ママのための悩み解決サイト
保育園の懇談会って何するの?自己紹介の仕方や参加するメリットは?

保育園の懇談会って何するの?自己紹介の仕方や参加するメリットは?

子どもを保育園に入れることが決まったら、入園当初や不定期に懇談会が開催されます。初めてのことだとどのような内容なのか不安に感じる方もいるでしょう。保育園で行われる懇談会の内容と、どのような点に注意したらよいのか紹介します。


保育園の懇談会とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ママにとって保育園に入ると気になるのが、懇談会の内容。一度も参加したことがない方は、どのような内容で行われるのか確認しておくと安心です。

保育園の懇談会の内容

保育園の懇談会の内容は、いろいろなものがあります。保育園では働いているママがほとんどですから、役員決めは少なく、最初の自己紹介や、保育園の説明などが多いようです。先生たちが保育園の様子を簡単に説明してくれ、園長先生からも話しが出る場合もあります。保育園に通うのが初めての家庭もありますから、わからないことがあればこのときに質問を受け付けているようです。保護者からの要望もあれば、この時に話すようにしましょう。保育園側からは送迎の際の注意点などの話もあります。

保育園の懇談会の服装

保育園の懇談会に参加するときの服装は、普段着という方が多いようです。働いているママも多く、会社の制服のまま参加される方もいます。入園式のようなフォーマルな服装だと逆に浮いてしまう可能性が高いため注意しましょう。普段着のTシャツ、ジーパンというラフなスタイルの方も多いようです。会社員の方でそのまま懇談会に参加する場合は、スーツのケースもあります。逆に派手な服装や、露出の高い服装だと、目立ってしまう可能性があるでしょう。

保育園の懇談会の自己紹介

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

保育園の懇談会では、必ず自己紹介をする場面があります。初めての懇談会では、どのような自己紹介をするべきか確認しておきましょう。

気をつけるべきポイント

自己紹介では1人だけの話が長くなり過ぎないよう注意しましょう。たくさんの方が一度に自己紹介しなければならず、懇談会の時間も限られていいます。自己紹介では、「〇〇の母です」のように子どもの名前と、簡単な自己紹介を加える程度がおすすめです。自己紹介は周りのママに顔を知ってもらう機会でもあるため、声が小さく聞き取れない場合や、下を向いて話すのは避けましょう。

自己紹介の内容は、兄弟がいれば兄弟の紹介や、子どもが今夢中になっている遊びなどを話しましょう。ほかのママと共通の話題となることがあれば、それも加えましょう。最後に「よろしくお願いいします」で締めくくります。

おすすめの自己紹介例

懇談会はたくさんの人の前で自己紹介しなければならず、緊張してしまうママも少なくありません。事前に自己紹介の練習をしてしまったのにも関わらず、頭が真っ白になってしまったら、次のような簡単な自己紹介でも問題ありません。「〇〇の母です。1年間よろしくお願いします。」緊張したら素直に「緊張して頭が真っ白になってしまいました。」と付け加えるのもOKです。その場の緊張感が和み、逆に好印象となることもあります。

子どもの特徴を加えて自己紹介したときは、今やっている習い事を紹介しましょう。「〇〇の母です。子どもはスイミングスクールに通っています。」このように簡単な自己紹介で十分です。周りの人が話している様子を聞きながら、似たような内容で通すという方法もあります。「うちの子は〇〇にハマっています。」と話していたら、「うちの子も同じ趣味を持っています。」と話すと良いでしょう。

参加するメリット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

保育園の懇談会は行きたくないという方もいるかもしれません。しかし懇談会にはメリットもありますので、どのようなメリットがあるのか知ってから決めてみても良いですね。

保育園の懇談会のメリット

保育園の懇談会は、人前で自己紹介もしなければならず、緊張してしまう方もいるでしょう。また、仕事の都合でいけない方もいます。懇談会は、行きたくない人、行けない人がいると思います。保育園を利用しているのは、働いているママです。幼稚園のようにママ同士の交流も少なく、あえて行かないと選択することもできます。仕事の事情や兄弟姉妹の体調の問題で欠席することは問題ありません。

