ママのための悩み解決サイト
節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

1月もあっという間に過ぎ、もうすぐ節分です。楽しい行事ですが、実は豆やナッツは誤嚥すると大変なんです。子どもにあげる時はご注意を。


記事の著者  
のんびり子育て中のママ女医   HAL先生
内科医。大学病院研修中にうつ病を発症し、数年間療養生活を経て復帰。その後、病気の間支えてくれた医者の夫と結婚し、娘を出産。現在は田舎で夫、3歳の娘と暮らす。自身の出産・育児の日々をもとに、医学的なエビデンスを交えて育児情報・ニュースなどをブログで発信。またTwitterでは、娘との会話や、ほっこりあたたまる育児エピソードも紹介し、注目を集めている。
http://halproject01.blogspot.jp/
https://twitter.com/halproject00

実は、小さい子どもに危険な豆・ナッツ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

正月からドタバタしているうちに、あれよあれよという間にもうすぐ2月。2月になれば、そう、節分の季節ですね。鬼のお面をつけて、子どもと一緒に騒ぎながら楽しい豆まき。そして、豆まきの後には年の数だけ豆を食べて……でも実はちょっと気をつけて欲しいのが、この「豆」なんです。

豆やナッツというのは、実は誤嚥(食べ物などが、間違えて食道ではなく気管の方へ入ってしまう事)しやすく、また、誤嚥すると非常に取るのが厄介な物だという事、ご存知でしたか?

「ピーナッツを赤ちゃんにあげてはいけない」という話は聞いた事がある方もいるかしれませんね。ピーナッツをはじめとして、乳幼児にとっては、豆やナッツは危険です。その事を今回はお話致します。

なぜ豆やナッツは誤嚥しやすいか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

豆・ナッツ類は、硬くて丸いです。奥歯のない赤ちゃんにはこれをかみつぶすことが難しく、つるっと喉の奥に飛んでしまいます。そして、突然喉の奥に物が飛び込んでくると、間違って吸い込んでしまって、気管に入ります。

また、奥歯もはえ揃った子どもにとっても、豆・ナッツ類は、硬くて飲み込みにくいために、口の中に残りっぱなしになることがあります。この状態で泣いたり笑ったり、驚いたりすると、間違って吸い込んで気管に入ってしまいます。

実は硬くない豆でも誤嚥は起こります。特に赤ちゃんでは、薄皮のついた豆を歯茎でかみつぶそうとすると、中身が喉の奥にぴょんと飛び出して、それを吸い込む事があります。過去にはベビーフードに入った豆でも誤嚥事故が起きているので、注意して欲しいと思います。

豆やナッツは、なぜ誤嚥すると危険なのか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

小さい子どもの場合豆やナッツを丸ごと気管に吸い込んでしまうと、小さな大豆くらいのサイズであっても、気管や気管支を塞いでしまい、肺に空気が入りにくい状態になる可能性があります。つまり、肺に空気が行きませんから、息が苦しくなります。

気管の方へ入った異物は細いカメラ(気管支鏡)を使って取り出します。しかし、豆・ナッツ類は水を吸うともろくなって崩れるため、取り出すのが困難です。また、もろく崩れたものは肺の奥に入りこみ、そこで炎症を起こしてしまいます(化学性の肺炎)。誤嚥は、「誤嚥した」とはっきりお家の方がわからない状況の時もあり、「なんだか変な咳が続いて熱も出始めた」と言って受診される方もいます。

このように、豆・ナッツ類の誤嚥というのは非常に厄介な代物です。

豆・ナッツ類を乳幼児にあげる時の注意点

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

•「硬い豆は乳幼児にはあげない」のを基本とする

•豆を食べる時には、間違えて吸い込まないように、食事中に泣いたり、笑ったり、口に入れたまま走り回ったりというようなことが起きないように「ながら食い」に注意をする

•旅行中などに車や飛行機などで移動している最中には、豆の入った食事はあげない(突然揺れることで誤嚥につながります)。

•調理した豆でも、乳幼児は薄皮を剥いたり、カットしたり、軽く潰した状態で与える方がより安全。

•子供に「丸呑みしないで、きちんと歯で噛んで食べようね」という事を小さいうちから教えてあげる。

•赤ちゃんが口に間違って豆などを入れようとした時は、「だめ!」と大人が大声を出したりすると驚いて吸い込むので、冷静に対応する。

いつから豆・ナッツ類をあげてもいいか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

豆の誤嚥は0〜3歳での事故が多いため、少なくとも3歳になるまでは硬い豆・ナッツ類をあげるのはやめましょう。特に乳歯が生えそろうまで(子どもの臼歯が生えるまで)は控えましょう。ちなみにアメリカ小児科学会では、「5歳未満の子どもには丸ごとピーナッツを与えない」としています。

