ライフスタイル ライフスタイル
2022年01月18日 11:06 更新

藤本美貴さん、夫が同僚女性と2〜3時間LINEしているという悩みに直球「『またLINEきてるの?』って言う」

三人のお子さんを育てるママでタレントの藤本美貴さんが、自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画で、子育てや夫婦関係のお悩みについて持論を述べています。

藤本美貴さん
出典: https://ameblo.jp
藤本美貴さんオフィシャルブログより

藤本美貴さんは2009年に「品川庄司」の庄司智春さんと結婚し、子どもたちは小学4年生の長男、6歳長女、1歳次女の3人。YouTubeチャンネルでは、竹を割ったような性格が存分に発揮された相談企画などが注目を集めています。

藤本さんは、ネットで見つけたお悩みに対して自身の考えを述べるという人気企画の動画を更新。最初のお悩みは「私の赤ちゃん勝手に抱っこされてショック」というもの。相談者が買い物中に、少し離れた場所に娘を乗せたベビーカーを置いて商品を見ていたところ、娘がぐずり出したそう。するとお店の従業員がベビーカーのベルトを外して娘を抱っこしたそうです。

藤本さんは「確かにね、怖いよ、急に抱っこされたりとかさ」と理解を示しつつ、少し離れた場所に子どもを乗せたベビーカーを置いていたことに「そのベビーカーも邪魔じゃない? 他のお客さんからしたらね」と指摘。泣いている赤ちゃんを抱っこしてあやしてあげたいという従業員の気持ちもわかるため、自分が同じ状況になったとしたら「抱っこし始めた時に走っていって『すみません、ありがとうございます』って(言って子どもを)連れていく」とシミュレーションしました。

「異性との交流がほとんどない」藤本・庄司夫妻

さらに「夫の女友達が気になる」という生々しいお悩みも取り上げた藤本さん。相談者の夫は、職場の既婚女性と仲良くなり、2〜3時間にわたってLINEのやりとりをしていることもあるそう。やましい内容のLINEではないものの、相談者は夫にその女性と縁を切ってほしいと思っているとのことでした。

藤本さんは「難しいね、そしてすごい嫌だね」と相談者に共感し、仕事の話ならまだしも、「(LINEで)たわいもない話を2〜3時間する内容ってないでしょ」とばっさり。もし自分が相談者の立場だったら「すごいブチ切れてみるかも」「『またLINEきてるの?』ってくる度に言う」ようです。

ちなみに、藤本さんと庄司さん夫婦は「どっちも異性との交流がほとんどない」そう。もし異性とLINEを交換した場合は「全部教える」のだと明かしていました。

パートナーの異性関係、許容範囲は?

パートナーの異性との関わり方が原因で、夫婦喧嘩になったり、もう一方の不満が溜まったりしてしまうケースは珍しくありません。また、人によって浮気や不倫の判断基準が違うことから、夫婦関係がギクシャクする場合もあります。

マイナビ子育てがママたちを対象に「どこからが浮気・不倫だと思いますか?」と聞いてみたところ、「2人で出かけた時点で浮気や不倫」だと考えるママが約3割で一番多いという結果に。次に多かったのが「アプリやメールで連絡を取っていたら浮気や不倫」「手をつないだら浮気や不倫」で、それぞれ約2割です。また、「キスをしたら浮気や不倫」と考えるママは2割弱で、「体の関係があって初めて浮気や不倫」は1割程度でした。

さらに、パートナーに隠れて連絡を取り合ったり、会う約束をしたりした場合に「隠している時点で浮気確定」と考えるママもいるようです。

人によって浮気や不倫の基準は違うため、相手が「こんな行動は浮気だ」と感じた時点でそうなってしまうともいえますが、中には勘違いや誤解だったというケースも。パートナーの行動が疑わしいと思ったら、本当に浮気なのかをしっかりと確かめた方がいいかもしれません。

ちなみに、不貞行為は法律上の離婚原因になります。夫婦の一方に不貞行為があった場合、もう一方は不貞行為を行った配偶者に対して、離婚や慰謝料の請求ができます。

不貞行為とみなされる判断基準は「性行為があったと認められるかどうか」になります。手をつなぐ、キス、ハグ、デートなどがあったり、メールにどぎつい愛情表現があったとしても、それだけでは性行為を予測できないので、不貞行為とはみなされません。ただし、これらの行為は「不貞ではない」ということではなく、あくまでも「不貞とみなすには不十分」ということです。

PICK UP -PR-

関連記事 RELATED ARTICLE

新着記事 LATEST ARTICLE

PICK UP -PR-