ママのための悩み解決サイト
学資保険は出産前に加入すべき?生まれる前と生まれた後での違いを解説

学資保険は出産前に加入すべき?生まれる前と生まれた後での違いを解説

子供の将来にかかる費用を考えた時に、学資保険に加入するということを検討する方も多いものです。学資保険はどのタイミングで加入するのがベストなのでしょうか?学資保険に加入するメリットやデメリットと共に考えてみましょう。


学資保険にはいつ加入するのがベストか

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子供の将来の教育資金を貯めようと、学資保険に加入する方は多いものです。では、学資保険はどのタイミングで加入するのがベストなのでしょうか?妊娠中から加入することは可能なのでしょうか?

子供が生まれる前に入っておくべき?

子供の学資保険は、子供が0歳の時から加入できるものが大半です。より詳しく説明すると、出産140日前頃、すなわち妊娠5カ月目くらいの段階で加入できる保険商品が増えています。

生まれる前から加入する保険?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、保険商品には「出生前加入特則」というものを設定しているものがあり、子供が生まれる予定の時期から逆算して、出生の140日前から加入することができるというわけです。加入時には被保険者の名前を空欄で書類を提出し、出生後に名前を改めて届けることになります。

産後は何かと忙しく、学資保険を検討する時間がないというケースも多いものです。可能であれば妊娠中に加入しておくことをおすすめします。

出産前・妊娠中に学資保険に加入するメリット

妊娠中から学資保険に加入するメリットとしては、保険料の払い込みが繰り上げで少し早く終えることができるという点や、産後に加入するよりも親の年齢が1歳若いため、産後に入るよりも月々に支払う保険料が少しお得になることがあります。

出産後は赤ちゃんのお世話に忙しく、あまりじっくりと学資保険を比較検討する時間が取れないこともありますが、妊娠中であればじっくり検討できるのもメリットとして挙げられます。

出産前・妊娠中に学資保険に加入するデメリット

妊娠中に加入することで生じるデメリットもあります。月々の保険料の支払いは、加入した月からスタートします。そのため、支払いが早い段階からスタートするということがデメリットとして挙げられます。ただし、これは保険料の払い込みが早く終わるというメリットの裏返しでもあるため、デメリットばかりであるとは言い切れません。

ほかには、産後に赤ちゃんの名前や誕生日などを登録する追加手続きが必要になるということも面倒だと感じる方もいます。

学資保険にはどんな特約がある?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

学資保険も、一般的な医療保険と同様に特約を付けることができます。学資保険に付けることの多い特約にはどのような種類があるかご紹介します。特約を検討している方は参考にしてみてください。

医療保険特約

子供の万が一の事故によるケガや病気の保障を学資保険に特約として付帯することができます。しかし、保障が受けられる分、満期で受け取れる保険金の返戻率が下がるという点があるため、しっかりと考えてから決断したい特約です。医療保障が自動で付帯している学資保険などもあるため、保険商品の内容をきちんと理解しておく必要があります。

育英年金特約

契約者である子供の親が死亡かまたは所定の内容に該当した場合に、育英年金を所定の期間、受け取れるという特約です。ただし、返戻率が下がるという点に留意する必要があります。また、育英年金で子供が保険金を受け取った場合は、相続税がかかるだけでなく、育英年金の金額が年間間38万円を超えた場合には課税所得が発生してしまうという点にも注意が必要です。

払込免除特約

契約者である子供の親が死亡かまたは所定の内容に該当した場合に、死亡や該当時以降の保険料の支払いが免除されるという特約です。支払いは免除されますが、お祝い金などの保険金を全額受け取ることができるため安心です。この特約を付けるときは、契約者が両親のどちらになるかということがポイントになります。

学資保険でかかる税金について

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

学資保険に加入していると、定期的に祝い金が受け取れる設定にしている方も多いのではないでしょうか?満期になると保険金がもらえることになります。このお金は一時所得として課税の対象になるのですが、受け取った保険金とこれまでに払い込んだ保険料の差額が50万円を超えた場合に限られています。学資保険の返戻し率は高くても100%前後であるのが一般的であるため、ほとんどの場合で所得税が課せられることはないでしょう。

しかし、保険金の受取人を子供にしている場合は要注意です。子供が受取人になっている場合は、保険金の払い込み負担が親であるため、贈与税の対象としてみなされます。贈与税は所得税とは計算方法が異なり、場合によっては税金を納めなくてはならないという可能性もあります。

出生前学資保険を扱う業者でおすすめは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

出生前に加入できる学資保険で、おすすめの会社の学資保険をそれぞれチェックしてみましょう。

株式会社かんぽ生命保険

かんぽ生命の学資保険は、育英年金をなくし、子供の死亡保障を払込保険料相当額にしたことで、返戻率が改善されつつあります。払込終了年齢などプランの選択の仕方によっては、返戻率が100%以上にもなるためプランの練り方が重要です。

●株式会社かんぽ生命保険ホームページ「学資保険 はじめのかんぽ」
http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/gaksi/prd_lu_gks_index.html

アフラック

アフラックの「夢みるこどもの学資保険」は、保険料の払い込み済みの年齢を選ぶことができ、子供がまだ小さく子供にかかるお金が少ないうちに、将来の学資保険のためのお金を払い終えることができる点がポイントです。

