ママのための悩み解決サイト
【医師監修】搾乳は何時間ごとにすればいい? 保存方法のコツは?

【医師監修】搾乳は何時間ごとにすればいい? 保存方法のコツは?

搾乳(さくにゅう)の間隔は個人差があるので、ママ友に聞いてもバラバラ……。デリケートな問題だけに「聞きたいけれど聞けない」と悩んでいるママも。今回は搾乳時間の目安、冷凍する場合など正しい保存方法についてお話します。生理現象である乳頭からの射乳の原理を理解して搾乳に役立てる方法など、今すぐ役立つ情報が満載です。


この記事の監修ドクター
藤東クリニック 藤東淳也先生
東京医科大学卒業、県立広島病院婦人科部長を経て、藤東クリニックを開業。
女性の健康全般をお任せいただけるような診療を目指し、ライフサイクルを通じて女性を応援します。
https://fujito.clinic

手絞り? 搾乳器? 2つの搾乳方法

Getty logo

※画像はイメージです

搾乳方法は手で行う方法と搾乳器を使う方法の2通りあります。それぞれやり方のコツ、メリット&デメリットは違うので、自分に合った方法を選びましょう。

どんな時に搾乳する必要があるの?

母乳育児を目指すママは、何らかの事情で授乳できなくなることもあるので、搾乳方法について知っておくといざと言う時、安心です。平らやへこんでいる乳頭など、授乳しにくいおっぱいのママも、助産師さんから搾乳するよう指示されることがあります。また、「急な用事で赤ちゃんを連れていくことができない」なんて時も、長時間授乳できずにいるとおっぱいがパンパンになり、乳腺炎を起こしやすくなるので搾乳が必要です。

あらかじめ出かけることが分かっている時も、冷凍保存しておくことで、赤ちゃんにいつもの母乳を飲ませてあげられますよね。ママが体調をくずした時もストックがあると重宝します。

出ないし痛い! 手で搾乳する時のコツ

手絞りの搾乳は痛い上に出ない……と、急遽搾乳器を買い求めた経験のあるママも多いでしょう。正しい方法で搾乳すれば、力加減や絞る量を微調整できて、乳房にかかる負担も最小限に抑えることができます。自分で絞ることができれば搾乳器を購入する必要もなくなるため、節約にもなりますよね。搾乳の際はリラックスできる楽な姿勢で行いましょう。また、必ず手指をきれいに洗ってから行うことが重要です。

腱鞘炎対策! 手動と電動のメリット&デメリット

手絞りに挑戦してみて無理なようなら、搾乳器を頼りましょう。手絞りは手が疲れるので、腱鞘炎を予防するためにも搾乳器が便利です。搾乳器を使うと初心者でも簡単に搾乳することができます。ただし手動と電動では使うコツが違うので、ご注意下さい。

〈手動の搾乳器〉

手動の搾乳器は価格が電動タイプよりも安いので買い求めやすく、手絞りと同じように力加減の微調整が可能です。シンプルな作りになっているので、洗浄や消毒がしやすい点も魅力です。ただし、グリップを握る・離す作業をずっと行うので、電動タイプに比べると手にかかる負担が強いのがネックで、時間もかかってしまいます。

〈電動の搾乳器〉

時間や手間をかけたくない方におすすめなのが、電動タイプの搾乳器です。最近の電動タイプは高性能なので、強弱も選べるようになっていますし、赤ちゃんがおっぱいと吸うのと同じリズムに調整することができるものも。ただし高性能なものほど価格が高くなるので、事前に確認しておきましょう。

どれぐらい時間をかければ良いの? 搾乳間隔もチェック

頻繁に搾乳していると、乳房を傷つけてしまう可能性があるので、やり過ぎは禁物です。

出なくなったらやめよう! 搾乳時間の目安

搾乳で乳房に負担をかけないためにも、左右交互に絞るのが鉄則ですが、片側の乳房にかける時間は10分程度を目安にしましょう。長く続けると、乳房にかかる負担が大きくなるでしょう。強引にグイグイ押しても、出ない時は出ないものです。

搾乳間隔が空き過ぎると……

適切な搾乳間隔は、ママによって個人差があります。ただし外で働いているママは、自宅にいる時と同じ回数、お仕事中に搾乳するのは難しいですよね。半日以上家を留守にする時は、3時間から4時間に1回のペースで搾乳すると良いでしょう。普段頻繁に授乳しているママほど、搾乳間隔が空き過ぎることが、母乳の詰まり、母乳量ダウンの原因になりやすいようです。

冷凍すれば1週間持つ? 搾乳後の保存方法

搾乳後、母乳の保存方法は常温保存の他、冷蔵と冷凍の2通りあります。

常温ならば4時間以内に飲ませる

もし常温(16~25度)で保存するのであれば、なるべく早めに、長く置いたとしても4時間以内[*1]には飲ませましょう(健康な正期産児の場合)。保存する部屋の温度が高い場合や4時間以上飲ませられない場合は、すぐに冷蔵保存や冷凍保存しましょう。

もし常温で保存する時は25度以上のところに置かないこと、蓋などでガードしてホコリなどが入らないよう気をつけること、清潔な容器に保存するよう気をつけましょう。

冷蔵保存した母乳は24時間後に捨てるのが基本

搾乳した母乳をすぐにあげない場合、冷蔵庫の中で保存しておきましょう。冷蔵なら哺乳瓶のまま保存できるので、冷凍よりも手間がかかりません。密封できる保存専用の哺乳瓶を使うと衛生的です。

冷蔵庫に保存した場合、できれば24時間以内に[*2]、長く保存したとしても3日以内(健康な正期産児の場合)[*1]には飲ませましょう。また、この保存期間の冷蔵は4℃以下が条件です。温度の変化しやすいドアポケットよりも冷蔵庫の奥に置きましょう。

搾乳した母乳は冷凍保存でどれぐらい持つ?

