ママのための悩み解決サイト
【医師監修】赤ちゃんの鼻水の原因は? 病院に行くべき?

【医師監修】赤ちゃんの鼻水の原因は? 病院に行くべき?

赤ちゃんの鼻水がずっと出ていると「病気かしら?」と心配になりますよね。いつもと違う緑色の鼻水が出ているときや、咳、涙やくしゃみを伴うときも、病院に行くべきか迷ってしまいます。小児科には感染症の赤ちゃんも多いので、症状が軽い鼻水だけであれば、行かなくていい場合もあります。鼻水の状態や他の症状から原因を探りましょう。


この記事の監修ドクター
向洋こどもクリニック 梶梅 輝之先生
川崎医科大学 卒業後、広島市立 舟入病院小児科部長を経て向洋こどもクリニックを開院。子どもの病気の診療や予防はもちろんのこと、心身の健全な発達を支援し、ご家族の皆様と子どもの成長をともに喜び合えるクリニックにして行きたいと考えています。
http://www.mndcc.jp/index.html

症状で赤ちゃんの鼻水の原因がわかる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

赤ちゃんの鼻の粘膜は刺激にとても敏感です。大人ならなんの問題もないようなちょっとした環境の変化で、鼻水が出てしまうことがあります。少し鼻水が垂れているぐらいなら心配ないことが多いでしょう。ただし、長引いてしまっている場合など、注意が必要なこともあります。

鼻水の色が無色透明なら、病気ではないかも

赤ちゃんの鼻水が無色透明なら、環境のちょっとした変化に反応して鼻水が出ているだけのことが多いでしょう。赤ちゃんの鼻の粘膜は敏感なので、ほんのわずかな温度差でも、水っぽい鼻水が出てしまいます。ホコリや花粉、動物の毛に反応し、サラサラした鼻水が出ることもあります。赤ちゃんは鼻水を出すことでホコリなどを洗い流しているので、透明な鼻水が一時的に出ているだけなら、それほど心配する必要はありません。赤ちゃんの機嫌がよければ、しばらく様子を見ても問題はないでしょう。ただし、風邪の引き始めの鼻水も無色透明でサラサラしていますので、注意して見ておく必要はあります。

緑色、黄色い鼻水が出る赤ちゃんは感染症の疑いあり

赤ちゃんの鼻水に色がついているときは、用心しましょう。緑色や黄色い鼻水が出ているようなら、体内に細菌が存在している疑いがあります。細菌が存在していても感染しているとは限りませんが、鼻水に白血球の死骸が混ざり、緑色や黄色のネバネバした鼻水になると、鼻がつまりやすくなります。こまめに鼻水をとってあげましょう。鼻づまりがひどい場合や続く場合は、耳鼻科や小児科を受診しましょう。

症状が軽ければ必ずしも受診の必要はない

鼻水に続いて咳や熱が出た場合でも、生後3カ月以上で、顔色や唇の色が通常どおりで元気があり、熱が38度未満であれば、すぐに受診する必要ありません。しばらく家で安静にしてみて、症状がよくならないようなら受診するのでもいいでしょう。ただし、赤ちゃんの熱は突然上がることがあるので、こまめにチェックし、気になることがあれば医療機関を受診しましょう。

病院に行かなくてはいけない赤ちゃんの鼻水とは

赤ちゃんの鼻水は心配ない場合もあることをご説明しましたが、逆に医療機関を受診したほうがいい場合もあります。

くしゃみ・鼻水はアレルギー性鼻炎?

