ママのための悩み解決サイト
学資保険はいつから加入する?月々の積み立て金額や選ぶ際のポイント

学資保険はいつから加入する?月々の積み立て金額や選ぶ際のポイント

子どもの教育費はいくらかかるかご存知ですか?高い!ということは誰でも知っているかと思いますが、やはり大切な子どもの将来にかかわることなので、しっかり対策を練っておきたいですよね。今回は、教育資金の準備のために多くの人が選ぶ学資保険について調べてみました。


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもの教育費はいくらかかるかご存知ですか? 色々な説がありますが、安く見積もっても大学卒業まで考えると1,000万円以上かかるといわれています。私立に行くか、国公立に行くか、自宅から通える範囲の学校を選ぶのか……教育に対する考え方は人によって様々ですが、どんな進路を選ぶかで、かかる費用は大きく異なってきます。

高等学校は国の援助金などもあり、負担感が減ってきましたが(※)、大学に関してはやはり多額の費用がかかります。そこで多くの人が「教育資金の準備って必要!」と感じ「学資保険」への加入を検討します。しかし、学資保険は本当に必要なのでしょうか?


(※ 文部科学省ホームページ「高校生等への修学支援」
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/index.htm

教育費の準備に学資保険が選ばれるわけ

学資保険は、子どもが高校や大学に進学するために必要な教育資金の確保を目的とした保険。積み立て貯金と同じように、毎月、保険料を支払い続けます。一定の時期になると、祝い金や満期学資金として、契約時に決めた子どもの年齢時にまとまったお金を受け取ることができます。

教育資金を用意するためならば、個人的に貯蓄をしたり、株式や投資信託などでもいいのですが、多くの人が学資保険を選ぶのはなぜでしょう?それは、学資保険にはその名の通り、保険としての役割もあるからです。契約者(親)に万が一のことがあった場合には、保険料の払い込みは免除とな、保険金が支払われます。これこそが、学資保険のメリットです。

ほかにも、生命保険料控除や一時所得などの税金の控除が受けられるのも“保険”という制度ならでは。被保険者(子ども)に医療保障を付加することもできるので、子どもの医療費助成が手厚くない自治体の場合は重宝します。また、毎月定額の引き落としが基本となるので、自分で貯蓄をするのが苦手な人にも向いていますね。

ただし、途中解約してしまうと元本割れのリスクがありますので、ライフプランを考えた上で契約することが大切です。

学資保険はいつから入れる?

学資保険はいつから入れるのでしょうか?多くは妊娠中から入れますが、一般的に、無事に出産してから落ち着いた頃に入る人が多いため、赤ちゃんが1歳くらいまでに加入する人が多いようです。

では、年齢制限はあるのでしょうか?実は、ほとんどの学資保険が、年齢制限を設けています。ですから、中学生くらいになってから入りたいと思っても、入れてくれないんですね。出産前後には学資保険に加入するかどうか検討し、加入する場合には早めに入りましょう。

とはいえ、2歳でも7歳(小学生や保育園児など)でも、入れないことはありません。保険会社により年齢制限は変わってきますが、多くが6~8歳まで加入が可能としています。ただし、学資保険は、加入が早ければ早いほど、月々の負担が軽くなるということは覚えておきましょう。

例えば、300万円の積み立てをすると仮定して、0歳~18歳で積み立てする場合と、5歳~18歳で積み立てする場合では、月々支払う金額が約5,000円ほど変わってきます。よって、学資保険を検討している人は赤ちゃんが0歳のうちに入るのがおすすめです。

学資保険選びのポイント

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

学資保険に加入しよう!と決めても、いざ調べてみると、いろいろな保険会社から商品が出ていて何を選べばいいのか迷ってしまいますよね。どこを重視して選べば良いのでしょうか。