注意するときりがありませんが、注意してもしすぎることがないのが、豆・ナッツの誤嚥です。そのくらい厄介なものなのだな、と頭の片隅に覚えていてもらえると幸いです。

袋ごと投げる豆まき・代用豆まきのすすめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そんなわけで、我が家も娘にはまだも硬い豆やナッツを丸ごと食べさせる事はしていません(今3歳です)。

でも節分は楽しみたいですよね。しかし、家の中で豆をそのまま投げると、どうしても回収し損ねる事があります。赤ちゃんは、それを見つけて口に入れてしまうので、そのまま撒くのは避けたいところ……というわけで、お勧めなのは小さい袋に小分けされた豆。その豆を、袋ごと投げます。年の数だけ豆を食べさせるのは、煮豆で代用です。

保育園や幼稚園で豆まきをする事もあると思いますが、去年見学に行った幼稚園では、本物の豆ではなく、新聞紙を丸めてビニールテープで巻いたものを使用していました。大豆アレルギーのある子もいるだろうし、代用品での豆まきは安全でいいなあと感心しました。

節分の豆まきはとても楽しい行事だと思います。でも、子どもの無病息災を祈ってやった事なのに、大変な事故を起こしてしまっては元も子もありません。行事を大切にしたり、縁起を担ぎたいご家庭もあるかと思いますが、子どもの健康を守ってあげるために、なんとか工夫して楽しい節分にしてもらえたらなあと思います。

昨年は鬼のお面に娘がギャン泣きしたため、鬼の登場がなかった我が家の節分。さて、今年はどうしようかな。

(HAL)

※記事内の画像はすべてイメージです

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


連載 ママ女医

関連する投稿


娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

子どもの誕生日プレゼント、どうやって決めていますか? 親があげたいもの? 子どもが欲しがるもの? 我が家の4歳の誕生日プレゼント決めはこんな感じでした。


ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

毎年春先になると増えて来るのが乳幼児に怖いロタウイルスによる嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)です。どういった特徴があるのか? ワクチンの話と共に簡単に解説します。


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


入園・入学前、「予防接種」うち忘れていませんか?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.36】

入園・入学前、「予防接種」うち忘れていませんか?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.36】

入園や、入学のための準備におわれている頃でしょうか。入園・入学前に、目に見えない準備の「予防接種」、お済みでしょうか?


歯ブラシの喉突き事故に気をつけて【ママ女医と娘の○○な日常 vol.35】

歯ブラシの喉突き事故に気をつけて【ママ女医と娘の○○な日常 vol.35】

そろそろ幼稚園や保育園の入園準備をしている方も多いと思います。今一度、「歯ブラシ」の事故について、考えてみる事にしましょう。


最新の投稿


【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

子どもはまだルールを知りませんから、親がしつけをする必要があります。しかし、どうしつければいいのか、どこまで厳しくしつけるべきか、どの程度なら叱る必要があるか、親であれば誰しも一度は悩む、しつけのコツについてお伝えします。


【医師監修】予防する前にインフルエンザワクチンを知っておこう

【医師監修】予防する前にインフルエンザワクチンを知っておこう

インフルエンザが流行する時期になると、子どもにインフルエンザワクチンを接種すべきか迷うこともあるでしょう。ワクチン接種に最適な時期や、予防接種の注意点、副作用の問題について解説すると共に、予防接種をすればインフルエンザにかからないのか、気になる疑問についてもお伝えします。


【医師取材】2歳児の発達・成長の特徴は? 虫歯予防やトイレトレーニングの進め方

【医師取材】2歳児の発達・成長の特徴は? 虫歯予防やトイレトレーニングの進め方

2歳になると、運動能力が発達して動きがますます活発になったり、伝えたいことを少しずつ言葉で表現できるようになったりする一方で、「イヤイヤ期」と呼ばれる反抗期が本格的に始まります。ここでは、2歳児ができるようになることや、2歳児の育児で注意したいことなどを聞いてみました。


【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

免疫機能が未熟な子どもは、さまざまな病気にかかりやすいです。肺炎もその一つ。風邪などをこじらせてなる場合もありますが、マイコプラズマという細菌に感染して肺炎になるケースも多いです。いざというときに適切に対応できるよう、感染経路や症状、治療、予防法について知っておきましょう。


【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

新生児の時期を経て、気が付けば赤ちゃんは生後2カ月に。この時期、どれぐらいまで大きくなり、どのような成長が見られるのでしょうか? 生後2カ月からできるようになることは? ここでは、生後2カ月の赤ちゃんの発育や生活について紹介しています。