ママのための悩み解決サイト
産後から続く肩こり、何とかしたい! 育児合間にできるケア【産後の不調 #4】

産後から続く肩こり、何とかしたい! 育児合間にできるケア【産後の不調 #4】

産後は、体のさまざまなところに不調が出てしまいがち。なかでも赤ちゃんを毎日抱っこするようになるため、腕の疲れや肩こりに悩まされているママは多数。今回も、漢方美容家で美のスペシャリストである「余慶」さんに産後の肩こり対策について聞いてみました。


この記事を執筆した専門家
美容コンサルタント&韓方(はんばん)薬膳料理専門家  余慶尚美さん
セラピストとしてリンパドレナージュサロン「Flow」を主宰後、美容コンサルタントとして活躍中。韓国にて、日本人初の「大韓薬膳料理専門家」として認定され、 2017年8月には、薬膳おやつ「補巡排(ほじゅんはい)なつめチップス」をプロデュース、新しい東洋のスーパーフードとして大きな注目を集めている。
https://ameblo.jp/yokeinaoko/

産後、ママの悩みあるある CASE.3

Getty logo


産後すぐから、ずっと肩こりに悩まされています。最近では赤ちゃんを抱きかかえていると腕がしびれてしまったり肩が重くなってしまったり…。子供の成長はすごく嬉しいのですが、これからもっと体重が重くなると思うと、肩こりもさらに辛くなるのではないかと不安で悩んでいます。ケアを教えてください。

肩こりは悪化する一方!?

Getty logo

肩こり辛いですよね。赤ちゃんを抱きかかえると同じ姿勢のまま長時間いることも多いですし、スマホで、手や指のコリから肩と首が張ったり…。また、前屈みの姿勢が普通になり、肩が前に入ってしまって肩甲骨まわりが固まる巻き肩などなどの悪循環で益々、肩こり、首こりなど悪化していますよね。

私も実は肩こり、首こりが酷くて、常に対処法を模索しています。その中で、今回は、私も毎日のようにしている、肩こり、首こりを緩和できる簡単な方法をご紹介します。

肩・デコルテ・ワキの下の周りの筋肉をほぐす方法

①胸筋をひろげ、肩甲骨と背中の強張りと改善

※イラスト 美巡ブラシエステ(余慶尚子著:中央公論新社)より引用

1.肩を落としながらじんわり、ゆっくりと斜め下後方にストレッチする。
(※力んで肩を上げるのでなく、肩甲骨を中心に寄せ合うイメージで)

2.じんわりと伸ばしきったところで5秒間キープして、一気に組んだ手をほどきリラックスする。
【×3回 繰り返す。】

②肩回しで、肩周り、肩甲骨回り、上腕のコリを解消

※イラスト 美巡ブラシエステ(余慶尚子著:中央公論新社)より引用

写真のようにわきの下くぼみに親指をあてワキをつかみながら(ワキの下をほぐしながら)肩回し、腕回しをするとより効果的です。

③深呼吸で背中のこわばりを改善

※イラスト 美巡ブラシエステ(余慶尚子著:中央公論新社)より引用

大きく深呼吸してください、息を吸う際にろっ骨の1本1本を広げて、空気を思いっきり吸い込んでください。そうすることで体の側面から背中も大きくストレッチされます。また、リラックス効果で血液の巡りを良くなるので肩こり改善サポートします。

手のストレッチ

   親指、小指以外を反らします。      親指、小指以外を反らします。   

肩こりに見落とされがちなのが、実は肩からつながっている最先端の手。赤ちゃん抱っこや大量の荷物持ちで手から腕も疲れています。また、最近ではスマホや携帯、PCマウスなどを使う時間も長くなって、手の筋肉は緊張して、手のひらも肩同様に親指から母指球が内側に丸まっていてそのまま固まっている方も多いのです。そうならないために早めのケアをするのが大切。そして、肩こりに効果的なのが手のひら、指ストレッチです。

委縮している手のひら、指、母指球、手根の筋肉をジワジワとストレッチしていきます。勢いよくするのではなく、ストレッチはすべてじんわりとゆっくり反らしてください。反らした状態で10秒くらいキープして、それを2~3回繰り返してください。肩から首すじまでも刺激が伝わり、温まるのが実感していただけると思います。

手指は全身の縮図

Getty logo

指先ケアで姿勢を正す

手指は全身の縮図とよく言われます。その中で中指は体幹の部分に対応すると考えられています。
先ずは、中指のストレッチをし、前屈みがちな姿勢を整えます。

手の筋膜をほぐす

手の甲側の中指は、頭(後頭部)から肩、首、背中、肩甲骨 が対応します。お箸などを使って、指、手の筋膜リリースをしていきましょう。

先ずは中指から手の甲全体を下記画像のように、お箸などを使って、転がしていきます。

写真左の画像でお箸が置かれている場所が、丁度、第一関節くらいです。そこが首の部分に対応しますので、首こりが辛い方はこちらを念入りに箸を転がしてください。

写真右は、丁度、肩甲骨の部分にあたります。写真と反対の薬指側も同様に箸転がし、または、指と指でツイストしてみてください。なかにはかなり痛いという人もいるかも!