学資保険で教育費を見える化する

ソニー生命保険株式会社が2016年1月30日~2月3日にインターネットリサーチで実施した「子どもの教育資金と学資保険に関する調査」によると、約半数の人が教育費に対して漠然とした不安を感じていることがわかります。その理由の最多回答は、「教育資金がどのくらい必要となるかわからない」。いくら準備すればいいのかわからない中で、貯金をしていくのは、しんどいですよね。

でも、学資保険に入ることで、「この時期にこれくらい出費があるから、いくらくらい準備すれば大丈夫だろう」という教育費の見える化を図ることができます。月々これくらい積み立てていけば、最終的にいくらになって、大学入学時のお金は準備できそう! そんな具体的なイメージがつくだけでもぐっと安心になりますね。

●ソニー生命保険株式ホームページ「子どもの教育資金と学資保険に関する調査 2016」
http://www.sonylife.co.jp/company/news/27/nr_160302.html

学資保険に加入の際に重視すべき“返戻率”

教育資金準備に学資保険を選んだ理由を問う質問では、「堅実だと思ったから」と答えた人が71.2%でダントツの1位になったことがわかっています。そして、「まとまったお金を受け取るタイミングを選べるから」「途中でやめずに続けられそうだと思ったから」と続きます。実際、高校生以下の子どもの親に対する調査では、学資準備に最も利用されているのは「学資保険」(60.6%)で、次に「銀行預金」(49.5%)となっています。

このアンケートからは、学資保険を選ぶときに、多くの人が、途中でお金を引き出すことなく、コツコツとお金を積み立て、入学などお金が必要になるタイミングで受け取ることができるという、学資保険の一連の流れに魅力を感じている人が多いことがわかります。つまり、堅実にお金が貯められ、必要なタイミングで受け取れる保険であること。それが、重視すべきポイントといえます。

それに加えて、支払う保険料の総額に対し、受け取る保険金の総額の割合を示している「返戻率」もチェックしてみましょう。この「返戻率」が高いほど、貯蓄性が高いということになります。

●ソニー生命保険株式ホームページ「子どもの教育資金と学資保険に関する調査 2016」
http://www.sonylife.co.jp/company/news/27/nr_160302.html

月々の支払いはいくらが妥当?

学資保険では、月々、いくら程度の支払いが一般的なのでしょうか?それを考えるには、まず「いつ」「いくら」必要なのかを考える必要があります。一般的には、大学入学時に教育資金が最も必要になる場合が多く、18歳を満期とし、受け取る人が多いようです。

大学入学時にかかる費用の相場は、私立大学(文系)で約150万円~200万円となっています(※)。そのため、学資保険では200~300万円を受け取り総額に設定するのが良いでしょう。この金額を0歳から学資保険に加入して積み立てるとすると、月の支払いは1万円~2万円ほどになります。

また、大学(私立)4年間通うとなると、学資保険の200~300万では全てを賄うことはできません。しかし、受け取り総額を高額にしすぎると、毎月の負担が大きくなりすぎ、途中で解約することにもなりかねません。学資保険で賄えない分は、別途、貯金をするなど、生涯にわたっての資金計画も必要となります。

また上記にも述べましたが、学資保険は早く入れば入るほど月々に支払う金額は少なくなるので、学資保険を考えているのであれば、できる限り早く入るのがベストです。

(※ 公益社団法人 生命保険文化センター 調査「大学受験から入学までにかかる費用はどれくらい?」
http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/education/7.html

まとめ

学資保険は、毎月同じ金額を、満期になるまで払い続けなければいけません。満期受取金額を高く設定しすぎても毎月の家計の負担が大きくなってしまいます。ご家庭のライフスタイルに合ったプランをじっくり考えて、ベストな保険を選びましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


お金の悩み 学資保険

関連する投稿


学資保険の掛け金の平均相場は?途中で変更・解約はできるの?

学資保険の掛け金の平均相場は?途中で変更・解約はできるの?

学資保険の掛け金の相場や、途中変更や解約が出来るのか知っていますか? 保険はきちんと学んでおかないと損をする商品です。子どものために備えるものですから、損をしないためにもきちんと必要なことだけでも学んでおきましょう。


二人目出産!学資保険に加入する前に確認しておきたいことは?

