ベビーベッドはいつまで?買う前に知っておきたいメリット・デメリット7選

ベビーベッドはいつまで?買う前に知っておきたいメリット・デメリット7選

使う?使わない!? 賛否両論あるベビーベッド。「レンタルでいい」という人から、「長く使うからいいものを買ったほうがいい」という人まで様々な意見があります。今回は、そんなベビーベッドについてじっくり解説していきます。


ベビーベッドとは

Lazy dummy

赤ちゃんを寝かせておくベビーベッド。一昔前までは、大きなサイズだけでしたが、最近は小さなサイズもあり、使い勝手が良くなって来ました。とはいえ、決して安くない大型ベビー用品の代表的な存在です。買うと決めていても、「サイズはどれがいいんだろう?」「どの高さが使いやすいんだろう?」などと迷ってしまいますよね。まずは、ベビーベッドのメリットデメリットを紹介します。

メリット

■赤ちゃんのお世話がしやすい
高さがあるため、特にオムツを替える時や寝付いた赤ちゃんを寝かせる時に、腰への負担がかかりにくいです。腰痛持ちのママにはありがたいですね。

■赤ちゃんの安全が保たれる
兄弟・姉妹がいる場合は、赤ちゃんを床のお布団に寝かせておくと、間違って踏んでしまうことがあります。また、家族で川の字で寝ていると、蹴飛ばしたり、覆いかぶさってしまうこともあります。そんな危険を防ぐことができます。

■ベビーゲージとしても使える
赤ちゃんがある程度動くようになってくると、家の中は危険でいっぱい。ママが料理をしているときなど赤ちゃんから目を離してしまうときに、ベビーゲージとしても使えます。

そのほか、床のホコリから守ってあげることもできること、一人で寝る習慣がつくこともメリットだと考える方もいます。

デメリット

■部屋での存在感が大きい
ミニサイズでもそれなりの大きさがあります。日本の住宅事情では、「圧迫感がある」「部屋が狭くなる」というデメリットはどうしても避けられないかもしれません。

■値段が高い
「使用期間が短かった」「赤ちゃんが嫌がって結局使わなかった」という場合、非常に高くつく可能性があります。

■使用後の処分や保管場所に困る
処分する場合は粗大ゴミ費用がかかります。また、「次の子が生まれるまで取っておこう」と考える場合は、折りたたんでもかなり大きいのでスペースを取ります。

■添い寝ができない
寝かしつけの際に添い寝(添い乳)ができません。ずっとトントンしてあげたり、寝付くまで抱っこしてあげて寝たらベッドに移動させなければなりません。

そのほか、柵の部分をしっかり管理しないと転落や挟まったりする危険性もあります。

ベビーベッドはいつまで使う?

Lazy dummy

日本で一般的に販売されているベビーベッドには、主に2つのサイズがあります。ベッドで使う布団やシーツなども、このサイズが基準となっています。

ベビーベッドのサイズ

・スタンダードサイズ:内寸120cm×70cm
・ミニサイズ:内寸90cm×60cm

サイズはかなり大きく異なるのですが、使える期間はいずれも新生児~最長24ヶ月までとなっている商品が大半です。ただし、2歳をすぎてくると、寝返りを打つというよりも寝相が悪くなってきて頭や体を柵にぶつけてしまうことも出てきます。また、柵を登ってしまうお子さんもいるかもしれませんね。そういうことを考えると、子供の成長や性格に合わせて、いつまで使うかを見計らうのが良さそうです。

また、つかまり立ちができるようになってくると、枕やおもちゃを踏み台にして、よじ登って落下してしまう可能性も出てきます。つかまり立ち対策として、ベッドの脇には床にマットなどを敷いておく対策をしておいたほうが良いでしょう。

また、もともとよじ登ったりしにくいよう、柵が高めに作られているベッドもあります。購入する際には、柵の高さはしっかり確認しておくのがオススメです。

ベビーベッドを選ぶときのポイント

Lazy dummy

ベビーベッドを購入したりレンタルしたりする際には、目安となるポイントがあると選びやすいですよね。どのようなところに注目すると良いのでしょうか。

■どこで使用する?
まずは、ベビーベッドをどこに置くかを検討しましょう。寝室に置くという方が大半かもしれません。しかし、新生児の赤ちゃんは大半の時間を寝て過ごします。そのため、ママが日常を過ごすリビングにベビーベッドを置くと、常に目に届く範囲に赤ちゃんがいるので安心です。新生児のうちはリビングに置き、お昼寝の時間がしっかり決まってくる頃から寝室に置く方法もあります。どこで使用するかによって、便利なサイズも異なってくるため、まずは、どこに置くかを決めましょう。