肩こりに効果的なツボ

また、肩こりにたいへん効果的なツボとして有名なのが、「合谷(ごうこく)」です。

親指につづく骨と人差し指につづく骨の間、ちょうど谷になっている部分から、約1cmほど指先に向かいまた、少し人差し指側にあるのが「合谷」です。ほとんどの方が痛いはずです。是非、小まめにおしてみてください。

手のコリをほぐす

また、手のコリを解消するグッズもお勧めします。写真は私が実際に愛用している「ぐりぐりボール」300円ほどとかなりお買い求めし易い価格で、しかもどんなにぐりぐりしても壊れません。多分、10年超えで使っています。このようなグッズを取り入れて、小まめに手指だけでなく、そこからつながる肩こり、首こりを緩和させていきましょう!

今回は少し視点を変えて、手指、腕からアプローチしてみました。カンタンな方法ばかりなので、是非、皆さんも試してみてください。

(余慶尚美)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


産後 産後の生活 産後ケア

関連する投稿


8月生まれベビー、人気の名前ランキング!  気になる名づけトレンドは?

8月生まれベビー、人気の名前ランキング! 気になる名づけトレンドは?

ベビーカレンダーは、2019年8月生まれの子ども12,323名を対象に、「8月生まれベビーの名づけトレンド」に関する調査を行いました。


【助産師監修】授乳中に風邪をひいても、母乳は中断しなくていいの?

【助産師監修】授乳中に風邪をひいても、母乳は中断しなくていいの?

授乳中のママが風邪をひいたとき、母乳から赤ちゃんに風邪がうつるのではないかと心配になるママもいるようです。でも、風邪は母乳からはうつらないので、母乳を中断する必要はありません。今回は、授乳中に風邪をひいてしまった時の正しい対処法を解説します。


【助産師監修】断乳後のママの体と、赤ちゃんのお世話はどう変わる?

【助産師監修】断乳後のママの体と、赤ちゃんのお世話はどう変わる?

ママの仕事復帰などさまざまな理由で、母乳による授乳を辞める「断乳」を決断しなければいけないときがあります。断乳によってママの体、そして赤ちゃんにはどのような影響が考えられるかを見ていきましょう。


【助産師監修】乳製品や肉はダメって本当? 乳腺炎を予防する食事とは?

【助産師監修】乳製品や肉はダメって本当? 乳腺炎を予防する食事とは?

かかるとツライ乳腺炎。できることなら予防したいところですが、そのためにはどんな食事を心がければいいのでしょう。また脂肪分のとりすぎが乳腺炎の原因になるというのは本当でしょうか。ママが知っておきたいポイントを紹介します。


【助産師監修】乳腺炎になりかけたときの症状は? こじらせない対策3つ

【助産師監修】乳腺炎になりかけたときの症状は? こじらせない対策3つ

ママの多くが経験するおっぱいトラブルの一つが乳腺炎。どんな症状から始まるのか、知りたいママも多いはず。そこで、乳腺炎になりかけたときの症状と、こじらせないための初期の対策をご紹介しましょう。


最新の投稿


出会えたらラッキー!? コストコ「塩パン」の味とおいしい食べ方

出会えたらラッキー!? コストコ「塩パン」の味とおいしい食べ方

あの塩パンがコストコで登場! まだ取扱店舗は限られているので、出会えたらラッキーなんです! まだ発見したことのない方のために、コストコの塩パンの特徴や味、おいしい食べ方をご紹介します。


カトージ、デリケートな赤ちゃんの肌に安心・快適な抗菌クレンゼ布団新発売

カトージ、デリケートな赤ちゃんの肌に安心・快適な抗菌クレンゼ布団新発売

ベビー用品を取り扱うカトージは9月中旬より、ベビー布団「抗菌クレンゼ布団(レギュラーサイズ、ミニサイズ)」を販売します。


【専門家監修】そうめんを使った離乳食レシピ!塩分は?手づかみ食べも?

【専門家監修】そうめんを使った離乳食レシピ!塩分は?手づかみ食べも?

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「そうめん」です。お米以外の炭水化物として取り入れやすいですよね。塩分は大丈夫? など、離乳食のそうめんについて、川口先生にお聞きします。そうめんなのに手づかみできちゃうレシピも!


【助産師監修】妊婦の運転やってはいけない3つのこと!車の運転はいつまでOK?

【助産師監修】妊婦の運転やってはいけない3つのこと!車の運転はいつまでOK?

妊婦の運転はいつまでOK? シートベルトは締めるべき? など、妊娠中の運転の気になる問題について助産師が詳しく解説します。絶対に運転してはいけない3つのタイミングについてもチェック!


【専門家監修】とうもろこしを使った離乳食レシピ!薄皮は?缶詰もOK?

【専門家監修】とうもろこしを使った離乳食レシピ!薄皮は?缶詰もOK?

とうもろこしは、甘みもあって美味しいので、子供も大好きな味ですよね。子供が好きなら、離乳食にも使えそう、と思いますがちょっと待って! とうもろこしは消化が大変な食べ物の1つってご存知ですか? 今回は、離乳食でのとうもろこしの扱い方や調理法、オススメレシピを離乳食のスペシャリスト管理栄養士の川口先生に教えてもらいます!