「早期教育」はどのような教育法?その種類や実践する際の注意点など

「早期教育」はどのような教育法?その種類や実践する際の注意点など

子供がいる家庭なら、早期教育という言葉を耳にしたこともあるでしょう。しかし、早期教育といわれても、本当に子供にとって良いものなのかは疑問を感じる人もいるのではないのでしょうか?早期教育とはどんなものなのか、また早期教育のデメリットなどについても紹介します。


早期教育とは?

Lazy dummy

そもそも、早期教育自体詳しく知らない方もいるでしょう。まずは早期教育とはどんな教育方法なのか詳しくみていきましょう。

早期教育とは小学校に入る前の段階から、教育を取り入れる方法のことです。家庭によっては赤ちゃんの頃から、英才教育を始める場合もあります。早期教育は小学校に入学してもこまらないように、読み書きを習わせることが一般的です。家庭学習でも取り入れるケースも増えているようで、小学校を入学するまでに、自分の名前が書けるのはもちろん、ひらがなやカタカナまで習得する子供も少なくありません。

ほかにも英語やピアノなどの習い事も含まれています。スイミングのような運動系も英才教育のひとつで、早い段階から経験させることで、能力を高めたりその子の関心を高めたりするという考え方です。

弊害、デメリットもある?

Lazy dummy

早い段階で教育をすることは決して悪いことではありませんが、やり方によっては子供にデメリットとなってしまう場合もあるため、注意するようにしましょう。

幼児期に早期教育で高い能力を身に着けても、小学校に入っても同じように指導を受けなければ、逆に弊害となり無駄となってしまう可能性があります。その理由は、小さいころに特別な能力を身に着け周りに褒められても、それをずっと続けなければ能力が普通に戻ってしまい、子供が大きな挫折感を味わってしまう可能性があるためです。

もともと子供は、それぞれ生まれ持った能力が異なり、それは遺伝子により決められています。子供の頃にはその差が目立ちやすく、早く身につけさせたいという親心が影響してくることもあるでしょう。しかし、その子が必要なときに必要な能力が生まれるようになっているため、親が焦り過ぎても子供にとってデメリットでしかありません。挫折を味わうより、成功体験を多く積み重ねた方が、子供にとって良い体験になるのです。

早い年齢から何でも詰め込み教育をすると、子供の体調に変化が見られることもあります。寝る時間も惜しんで複数の習い事をやらせていたら、睡眠時間が不足して朝起きられず、不規則な生活習慣になってしまうこともあるのです。子供の体に負担をかけていると、次第に体のだるさや不調を訴えだし、頭痛や腹痛がおきて登園もできなくなる恐れもあります。早期教育で子供の体調にまで影響するやり方は、良い方法とはいえません。

どのような種類がある?

Lazy dummy

親が詰め込み教育を押し付けるのではなく、子供がやりたいと感じたことなら、早期教育を取り入れても良いでしょう。早期教育には次のような種類があります。

英語の早期教育

英語脳がつくられていくのは、幼少期のころだけです。今は小学校から英語教育が始まりますが、その段階ではすでに脳が日本語で占められ、英語が入る余裕がありません。幼少期から英語に触れておくことで、英語が入り込むスペースをつくることができます。つまり言語をつかさどる脳に、日本語脳と英語脳の下地ができあがるのです。

幼少期では英語を勉強としてとらえません。日常生活の会話を通して英語を学ぶため、勉強という感覚がなく楽しく覚えることができます。周りのお友達や先生と会話するような感覚で、違う英語を使ってしまっても間違ったから恥ずかしいという気持ちもありません。英語のベースが幼少期にあると、大人になってからの英語教育にも役立てることができます。

●サンライズキッズエデュケーション ホームページ
「初めての英語教育 早期英語教育のメリット・デメリット」
http://www.sunrisekids-education.jp/useful/first_edu/02.html

運動の早期教育

運動系の早期教育では水泳を取り入れる家庭が多いようです。スポーツ選手のなかでは、プロゴルファーのように幼少期からゴルフを取り入れている家庭も少なくありません。そのようなことからスポーツは早く始めたほうが、能力の差が出やすいと感じるかもしれません。本格的にスポーツをやらせるなら、ずっとその子に良い指導者をつけ続ける覚悟が必要です。

運動の早期教育をやる場合は、親が過度な期待を持ってやらせるのではなく、子供が続けたい意思を尊重することが大切です。スポーツは子供がやりたいものを自由にやらせ、上級レベルを目指して挫折感を味わうより、少しのことをたくさん褒めて自信を付けてあげることが必要となります。