■サイズは?
先ほどご紹介したように、スタンダードサイズとミニサイズがあります。また、ミニサイズよりもさらに小さい、内寸70cm×50cmのベッドも登場しています。こちらはベッドの足にタイヤが付いていて、家の中で移動できるようになっています。新生児~12ヶ月までしか使わないのであれば、こういったタイプを選ぶのも良いかもしれません。

■他に兄弟・姉妹はいる?
上にお兄ちゃん、お姉ちゃんのいる二人目の場合は、赤ちゃんの安全対策としてもベビーベッドが役立ちます。家のスペース的にずっとベビーベッドがあるとしんどい場合でも、新生児のうちだけでもベビーベッドをレンタルしておくと安心だと言えるでしょう。

■乳幼児突然死症候群(SIDS)を防ぐために
SIDSによる死亡例の多くは、親のベッドで起こっているそう。そのため、米国小児科学会(AAP)は、睡眠環境に関するガイドラインで、「少なくとも生後6ヶ月まで、できれば1歳を迎えるまでは親と同じ寝室に寝かせる。ただし、親と同じベッドを共有せず、ベビーベッドやバシネット(ゆりかご)などに寝かせる」としています。SIDSを防ぐためには、ベビーベッドの準備は必須と言えるかもしれません。また、ベビーベッドに使用するマットレスは固いものを選び、シーツもぴったりと敷くことでSIDSを予防できるとされています。

■ベッド以外の機能もチェック!
ベビーベッドには、オムツなどをしまっておける収納機能があったり、ベッドとしての役割を終えた後はデスクとして使えたりと、ベッド以外の機能を持っているものもあります。購入する場合は、ベッド以外の機能もチェックしておくと、長く使えるのではないでしょうか。

ベビーベッドのレンタルもある

Lazy dummy

ベビーベッドはレンタルも多く出ています。様々なレンタルショップで取り扱っていますが、実際借りる際には、いくつかのショップを比較検討してみると良いでしょう。いくつかあるレンタルショップをご紹介します!

■ダスキンレントオール かしてネッと

大手レンタル会社のダスキンが経営しています。店舗数も多いので安心感がありますね。

●公式ホームページ
https://www.kasite.net

■ナイスベビー

超小型ベッドも揃ってます。「おまかせ里帰りパック」などレンタルしやすいセットもあります。

●公式ホームページ
https://www.nicebaby.co.jp/

■べびーあいらんど

送料、回収料込みの値段が表示されている上、スタッフが組み立てを行ってくれるサービスもあります。

●公式ホームページ
http://www.baby-love-land.com

■ベビレンタ

赤ちゃんのプロである元保育士さんが運営しているサイトです。内祝いのギフトショップも充実。

●公式ホームページ
http://babyrenta.com

■ホクソンベビー

レンタルだけでなく、購入できる商品もあります。また、介護用品のレンタルもあります。

●公式ホームページ
http://www.hoxon.co.jp/

■愛育社

セット商品やモニター、おもちゃも充実しています。

●公式ホームページ
http://www.aiiku.com/

■ベビーフレンド

クリーニング店が行っているので清潔な商品を借りられます。

●公式ホームページ
http://baby-friend.com/?transactionid=bc33f37f5a9c22c8493bfe3730e6ee56e82dfd3a

ベビーベッド卒業後は?

Lazy dummy

すくすくとあっという間に大きく育っていく赤ちゃん。いつか、ベビーベッドを卒業する日がやってきます。その後、ベビーベッドはいったいどうすれば良いのでしょうか?

レンタルであれば返却すれば良いのですが、購入してしまった場合は、処分にも費用がかかります。しかし、高額なベビー用品なので捨ててしまうのももったいないもの。実は、ベビーベッドとして使用したその後にも使えるように、もともと3way、4way、5wayと多用できるようになっている商品もあります。ベビーサークル、キッズデスク、収納棚、テーブルなどとして使えるので、ベッドとしての用途を卒業した後も長く愛用できそうですね。

また、DIYでリメイクする人たちもいます。マガジン収納ラックにしたり、キッズ用のデスクにしたりと、アイディアと工夫次第で活用できます。ネット上には素敵なリメイク商品が紹介されているので、チェックしてみては?

まとめ

使う? 使わない! 論争が激しいベビーベッド。赤ちゃんが嫌がって結局使わなかったという可能性もありますが、レンタルで手軽な価格で試せたり、ベッドとしての役目を終えた後も他の使い方ができたりするので、安心したのではないでしょうか。
サイズが大きい分、妊娠中にベビーベッドが家にやってくると、「わ! もうすぐ赤ちゃんが生まれるのね!」とワクワク感が高まります。生まれた後も、ベビーベッドでスヤスヤ眠る赤ちゃんを眺めているのは、本当に幸せな時間。
レンタルするにせよ、購入するにせよ、満足のいくベビーベッド選びができるといいですね。

