ママのための悩み解決サイト
「早期教育」はどのような教育法?その種類や実践する際の注意点など

「早期教育」はどのような教育法?その種類や実践する際の注意点など

子どもがいる家庭なら、早期教育という言葉を耳にしたこともあるでしょう。しかし、早期教育といわれても、本当に子どもにとって良いものなのかは疑問を感じる人もいるのではないのでしょうか?早期教育とはどんなものなのか、また早期教育のデメリットなどについても紹介します。


早期教育とは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そもそも、早期教育自体詳しく知らない方もいるでしょう。まずは早期教育とはどんな教育方法なのか詳しくみていきましょう。

早期教育とは小学校に入る前の段階から、教育を取り入れる方法のことです。家庭によっては赤ちゃんの頃から、英才教育を始める場合もあります。早期教育は小学校に入学してもこまらないように、読み書きを習わせることが一般的です。家庭学習でも取り入れるケースも増えているようで、小学校を入学するまでに、自分の名前が書けるのはもちろん、ひらがなやカタカナまで習得する子どもも少なくありません。

ほかにも英語やピアノなどの習い事も含まれています。スイミングのような運動系も英才教育のひとつで、早い段階から経験させることで、能力を高めたりその子の関心を高めたりするという考え方です。

弊害、デメリットもある?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

早い段階で教育をすることは決して悪いことではありませんが、やり方によっては子どもにデメリットとなってしまう場合もあるため、注意するようにしましょう。

幼児期に早期教育で高い能力を身に着けても、小学校に入っても同じように指導を受けなければ、逆に弊害となり無駄となってしまう可能性があります。その理由は、小さいころに特別な能力を身に着け周りに褒められても、それをずっと続けなければ能力が普通に戻ってしまい、子どもが大きな挫折感を味わってしまう可能性があるためです。

もともと子どもは、それぞれ生まれ持った能力が異なり、それは遺伝子により決められています。子どもの頃にはその差が目立ちやすく、早く身につけさせたいという親心が影響してくることもあるでしょう。しかし、その子が必要なときに必要な能力が生まれるようになっているため、親が焦り過ぎても子どもにとってデメリットでしかありません。挫折を味わうより、成功体験を多く積み重ねた方が、子どもにとって良い体験になるのです。

早い年齢から何でも詰め込み教育をすると、子どもの体調に変化が見られることもあります。寝る時間も惜しんで複数の習い事をやらせていたら、睡眠時間が不足して朝起きられず、不規則な生活習慣になってしまうこともあるのです。子どもの体に負担をかけていると、次第に体のだるさや不調を訴えだし、頭痛や腹痛がおきて登園もできなくなる恐れもあります。早期教育で子どもの体調にまで影響するやり方は、良い方法とはいえません。

どのような種類がある?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

親が詰め込み教育を押し付けるのではなく、子どもがやりたいと感じたことなら、早期教育を取り入れても良いでしょう。早期教育には次のような種類があります。

英語の早期教育

英語脳がつくられていくのは、幼少期のころだけです。今は小学校から英語教育が始まりますが、その段階ではすでに脳が日本語で占められ、英語が入る余裕がありません。幼少期から英語に触れておくことで、英語が入り込むスペースをつくることができます。つまり言語をつかさどる脳に、日本語脳と英語脳の下地ができあがるのです。

幼少期では英語を勉強としてとらえません。日常生活の会話を通して英語を学ぶため、勉強という感覚がなく楽しく覚えることができます。周りのお友達や先生と会話するような感覚で、違う英語を使ってしまっても間違ったから恥ずかしいという気持ちもありません。英語のベースが幼少期にあると、大人になってからの英語教育にも役立てることができます。

●サンライズキッズエデュケーション ホームページ
「初めての英語教育 早期英語教育のメリット・デメリット」
http://www.sunrisekids-education.jp/useful/first_edu/02.html

