ママのための悩み解決サイト
育児中の髪型、日々のケアが楽なのは? 簡単アレンジテクでオシャレに!

育児中の髪型、日々のケアが楽なのは? 簡単アレンジテクでオシャレに!

子どもが生まれると髪をお手入れする暇もないと聞いたママも多いでしょう。だったらどんな髪型が育児中には適しているのか気になるはずです。子育て中にはロングにすべきか、短くすべきか迷ったら、次の内容を参考にしてみてください。


ボブも楽!育児中に楽な髪型はロングorショート?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

育児中はヘアケアできる時間が限られてくるため、手入れが楽なのが一番です。しかし、ロングにするか、ショートにするかは迷う方も多いでしょう。

育児中のロングは意外に楽な髪型?

ロングヘアのメリットは、1つに結べばそれなりに綺麗に見えることです。髪のハネやうねりが気になっても、束ねてしまえば目立たなくなります。さらにお手入れを簡単にするには、髪全体にデジタルパーマをかけておくことです。ダウンヘアにするときも、ヘアオイルを毛先に揉み込むだけで仕上げることができます。

夏におすすめ!ショートのメリット&デメリット

産後ショートヘアにするママが多いのは、シャンプー後のブローが不要だからです。お風呂に子どもを入れた後も、着替えなどのお世話が続きます。自分のことを構っている余裕はないことが多く、ショートヘアが楽なのです。しかし、ショートヘアは短い髪を維持する分、カットに行く頻度が多くなりやすいかもしれないですね。

髪型をボブにするママが急増中

ボブはアレンジしやすいのが魅力です。適度な長さがあれば1つ結びもできて、ダウンヘアにする場合はサイドの髪や前髪でアレンジできます。注意したいのが顎ラインのミディアムボブです。短すぎるとまとめ髪ができず、赤ちゃんのお世話をする際に髪が邪魔になってしまいます。

【PR】詰めておくるだけ!月額250円の収納サービスがとても便利!

育児中のママにおすすめの髪型アレンジ術&アイテム

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

育児中のママは髪の長さにこだわらず、アレンジしてしまえば子育てに影響しません。1本結びするにしても、ただ結ぶだけだと疲れた印象になるため、次のようなアレンジ術を利用してみてください。

長い髪型でもOK!ゴムは育児中の必須アイテム

ヘアゴムはロングヘアの方もミディアムの方でも活用できます。1つ結びをする場合は、トップにふんわりとボリュームを出し、頭の形が丸くなるようにするとおしゃれです。今風に仕上げるには、サイドの髪をきっちりと束ねるのではなく、耳にかかるくらいふんわりと仕上げましょう。ヘアゴムをリボン風にアレンジするのもおすすめです。

産後脱毛気味のママはターバンでカバー

産後のホルモンバランスの変化で抜け毛が増えてしまった方は、フェイスラインをターバンでカバーしましょう。1つ結びしてから顔の周りをぐるっと太めのターバンで巻くと、こなれた雰囲気になります。スカーフでのアレンジもしやすく、サイドの髪が落ちてこないため、授乳や赤ちゃんのお世話がしやすい髪形です。

生えかけの前髪が目立つ時はあえて厚めに

産後に抜け毛がひどい場合は、生えかけの髪が多数出てしまうことがあります。短い髪の毛が多数あると、上にピンっとはねてしまうのです。前髪を薄くすると余計に目立つため、あえて厚めにカットしてもらいましょう。髪の重みでアホ毛がカバーできます。

髪型よりも気をつけたい育児中のヘアケア

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後は髪型の問題よりも、いつから美容院に行けるかが問題です。産後は女性ホルモンのバランスも変わっていますから、パーマやヘアカラーなど頭皮に負担がかかる行為に注意が必要です。

明るいカラーリングの注意点

産後はホルモンバランスの変化で頭皮が過敏になりやすく、強いブリーチが必要となる明るいヘアカラーは控えるのが無難です。産後はホルモンの関係上、染まりにくい影響がみられることもあるため、いつもより薬剤が強くなる恐れもあります。

ヘアカラーが母体を通し母乳に伝わってしまうかは、明確なデータがありません。産後ヘアカラーをするなら、ハーブを使ったヘアカラーのみにとどめておくことが無難だといえるでしょう。白髪が気になるママはヘナで染めてもらうと、ママの頭皮にも赤ちゃんに対しても安心できます。

美容院で育児中に合う髪型を相談したい・・・いつから行ける?