しかし、保育園の懇談会では、保育園の子どもの様子をスライドなどで紹介してくれることもありますから、普段わからない子どもの様子を知る機会にもなります。保育園ごとの決まり事の解説や、保育園の育児方針も聞くことができます。保育園から持ち物のお知らせが出ることもあるので、わからないことがあるなら参加するのがおすすめです。働いているママは保育士さんとゆっくり話をしている暇がない場合が多いので、懇談会で保育園のことを知るために参加するのも良いでしょう。

まとめ

保育園の懇談会はママたちが顔を合わせて、保育園の様子を見るチャンスです。ママたちの交流は普段少ないため、交流を深めるためにも、懇談会に参加してみましょう。自己紹介の内容や、懇談会に着ていく服装などもチェックしておくことをおすすめします。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

子どものしつけに取り入れたい食育。保育園や幼稚園ではどんな食育活動をしているのでしょう?食育とは何なのか、食育計画のねらいやゲームを使った伝え方など、ママも知っておきたい食育についてご紹介します。


子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事で女の子に人気高いバレエ、習わせたいと思っているママも多いのではないでしょうか。バレエの効果や費用、いつから始めればよいかなど、いろいろ気になりますよね。レッスンは何をするのか、メリットやデメリットなどについてご紹介します


子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

習い事として人気の高いサッカー、子どもに習わせたいと考えるママも多いようです。周りのママはいつからサッカーの習い事を始めているのでしょう。メリット・デメリットや女の子もできるのか、気になる月謝などの費用について調査しました。


幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

0歳から6歳の乳幼児を対象に、知育を目的とした多彩な授業を行っているのが幼児教室です。教室によってその内容はさまざまですが、コミュニケーション能力や自己表現、他者を思いやる気持ちなどの情操教育の面でも効果が期待できます。


最新の投稿


【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

子どもはまだルールを知りませんから、親がしつけをする必要があります。しかし、どうしつければいいのか、どこまで厳しくしつけるべきか、どの程度なら叱る必要があるか、親であれば誰しも一度は悩む、しつけのコツについてお伝えします。


【医師監修】予防する前にインフルエンザワクチンを知っておこう

【医師監修】予防する前にインフルエンザワクチンを知っておこう

インフルエンザが流行する時期になると、子どもにインフルエンザワクチンを接種すべきか迷うこともあるでしょう。ワクチン接種に最適な時期や、予防接種の注意点、副作用の問題について解説すると共に、予防接種をすればインフルエンザにかからないのか、気になる疑問についてもお伝えします。


【医師取材】2歳児の発達・成長の特徴は? 虫歯予防やトイレトレーニングの進め方

【医師取材】2歳児の発達・成長の特徴は? 虫歯予防やトイレトレーニングの進め方

2歳になると、運動能力が発達して動きがますます活発になったり、伝えたいことを少しずつ言葉で表現できるようになったりする一方で、「イヤイヤ期」と呼ばれる反抗期が本格的に始まります。ここでは、2歳児ができるようになることや、2歳児の育児で注意したいことなどを聞いてみました。


【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

免疫機能が未熟な子どもは、さまざまな病気にかかりやすいです。肺炎もその一つ。風邪などをこじらせてなる場合もありますが、マイコプラズマという細菌に感染して肺炎になるケースも多いです。いざというときに適切に対応できるよう、感染経路や症状、治療、予防法について知っておきましょう。


【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

新生児の時期を経て、気が付けば赤ちゃんは生後2カ月に。この時期、どれぐらいまで大きくなり、どのような成長が見られるのでしょうか? 生後2カ月からできるようになることは? ここでは、生後2カ月の赤ちゃんの発育や生活について紹介しています。