ママのための悩み解決サイト
幼稚園の連絡ノートの使い方は?書く内容やポイントを解説

幼稚園の連絡ノートの使い方は?書く内容やポイントを解説

子どもが幼稚園に通い出したら、連絡帳が登場します。しかし、初めてのことで何を書いてよいのかわからないママもいるでしょう。園で使う連絡帳とはどんなノートなのか、そして連絡帳の書き方を紹介します。園とのつながりが持てる大切なノートですから、詳細を確認しておきましょう。


幼稚園の連絡ノートとは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもが幼稚園に通い出すと、園から連絡帳をもらいます。初めてのことだと連絡帳を使う目的もわかりませんから、どのようなものなのか確認しておきましょう。

連絡帳の目的

連絡帳とは、園での子どもの様子を保護者に伝えるために利用される場合や、保護者が家庭の様子を園に伝える場合に使います。どちらも子どもを育てるものとして、1日の生活の中で気が付いたことを伝え合うためのツールです。ただ連絡を書くだけではなく、お互いの要望や感想も記載します。幼稚園に通い始めたばかりの家庭では、連絡帳を通し保育のことを解消するツールとしても活用できるものです。

連絡帳で書く内容

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

初めてのことだと連絡帳に何を書いて良いのかわからないものです。連絡帳に書く内容で迷ったら、次の項目を参考にしながら、気になることを書きましょう。

毎日の体調

家庭からは子どもの毎日の体調で気になることがあれば記入しましょう。体調管理は家庭だけでなく園でも必要となるため、家庭の様子も伝えておくと、その後の対処がしやすくなります。たとえば夕べ熱があったが今朝はなかった、風邪ぎみだが機嫌が良さそうなので通園させた、便の状態が悪くお腹を痛がる可能性があるなどの体調の変化です。ほかにも食事を通して何か変化があるとき、睡眠に問題があるときもお知らせしておくと便利です。

欠席や遅刻・早退などの連絡事項

普段の登園やお迎えの時間が変更になるときも、連絡帳が使えます。通園バスを利用している場合であれば、家庭の事情で遅刻する場合はバスをお休みしなければならないため、事前に連絡帳に書いておきましょう。欠席するときも連絡帳に書いておけば先生に伝わります。早退するときやお迎えの時間が変更になるとき、延長保育の利用なども連絡帳に記入しておきましょう。

子どものしぐさや遊び、生活スタイルなど

何も連絡帳に書くことがないという場合でも、子どものしぐさや言葉、今気に入っている遊び、生活で気になったことなどを記入しましょう。言葉で伝えるのが苦手な方は、イラストを交えて記入すると、家庭の雰囲気が園に伝わりやすくなります。小さな子どもは親にしかわからない言葉を使うこともありますので、内面ではわかりにくい言葉でどんな意思表示をしているのか記入しておきましょう。兄弟や姉妹との普段のやりとりも、園にとっては貴重な情報で、心の変化や友達とのことも必要な情報です。

ちょっとした気になることへの質問

保育の中でちょっとした気になることも連絡帳に記入してみましょう。家庭で歌っている歌のことや、家庭では食べられない野菜のことなど、園ではどんな様子なのか聞いてみることもできます。年少さんだと園の様子を聞き出すことは難しいので、気になることがあれば連絡帳で先生に聞いてみましょう。

連絡帳を書くときのポイント

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

親が連絡帳を書くときの注意点を紹介します。次のような内容を書く場合は、書き方に注意してみてください。

初日の先生への挨拶は簡潔に

初日に園から連絡帳をもらったら、簡単な挨拶文を記入します。「〇〇の母です。今日からお世話になります。」このような簡単な文章と、一言加える程度でよいでしょう。生活の中で特に気になる食物アレルギーのことや、どんなことが好きな子どもなのか簡単で良いので挨拶文に加えるのがおすすめです。

内容はできるだけ簡潔で具体的に

連絡帳の内容は長々と書き過ぎないよう注意しましょう。先生はたくさんの子どもの連絡帳に目を通し、その日にあったことも記入しなければなりません。限られた時間で対応していますから、必要なことだけを簡単に記入するようにしましょう。育児日記のように記入するのではなく、先生に特に注意してほしいことや、今日気になった子どもの様子を簡単に書くと、先生も対応しやすくなります。