産後はいつから美容院に行けるといった明確な基準はありません。ひとつの目安として、ママや赤ちゃんの体調を診てもらえる1ヵ月検診後からです。ママは会陰切開で長時間座るのが辛いこともあるため、傷の治りをチェックしておきましょう。赤ちゃんの授乳間隔が3時間以上あくようになると、パパや親など別の人に預けやすくなり、美容院にも行きやすいでしょう。

産後の育児中にパーマをかける時に気をつけたいこと

産後のパーマは、ヘアカラーと同様に薬剤の負担が気になります。産後3~4ヵ月ころになると、ホルモン変化によって抜け毛が増えることがあるようです。この時期にパーマをかけるべきかは、美容師さんに相談してみてください。パーマ液の成分が頭皮に負担をかける恐れがある場合は、美容師さんにカバーの方法を教えてもらいましょう

まとめ

育児中はどのような髪型にすべきか迷ってしまうものです。お手入れが楽なことから短くする方も多いようですが、ミディアムやロングでもヘアアレンジ次第で楽しめます。一番は育児がしやすいことと、手入れに時間がかからないことが重要ですね!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


美容 ヘアケア

関連する投稿


プチプラコスメが本当に使える! ママのキレイを作る15選

プチプラコスメが本当に使える! ママのキレイを作る15選

独身時代とは異なり、ママになると美容費にお金をかけるのが難しいことも…。そんなママに嬉しいのが、プチプラコスメ。賢く取り入れて、美を磨きましょう。


最新の投稿


折り紙は幼児期から始めよう。メリットや教え方、おすすめの本など

折り紙は幼児期から始めよう。メリットや教え方、おすすめの本など

雨の日でも楽しめる折り紙は、親子で楽しめる知育遊びとして人気があります。折り紙は幼児期の子どもにとってどのようなメリットがあるのでしょうか?幼児期からスタートしたい折り紙ですが、教え方が分からないという方も多いものです。幼児への折り紙の教え方や折り紙の取り入れ方をご紹介します。


食事のあいさつはいつから教える?赤ちゃん・子供の食事のしつけについて

食事のあいさつはいつから教える?赤ちゃん・子供の食事のしつけについて

食事のあいさつや合掌など、食事のしつけはいつから始めればよいのでしょう。気になっているママも多いかと思います。赤ちゃんや子供のうちから身につけさせたい食事のしつけポイントや、年齢別の進め方、成功しやすい教え方などをご紹介します。


子供の食べ散らかし、おすすめの対策やママ達に人気のグッズは?

子供の食べ散らかし、おすすめの対策やママ達に人気のグッズは?

子供が毎回食べ散らかして困っている、そんなママも多いのではないでしょうか。食べ物で遊ぶのは成長の証とわかっていても、ついイライラしてしまう場合もありますよね。笑顔で食事をするにはどうしたらよいのでしょう。食べ散らかし対策やママたちに人気のグッズなどについて調査しました。


ファーストトイはいつから?赤ちゃんが喜ぶ人気のおもちゃを紹介

ファーストトイはいつから?赤ちゃんが喜ぶ人気のおもちゃを紹介

赤ちゃんが生まれて初めてのおもちゃに注目していきます。いつから与えているのか、どんなおもちゃがよいのかを考え、人気のおもちゃをご紹介します。


ベビー服の黄ばみはどう落とす?染み抜きの仕方やおすすめの漂白剤など

ベビー服の黄ばみはどう落とす?染み抜きの仕方やおすすめの漂白剤など

天使のような存在の赤ちゃんには、いつもきれいな服を着せてあげたいですよね。でもいつの間にか黄ばみや染みができていて、黄ばみってどうすれば落とせるの? と焦ったり、どうせ落ちないよねとあきらめていませんか。今回はそんなママへ耳寄りな情報をお届け! 黄ばみ、染み抜きの方法や漂白剤についてご紹介します。


美容ランキング


>>美容ランキング