ママのための悩み解決サイト
幼稚園は私立と公立どっちを選ぶ?それぞれの違いや特徴を徹底比較

幼稚園は私立と公立どっちを選ぶ?それぞれの違いや特徴を徹底比較

子どもが幼稚園に入る時期になると、幼稚園とはどんなところなのか知る必要があります。幼稚園には私立と公立の違いがあるため、それぞれの特徴を理解しておきましょう。どちらの幼稚園に通わせるべきか迷ったら、詳しい違いを比較することをおすすめします。


公立幼稚園と私立幼稚園、どっちがいいの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

幼稚園選びで公立にすべきか、私立にすべきか迷ったら、それぞれの特徴を比較してみましょう。次に、保育園との違いや私立・公立幼稚園の運営元の違いなどを紹介します。

幼稚園と保育園との違い

そもそも保育園との違いは何なのでしょうか?まずはその違いから説明していきます。

幼稚園は「学校教育法」に基づいた教育機関で、所轄は文部科学省となります。保育園は「児童福祉法」という法律に基づき、所轄は厚生労働省です。幼稚園は教育施設という位置づけで、保育園は児童福祉施設となっています。年齢も保育園は0歳からなのに対し、幼稚園は3歳からが対象です。

私立と公立は運営元が違う

さらに幼稚園は私立と公立の2種類があります。私立幼稚園が運営するのは、学校法人や宗教法人などです。公立は自治体が運営しています。そのため、保育料も私立は設置者が決めるのに対し、公立は自治体が設定しているのが特徴です。

園児数・費用・教育内容の比較

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

公立と私立の大まかな違いを理解したら、次はそれぞれの園児数や費用、教育内容などについて詳しく見ていきましょう。

園児の数

文部科学省発表のデータによると、1幼稚園の平均在園児童数は公立が63人、私立が166人となっています。数字で見ると、私立は公立の倍以上の児童数であることが分かります。

●文部科学省ホームページ「幼稚園教育の現状 1幼稚園当たりの在園児数」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/004/siryo/attach/1398638.htm

費用

公立:費用が安い

公立は私立に比べて教育費が安いのが特徴です。文部科学省が発表したデータでは、学習費総額は23万4千円でした。その費用の半数近くが学校教育費で、それ以外では次いで学校外活動費が多く39.7%、最後に学校給食費で8.7%です。

●文部省科学省ホームぺージ「平成28年度 子供の学習費調査の結果について」http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/22/1399308_1.pdf

私立:費用が高い

私立幼稚園は公立と比べて教育費が高くなる傾向があります。文部科学省が発表したデータでは、学習費総額は48万2千円でした。そのうち学校教育費の割合が66.1%と公立より割合が高くなっています。学校外活動費は27.7%で、学校給食費は6.2%です。

●文部省科学省ホームページ「平成28年度 子供の学習費調査の結果について」http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/22/1399308_1.pdf

教育

公立:自由な教育方針

公立では子どもの自主性を伸ばす教育方針のところが多くなっています。子どもたちが自分で考え創作することや、何をするか考えさせるのが特徴です。比較的、自由な教育方針と言えるでしょう。

私立:園によって特殊なカリキュラムがある

私立では園によって独自のカリキュラムがあるのが魅力です。モンテッソーリ教育、リトミック、バレエ、絵画など、力を入れている教育内容に違いがあります。早期教育に興味があり、習い事の内容を園で取り入れているのが魅力です。

幼稚園選びに困ったら?選び方のポイント

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

幼稚園選びに迷ったら、次の要素で比較してみましょう。園の教育方針はもちろんですが、毎日通うこととなるため園までの距離や雰囲気なども要チェックです。

家庭の教育方針を確認

幼稚園は私立と公立でも教育方針が異なりますし、私立は園によって取り入れる教育内容が変わります。どんな子どもに育てたいのか、夫婦でよく話し合ってから決めましょう。

保育時間は生活スタイルに合うか確認

公立では午前保育の日もあるため、ママは長時間働くことはできません。長い時間ママが働く予定の場合は、私立を選ぶようにしましょう。両親が働く場合と働かない場合で、通園時間や保育時間も確認しておきましょう。

