ママのための悩み解決サイト
マザーズリュックの人気の秘密は?  選び方の4つのポイント

マザーズリュックの人気の秘密は? 選び方の4つのポイント

赤ちゃんとのお出かけは持っていくものがいっぱい!そんなとき活躍する大容量のマザーズバッグは、もはやママグッズの定番アイテムですよね。マザーズバッグの定番といえばトートでしたが、最近はリュックタイプを選ぶママも増えているようです。マザーズリュックのメリットと、選ぶ際におさえておきたい4つのポイントをご紹介します。


いまどきの主流はママリュック?メリットは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ママバッグの定番といえばトートでしたが、最近はリュックタイプを選ぶママも多く、街中でもよく見かけるようになりました。マザーズバッグにリュックタイプを選ぶメリットとは?知っておきたいデメリットもチェックし、選ぶ際の参考にしましょう。

マザーズリュック4つのメリット

マザーズバッグにリュックタイプを選ぶ最大のメリットは、何と言っても重い荷物の負担が軽減されることでしょう。片方の腕や肩に重さがのしかかるトートと違い、両肩に分散されるので、たくさんの荷物を入れたバッグでも楽に持つことができます。荷物を背負ったままの行動や長時間の持ち歩きもツラくないので、貴重品を常に身に着けられ、防犯の面でもいいですね。また、両手が開くのも大きなメリットです。抱っこや手つなぎ、転倒したときの対応など、どんな場合にも素早く楽に行動できます。まとめると、リュックタイプの主なメリットは以下のようになります。

・重い荷物を楽に持つことができる。
・長時間持っても疲れにくい。
・両手が開くので行動に自由がきく。
・貴重品を管理しやすい。

弱点・デメリットも知っておこう

メリットの多いリュックですが、弱点もあります。購入後に後悔しないよう、デメリットについてもしっかりチェックしておきましょう。リュックタイプのデメリットには、主に以下の点をあげられます。

・荷物の出し入れが面倒。
・中身がぐちゃぐちゃになりがち。
・トートバッグに比べて収納力が劣ることも。
・きれいめコーデに合わせにくい。

押さえておこう!選び方の4つのポイント

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

では、マザーズリュック選びで失敗しないためには、具体的にどのような点に注意すればいいのでしょうか?リュックタイプのデメリットをできるだけ少なくするためにも、4つのチェックポイントを押さえておきましょう。どれにしようか迷ったときは、どのポイントをもっとも重視するかで選ぶといいですね。

機能で選ぶ

とにかく赤ちゃんとのお出かけを楽にしたい!マザーズバッグとしてたくさん活用したい!という方は、なんと言っても機能面を重視して選ぶのがベストです。特にチェックしておきたい機能は、やはり収納力でしょう。リュックタイプ最大のデメリットは、荷物の出し入れが面倒なこと。これを少しでも解消するよう、収納機能の優れたものを選びましょう。側面・背面ファスナー、多機能ポケット、キーストラップなど、携帯や財布、キーなどのちょっとした出し入れなら背負ったままでもできる作りがいいですね。また、二層式のものや内側の収納ポケットが多いタイプなら、バッグの中がぐちゃぐちゃになってしまうデメリットも解消できます。ペットボトルや抱っこ紐収納があれば、なおいいですね。

このほか、形としてはH型がおすすめです。H型とは、両肩紐がつながったタイプのもの。肩紐がずれ落ちることがないので、アクティブに動くことが多い赤ちゃん・子供連れのお出かけには嬉しいポイントです。

また、最近ではリュックとトートの2wayや、ショルダーにもなる3wayデザインのバッグもたくさん出ています。気分やコーデ、行く場所や状況に合わせて使い分けられるので、さまざまなシーンで活用できますね。

大容量&中身の整理しやすさで選ぶ

赤ちゃんとのお出かけでは、オムツ、お尻拭き、着替え、タオル、哺乳瓶やマグなど、とにかく持っていくものがいっぱいです。入らなくてバッグがもうひとつ増えた…なんてことにならないよう、持ち運びの定番アイテムを確認し、それらが全て入るものを選びましょう。

中身がぐちゃぐちゃになるのをできるだけ防ぎたいというママは、比較的かっちりした形を選びましょう。物がしっかり収まりやすいので、動いても傾くことが少なく、整理した状態が保たれます。ポケットが多い方がいいのは言うまでもないですね。こまごました物を小分けに整理できるので、出したい物がなかなか見つからない…というストレスが解消されます。

コーデのしやすさで選ぶ

リュックタイプは、どうしてもカジュアルになりがちなのが残念なところ。きれいめコーデにも合わせたい場合は、トートとの2wayで使えるものを選ぶのが無難です。デザインと素材をカジュアルすぎないものにすれば、かっちりした場でもトートバッグとして使えます。きれいめのデザインなら、オフィスカジュアルとしてリュックのままでも使えますね。

また、家族で出かけるときは、荷物をパパにお願いできれば嬉しいですよね。そんなときは、パパともシェアできるデザインを選びましょう。最近は、男女問わず使えるデザインのマザーズリュックも多く出ています。

