教育 教育
2022年01月18日 11:13 更新

苔色(こけいろ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

【苔色(こけいろ)】とは、苔を思わせるくすんだ黄緑色のこと。日本の伝統色である【苔色】にどのような由来があって、どのように愛されてきたのか、子どもにそのまま教えてあげられるよう、やさしい言葉で解説します。海外の方に英語で説明できるよう、英語での解説も紹介しています。

【苔色】とは?

陽光に映える苔

苔色とは、くすんだ渋い黄緑色のことです。

色の名前       苔 色      
読み方 こけいろ Koke-iro
英語 Moss green
WEBカラーコード #757a08
CMYK C=43/M=25/Y=100/K=39
RGB R=117/G=122/B=8
※色は環境等により見え方が異なります。各種カラーコードは絶対のものではなく、あくまで参考値です。

【苔色】の意味と由来は?

【苔色】とは、くすんだ渋い黄緑色のこと。名前の由来は、その名前の通り、岩や庭に生える「苔」からきています。遠くから見ると、ビロードのようなつやがあり、見る角度や光・含まれる水分によって色の変化も感じられる苔。日本人には、そんな苔を庭園や盆栽にあしらい、風情を感じる独特の美意識が備わっています。

【苔色】が誕生したのは平安時代のことですが、とくにその色が注目されるようになったのは、室町時代中期の「東山文化」のころから。「わび・さび」が特徴の東山文化では、煌びやかさではなく、しみじみとした深い味わいがある色が求められていたのです。その時代を象徴するような【苔色】は、現在でも落ち着きのある色として、衣服やインテリアに多く取り入れられています。

【苔色】に合う色は?


苔 色
 こけ いろ 


象牙色
 ぞうげいろ 

くすみ色のひとつでもある【苔色】は、白系の【象牙色(ぞうげいろ)】【蒸栗色(むしくりいろ)】などと組み合わせると、軽やかで明るい色合いに、同系色の【萌黄色(もえぎいろ)】【若菜色(わかないろ)】との組み合わせは、まとまりある色合いになります。

【苔色】とは、貴族社会の衣装などで使われる配色パターン「襲(かさね)の色目」としては、表裏ともに濃い【萌葱色(もえぎいろ)】を重ねる組み合わせの名前でもありました。落ち着きがある中にもさわやかさが感じられる色目ですね。

A traditional Japanese color "苔 Koke" is...

A traditional Japanese color "苔 Koke -means moss-" is a dull, austere yellow-green color. As the name suggests, it comes from the "moss" that grows on rocks and in gardens. When seen from a distance, moss has a velvety sheen, and its color changes depending on the angle of view, light, and moisture content. The Japanese people have a unique sense of beauty that makes them appreciate the beauty of moss in gardens and bonsai trees.

"苔 Koke" color was born in the Heian period (794-1185), but it became especially prized during the Higashiyama culture in the mid-Muromachi period (1336-1573). The Higashiyama culture, which was characterized by "wabi-sabi," required colors that were not glamorous, but had a deep and sincere flavor. "苔 Koke" color, which symbolizes this era, is still used in many clothing and interior decorations as a color of calmness.

まとめ

日本で古くから愛されてきた【苔色】。日本庭園を眺めたり、苔むした石畳などを歩いたりして、お子さんといっしょに、【苔色】とともにある日本のわび・さび文化を体感してみてくださいね。

(マイナビ子育て編集部)

参考文献
・『色名がわかる辞典』(講談社)
・『くらしを彩る 日本の伝統色事典』(マイナビ)
  • 本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

PICK UP -PR-

関連記事 RELATED ARTICLE

新着記事 LATEST ARTICLE

PICK UP -PR-