ママのための悩み解決サイト
【医師監修】子どもの肺炎の3つの症状と風邪との違い、受診の目安は?

【医師監修】子どもの肺炎の3つの症状と風邪との違い、受診の目安は?

子育て中のママは、子どもの肺炎の症状を把握しておきましょう。風邪だと軽く考えていたら肺炎で入院騒動に発展……なんてケースも少なくありません。「高熱は出る?」「薬で治るの?」「予防法はあるの?」など、ママが知りたい情報をお伝えします。


この記事の監修ドクター
向洋こどもクリニック 梶梅 輝之先生
川崎医科大学 卒業後、広島市立 舟入病院小児科部長を経て向洋こどもクリニックを開院。子どもの病気の診療や予防はもちろんのこと、心身の健全な発達を支援し、ご家族の皆様と子どもの成長をともに喜び合えるクリニックにして行きたいと考えています。
http://www.mndcc.jp/index.html

子どもが肺炎になったときの症状

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは、子どもが肺炎にかかるとどのような症状が出るのか知っておきましょう。

そもそも肺炎とは

細菌やウイルスが原因で、鼻や喉などの上気道に炎症が起こると鼻水や咳といった風邪の症状が出ますが、細菌やウイルスが肺にまで到達してしまい、肺に炎症が起こると肺炎となります。

感染症による肺炎にも何種類かありますが、肺炎球菌などによる「細菌性肺炎」、インフルエンザウイルスなどによる「ウイルス性肺炎」、マイコプラズマやクラミジアなどによる「非定型肺炎」の3つに分類されます。

子どもの肺炎で見られる症状

肺炎の症状は種類によって微妙に異なります。

・細菌性肺炎の症状

月齢の低い赤ちゃんがかかりやすいのが細菌性肺炎です。赤ちゃんが細菌性肺炎にかかると、高熱、激しい咳といった症状が見られます。そして、呼吸が浅く、速くなります。また、細菌性肺炎は、ウイルス性肺炎に比べて重症化しやすく、呼吸困難になることもあります。一方で、熱は上がらずに呼吸の苦しさや食欲不振だけといったケースもあります。

・ウイルス性肺炎の症状

乳幼児の肺炎でよく見られるウイルス性肺炎は、RSウイルスが原因になることが多く、他にもインフルエンザウイルス、アデノウイルスなども原因になります。風邪と同じように、鼻水、咳などが出て、その後、発熱、頭痛、嘔吐などの症状が出てきます。

・非定型肺炎の症状

一般の細菌とはタイプの異なる病原微生物によって起こるのが非定型肺炎で、代表的なのがマイコプラズマ肺炎です。マイコプラズマ肺炎は6歳から12歳の子どもがよくかかります。2~3週間の潜伏期間を経て、発熱や咳の症状が主に出ます。咳は長引く傾向があるので、注意が必要です。最初は気にならない程度でも、どんどんひどくなります。夜中から朝方に激しい咳が出るのが特徴です。熱が下がっても、咳だけが長く続くケースも報告されています。

子どもが肺炎になったときの治療方法は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもの軽い風邪なら自然に治ることも多いです。ただ、肺炎をこじらせると咳も長引くので、夜眠れなくなって辛い思いをすることになります。受診の目安が知りたい、と思っているママも多いでしょう。

肺炎の診断方法

医療機関では、肺炎かどうか調べるために胸部X線検査を行うことが一般的です。風邪と肺炎は似ているので、お医者さんも症状だけで判別するのは簡単ではありません。肺炎を発症している場合、レントゲン写真に映る肺が部分的に白くなっています。風邪ではなく肺炎の診断が下されたあと、さらに原因を突き止めるために血液や痰を調べる段階に進みます。血液検査が先に行われ、その後にレントゲン検査をされることもあります。

肺炎の治療方法・薬

子どもの肺炎は、種類によって治し方が違います。細菌性肺炎と非定型肺炎では、抗菌薬が処方されます。軽症の場合は自宅で処方された薬を服用して様子を見ますが、重症化している場合は入院して点滴や酸素吸入を施すこともあります。ウイルス性肺炎はインフルエンザウイルスには有効な抗ウイルス薬があるので、それを使用しますが、その他の多くのウイルスには有効な治療法がないので、基本的に対症療法となり、去痰剤などが処方されます。

子どもの肺炎の予防法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

重症化することもある子どもの肺炎。どのように予防すればよいのでしょうか。

肺炎は予防できるの?