園までの距離を確認

公立では通園バスがなく親が送り迎えするところも多くなっています。離れている園だと毎日の通園が大変になるため、確認しておきましょう。私立では通園バスがある園も多いのですが、延長保育は親が迎えに行く必要があるため、距離も確認しておくことをおすすめします。

園の雰囲気を確認

園の雰囲気は実際に行ってみないとわからない部分もあります。子どもと一緒に体験してみて、親や子どもの性格に合っているか確認しておきましょう。

まとめ

幼稚園選びでは公立にするか、私立にするかは迷ってしまうものです。どちらもメリットとデメリットがありますから、詳しく確認しておくようにしましょう。親が何を重視するのか、子どもにとって何が一番大切なのか考えながら、園選びをしてみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


教育の悩み 通園 幼稚園

関連する投稿


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

子どものしつけに取り入れたい食育。保育園や幼稚園ではどんな食育活動をしているのでしょう?食育とは何なのか、食育計画のねらいやゲームを使った伝え方など、ママも知っておきたい食育についてご紹介します。


子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事で女の子に人気高いバレエ、習わせたいと思っているママも多いのではないでしょうか。バレエの効果や費用、いつから始めればよいかなど、いろいろ気になりますよね。レッスンは何をするのか、メリットやデメリットなどについてご紹介します


子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

習い事として人気の高いサッカー、子どもに習わせたいと考えるママも多いようです。周りのママはいつからサッカーの習い事を始めているのでしょう。メリット・デメリットや女の子もできるのか、気になる月謝などの費用について調査しました。


幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

0歳から6歳の乳幼児を対象に、知育を目的とした多彩な授業を行っているのが幼児教室です。教室によってその内容はさまざまですが、コミュニケーション能力や自己表現、他者を思いやる気持ちなどの情操教育の面でも効果が期待できます。


最新の投稿


【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

子どもはまだルールを知りませんから、親がしつけをする必要があります。しかし、どうしつければいいのか、どこまで厳しくしつけるべきか、どの程度なら叱る必要があるか、親であれば誰しも一度は悩む、しつけのコツについてお伝えします。


【医師監修】予防する前にインフルエンザワクチンを知っておこう

【医師監修】予防する前にインフルエンザワクチンを知っておこう

インフルエンザが流行する時期になると、子どもにインフルエンザワクチンを接種すべきか迷うこともあるでしょう。ワクチン接種に最適な時期や、予防接種の注意点、副作用の問題について解説すると共に、予防接種をすればインフルエンザにかからないのか、気になる疑問についてもお伝えします。


【医師取材】2歳児の発達・成長の特徴は? 虫歯予防やトイレトレーニングの進め方

【医師取材】2歳児の発達・成長の特徴は? 虫歯予防やトイレトレーニングの進め方

2歳になると、運動能力が発達して動きがますます活発になったり、伝えたいことを少しずつ言葉で表現できるようになったりする一方で、「イヤイヤ期」と呼ばれる反抗期が本格的に始まります。ここでは、2歳児ができるようになることや、2歳児の育児で注意したいことなどを聞いてみました。


【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

免疫機能が未熟な子どもは、さまざまな病気にかかりやすいです。肺炎もその一つ。風邪などをこじらせてなる場合もありますが、マイコプラズマという細菌に感染して肺炎になるケースも多いです。いざというときに適切に対応できるよう、感染経路や症状、治療、予防法について知っておきましょう。


【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

新生児の時期を経て、気が付けば赤ちゃんは生後2カ月に。この時期、どれぐらいまで大きくなり、どのような成長が見られるのでしょうか? 生後2カ月からできるようになることは? ここでは、生後2カ月の赤ちゃんの発育や生活について紹介しています。