赤ちゃんの鼻水が無色透明なら、基本的に心配いりません。ただ、あまりにも鼻水が大量に出る場合、毎日のように出ている場合は、アレルギー性鼻炎の疑いがあります。鼻水とくしゃみが一緒に出る症状も、アレルギー反応の特徴です。かかりつけの小児科医に相談してみるといいでしょう。状態によっては、アレルギー反応を抑制する内服薬や点鼻薬が処方されることがあります。また、アレルギーにくわしい専門的な医療機関を紹介されることもあります。

しょっちゅう鼻水が出ているようであれば、家の中にアレルゲンがあるのかも知れません。医療機関でアレルギー検査を受ければ、どのアレルゲンに反応しているのかがわかる可能性があります。ホコリに反応していることがわかれば、掃除を徹底することで鼻水が出にくくなります。アレルゲンが花粉の場合は、シーズン中は窓を開けるのを控えるなどの対策がとれるようになります。

冬の鼻水&高熱はインフルエンザの可能性も

インフルエンザが流行する冬に高熱が出て鼻水もたくさん出ている場合は、インフルエンザに感染している可能性があるので、小児科医を受診した方がよいでしょう。赤ちゃんが生まれるときにママからもらった免疫は生後3~6カ月ごろから低下をはじめます。この時期以降の赤ちゃんは感染症にかかりやすくなります。38度以上の高熱が続き、泣き声も弱くなり機嫌もずっと悪い場合は、インフルエンザの疑いがあります。なお、新生児や生後3カ月未満の乳児の高熱は何の病気にしても心配なので、時間外でも救急対応している小児科に連絡してください。

よくある赤ちゃんの鼻水の悩みを解決!

赤ちゃんの鼻水をとるには吸引器が役立つ

新生児のママから「買っておいて良かった」と言う声が多いのが、家庭用の鼻水吸引器です。口で吸い込むタイプなら、1,000円以下のものが多いのでチェックしてみてください。ちょっとした鼻水なら柔らかいティッシュやガーゼ、綿棒でケアできますが、ある程度の量が出ているときは吸引器のほうがしっかり鼻水をとることができます。

吸引器の正しい吸い方

吸引器は手動タイプや電動タイプなど色々ありますが、どのタイプでも勢いよく吸引しすぎないのがポイントです。口で吸うタイプやポンプで吸う手動タイプの場合、少しずつ鼻水を吸引するよう強さを調整してください。電動タイプも出力を弱め、少しずつ吸い取るようにして、赤ちゃんの鼻の粘膜を傷つけないように注意してください。

また、赤ちゃんは慣れない吸引器に驚いてしまうことがあるので、ママは優しい表情でリラックスさせてあげましょう。嫌がっているのに強引に吸いとると、赤ちゃんが吸引器を嫌いになってしまうこともあるので、赤ちゃんの機嫌がよいときを見はからって吸引するといいでしょう。

赤ちゃんの鼻水に処方される薬は?

医療機関を受診した場合、赤ちゃんの鼻水への薬としては、症状に応じて抗ヒスタミン薬(アリメジン、ポララミン、ペリアクチンなど)が処方されることが多いでしょう。症状が軽い場合は、薬は処方されず、吸引処置だけで対処する場合もあります。小児科、耳鼻科の指示に従いましょう。

鼻水が出ているとき、赤ちゃんをお風呂に入れても大丈夫?

赤ちゃんの症状が鼻水だけなら、入浴を避ける必要はありません。むしろ、お風呂の湯気の加湿効果で、鼻づまりが改善する可能性があります。入浴中や入浴後は湿気で鼻の粘膜が潤っているので、このタイミングで吸引器を使ってケアをするのもおすすめです。

多少の熱がある場合でも、元気そうにしていて、ぐったりしていなければ、軽いシャワー程度であれば問題ありません。赤ちゃんは元々汗をかきやすく、発熱のときは大量に発汗します。汗を流してさっぱりさせてあげることで、機嫌がよくなる可能性もあります。ただし、体力を消耗してしまわないよう、短時間で済ませ、脱衣所や浴室が寒くないよう温度差にも気をつけてあげてください。寒い時期は、入浴前にしばらく熱いシャワーを出しっぱなしにするなどして、あらかじめ浴室を暖めておくといいでしょう。

まとめ

赤ちゃんの鼻水は心配がないものが大半です。風邪でも症状が軽ければ、必ずしも病院に行く必要はありません。ただ、鼻が詰まってしまうと、呼吸が苦しくなりますし、おっぱいも吸いにくくなります。赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、周りの大人が気にして見てあげましょう。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.06.25)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


