バレンタインの手作りアイデア【ママ女医と娘の○○な日常 vol.32】

バレンタインの手作りアイデア【ママ女医と娘の○○な日常 vol.32】

今年もバレンタインの季節が近付いてきました。手作りを喜んでくれる人がいるのであれば、なにか作ってみるのも楽しいものですよ。アイデアを少しご紹介します。


楽しみたい人が楽しめるバレンタインデーを

Getty logo

私が子供の時は、義理チョコについてはせいぜいクラスの男の子に駄菓子やチロルチョコを用意する子がいるかいないか、くらいでした。友チョコの文化はなかったですし、義理チョコだってあげない子の方が大半だったので、気楽なものでした。

今は「クラス全員に友チョコ」を用意するご家庭もあるようで、それはなんというか、なかなか大変だなあと思う訳です。

2月1日に、GODIVAが「日本は、義理チョコをやめよう」という新聞広告を出して話題となりました。「社内の人間関係を調整する日ではない」というのは誠にごもっともな話で、別にあげる側ももらう側も苦痛なら義理チョコなんて必要ない、というのには私も同意です。

それとは別で、楽しんでバレンタインデーの準備をする人もいると思います。別にバレンタインデーは人になにかを強要される日ではなく、ただのイベント。日々にメリハリをつけるちょっとした日。誰に何を用意するか、そもそも用意しないかも含めて自由な日。ホワイトデーも含めて、「楽しみたい人が楽しめるようにすればいいんじゃないの」というのが私の正直な感想です。

子供についても同じ事。食物アレルギーの問題もありますし、絨毯爆撃のようにお菓子を配るのではなく、お互い仲のいい子で楽しみたい子だけが楽しめるようにしたらいいんじゃないかなあ、なんて思うのです。まあうちはまだ年少組で、バレンタインデーも知らない(はず)なので、これから大きくなってどんな事をやりたがるのか、私も一緒に楽しみたいと思っています(とはいえ、もっと大きくなったら、誰に何をあげるのかも教えてくれなくなるのでしょうけれど)。

バレンタインデーの手作りアイデア

Getty logo

それはさておき、私はお菓子を作るのが好きなんです。幸い「食べるよ!」と言ってくれる恋人や友人がいるおかげで、あれこれバレンタインのお菓子を作ってきました。手作りが苦手な人もいるようなので、喜んでもらってくれる人がいるというのは嬉しい事ですね。甘い物が苦手な人には、手作りなら甘さを自由に調節できるのも嬉しいところです。

しかし、沢山作るのは結構大変……そして大人になると、高級なチョコレートと比べて見劣りする……とお困りの方へ、これまでに評判がよかったものやアイデアをいくつかご紹介します。

生チョコ(ガナッシュ)・トリュフ

生チョコ、実は作るのが簡単です。板チョコと生クリームがあれば作れますし、トリュフはクーベルチュールでコーティングしてあげれば、かなり上質なトリュフができます。大人用であればリキュールを使うと、市販品にも負けないものができます。甘いのが苦手な人には、甘さの少ないチョコを選べるのもよい。当たり外れなく、チョコさえ好きなら喜ばれます。

ただ、日持ちしない&職場等であげる時には寒いところに置いておかないと溶けるのが一番の難点です。

ちなみに私のもっているホームベーカリーには生チョコモードがありまして、材料を入れるだけで簡単に温度調節して生チョコを作ってくれます。危険なレベルで簡単です。

ブラウニー

天板いっぱいに作るブラウニーは、沢山人にあげる時におすすめです。今回は、ブラウニーをアレンジした「スティックチョコケーキ」を簡単にご紹介。

1. お好みのレシピでブラウニーを焼く

2. 焼き上がったブラウニーの上に、ばきばきと手で小さく折った板チョコ1~2枚分を万遍なく載せて、余熱で溶かして、ヘラ等で伸ばす(オーブンに数十秒戻して溶かしてもよい)

3. 少し固まったら、縦に細長いスティックケーキ状にカットする

4. しっかり固まったら(冷蔵庫に入れてもよい)、ワックスペーパーでラッピングする

スティックチーズケーキはよく見かけますが、こんな風にブラウニーと板チョコでスティックチョコケーキ(風)も簡単に作れます。固まったチョコがアクセントになって、面白いスイーツになります。つやは出ないので、気になる方はココアパウダーをかけるとよいです。ワックスペーパーで包むと見栄えもよいですし、手も汚さず食べられます。

ブラウニーのレシピはいろいろありますが、私はミックスナッツを砕いたものと、ラム酒漬けのドライフルーツを少し加えたりして具だくさんで作るのが好きです。

スノーボール

沢山できて、見た目も楽しいスノーボールもお勧めです。サクサクほろほろ。基本的なレシピは卵を使わないので、卵アレルギーの人にもあげられます。私はココアと砕いたナッツ&板チョコを入れたスノーボール、更に甘さが苦手な人には粉砂糖をかけない、という仕様で準備するため、スノーボール(雪の玉)というか泥だんごというか……。

去年(娘2歳)のバレンタインデーのお話

Getty logo

子供ができてからは、どうしてもゆっくりお菓子作りをする余裕が無くて、ここ数年バレンタインデーには市販品を買っています。

去年、娘が2歳の時に、デパートのバレンタイン特設コーナーで一緒にチョコレートを選びに行きました。

「パパにどれか一つプレゼントしようと思ってるんだ。なにがいいかな?」と聞くと、かわいいピーターラビットや楽器や動物やその他もろもろカラフルなチョコレート達を全てスルーし、「これ!」と選んだのが、GODIVAのゴールドバロティン(6粒入り・税抜き2200円)……。

「あっちのパンダさん、かわいかったよ」と6粒入り600円のチョコを薦めてみましたが、「これにする!」とGODIVAの前から動いてくれませんでした……。

もう少し値段的にかわいらしいものでいいんだよ……?


(HAL)

※記事内の画像はすべてイメージです

記事の著者  
のんびり子育て中のママ女医   HAL先生
内科医。大学病院研修中にうつ病を発症し、数年間療養生活を経て復帰。その後、病気の間支えてくれた医者の夫と結婚し、娘を出産。現在は田舎で夫、3歳の娘と暮らす。自身の出産・育児の日々をもとに、医学的なエビデンスを交えて育児情報・ニュースなどをブログで発信。またTwitterでは、娘との会話や、ほっこりあたたまる育児エピソードも紹介し、注目を集めている。
http://halproject01.blogspot.jp/
https://twitter.com/halproject00

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。もっとおばけの成長を描いた絵本「のほほんべー」の魅力をご紹介します。


【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。おちゃめなサンタさんとトナカイのやり取りが楽しい絵本「ぎっくりごしのサンタクロース」の魅力をご紹介します。


【絵本】遊びからひろがる冒険! ながおたくま「チリンチリンバス」

【絵本】遊びからひろがる冒険! ながおたくま「チリンチリンバス」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。こどもの遊びからひろがる冒険を描いた絵本「チリンチリンバス」の魅力をご紹介します。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。