ママのための悩み解決サイト
寒い日にも! タダで親子が楽しめるお出かけ先は?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.18】

寒い日にも! タダで親子が楽しめるお出かけ先は?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.18】

読書の秋、お子さんと一緒に本を楽しんでいますか? 今回は、おでかけも読書も同時に無料で楽しめる施設・・・そう、図書館のお話です。


記事の著者  
のんびり子育て中のママ女医   HAL先生
内科医。大学病院研修中にうつ病を発症し、数年間療養生活を経て復帰。その後、病気の間支えてくれた医者の夫と結婚し、娘を出産。現在は田舎で夫、3歳の娘と暮らす。自身の出産・育児の日々をもとに、医学的なエビデンスを交えて育児情報・ニュースなどをブログで発信。またTwitterでは、娘との会話や、ほっこりあたたまる育児エピソードも紹介し、注目を集めている。
http://halproject01.blogspot.jp/
https://twitter.com/halproject00

寝る前のお楽しみは「絵本」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

医学の難しい話が続いたので、今回は私と娘のゆるいお話でも。

うちの3歳の娘は、本が好きです。と言っても、日中、本を読んだりするというわけではなく、夜寝る前に本を読むのが大好き(過去のコラムでも書きましたね)。

「ねえ、きょうはなんさつ? きょうはね、いっぱいがんばったよ、だから5さつよんでもいいんじゃないかなあ?」なんてせがんできます。

3歳を過ぎて絵本の内容も成長してくると、かなり長い作品になるので、そんなに何冊も読んでいたら30分は余裕で過ぎてしまいます。なので、寝る前はいつも高度な駆け引きが行われます。

「そうだなあ、短い本なら5冊読んでもいいけど、長い本だと、今の時間からは2冊が限度だなあ」
「えっ、じゃあこれはどうかな? これはみじかいよ。U(娘)、ひとりでもよめるよ!」
「うーん、確かにこれは短いけど、他の本はどうする? 短いのばかりにする?」
「……じゃあ、みじかいのと、ながいのをよんだらいいんじゃないかな、そしたらちょうどいいよ!」

そして、寝るギリギリの時間まで本を読み聞かせします。

とことん好きな本を楽しむ!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

さて、私は生粋の読書好きだったので、小学生〜高校生まで学校の図書館に入り浸っているような女の子でした。ところが、大学になると、図書館は専門書しかほとんどおいていないんですね(キャンパスが医学部のみだったので、医学書以外は大した本が入って来ない)。そのため、「読書」という目的としては、図書館から足が遠のいていました。

元々「好きな本は、購入して手元に置いておきたい」派だったので、子どもが出来てからも気に入った絵本は購入してきました。しかし、娘の知能がどんどん発達しているのに、夜に何冊も何冊も絵本を読んでいると、同じ絵本の繰り返しで心苦しくなってきました……でもなあ、懐事情としても本棚のスペース事情としても、無制限に本を買って増やすわけには……。

そこでようやく思いついたのが「図書館」です(遅い)。あ、そうだよ、考えたら私も山ほど借りてきて読みあさって、その中で好きな本だけ親に買ってもらったりしていたじゃないか。本屋で本を探すのもいいけど、図書館行こうぜ、図書館!

図書館で新鮮な発見もたくさん

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そこで休みの日に、夫と娘と連れ立って近くの図書館へ。田舎とは言え、結構な広さです。子ども用のスペースも確保されているので、少しくらい声を出しても大丈夫。読み聞かせスペースもあります。

本屋とは、本のチョイスが結構違います。年齢別オススメの棚、シリーズ毎に並んだ棚、大型本の棚……新旧取り揃えた絵本が、いろいろ工夫されて並べられていて、本屋の「売れ筋」から探すのとはまた違った選び方ができて、とても面白いのです。

夫が探している間に、私は娘に読み聞かせ。娘と話をしながら、どんな本を借りたいか聞き出しながら選んでいきます。周囲を埋め尽くしているたくさんの本は、娘も楽しいようで、手当り次第に借りようと持ってきます……。いや、待て、それは家に同じのがあるからやめとこうね。

こんなに充実して、全部が無料!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私の通う図書館の話になりますが、10万冊以上ある児童書の中から選び放題。10冊まで2週間借りることができます。しかも、ネットで延長も可能。予約も可。ほぼ毎日利用可能で、ブックポストがあるので24時間返却可。検索方法も充実。施設内には飲食スペースや休憩スペースもあり。しかも、借りに行くのが困難な人向けには、絵本の宅配サービスまであります(必要なのは送料負担のみ、ネットなどで注文すれば本が届く!)。

小さな子ども連れだと、泣き出したら……騒いだら……、と不安になるかもしれません。なかには月に何回か、読み聞かせを行う日が設けられている図書館もあります。まずはそこを狙ってみるといいかもしれません。同じくらいの歳の子が来ますし、そこそこ騒がしいので、気負わず行けるかと思います。

さらにオムツ替えコーナーあり、貸し出しベビーカーあり、授乳室完備! 赤ちゃんウェルカム! それが、なんと無料! 使い放題! 信じられますか? このサービスで、無料ですよ! アリエナイ!