肺炎は細菌やウイルスなど病原体に感染することで発症するので、感染しないようにすることが最大の予防策になります。基本的な対策ですが、うがいや手洗いを徹底し、外出する時はマスクを着用しましょう。睡眠不足や栄養不足などで免疫力が衰えているときは、感染もしやすいので、毎日ぐっすり寝て栄養をたっぷり補うことも効果的な肺炎対策です。看病中の家族も用心しましょう。また、有効な予防法として、乳児期のヘモフィルスインフルエンザ菌b型(Hib)、肺炎球菌に対する予防接種が挙げられます。

受動喫煙に注意

「受動喫煙」によって、子どもの肺炎リスクが高まることがわかっています。両親とも喫煙する家庭では、両親ともタバコを吸わない家庭と比べて、赤ちゃん(1歳未満)の肺炎・気管支炎のリスクは2倍になる、という研究結果も出ています。禁煙するのが理想的ですが、もし喫煙する場合は、子どもがいない部屋、スペースで吸うなどして受動喫煙に注意しましょう。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

乳幼児は免疫機能が未発達であるため、肺炎になりやすいです。高熱が続いて咳が激しく出るなど、風邪と似たような症状であっても、症状が改善しなかったり悪化してきたりした場合は、肺炎の可能性も考えて早めに受診しましょう。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.07.02)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


 麻疹(麻しん・はしか)を流行させないために必要なものと集団免疫【ママ女医と娘の○○な日常 vol.40】

麻疹(麻しん・はしか)を流行させないために必要なものと集団免疫【ママ女医と娘の○○な日常 vol.40】

今年の3月頃から沖縄県で麻疹患者さんが増えている事をご存知でしょうか。麻疹は感染力が強く、流行を防ぐのが難しい感染症です。今回はワクチンと集団免疫を解説します。


未就園児との過ごし方!遊び、習い事、未就園児教室で毎日充実

未就園児との過ごし方!遊び、習い事、未就園児教室で毎日充実

保育園や幼稚園に入る前の子どもと1日をどう過ごしていますか。お天気がよければ公園、お天気が悪ければ家遊び。どんな過ごし方があるか、充実するかをご案内します。


娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

子どもの誕生日プレゼント、どうやって決めていますか? 親があげたいもの? 子どもが欲しがるもの? 我が家の4歳の誕生日プレゼント決めはこんな感じでした。


子ども連れでも楽しめる!東京美術館の人気の理由は?

子ども連れでも楽しめる!東京美術館の人気の理由は?

子どもに美術館の楽しさを伝えたい、そう思っても、子ども連れで美術館は行きにくいですよね。そんなママには東京都美術館がおすすめです。おむつをしている子どもも一緒に楽しめる、ママやパパに人気の理由について調べました。


ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

毎年春先になると増えて来るのが乳幼児に怖いロタウイルスによる嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)です。どういった特徴があるのか? ワクチンの話と共に簡単に解説します。


最新の投稿


【医師監修】育児疲れかも? 赤ちゃんとの生活で起こりうる、育児ノイローゼの症状と解消法について

【医師監修】育児疲れかも? 赤ちゃんとの生活で起こりうる、育児ノイローゼの症状と解消法について

赤ちゃんは見ているだけで癒されるけど、楽しいことだけでは終わらないのが育児。特に初めての子育てなら、イライラや不安を感じるのは当然のことです。大きな心のトラブルになってしまう前に、ストレスを溜めすぎずガス抜きをしてリフレッシュすることが重要です。


【医師監修】何で寝ないの? 新生児が寝ない理由と上手な寝かしつけ方

【医師監修】何で寝ないの? 新生児が寝ない理由と上手な寝かしつけ方

新生児は、ママの思い通りには寝てくれません。これは、最初に経験する「子育ての大変さ」ではないでしょうか。今回は、新生児が寝ない理由と、上手な寝かしつけの方法をご紹介します。


【医師監修】B型肝炎の症状とは? ワクチンの予防接種や費用などについて

【医師監修】B型肝炎の症状とは? ワクチンの予防接種や費用などについて

ウイルス感染によって引き起こされる「B型肝炎」。母子感染ほか、家族内感染で子どもが感染してしまうこともあります。今回は、B型肝炎の症状、ワクチンの予防接種などについてご紹介します。


毎日の生活が変わる!お疲れママを救う「よく眠れる空気」って?

毎日の生活が変わる!お疲れママを救う「よく眠れる空気」って?

仕事と家事、育児…。日々時間に追われ、すっかりお疲れ気味のママたち。「疲れているのに、あまりよく眠れない…」と悩みを抱えていたり、「もっと集中して効率よく家事をこなせたら…」などと感じていたりしませんか? それはもしかしたら、"空気"の問題かも!? そんなママたちに快適環境のご提案です。


未就園児との過ごし方!遊び、習い事、未就園児教室で毎日充実

未就園児との過ごし方!遊び、習い事、未就園児教室で毎日充実

保育園や幼稚園に入る前の子どもと1日をどう過ごしていますか。お天気がよければ公園、お天気が悪ければ家遊び。どんな過ごし方があるか、充実するかをご案内します。