まとめ

早期教育は子供がやりたいと言ったことはやらせてあげましょう。親が押し付けて、詰め込み教育になってしまうのは、弊害となってしまう可能性があります。なんでも早くから経験させれば将来の能力に差が出るということはなく、好きなことをやらせて褒めて自信を付けることが重要となってくるのです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


おうちで体操と英語が学べる!子ども向けオンライン体操教室「イエジム」

おうちで体操と英語が学べる!子ども向けオンライン体操教室「イエジム」

OnTechは7月22日より、オンラインで受講できる子ども向け体操教室「イエジム」の提供を開始しました。


幼児向けスポーツ教室「忍者ナイン」小学校受験合格向け特別講習を開始

幼児向けスポーツ教室「忍者ナイン」小学校受験合格向け特別講習を開始

やる気スイッチグループが展開する幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」は、「スポーツ科学」を用いて秋から始まる私立小学校・国立小学校の入試試験合格に向けた「受験体操特別講習」を東京・神奈川・埼玉・千葉4会場で6月から9月まで各4回ずつ開催します。※埼玉会場は受付終了。


ポピンズがwithコロナ時代の幼児教育オンラインナニーサービスをスタート

ポピンズがwithコロナ時代の幼児教育オンラインナニーサービスをスタート

ポピンズはこのほど、新型コロナウイルス感染拡大の影響で子どもの在宅時間が増えたことに伴い、心身の健康や成長にプラスとなる「オンラインナニーサービス」を開始しました。このサービスは、パソコンやスマートフォンを使用して在宅中の教育を教育ベビーシッターが行うものです。


タブレット学習のメリットは? 教材の選び方と各社サービス一覧

タブレット学習のメリットは? 教材の選び方と各社サービス一覧

学校教育や家庭教育においても需要が高まってきている、タブレット学習。ICT(情報通信技術)が盛んになりますます情報化社会となっている中、タブレット学習に関する意見もさまざまです。メリット・デメリットを把握したうえで、子供に与える教材を選んでみてはいかがでしょうか。各社のサービスもご紹介していきます。


マミートラックの意味は? メリットと課題、辛いときの対策

マミートラックの意味は? メリットと課題、辛いときの対策

出産後、職場復帰をするママが一般的になってきました。そんなママ達が経験するかもしれない、「マミートラック」という言葉をご存知でしょうか? この記事では、マミートラックの意味や、メリット・デメリットなどについて詳しく説明していきます。


最新の投稿


ベビーリングの意味とは?男の子・女の子別の人気ブランド12選

ベビーリングの意味とは?男の子・女の子別の人気ブランド12選

小さくて可愛いベビーリング。出産祝いのギフトにもぴったりですね。今回は人気のベビーリングをご紹介します。赤ちゃんの幸せを祈って選んでみませんか?


【医師監修】新生児が泣かない3つの理由と対処法とは?

【医師監修】新生児が泣かない3つの理由と対処法とは?

赤ちゃんはたくさん泣くものと身構えていたのに、新生児があまり泣かない……。泣き声で追い立てられずありがたいと感じる一方で、何か異常があるのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。そこで、新生児が泣かないときに考えられる理由と対処法をまとめました。


360°回転型チャイルドシートがコンビから登場『THE S ZBシリーズ』

360°回転型チャイルドシートがコンビから登場『THE S ZBシリーズ』

コンビは2020年12月上旬より、安全性と使いやすさを追求した新安全基準R129に対応した360°回転型チャイルドシート「コンビ ホワイト レーベル THE S ISOFIX エッグショック ZB」シリーズを全国のベビー用品専門店などで販売いたします。


「レゴストア立川立飛店」が「ららぽーと立川立飛」にオープン!

「レゴストア立川立飛店」が「ららぽーと立川立飛」にオープン!

シナテックは、2020年10月31日よりレゴのブランドストア「レゴストア 立川立飛店」をオープンし、運営を開始します。


【医師監修】新生児の抱っこ紐はどう選ぶ? 選び方と使用時の注意点

【医師監修】新生児の抱っこ紐はどう選ぶ? 選び方と使用時の注意点

市販の抱っこ紐には幅広い機能やデザインがあり、選ぶのも迷ってしまいますね。新生児から使いたいと考えているものの、何を基準に選べばいいかわからなかったり、使用時の注意点が知りたい人のために、新生児の抱っこ紐についてまとめました。