ベビー用家具に関する記事一覧を読む

#育児グッズについてもっと見る!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【2021年1月】絵本のプロが選ぶ 0~3歳年齢別おすすめ3冊「おしくら・まんじゅう」ほか

【2021年1月】絵本のプロが選ぶ 0~3歳年齢別おすすめ3冊「おしくら・まんじゅう」ほか

東京は神保町にある絵本専門店「ブックハウスカフェ」が全面協力! プロが選ぶおすすめの絵本をセレクトして、毎月紹介します。


【知育】日本とアメリカの違いとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.1

【知育】日本とアメリカの違いとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.1

ハーバード大学をはじめ、アメリカの大学で長年研究されてきた「ダイアロジック・リーディング」。その手法について紹介した書籍、『思考力 読解力 伝える力が伸びる ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』(かんき出版)より、子どもの能力を伸ばす読み聞かせメソッドを紹介します。今回は、日本とアメリカの読み聞かせの違いについてです。


【漫画】研修医時代に怖かった赤ちゃん、母親になった今も…『外科医が母になりました。』Vol.2

【漫画】研修医時代に怖かった赤ちゃん、母親になった今も…『外科医が母になりました。』Vol.2

はじめての赤ちゃん。かわいくてかわいくて、でも、それだけじゃなかった……! 外科医として働くミューさんの、はじめての出産、子育てを描く連載『外科医が母になりました。』。医師だからこそ感じることもあれば、ほかのママと同じように悩むこともあって……。


離乳食のおせちレシピ|赤ちゃんにおせち料理はダメ?【管理栄養士監修】

離乳食のおせちレシピ|赤ちゃんにおせち料理はダメ?【管理栄養士監修】

赤ちゃんが家族に加わり、楽しくも大変だった年も暮れ、もうすぐお正月。大人はいつものおせち料理、赤ちゃんには離乳食おせちで、新年を迎えてみてはいかがでしょうか。今回は離乳期の赤ちゃんもおいしく食べられるおせちレシピをご紹介します! 「どうして大人用のおせちを赤ちゃんに食べさせちゃダメなの?」という疑問にもお答えしますよ。


【医師監修】2歳児の理想的な睡眠時間と眠りのリズムの整え方

【医師監修】2歳児の理想的な睡眠時間と眠りのリズムの整え方

動きはますます活発に、おしゃべりも上手になってくる2歳児。自己主張も増えて、早く寝かせたいのになかなかうまくいかない……そんなことが続くと心配になってきますよね。ここでは、子供の睡眠にくわしい医師・森田麻里子先生のアドバイスとともに、2歳の理想的な睡眠時間や子供がしっかり眠るためにできることを紹介します。


最新の投稿


【医師監修】逆子と発覚!原因とリスク・治し方とは

【医師監修】逆子と発覚!原因とリスク・治し方とは

赤ちゃんは妊娠中期まではおなかの中で回転していますが、たいていは頭を下にした「頭位」に落ちつきます。妊婦健診で頭を上にした「逆子」だと言われたらどうすればいい? 外回転術や逆子体操の有効性、分娩方法の決め方などを解説します。


【助産師監修】つわりがひどい | 病院受診の目安と乗り越え方

【助産師監修】つわりがひどい | 病院受診の目安と乗り越え方

多くの妊婦さんが経験するつわりですが、中にはとてもひどいつわりの症状に悩まされる人もいます。場合によっては、入院などをして治療が必要な場合もあります。受診の必要があるかの目安やつらいつわりの乗り越え方などを説明します。


【医師監修】妊娠しても「つわりがない」ことはある?流産との関係は?

【医師監修】妊娠しても「つわりがない」ことはある?流産との関係は?

妊娠初期に経験する人が多い「つわり」の症状ですが、個人差も大きく、大変つらい思いをする人もいれば、軽く済む人や全く感じない人もいます。つらい症状であっても、妊婦さんの多くが経験することが自分に起きないと、それはそれで心配になりますよね。つわりの有無や流産などのリスクとの関係性について、医学的な見地から解説します。


【医師監修】喃語(なんご)はいつから?出ないときの注意点

【医師監修】喃語(なんご)はいつから?出ないときの注意点

喃語(なんご)という言葉を聞いたことがなくても、赤ちゃんが「アー」や「ウー」などと発声する様子を見たことがある人は多いのではないでしょうか。今回は赤ちゃんの喃語について、まとめてみました。


【医師監修】妊娠中の旅行(マタ旅)はなぜ危険? 知っておきたいリスクと注意点

【医師監修】妊娠中の旅行(マタ旅)はなぜ危険? 知っておきたいリスクと注意点

妊娠中に旅行に行く、通称「マタ旅」が人気を集めています。でも、もともと健康な妊婦さんであっても妊娠中はつわりなどの急な体調変化がつきものです。妊娠中に旅行をするリスクと、もしどうしても出かける必要がある場合はどんなことに気をつければいいのかを考えていきましょう。