 麻疹(麻しん・はしか)を流行させないために必要なものと集団免疫【ママ女医と娘の○○な日常 vol.40】

麻疹(麻しん・はしか)を流行させないために必要なものと集団免疫【ママ女医と娘の○○な日常 vol.40】

今年の3月頃から沖縄県で麻疹患者さんが増えている事をご存知でしょうか。麻疹は感染力が強く、流行を防ぐのが難しい感染症です。今回はワクチンと集団免疫を解説します。


娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

子どもの誕生日プレゼント、どうやって決めていますか? 親があげたいもの? 子どもが欲しがるもの? 我が家の4歳の誕生日プレゼント決めはこんな感じでした。


ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

毎年春先になると増えて来るのが乳幼児に怖いロタウイルスによる嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)です。どういった特徴があるのか? ワクチンの話と共に簡単に解説します。


【離乳食の基本】10倍粥の簡単レシピ!炊飯器・レンジで時短技を習得しよう

【離乳食の基本】10倍粥の簡単レシピ!炊飯器・レンジで時短技を習得しよう

最初の離乳食には10倍粥を作るようにと言われますよね。赤ちゃんだけでなく、ママ自身も離乳食初心者である場合は作り方に戸惑うこともあるかもしれません。今回は10倍粥の簡単レシピから、炊飯器やブレンダーなどを利用した時短技など、ママが活用できそうな離乳食のアイデアについて調べてみました。


赤ちゃんにも重要な食育!乳児期・幼児期の食事のポイントは?

赤ちゃんにも重要な食育!乳児期・幼児期の食事のポイントは?

赤ちゃんのうちから始めたい食育、離乳食をきっかけに気になっているママもいるのではないでしょうか。生活に密着している食育は、難しい専門知識がなくても簡単に子どもに伝えることができます。乳幼児期や幼児期に取り入れたい、食育方法や注意点などをご紹介します。


最新の投稿


MARLMARL(マールマール)を価格帯別で紹介!出産祝いでセンスがいいといわれるプレゼント

MARLMARL(マールマール)を価格帯別で紹介!出産祝いでセンスがいいといわれるプレゼント

絶対によろこばれる出産祝いやプレゼントを贈りたいなら、MARLMARL(マールマール)が一押しです。今回はおしゃれで人気の商品を価格帯別にご紹介します。


【医師監修】基礎体温で何がわかるの? 見方を分かりやすく解説

【医師監修】基礎体温で何がわかるの? 見方を分かりやすく解説

妊娠を望む女性にとって、妊娠する可能性が高い排卵日を知ることはとても重要なことです。排卵日を知るための手段として知られている「基礎体温」について、詳しく知らない方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、排卵日だけではなく女性の体に起こっている変化などもわかる「基礎体温」をわかりやすく紹介していきます。


【医師監修】小児喘息の5つの原因! 症状&治療ガイド

【医師監修】小児喘息の5つの原因! 症状&治療ガイド

冬になると急激に気管支喘息が増えます。お子さんの咳(せき)が長引いていることありませんか? 風邪だと思っていたら実は喘息の発作で入院なんてことも。「遺伝する?」、「薬で治るの?」「大人の喘息とは違う?」など小児喘息の症状や原因、治療法についてお話しします。上手に症状をコントロールしましょう。


【医師監修】いよいよ出産……臨月に見られる5つの兆候と出産間近を知らせる3つのサイン

【医師監修】いよいよ出産……臨月に見られる5つの兆候と出産間近を知らせる3つのサイン

臨月に入ると、それまではなかった不快な症状も目立ってきますよね。腰痛や股関節の痛みもその一つ。実はその症状は、臨月に見られる兆候かもしれません。今回は分娩の前に見られる症状や出産当日の流れについてお伝えします。


【医師監修】子どもの肺炎の3つの症状と風邪との違い、受診の目安は?

【医師監修】子どもの肺炎の3つの症状と風邪との違い、受診の目安は?

子育て中のママは、子どもの肺炎の症状を把握しておきましょう。風邪だと軽く考えていたら肺炎で入院騒動に発展……なんてケースも少なくありません。「高熱は出る?」「薬で治るの?」「予防法はあるの?」など、ママが知りたい情報をお伝えします。