ママのための悩み解決サイト
ジグソーパズルが子供に与えるメリット&人気の売れ筋3選

ジグソーパズルが子供に与えるメリット&人気の売れ筋3選

ジグソーパズルは、コツコツ作業が好きという人もいれば、苦手な人もいてさまざま。でも、知育の面では高い効果を発揮するんです。今回はジグソーパズルが子供に与える効果についてご紹介します。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

子供がジグソーパズルで遊ぶと

Getty logo

ジグソーパズルで遊ぶことは、子供の5つの能力を育てるのにとても役立ちます。

ジグソーパズルでよく遊ぶ子供は手先が器用!

小さなピースを1つずつ掴んだり、ピースを狙った箇所にはめ込むという作業も、手先の器用さを養ってくれます。最初のうちは、はまったピースが合ってるのか合ってないのか判別できないこともあるので、親が見守ってアドバイスを送りましょう。自分で選んだものが、ピタッとはまった時は感動ものですね。

子供の想像力を高める効果も?

完成したパズルを予想したり、次にどのピースがどの場所に入るのか予測しなければ、ジグソーパズルは完成させられません。想像力や図形スキル、空間認識力を高めてくれる効果も期待できます。

論理的&理論的な思考はジグソーパズルで育まれる!?

論理的&理論的な思考というと、ジグソーパズルとは関係ないと思われがちですが、効率よく作るために、ピースごとに色分けしてみたり、先に枠から作ってみたりといった工夫をするようになります。どのように作っていくとよいのかと繰り返し考えることは、論理的&理論的な思考能力への第一歩になります。

直感力、ひらめき力が高い子供はジグソーパズル好き?

たくさんあるピースの色や形を見て、すぐに1つだけ選び出すことができる子供は、直感力やひらめき力に優れているといえるでしょう。逆にじっくりと時間をかけて選び出す子供には、観察力が身につきます。

集中してジグソーパズルに取り組むと、子供の記憶力がUP!

ジグソーパズルを完成するまで続けることで、1つのことに集中して最後までやり遂げる力を育んでくれます。集中力の高さは記憶力に直結します。最初はうまくできず、すぐに諦めてしまうかもしれませんが、できるようになると、1人で黙々と取り組むようになり、集中力の持続時間も伸びていきます。

ジグソーパズルを子供に教える方法をチェック

Getty logo

まずは、1ピースを残して完成したジグソーパズルを与え、最後のピースだけをはめ込む練習からスタートしましょう。これができるようになったら、次は隣り合った2ピースだけ…その後は3ピースだけ、4ピースだけと少しずつ残りのピース数を増やしていきます。

年齢に応じて遊び方を工夫するのがポイント

5つの効果があるからといって、どんなパズルでも良いわけではありません。子供の年齢やレベルに合った適切なパズル選びをしたいものです。また、すぐにできる子もいれば、ゆっくりできるようになる子もいます。いきなり難易度を上げるとやる気を失ってしまうことがあるので、様子を見ながら子供のペースに合わせて遊ばせてあげるのが一番です。

最初は1ピースの型はめジグソーパズルでOK!

一度もパズルをやったことがない子供は、まず1ピースだけの「型はめパズル」から始めてみましょう。「型はめパズル」は、○△□といった型が合うと、箱の中にピースがポコッと落ちていくタイプのパズルです。型に合うようにピースの向きを変えてみたり、裏返してみたりすることは、パズル初体験の子供にとっては新しい発想になります。

徐々にピースを増やして遊び方をステップアップしよう

1ピースの型はめジグソーパズルができるようになったら、1歳児向けに2ピースからのジグソーパズルがあります。子供が楽しんでいるようであれば、3ピース、4ピースと少しずつピースを増やしましょう。

3~4歳になると、10ピース以上のパズルも作れるようになります。5歳以上だと、大人顔負けに100ピースのパズルができるようになる子もいます。次のレベルにステップアップするタイミングは、それまでにやってきたジグソーパズルを何度も難なくクリアできるようになったかどうかで判断してください。

完成パズルを飾りたい!のりやフレームは必要?

ジグソーパズルの良さは、何度でも繰り返し遊べるところにあります。「前より早くできたよ!」「今度はこっち側から始めてみようかな?」など、同じパズルでも違う角度から見れば、別のパズルのように楽しめます。でも少しずつできるようになってステップアップするたびに、卒業するパズルも出てきます。

 そんなパズルはのりやフレームを用意して、絵のように飾ると良い思い出になります。その際は、普通ののりではなく、必ずジグソーパズル専用のりを使ってください。また、ふにゃふにゃして崩れてしまうのでフレームも準備した方がいいです。パズルの大きさや形に合わせて様々なフレームが売られています。

厳選!人気の子供向け3つのジグソーパズル

Getty logo

最後に子供向けジグソーパズルのオススメをご紹介します。基本的には子供が気に入ったパズルを購入すればよいと思いますが、どれを買おうか迷ったらぜひ参考にしてみてください。

おしゃれな子供はディズニーのジグソーパズルが大好き?