運動の早期教育

運動系の早期教育では水泳を取り入れる家庭が多いようです。スポーツ選手のなかでは、プロゴルファーのように幼少期からゴルフを取り入れている家庭も少なくありません。そのようなことからスポーツは早く始めたほうが、能力の差が出やすいと感じるかもしれません。本格的にスポーツをやらせるなら、ずっとその子に良い指導者をつけ続ける覚悟が必要です。

運動の早期教育をやる場合は、親が過度な期待を持ってやらせるのではなく、子どもが続けたい意思を尊重することが大切です。スポーツは子どもがやりたいものを自由にやらせ、上級レベルを目指して挫折感を味わうより、少しのことをたくさん褒めて自信を付けてあげることが必要となります。

まとめ

早期教育は子どもがやりたいと言ったことはやらせてあげましょう。親が押し付けて、詰め込み教育になってしまうのは、弊害となってしまう可能性があります。なんでも早くから経験させれば将来の能力に差が出るということはなく、好きなことをやらせて褒めて自信を付けることが重要となってくるのです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

子どものしつけに取り入れたい食育。保育園や幼稚園ではどんな食育活動をしているのでしょう?食育とは何なのか、食育計画のねらいやゲームを使った伝え方など、ママも知っておきたい食育についてご紹介します。


子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事で女の子に人気高いバレエ、習わせたいと思っているママも多いのではないでしょうか。バレエの効果や費用、いつから始めればよいかなど、いろいろ気になりますよね。レッスンは何をするのか、メリットやデメリットなどについてご紹介します


子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

習い事として人気の高いサッカー、子どもに習わせたいと考えるママも多いようです。周りのママはいつからサッカーの習い事を始めているのでしょう。メリット・デメリットや女の子もできるのか、気になる月謝などの費用について調査しました。


幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

0歳から6歳の乳幼児を対象に、知育を目的とした多彩な授業を行っているのが幼児教室です。教室によってその内容はさまざまですが、コミュニケーション能力や自己表現、他者を思いやる気持ちなどの情操教育の面でも効果が期待できます。


最新の投稿


【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

子どもはまだルールを知りませんから、親がしつけをする必要があります。しかし、どうしつければいいのか、どこまで厳しくしつけるべきか、どの程度なら叱る必要があるか、親であれば誰しも一度は悩む、しつけのコツについてお伝えします。


【医師監修】予防する前にインフルエンザワクチンを知っておこう

【医師監修】予防する前にインフルエンザワクチンを知っておこう

インフルエンザが流行する時期になると、子どもにインフルエンザワクチンを接種すべきか迷うこともあるでしょう。ワクチン接種に最適な時期や、予防接種の注意点、副作用の問題について解説すると共に、予防接種をすればインフルエンザにかからないのか、気になる疑問についてもお伝えします。


【医師取材】2歳児の発達・成長の特徴は? 虫歯予防やトイレトレーニングの進め方

【医師取材】2歳児の発達・成長の特徴は? 虫歯予防やトイレトレーニングの進め方

2歳になると、運動能力が発達して動きがますます活発になったり、伝えたいことを少しずつ言葉で表現できるようになったりする一方で、「イヤイヤ期」と呼ばれる反抗期が本格的に始まります。ここでは、2歳児ができるようになることや、2歳児の育児で注意したいことなどを聞いてみました。


【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

免疫機能が未熟な子どもは、さまざまな病気にかかりやすいです。肺炎もその一つ。風邪などをこじらせてなる場合もありますが、マイコプラズマという細菌に感染して肺炎になるケースも多いです。いざというときに適切に対応できるよう、感染経路や症状、治療、予防法について知っておきましょう。


【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

新生児の時期を経て、気が付けば赤ちゃんは生後2カ月に。この時期、どれぐらいまで大きくなり、どのような成長が見られるのでしょうか? 生後2カ月からできるようになることは? ここでは、生後2カ月の赤ちゃんの発育や生活について紹介しています。