!リトミック体験談

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

既にリトミックのレッスンを経験している先輩ママの体験談も参考になりますよね。リトミック教室の体験談を読むと、「子どもが楽しみながら学んでいる」「他の子どもたちと協力したり、切磋琢磨している様子を見ることができる」といった感想が数々見られます。レッスンのクラス分けは、その年齢のお子さんが飽きずに取り組める時間にしている、という配慮でもあるようですね。体を動かすことも多いので、活発なお子さんも飽きずにレッスンを楽しんでいる、という感想も。音楽教育としての効果以上に、「社会性や協調性が身についた」「自分の意見を伝えられるようになった」と喜んでおられる親御さんが多い印象です。
親御さん同士も定期的に顔を合わせることができるため、子育て情報の交換や雑談などの交流もでき、大人同士の気分転換の場にもなっているようですね。お子さんはもちろん、親御さん同士が友達を作り、地域に馴染むきっかけをリトミック教室から掴んでいるというケースも。
また、講師の方も楽しんでいる様子がうかがえるので、音楽教室といっても堅苦くはない雰囲気の教室が多いと思われます。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

リトミックは効果ない、なんて言われることもあるようですが、専門家からも高く評価されているレッスンです。効果音や音楽のみならず、日常生活や社会生活において大切なこと、日々の暮らしを豊か味わうための力を、楽しみながら学んでいくことができます。最近では幼稚園や保育園のカリキュラムに取り入れられていることも多いようです。
幼児教育だからと堅苦しく考えず、まずはお子さんと一緒に音やリズムを楽しむつもりで始めてみてはいかがでしょうか?リトミックの家庭用DVDもおすすめです。
「何歳から始めるべき?」と年齢のことが気になるかも知れませんが、早ければ0歳2~3ヶ月から対象にしたベビー用のレッスンも。小学生前の頭も身体も柔軟な伸び盛りの時期にリトミックを経験することは、今後の成長にプラスに働くのではないでしょうか。

幼児期から始める、子どもの習い事メリット5つ 人気&長く習わせたいのは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1394

幼児期から習い事をさせることが当たり前になりつつある近頃。「いま本当に人気の習い事は何?」「小さいうちに習い事をさせることでどんな影響があるの?」「東大生の小さい頃の習い事事情」など、パパママたちが気になる情報をまとめて紹介します。

年少から始めたい習い事、子どもの可能性をグングン伸ばすのは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1251

最近では早くから習い事をさせる家庭が増えています。未来を秘めている子どもたちに、家庭以外でも色々な刺激を与え、可能性を広げてあげたいですよね。今回は年少さんからのお勧めの習い事について調べてみたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

子どもの好きを伸ばす!各スポーツの習い事のメリット・デメリットと費用

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1378

スポーツの習い事といっても、最近では数多くの習い事があふれています。子どもの可能性を信じ、好きなことをさせてあげたい気持ちはもちろんありますが、習い事にかかる費用が気になるのも事実。子どもの習い事にどれくらいお金がかかるものなのか、こちらで詳しくご紹介します。

<男女別>子ども目線で一緒に考える、人気の習い事ランキング5

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1377

子どもに何か習い事をさせたいと考えるパパやママはとても多いです。子どもの将来を思って考えることだと思いますが、なかには親の期待ばかりで子どもが置いてけぼりになっていることも。習いごとをするのは子ども自身。あくまで子ども本人の意思を尊重し、親子で納得できる習い事をさせてあげましょう。

ピアノの習い事はいつから?子供に及ぶ7つの効果と月謝相場!

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/246

子供の習い事で人気の「ピアノ」。ピアノで頭が良くなるってホント!? 脳科学者もおすすめの、ピアノを習うことで得られる効果を徹底解説いたします。また、気になる月謝の費用相場やピアノの選び方などママたちの知りたい情報をたっぷりご紹介します。

女の子に人気の習い事おすすめ8選

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/13

3・4歳になったら考えたい、お子さんの『習い事』。こちらでは女の子に人気のおすすめの習い事をご紹介します。スポーツ選手や国内外で活躍する人の中には「3歳から始めた」など、幼少教育を受けていたケースが多く、脳の発達という観点からも早い時期に始める習い事が注目されています。気になる相場も併せてチェックして参りましょう!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


リトミック 教育の悩み

関連する投稿


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

子どものしつけに取り入れたい食育。保育園や幼稚園ではどんな食育活動をしているのでしょう?食育とは何なのか、食育計画のねらいやゲームを使った伝え方など、ママも知っておきたい食育についてご紹介します。


子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事で女の子に人気高いバレエ、習わせたいと思っているママも多いのではないでしょうか。バレエの効果や費用、いつから始めればよいかなど、いろいろ気になりますよね。レッスンは何をするのか、メリットやデメリットなどについてご紹介します


子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

習い事として人気の高いサッカー、子どもに習わせたいと考えるママも多いようです。周りのママはいつからサッカーの習い事を始めているのでしょう。メリット・デメリットや女の子もできるのか、気になる月謝などの費用について調査しました。


幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

0歳から6歳の乳幼児を対象に、知育を目的とした多彩な授業を行っているのが幼児教室です。教室によってその内容はさまざまですが、コミュニケーション能力や自己表現、他者を思いやる気持ちなどの情操教育の面でも効果が期待できます。


最新の投稿


【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

免疫機能が未熟な子どもは、さまざまな病気にかかりやすいです。肺炎もその一つ。風邪などをこじらせてなる場合もありますが、マイコプラズマという細菌に感染して肺炎になるケースも多いです。いざというときに適切に対応できるよう、感染経路や症状、治療、予防法について知っておきましょう。


【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

新生児の時期を経て、気が付けば赤ちゃんは生後2カ月に。この時期、どれぐらいまで大きくなり、どのような成長が見られるのでしょうか? 生後2カ月からできるようになることは? ここでは、生後2カ月の赤ちゃんの発育や生活について紹介しています。


【医師監修】おむつ替えの基礎知識!替えるタイミング、回数、やり方、コツは?

【医師監修】おむつ替えの基礎知識!替えるタイミング、回数、やり方、コツは?

赤ちゃんのおむつはどんなときに替えるのでしょうか。赤ちゃんの肌は敏感なのでむれてかぶれてしまわないか気になるひともいるでしょう。ここでは、おむつ替えのタイミング、回数、やり方、コツについて詳しく解説していきます。


【医師監修】月齢別赤ちゃんの睡眠の特徴 まとまって寝るようになるのはいつ?

【医師監修】月齢別赤ちゃんの睡眠の特徴 まとまって寝るようになるのはいつ?

赤ちゃんは、夜中も構わず起きたり泣いたりするもの。そんな赤ちゃんのお世話をするママも睡眠不足になったり疲れてしまったり…。どうして寝てくれないの?いつになったらまとまって寝てくれるの?と、泣きたくなってしまうこともあるでしょう。今回は、赤ちゃんの睡眠の特徴や睡眠時間を整えるコツについてご紹介します。


【医師監修】子どもがヘルパンギーナにかかった時の対処法は?

【医師監修】子どもがヘルパンギーナにかかった時の対処法は?

夏に流行するヘルパンギーナ、手足口病、プール熱(咽頭結膜熱)は、総称して「三大夏風邪」とも呼ばれています。どれも珍しい病気ではありませんが、小さいお子様がいるご家庭では、夏場によくかかる感染症として心配になりますよね。そんな夏風邪の一つ、ヘルパンギーナについて、詳しくご説明していきましょう!