10ピース 子供向けパズル ディズニー おいしいね! 【チャイルドパズル】

¥367 ~

(2017/10/26 時点)

子供向けジグソーパズルで一番人気なのは、なんといってもディズニーの図柄でしょう。特におしゃれに敏感な女の子たちの間ではプリンセスシリーズをはじめとしたディズニーシリーズが流行中。パズル好きな子供にプレゼントするときなどは、ディズニーを買っておけば間違いありません。
知っているキャラクターが出てくるとやる気になり、好きなお話のパズルだと集中力も発揮しやすくなるのでオススメです。

幼児にぴったりのキューブパズルが売れ筋

9コマ キューブパズル ミッキー&フレンズ

¥2,200 ~

(2017/10/26 時点)

最近は「キューブパズル」も人気です。「キューブパズル」は立体的なキューブ型ピース(=コマ)の6面それぞれに絵柄が入っているので、1つ買えば6通りもの絵合わせが楽しめます。6パターン全て難易度が違うので、子供の成長に合わせて長く遊ぶことができます。また、紙製の一般的なジグソーパズルと違い、キューブパズルのキューブはサイズが大きめでプラスチック製なので、乳児が誤飲してしまう心配もありません。

知育目的の地図型ジグソーパズルも人気

メリッサ&ダグ715 U.S.A.地図サウンドパズル

¥5,444 ~

(2017/10/26 時点)

遊びながら楽しく地図が覚えられるとして、地図型ジグソーパズルも非常に売れています。日本地図なら都道府県が、世界地図なら国が立体的なピースになったパズルです。各都道府県や各国の形や大きさ、位置関係を遊びながら学習することができます。能力を伸ばしながら、学習もできるなんて、一石二鳥以上の効果が期待できそうです!

まとめ

ジグソーパズルはお家遊びの代表的なオモチャです。頭と指先を使うので知育に最適ですし、1人でも熱中して黙々と遊んでくれるのは嬉しいかぎりですね。

知育玩具・おもちゃに関する記事一覧を読む

#知育についてもっと見る!
#遊びについてもっと見る!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【助産師解説】新生児のゲップ、出ない…助産師が教えるゲップのコツ

【助産師解説】新生児のゲップ、出ない…助産師が教えるゲップのコツ

新米ママにとって、新生児期の赤ちゃんのお世話は、わからないことや迷うことが多いもの。中でも、簡単なようで意外と難しいのが「授乳後の赤ちゃんのゲップ出し」。背中のトントンが弱いのか、抱き方が悪いのか、なかなか出てくれないときは焦ります。今回は助産師さんにゲップの出し方のコツを解説いただきます。


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?新生児の便、色・状態・回数は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?新生児の便、色・状態・回数は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。主な6つのポジショニングとNGパターン、正しい姿勢をとれているかを確認できる4つのチェックポイントをお伝えします。


【助産師解説】新生児・赤ちゃんのしゃっくり、止めた方がいい?やってはいけない止め方

【助産師解説】新生児・赤ちゃんのしゃっくり、止めた方がいい?やってはいけない止め方

初めてママになって、毎日出会う赤ちゃんに関する発見や驚き。その中のひとつに「しゃっくり」があるようです。大人でも出ることがあるしゃっくりですが、新生児を含む赤ちゃんはびっくりするほど多く出ることがあります。今回は赤ちゃんのしゃっくりについてママ体験談と、助産師さんによる解説をお届けします


【助産師解説】産後すぐ授乳で乳首が痛い!痛みの原因と8つの対策

【助産師解説】産後すぐ授乳で乳首が痛い!痛みの原因と8つの対策

授乳により乳首が痛くなる原因と、解消するための対策を助産師さんが解説! 初めての授乳では、気づいたら乳首が痛くて…ということも。母乳育児をあきらめなくてもいいように、正しい授乳方法と痛みの対処法をチェックしましょう。


最新の投稿


【医師監修】妊娠初期の下腹部痛が起こる主な原因と対処方法

【医師監修】妊娠初期の下腹部痛が起こる主な原因と対処方法

妊娠がわかれば、うれしい気持ちになると同時に、「赤ちゃんはちゃんと育っているだろうか」とついつい心配になってしまうものです。特に下腹部痛が起こると「もしかして、何かの異常?」と不安に思うかもしれません。ここでは、妊娠初期(~妊娠15週)に起こる下腹部痛の主な原因や対処法について解説します。


【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

妊娠を待ち望む女性にとって予定日が過ぎても生理が来ないと、「もしかしたら妊娠したかも?」と気になります。妊娠すると、生理が来ないだけでなく、他にはどのような症状があるのでしょうか。今回は妊娠超初期の症状や体の変化について詳しく説明します。


【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

妊娠中は赤ちゃんや胎盤・羊水の重さ、また血液の増加分などで体重が増えるのは当たり前のこと。しかし、肥満や妊娠中の体重増加が多すぎる人は、肥満によってかかりやすい疾患の発症リスクが高まったり、出産時のトラブルリスクに。妊娠中の太りすぎのリスクや、妊婦の体重をどうコントロールすれば良いのか、についてまとめました。


【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

妊娠初期のころから、たびたび感じる「お腹の張り」。妊娠後期、特に臨月に入れば、陣痛の張りなのか、そうではない張りなのか、見分け方も気になるところです。感じ方は人それぞれですが、中には注意したい「張り」もあります。今回は妊娠後期以降に感じやすいお腹の張りについてまとめました。


【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは?陣痛とそのほかの痛みとの見分け方

【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは?陣痛とそのほかの痛みとの見分け方

「臨月」と呼ばれる妊娠10ヶ月に入ると、出産の日はもうすぐ。赤ちゃんに会えるのは楽しみだけれど、特に初めての出産の場合は陣痛がいつ始まるかドキドキ、不安な人も多いのではないでしょうか。一方で、臨月に感じるお腹の痛みすべてが陣痛ではありません。今回は臨月の腹痛について、陣痛とそのほかの痛みとの見分け方も含めてご紹介します