……正確には無料ではないですよね。みなさんの血税から成り立っているわけです(図書館の形態によって異なります)。スマホゲームで言うなら、月額課金になっていて、知らない間に課金しているようなものです。だからこそ、使わないなんてもったいない。払うもの払ってるんですから、こんなにも素晴らしい施設、どんどん使いましょう!

「おやすみ おかゆさん」の謎!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そんなわけで、今週も本を借りています。最近娘がハマっているのは、著者:マージョリー・フラックの「アンガス」シリーズ。特に「アンガスとあひる」はお気に入り。手を振って行進しながら、「おいっちに、おいっちに、がーがーげっくがー!」と嬉しそうに言ってます。かわいいなあ。これだけ気に入った本は、そろそろ家の本棚に加えようかな。

気に入る本、あまり興味を持たない本、ちょっと簡単過ぎる本、まだまだ難しい本……それでも、娘にとってはどれもこれも寝る前の楽しみで、心の肥やしになっているようです。

「『おやすみ おかゆさん』」
「なんでおかゆをおきっぱなしなの? ねるときはたべないよ?」

うん、それはな、私もずっと疑問に思っている事だよ(さあ、なんの本だかわかりますか?)

(HAL)

※記事内の画像はすべてイメージです

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


育児 子供とおでかけ

関連する投稿


 麻疹(麻しん・はしか)を流行させないために必要なものと集団免疫【ママ女医と娘の○○な日常 vol.40】

麻疹(麻しん・はしか)を流行させないために必要なものと集団免疫【ママ女医と娘の○○な日常 vol.40】

今年の3月頃から沖縄県で麻疹患者さんが増えている事をご存知でしょうか。麻疹は感染力が強く、流行を防ぐのが難しい感染症です。今回はワクチンと集団免疫を解説します。


娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

子どもの誕生日プレゼント、どうやって決めていますか? 親があげたいもの? 子どもが欲しがるもの? 我が家の4歳の誕生日プレゼント決めはこんな感じでした。


子ども連れでも楽しめる!東京美術館の人気の理由は?

子ども連れでも楽しめる!東京美術館の人気の理由は?

子どもに美術館の楽しさを伝えたい、そう思っても、子ども連れで美術館は行きにくいですよね。そんなママには東京都美術館がおすすめです。おむつをしている子どもも一緒に楽しめる、ママやパパに人気の理由について調べました。


ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

毎年春先になると増えて来るのが乳幼児に怖いロタウイルスによる嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)です。どういった特徴があるのか? ワクチンの話と共に簡単に解説します。


【離乳食の基本】10倍粥の簡単レシピ!炊飯器・レンジで時短技を習得しよう

【離乳食の基本】10倍粥の簡単レシピ!炊飯器・レンジで時短技を習得しよう

最初の離乳食には10倍粥を作るようにと言われますよね。赤ちゃんだけでなく、ママ自身も離乳食初心者である場合は作り方に戸惑うこともあるかもしれません。今回は10倍粥の簡単レシピから、炊飯器やブレンダーなどを利用した時短技など、ママが活用できそうな離乳食のアイデアについて調べてみました。


最新の投稿


子ども連れでも楽しめる!東京美術館の人気の理由は?

子ども連れでも楽しめる!東京美術館の人気の理由は?

子どもに美術館の楽しさを伝えたい、そう思っても、子ども連れで美術館は行きにくいですよね。そんなママには東京都美術館がおすすめです。おむつをしている子どもも一緒に楽しめる、ママやパパに人気の理由について調べました。


やりくりママ必見!エースコンタクトが画期的なサービス開始

やりくりママ必見!エースコンタクトが画期的なサービス開始

破損、汚れ、目の痛みなどなにかとトラブルが多いコンタクトレンズ。そんなコンタクトレンズの悩みを定額でサポートしてくれる、まったく新しい形のサービスがエースコンタクトより開始されました。その内容や値段、メリットを詳しく解説します。


MARLMARL(マールマール)を価格帯別で紹介!出産祝いでセンスがいいといわれるプレゼント

MARLMARL(マールマール)を価格帯別で紹介!出産祝いでセンスがいいといわれるプレゼント

絶対によろこばれる出産祝いやプレゼントを贈りたいなら、MARLMARL(マールマール)が一押しです。今回はおしゃれで人気の商品を価格帯別にご紹介します。


【医師監修】基礎体温で何がわかるの? 見方を分かりやすく解説

【医師監修】基礎体温で何がわかるの? 見方を分かりやすく解説

妊娠を望む女性にとって、妊娠する可能性が高い排卵日を知ることはとても重要なことです。排卵日を知るための手段として知られている「基礎体温」について、詳しく知らない方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、排卵日だけではなく女性の体に起こっている変化などもわかる「基礎体温」をわかりやすく紹介していきます。


【医師監修】小児喘息の5つの原因! 症状&治療ガイド

【医師監修】小児喘息の5つの原因! 症状&治療ガイド

冬になると急激に気管支喘息が増えます。お子さんの咳(せき)が長引いていることありませんか? 風邪だと思っていたら実は喘息の発作で入院なんてことも。「遺伝する?」、「薬で治るの?」「大人の喘息とは違う?」など小児喘息の症状や原因、治療法についてお話しします。上手に症状をコントロールしましょう。