二人目出産!学資保険に加入する前に確認しておきたいことは?

二人目の場合、学資保険に加入する人はどれくらいいるのでしょうか。メリットだけを考えれば加入するに越したことはありません。しかし、金銭的な負担が増えるため、必ずも加入しておいた方がいいとは言えないのです。二人目の学資保険のメリットやデメリットをしっかり把握してから、検討しましょう。


子供が起こす物損!そんなときに備えたい個人賠償保険とは

子供が起こす物損!そんなときに備えたい個人賠償保険とは

個人賠償責任保険は、子供が起こすトラブルで家計に負担をかけないためにも、ぜひ加入しておくべき保険です。今回は、個人賠償責任保険がどういうものなのかについて紹介します。提供している会社はいくつもあるので、現在自分が加入している保険が対象ではないかどうかも調べておきましょう。


学資保険は返戻率で決めてはダメ?返戻率の仕組みを知って賢く選ぼう

学資保険は返戻率で決めてはダメ?返戻率の仕組みを知って賢く選ぼう

子どもの将来の教育資金として加入している方も多い学資保険ですが、これから加入を検討している方は、どの学資保険を選べば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?今回、大手保険会社の例を挙げて、学資保険を選ぶポイントの1つとなる返戻率について考えてみましょう。


子供の入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

子供の入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

地方自治体の設けた乳幼児、義務教育就学児の医療費補助制度が有効な期間は特段問題ではありませんが、医療費補助制度に該当しなくなった場合は、子供の医療保険を検討する必要が出てきます。子供の病気に備えた保険にはどのようなものがあるのでしょうか?今回は、子供の医療保険についてご紹介します。


最新の投稿


【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

免疫機能が未熟な子どもは、さまざまな病気にかかりやすいです。肺炎もその一つ。風邪などをこじらせてなる場合もありますが、マイコプラズマという細菌に感染して肺炎になるケースも多いです。いざというときに適切に対応できるよう、感染経路や症状、治療、予防法について知っておきましょう。


【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

新生児の時期を経て、気が付けば赤ちゃんは生後2カ月に。この時期、どれぐらいまで大きくなり、どのような成長が見られるのでしょうか? 生後2カ月からできるようになることは? ここでは、生後2カ月の赤ちゃんの発育や生活について紹介しています。


【医師監修】おむつ替えの基礎知識!替えるタイミング、回数、やり方、コツは?

【医師監修】おむつ替えの基礎知識!替えるタイミング、回数、やり方、コツは?

赤ちゃんのおむつはどんなときに替えるのでしょうか。赤ちゃんの肌は敏感なのでむれてかぶれてしまわないか気になるひともいるでしょう。ここでは、おむつ替えのタイミング、回数、やり方、コツについて詳しく解説していきます。


【医師監修】月齢別赤ちゃんの睡眠の特徴 まとまって寝るようになるのはいつ?

【医師監修】月齢別赤ちゃんの睡眠の特徴 まとまって寝るようになるのはいつ?

赤ちゃんは、夜中も構わず起きたり泣いたりするもの。そんな赤ちゃんのお世話をするママも睡眠不足になったり疲れてしまったり…。どうして寝てくれないの?いつになったらまとまって寝てくれるの?と、泣きたくなってしまうこともあるでしょう。今回は、赤ちゃんの睡眠の特徴や睡眠時間を整えるコツについてご紹介します。


【医師監修】子どもがヘルパンギーナにかかった時の対処法は?

【医師監修】子どもがヘルパンギーナにかかった時の対処法は?

夏に流行するヘルパンギーナ、手足口病、プール熱(咽頭結膜熱)は、総称して「三大夏風邪」とも呼ばれています。どれも珍しい病気ではありませんが、小さいお子様がいるご家庭では、夏場によくかかる感染症として心配になりますよね。そんな夏風邪の一つ、ヘルパンギーナについて、詳しくご説明していきましょう!