ママのための悩み解決サイト
ジュニアシートはいつからいつまで?背もたれなしもおすすめ!

ジュニアシートはいつからいつまで?背もたれなしもおすすめ!

子どもが少し大きくなると、チャイルドシートからジュニアシートへの切り替えます。ジュニアシートはいつからいつまで使用するものなのでしょうか?ジュニアシートの取り付けを忘れたらどのような罰則があるのでしょうか?選び方のポイントもご紹介します。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

何歳から何歳までジュニアシートが必要?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもが大きくなるとチャイルドシートからジュニアシートへ切り替えます。ジュニアシートは何歳から何歳まで使えるものなのでしょうか?切り替えるポイントやチャイルドシートとの違いをチェックしてみましょう。

1歳、2歳、3歳はチャイルドシート?ジュニアシートに切り替える年齢

1~3歳の間はチャイルドシートを利用している方がほとんどで、体格が大きくなり、チャイルドシートが窮屈になる3歳~4歳頃にジュニアシートへ切り替えるというのが一般的です。但し、3~4歳頃の子どもの成長は個人差が大きいため、年齢や身長、体重などが適応内であれば4歳でもチャイルドシートを使うことは可能です。

反対に、ジュニアシートも3歳以降でないと使えないというわけではなく、1歳から使えるジュニアシートもあります。

ベビーシートやチャイルドシートとどう違うの?

ベビーシートは進行方向とは反対向きに取り付け、首がまだ座っていない乳児を寝かせて使用します。チャイルドシートは1歳前後~4歳くらいまでの子どもに対応し、5点式ハーネスで子どもをホールドするタイプが主流です。

ジュニアシートは体重15kg以上身長135cm以下、4~10歳くらいまでの子どもに使用します。ベビーシートやチャイルドシートとは異なり、車のシートベルトを直接使用します。大人用のシートベルトを使用するため、子どもの体格に合うように、ジュニアシートで座面を高くして骨盤の高さや肩ベルトの位置を調整します。

ジュニアシートの着用義務は?

6歳未満の子どもを車に乗せる時は、チャイルドシートの着用が道路交通法で義務付けられています。違反した場合は、幼児用補助装置使用義務違反で1点が課せられます。(※)

ジュニアシートに着用義務はありませんが、チャイルドシートの代わりにジュニアシートを使用する事もあるので、6歳未満の子どもを守る義務はあると認識してください。罰金はありませんが、何よりも子どもの命に危険が及ぶということを忘れてはいけません。

遊んだ時の送り迎えなどで子どもの友達を車に乗せる時も同様です。大切な子どもの命を守るためにも、きちんと使用しましょう。

(※神奈川県警察ホームページ「チャイルドシートQ&A」https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesf2012.htm#q1

【PR】詰めておくるだけ!月額250円の収納サービスがとても便利!

ジュニアシートを賢く選ぶポイント

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

カーシートは頻繁に買い替えるものではないため、買い替えでは失敗したくないものです。実際にジュニアシートを選ぶ時には、どのような基準で選べば良いのでしょうか?

背もたれなしのブースタータイプも人気!3種類のジュニアシート

一口にジュニアシートと言っても3種類のタイプがあります。

【5点ハーネスタイプ】
1歳頃から使えるジュニアシートで、ジュニアシートを車のシートベルトで固定し、子どもが小さいうちは、ジュニアシートの内側に取り付けられたチャイルドシートに座ります。

【インパクトシールドタイプ】
ジュニアシートに座らせた子どもの膝上に、インパクトシールドと呼ばれるサポートクッションを取り付けるタイプです。子どもの体がジュニアシートから飛び出したりしないように、シートベルトとクッションでサポートします。

【ブースタータイプ】
ジュニアシートの座面のみのタイプです。コンパクトなので車内で場所を取らない点や比較的価格が抑え目な点で人気があります。きちんと固定することが大切です。

年齢と身長をチェック

ジュニアシートにはそれぞれの商品に、適応している年齢や身長、体重が記載されています。その範囲を目安にすることはもちろんですが、子どもの成長は個人差が非常に大きいものです。ジュニアシートを選ぶ際には、年齢を基準にするよりも、身長や体重といった、子どもひとりひとりの体格に合ったものを選ぶことをおすすめします。

助手席もOK?ジュニアシートの設置場所

ジュニアシートを助手席に設置してはいけないという規定はありません。しかし、助手席には危険が潜んでいることはご存じでしょうか?

一般的に自動車の助手席にはエアバックが装備されています。エアバックは衝突した際の衝撃で自動で作用するように設定されています。助手席のジュニアシートに子どもが座っていると、衝突の際に、本来であれば命を守るはずのエアバッグによって子どもが窒息死してしまうことがあります。助手席にジュニアシート設置しても違反になることはありませんが、危険が伴うため、おすすめはできません。

今一押しのおすすめジュニアシート

では実際に人気のあるジュニアシートにはどのようなものがあるのでしょうか?商品をピックアップして、おすすめポイントとともに人気の理由をチェックしてみましょう。

西松屋の売れ筋ジュニアシートをピックアップ

GRACO (グレコ) ジュニアシ-ト ジュニアプラス カラーズ ピンク 3歳頃からのロングユース仕様 (収納式カップホルダー付き) 67181

¥ 5,480

(2017/12/5 時点)

カラーバリエーションが豊富で、思わず子どもが乗りたくなるジュニアシートが人気です。3歳頃から11歳頃まで使用できます。シートに収納できるドリンクホルダーは、シートの両側についているため、車内のどの位置にジュニアシートを付けるか迷う必要がありません。ヘッドサポートやアームレストの高さを変更できるので、子どもの成長に合わせられるところが魅力です。

isofixでお馴染みのコンビ!特に売れてるシートは?

コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショック GC エアーブラック (1歳~11歳頃対象) 軽量&省スペース設計

¥ 19,800

(2017/12/5 時点)

1歳から11歳まで着用可能な使用期間が非常に長いことでも人気のコンビのジョイトリップ。大型ヘッドサポートやしっかりハーネスなど、子どもを危険から守る工夫がたくさん施されています。全面3Dメッシュシート&エアゲートを採用しているため、蒸れにくく、長時間のドライブの時でも不快感が少なくなるように考えられています。

コンビ Combi ジュニアシート ムーヴフィットジュニア ブースターシートSZ メッシュブラック (3歳~11歳頃対象) 通気性の高いエアスルーシステム

¥ 4,443

(2017/12/5 時点)

省スペースのブースタータイプも人気です。ドリンクホルダーがついていたり、シートベルトの高さを肩位置に変えられるホルダーなど、使いやすいにこだわった商品が人気です。

日本育児のジュニアシートはリクライニング機能がGOOD

日本育児 チャイルドシート ハイバックブースターEC II Air アイスグレー 9kg~36kg対象 成長に合わせて長く使えるチャイルドシート

¥ 8,908

(2017/12/5 時点)

1歳~12歳頃まで使える使用期間の長いジュニアシートです。成長に合わせてヘッドレストが5段階に調節できるほか、約15°の無段階リクライニング機能付きなので、自分の座りやすい角度に調整できる点が魅力です。他にも肩ハーネスの位置調整ができるなど、子どもが成長した時に合わせて調整できる、子どもに応じた座りやすさを追求したジュニアシートです。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「ちょっとの距離だから」「子どもが不機嫌になるから」「面倒だから」という気持ちの緩みは万が一の時に取返しの付かないことに繋がることも。子どもの命に関わる大切な存在であるジュニアシートは、正しく装着してこそサポート力を発揮するものです。子どもの体格に合ったジュニアシートを探してみましょう。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

チャイルドシートに関する記事一覧を読む

#育児グッズについてもっと見る!
#家族の車も見てみる?

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

国内屈指の観光都市として有名な長崎。ハウステンボスや世界遺産にもなった軍艦島、「1,000万ドルの夜景」と謳われる稲佐山公園展望台からの美しい眺めなど、行けば絶対にはずせないスポットが満載です。中でも、親子で楽しめる家族旅行におすすめのスポットをまとめました。


家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

リゾートやテーマパーク、アミューズメントに自然体験など、家族旅行におすすめのスポットや旅の過ごし方はさまざま。そのうちのひとつに、観光列車での旅もありますよね。子どもと一緒に楽しむのにぴったりの鉄道は? 家族でぜひ一度乗ってみてほしい観光列車をご紹介します。


家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行というとアミューズメント付きの滞在型ホテルでゆっくりというパターンが多いご家庭も少なくないのでは? そんな過ごし方もちょっと飽きちゃったという場合におすすめなのが、台湾。初めての家族旅行にもぴったりな台湾の魅力とおすすめスポットをご紹介します。


家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

近年、タイが家族旅行の新スポットとして注目されていることをご存じですか? まだ子どもが小さくて海外旅行はちょっと……と悩んでいるご家庭には特におすすめ。滞在先やグルメ、アクテビティなど、家族旅行におすすめの過ごし方と、タイの魅力をお伝えします。


ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

韓国は日本から飛行機でおよそ2時間半と、もっとも手軽に行ける海外旅行先のひとつですよね。そんな韓国の首都ソウルには子どもが楽しめるスポットが豊富で、小さなお子様連れの家族旅行にもぴったり。ソウルの魅力とおすすめスポットやグルメをご紹介します。


最新の投稿


映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

子どもが3歳をすぎると「一緒に映画館へ行きたい」と思うママやパパも多いのではないでしょうか。せっかく行くならおすすめ作品を鑑賞したいですよね。今回、幼児向け人気の映画作品や、幼児連れなら気になる料金や席、マナーについて調査。楽しく過ごすコツについてご紹介します。


映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

そろそろ子どもを映画館に連れて行きたい、1歳や2歳になると外出先の候補として考えるママもいるかもしれません。1歳児の映画館デビューは早いのか、料金の有無やマナーについて調査。子ども楽しみやすいディズニーなどのおすすめ映画とあわせ、ご紹介します。


映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

赤ちゃんを連れての映画館、子連れは周りに迷惑をかけてしまうからと避けている方もいるでしょう。入館禁止の有無やいつから映画を楽しめるのか、わからないこともありますよね。今回は子どもが映画を鑑賞しやすい年齢や子連れ向けのサービスなど、親子で映画を楽しむ秘訣についてご紹介します。


年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

上の子どもと下の子どもの年齢が離れている「年の差兄弟・姉妹」。10歳ほど離れていると、一方は小学校高学年、一方は生まれたばかりの赤ちゃんと、置かれた環境が全くちがうものになります。年の差兄弟のメリットやデメリット、子育てのポイントについてまとめました。


子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

テレビで放映される大家族シリーズや、子沢山の芸能人のニュースなどを見ると、幸せそうだと思いつつも「大変なのでは?」と思ってしまいますよね。毎日の子育てにお金のやりくりなど、子沢山の家族はどうしているのか気になるもの。今回は子沢山の家族のリアルやメリット、子育てのコツをご紹介します。