●アフラック ホームページ「アフラックの夢みるこどもの学資保険」
http://www.aflac.co.jp/education/gakushi/

ソニー生命保険株式会社

ソニー生命の学資保険は、満期が4種類ある点が特徴で、状況にマッチした時期が選べる点がポイントです。育英年金や医療保障がない分、返戻率も高めです。

●ソニー生命保険株式会社ホームページ「ソニー生命の学資保険」
http://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/educational/

ニッセイ

ニッセイの学資保険は、保険料の払込期間を最短で5年に設定でき、払込期間に応じて支払う保険料の総額や返戻率が変化するのが特徴です。祝い金も受け取りの有無がコースで選べます。

●日本生命保険相互会社ホームページ「ニッセイ学資保険」
https://www.nissay.co.jp/kojin/gakushi/

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

学資保険は、妊娠中に検討し加入しておくことで受けられるメリットがあります。保険金の支払いが早くからスタートしますが、子供が大きくなってお金が必要になるころに、少しでも早く払い込みが終了するというのは実感として非常に大きなメリットとなるでしょう。妊娠がわかったら、学資保険の検討をスタートさせることをおすすめします。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


お金の悩み 学資保険

関連する投稿


学資保険の掛け金の平均相場は?途中で変更・解約はできるの?

学資保険の掛け金の平均相場は?途中で変更・解約はできるの?

学資保険の掛け金の相場や、途中変更や解約が出来るのか知っていますか? 保険はきちんと学んでおかないと損をする商品です。子どものために備えるものですから、損をしないためにもきちんと必要なことだけでも学んでおきましょう。


二人目出産!学資保険に加入する前に確認しておきたいことは?

二人目出産!学資保険に加入する前に確認しておきたいことは?

二人目の場合、学資保険に加入する人はどれくらいいるのでしょうか。メリットだけを考えれば加入するに越したことはありません。しかし、金銭的な負担が増えるため、必ずも加入しておいた方がいいとは言えないのです。二人目の学資保険のメリットやデメリットをしっかり把握してから、検討しましょう。


子供が起こす物損!そんなときに備えたい個人賠償保険とは

子供が起こす物損!そんなときに備えたい個人賠償保険とは

個人賠償責任保険は、子供が起こすトラブルで家計に負担をかけないためにも、ぜひ加入しておくべき保険です。今回は、個人賠償責任保険がどういうものなのかについて紹介します。提供している会社はいくつもあるので、現在自分が加入している保険が対象ではないかどうかも調べておきましょう。


学資保険は返戻率で決めてはダメ?返戻率の仕組みを知って賢く選ぼう

学資保険は返戻率で決めてはダメ?返戻率の仕組みを知って賢く選ぼう

子どもの将来の教育資金として加入している方も多い学資保険ですが、これから加入を検討している方は、どの学資保険を選べば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?今回、大手保険会社の例を挙げて、学資保険を選ぶポイントの1つとなる返戻率について考えてみましょう。


子供の入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

子供の入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

地方自治体の設けた乳幼児、義務教育就学児の医療費補助制度が有効な期間は特段問題ではありませんが、医療費補助制度に該当しなくなった場合は、子供の医療保険を検討する必要が出てきます。子供の病気に備えた保険にはどのようなものがあるのでしょうか?今回は、子供の医療保険についてご紹介します。


最新の投稿


【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

子どもはまだルールを知りませんから、親がしつけをする必要があります。しかし、どうしつければいいのか、どこまで厳しくしつけるべきか、どの程度なら叱る必要があるか、親であれば誰しも一度は悩む、しつけのコツについてお伝えします。


【医師監修】予防する前にインフルエンザワクチンを知っておこう

【医師監修】予防する前にインフルエンザワクチンを知っておこう

インフルエンザが流行する時期になると、子どもにインフルエンザワクチンを接種すべきか迷うこともあるでしょう。ワクチン接種に最適な時期や、予防接種の注意点、副作用の問題について解説すると共に、予防接種をすればインフルエンザにかからないのか、気になる疑問についてもお伝えします。


【医師取材】2歳児の発達・成長の特徴は? 虫歯予防やトイレトレーニングの進め方

【医師取材】2歳児の発達・成長の特徴は? 虫歯予防やトイレトレーニングの進め方

2歳になると、運動能力が発達して動きがますます活発になったり、伝えたいことを少しずつ言葉で表現できるようになったりする一方で、「イヤイヤ期」と呼ばれる反抗期が本格的に始まります。ここでは、2歳児ができるようになることや、2歳児の育児で注意したいことなどを聞いてみました。


【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

免疫機能が未熟な子どもは、さまざまな病気にかかりやすいです。肺炎もその一つ。風邪などをこじらせてなる場合もありますが、マイコプラズマという細菌に感染して肺炎になるケースも多いです。いざというときに適切に対応できるよう、感染経路や症状、治療、予防法について知っておきましょう。


【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

新生児の時期を経て、気が付けば赤ちゃんは生後2カ月に。この時期、どれぐらいまで大きくなり、どのような成長が見られるのでしょうか? 生後2カ月からできるようになることは? ここでは、生後2カ月の赤ちゃんの発育や生活について紹介しています。