とにかくおしゃれなものを選ぶ

機能も重要だけど、なによりおしゃれなリュックを持ちたい!というママも多いはず。バッグもファッションの一部なので、そう思うのは当然のことです。どのようなリュックがいいかわからないときは、とりあえず好みのデザインで選ぶという手もあります。気に入ったものが見つかったら、機能面をチェックしましょう。気になる点がなければもちろんOK。あった場合は、デザインと機能を天秤にかけ、デザインの方が勝るのであれば購入してもいいでしょう。どんなに使い勝手がよくても、デザインがいまいちだと気分も上がりませんものね。ママタレントやおしゃれママのブログ、インスタを参考にしてみてもいいかもしれませんね。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マザーズバッグの定番になりつつあるママリュック。デメリットもありますが、たくさんの荷物を持ち歩くことが多いママにはおすすめのバッグです。どれにしようか迷ったときは、まずは自分が気に入るデザインを探し、中でもリュックのデメリットをできるだけ解消した、使い勝手のいいものを選びましょう。おしゃれも機能も兼ね備えた、ステキなリュックが見つかるといいですね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


育児 マザーズリュック

関連する投稿


 麻疹(麻しん・はしか)を流行させないために必要なものと集団免疫【ママ女医と娘の○○な日常 vol.40】

麻疹(麻しん・はしか)を流行させないために必要なものと集団免疫【ママ女医と娘の○○な日常 vol.40】

今年の3月頃から沖縄県で麻疹患者さんが増えている事をご存知でしょうか。麻疹は感染力が強く、流行を防ぐのが難しい感染症です。今回はワクチンと集団免疫を解説します。


未就園児との過ごし方!遊び、習い事、未就園児教室で毎日充実

未就園児との過ごし方!遊び、習い事、未就園児教室で毎日充実

保育園や幼稚園に入る前の子どもと1日をどう過ごしていますか。お天気がよければ公園、お天気が悪ければ家遊び。どんな過ごし方があるか、充実するかをご案内します。


娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

子どもの誕生日プレゼント、どうやって決めていますか? 親があげたいもの? 子どもが欲しがるもの? 我が家の4歳の誕生日プレゼント決めはこんな感じでした。


子ども連れでも楽しめる!東京美術館の人気の理由は?

子ども連れでも楽しめる!東京美術館の人気の理由は?

子どもに美術館の楽しさを伝えたい、そう思っても、子ども連れで美術館は行きにくいですよね。そんなママには東京都美術館がおすすめです。おむつをしている子どもも一緒に楽しめる、ママやパパに人気の理由について調べました。


ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

毎年春先になると増えて来るのが乳幼児に怖いロタウイルスによる嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)です。どういった特徴があるのか? ワクチンの話と共に簡単に解説します。


最新の投稿


【医師監修】外出はしてもOK? 生後1カ月の赤ちゃんの特徴

【医師監修】外出はしてもOK? 生後1カ月の赤ちゃんの特徴

生後1カ月になると、授乳や睡眠の頻度も徐々に安定してきます。そろそろ外出したいと思うママも多いのではないでしょうか。今回は、生後1カ月の赤ちゃんの特徴とともに、この時期の外出についてのポイントを紹介します。


【医師監修】生後7カ月の赤ちゃん!  この時期の特徴やおすすめの遊び・おもちゃ

【医師監修】生後7カ月の赤ちゃん!  この時期の特徴やおすすめの遊び・おもちゃ

これまで不安定だったお座りや寝返りが安定すると同時に、ずりばいや手の動きの発達など、さらなる成長も見られる時期。心の発達も進み、人見知りや夜泣きが始まる子もいます。生後7カ月の赤ちゃんの成長段階と育児のポイントをご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの便秘、原因と解消法は?  気をつけたい受診の目安

【医師監修】赤ちゃんの便秘、原因と解消法は?  気をつけたい受診の目安

赤ちゃんのうんちが何日も出ていないと、もしかして便秘? と心配になりますよね。いったい何日出ていなければ便秘になるのでしょうか? 判断基準と4つの解消法をご紹介します。浣腸や便秘薬など、気になる問題にもお答えしています。


【医師監修】生後3カ月になった赤ちゃんの4つの特徴とは?

【医師監修】生後3カ月になった赤ちゃんの4つの特徴とは?

生後3カ月は赤ちゃんがいちじるしい成長を見せる時期。体重は生まれた頃のほぼ2倍になり、縦抱っこが安定するくらい首もすわってきます。今回は、赤ちゃんの発育目安と特徴、育児のポイントと、この時期に知っておきたい予防接種についてご紹介します。


【医師監修】生後12カ月の特徴・成長ぶりは? 育児の基礎知識

【医師監修】生後12カ月の特徴・成長ぶりは? 育児の基礎知識

生後12カ月は、体格、行動、心とあらゆる面で成長を遂げます。今回は、12カ月ごろの子どもの特徴や食事のこと、注意点ほか、予防接種についてもお伝えしていきたいと思います。


ファッション話題のキーワード


ベビー服 ロンパース 育児