冷凍保存する場合、専用の母乳パックを使います。ファスナーがついていて、日付の記入欄もあるタイプが便利です。哺乳瓶から冷凍パックに移す時は、母乳が空気に触れないよう、しっかり空気を抜いてから密閉するのがポイントです。いっぱいに入れてしまうと冷凍した時にカサが増し、パックが破れてしまう可能性があります。

液体が固体になるときの膨張する分を考えて4分の3以上入れるのは避けた方が無難です。冷凍(-20℃以下)保存の場合、健康な正期産児で6ヶ月以内[*1]に使用しましょう。

まとめ

普段から母乳が出にくいママも、搾乳時だけ母乳が出にくいママも、コツを知っておくと、搾乳がスムーズになる可能性があります。手絞りがきつい時は搾乳器も役に立つので、使えるアイテムは大いに利用してストレスを軽減しましょう。

参考文献
[*1]medela「新鮮な母乳の保存ガイドライン(健康な赤ちゃん向け)」
https://www.medela.jp/breastfeeding/mums-journey/storing-and-thawing-breast-milk
[*2]農林水産省「母乳を保存するときは」
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/baby.html

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.06.11)

※記事の修正を行いました(2019.06.11)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


働くママ・パパが選んだ「2019年の流行語&2020年のトレンド予測」

働くママ・パパが選んだ「2019年の流行語&2020年のトレンド予測」

キッズラインは、ワーママ・ワーパパに「2019年の流行語」および「2020年のトレンド予測」に関する調査を実施しました。


2か月に1度おもちゃを届ける“新サービス”が気軽で便利! 初回プレゼントも

2か月に1度おもちゃを届ける“新サービス”が気軽で便利! 初回プレゼントも

乳幼児向けのおもちゃレンタルサービス「IKUPLE(イクプル)」は、12月3日より、新たなサービスを開始しました。


【2019年】抱っこひもの事故・ヒヤリハット事例、特に注意が必要な状況は?

【2019年】抱っこひもの事故・ヒヤリハット事例、特に注意が必要な状況は?

抱っこひも安全協議会は、2019年8月に「抱っこひもの安全な使用に関する調査」を実施し、抱っこひもの事故・ヒヤリハット事例を調べました。


ミッキーたちと楽しいクリスマス! 豪華プレゼントも当たる限定イベントが開催

ミッキーたちと楽しいクリスマス! 豪華プレゼントも当たる限定イベントが開催

「Disney DX」アプリでは、クリスマスシーズンにピッタリのオンラインイベント「Christmas Calendar 2019」を12月1日からスタートしました。


ムーミンでかわいく! “出産準備に必要な30点セット”がベビーザらス限定で発売

ムーミンでかわいく! “出産準備に必要な30点セット”がベビーザらス限定で発売

日本トイザらスは、 出産準備にぴったりの「30点 ベイビーボックス ムーミン」 12月3日に数量限定で発売します。


最新の投稿


【2020年対応】コストコ通が選ぶジャンル別おすすめ商品最新版

【2020年対応】コストコ通が選ぶジャンル別おすすめ商品最新版

2019年も、残り1カ月くらいということで、コストコ通が選ぶ、各ジャンル別のオススメアイテムを一挙に紹介していきたいと思います! さて、今回はどんなおすすめアイテムが登場するのか? さっそくチェックしていってくださいね〜♪


【助産師解説】母乳を飲まないのはなぜ?哺乳拒否?考えられる原因と対策

【助産師解説】母乳を飲まないのはなぜ?哺乳拒否?考えられる原因と対策

赤ちゃんが急に母乳を飲まなくなった! こんなときに考えられる要因と飲んでもらうための対策について、助産師が詳しく解説します。もしかしてこれが原因かも? というものをチェックしてみてください。


【専門家監修】さつまいもを使った離乳食レシピ!皮は?焼き芋OK?

【専門家監修】さつまいもを使った離乳食レシピ!皮は?焼き芋OK?

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「さつまいも」です。皮は食べていい? 焼き芋もOK? など、離乳食にさつまいもを使う際の疑問にお教えいただきます。おすすめレシピは「ベビースイートポテト」です!


【医師監修】妊娠初期にだるいと感じる原因は?眠気や疲れが続く期間と対策

【医師監修】妊娠初期にだるいと感じる原因は?眠気や疲れが続く期間と対策

妊娠初期、具合が悪いというほどではないけれど、体がだるく感じることがあります。まだ、体重も増えていないのに体が重く、常に眠いということも。いったい体はどうなっているのでしょうか。今回は妊娠初期にだるさを感じる原因や対策について解説します。


スマホの写真データは1年ごとにリセット! 年末年始を利用した写真整理術

スマホの写真データは1年ごとにリセット! 年末年始を利用した写真整理術

スマホで気軽に写真撮影できるようになった一方、悩まされるのが写真データの整理。自動でクラウド保存してくれる便利なツールもありますが、やはりきちんと整理するにはある程度の手作業が必要です。そこでオススメしているのが、年末年始を利用した写真整理。年末の大掃除と同じように、写真データもこの時期に整理してしまいましょう!