誤字脱字に気を付けて、できるだけ丁寧な字で

連絡帳は先生と親御さんの両方が読むものですから、誰が読んでも読みやすいよう、誤字脱字に気を付けて書きましょう。丁寧な字で書けば、先生も読みやすくなります。連絡帳はずっと残しておきたいという人もいますので、後々読むことも考えてみてください。

必要であれば直接話す

内容によっては連絡帳を通して相談するより、直接口頭で話したほうがよい場合もあります。子どもの様子で気になることがあり、深刻な内容の場合は、先生に時間をつくってもらい、会って話したほうが良いこともあるでしょう。連絡帳には相談したことがあると記入しておけば、改めて時間をつくってくれます。

まとめ

幼稚園で利用されている連絡帳は、年齢によっても書き方が変わってくるものです。最初は家庭と園とで伝える内容も多いのですが、子どもの成長によって子どもからも伝えられるようになり、内容が簡単になってきます。最初は書く内容に注意しながら、負担にならない程度に進めていきましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


教育の悩み 通園 幼稚園

関連する投稿


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

子どものしつけに取り入れたい食育。保育園や幼稚園ではどんな食育活動をしているのでしょう?食育とは何なのか、食育計画のねらいやゲームを使った伝え方など、ママも知っておきたい食育についてご紹介します。


子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事で女の子に人気高いバレエ、習わせたいと思っているママも多いのではないでしょうか。バレエの効果や費用、いつから始めればよいかなど、いろいろ気になりますよね。レッスンは何をするのか、メリットやデメリットなどについてご紹介します


子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

習い事として人気の高いサッカー、子どもに習わせたいと考えるママも多いようです。周りのママはいつからサッカーの習い事を始めているのでしょう。メリット・デメリットや女の子もできるのか、気になる月謝などの費用について調査しました。


幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

0歳から6歳の乳幼児を対象に、知育を目的とした多彩な授業を行っているのが幼児教室です。教室によってその内容はさまざまですが、コミュニケーション能力や自己表現、他者を思いやる気持ちなどの情操教育の面でも効果が期待できます。


最新の投稿


【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

子どもはまだルールを知りませんから、親がしつけをする必要があります。しかし、どうしつければいいのか、どこまで厳しくしつけるべきか、どの程度なら叱る必要があるか、親であれば誰しも一度は悩む、しつけのコツについてお伝えします。


【医師監修】予防する前にインフルエンザワクチンを知っておこう

【医師監修】予防する前にインフルエンザワクチンを知っておこう

インフルエンザが流行する時期になると、子どもにインフルエンザワクチンを接種すべきか迷うこともあるでしょう。ワクチン接種に最適な時期や、予防接種の注意点、副作用の問題について解説すると共に、予防接種をすればインフルエンザにかからないのか、気になる疑問についてもお伝えします。


【医師取材】2歳児の発達・成長の特徴は? 虫歯予防やトイレトレーニングの進め方

【医師取材】2歳児の発達・成長の特徴は? 虫歯予防やトイレトレーニングの進め方

2歳になると、運動能力が発達して動きがますます活発になったり、伝えたいことを少しずつ言葉で表現できるようになったりする一方で、「イヤイヤ期」と呼ばれる反抗期が本格的に始まります。ここでは、2歳児ができるようになることや、2歳児の育児で注意したいことなどを聞いてみました。


【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

免疫機能が未熟な子どもは、さまざまな病気にかかりやすいです。肺炎もその一つ。風邪などをこじらせてなる場合もありますが、マイコプラズマという細菌に感染して肺炎になるケースも多いです。いざというときに適切に対応できるよう、感染経路や症状、治療、予防法について知っておきましょう。


【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

新生児の時期を経て、気が付けば赤ちゃんは生後2カ月に。この時期、どれぐらいまで大きくなり、どのような成長が見られるのでしょうか? 生後2カ月からできるようになることは? ここでは、生後2カ月の赤ちゃんの発育や生活について紹介しています。