子供のお祝い「餅踏み」のやり方は? 準備と進め方

子供のお祝い「餅踏み」のやり方は? 準備と進め方

伝統のお祝い行事である餅踏み。九州で行われることの多い餅踏みですが、地域によっても違いがあるようです。ここでは、餅踏みのやり方などを紹介しています。


餅踏みのやり方〜宮崎、福岡、鹿児島の違い〜

日本の祝い事で、よく用いられるお餅。餅踏みもそんな日本独自の習慣であり、子供の成長を祝う行事のひとつで、九州地方でよく行われています。今回はこの餅踏みについて、やり方などを紹介していきます。

餅踏みは地域によってその習慣が異なります。地域ごとの違いもみながら、そのやり方を見ていきましょう。

餅踏みはどんな行事?必ずやるもの?

餅踏みは子供の初めての誕生日に行う行事のひとつ。子供の成長を祝うために行われるもので、赤ちゃんにわらじを履かせ、一升餅という大きな餅の上に立たせるのが基本です。餅踏みのほかにも、背負餅や一升餅など地域ごとにさまざまなものがあります。全国的には背負い餅という「子供に餅を背負わせる」ことが多いのですが、九州地方では「子供に餅を踏ませる」、つまり餅踏みが行われることが多いです。地域によっては餅を抱かせるところもあります。

地域で餅踏みのやり方に差が

餅踏みのやり方は、地域ごとに受け継がれてきたものがあります。その地域に伝わる本格的なやり方については、祖父母や地域の年配の方、先輩ママなど、実際にその地域で餅踏みを行ってきた人に聞いてみましょう。

わらじを履かせて一升餅の上に子供を立たせるのが餅踏みの基本ですが、そのやり方は地域によって異なるところがあります。わらじを履かせずに、素足で行うこともあります。また、祝い歌と呼ばれる歌を歌いながら餅踏みを行う地域もあります。博多には餅踏みに限らずおめでたい席で歌う博多祝い歌というものもあります。

MARLMARL(マールマール)が出産祝いにおすすめ!価格帯別まとめ

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3031/

絶対によろこばれる出産祝いやプレゼントを贈りたいなら、MARLMARL(マールマール)が一押しです。今回はおしゃれで人気の商品を価格帯別にご紹介します。

餅踏みで使うわらじや誕生餅の選び方

せっかくの餅踏みなので、餅やわらじはきちんと選びたいですよね。餅踏みの準備のポイントを押さえておきましょう。

準備はいつすれば良いの?

餅踏みをいつ行うか、スケジュールを確認して準備を進めましょう。誕生日に行っても良いですし、大安などに合わせて行っても良いでしょう。一升餅に名前を入れる場合は作る時間もかかるため余裕をもって準備をすることをおすすめします。1ヶ月前には、スケジュールの調整やどのように行うかなどを考え始めたいところです。

わらじはどこで売っているの?

踏み餅に使うわらじは、最近では通販で購入することもできます。かわいらしいデザインのものや材質にこだわったものもあり、探す楽しみが広がります。もちろん、地元で購入することも可能。地域によっては餅を作っている和菓子屋でセットで販売していることもあります。

人気の誕生餅は?

餅踏みで使われる餅は誕生餅や一升餅などと呼ばれます。元々、餅は自宅で付いたものを使用していましたが、最近では販売されているものを購入することがほとんどです。地元の和菓子屋に相談しても良いですし、気軽に行うのなら通販サイトで購入することも可能です。

「寿」と書いているお餅が古くから使われていますが、最近では子供の名前を書いたもお餅も人気があります。通販サイトではハート形やイラスト入りのものも売られています。わらじと餅のセット販売のものも便利です。

踏み餅のよくある3つの疑問

伝統的なお祝い事である踏み餅で、疑問に感じやすいことを集めてみました。

子供が歩けなくても踏み餅は大丈夫?

餅を踏むということから、子供が歩けないうちにはできないのではと心配になるひともいると思います。しかし1歳という年齢は、まだ立てなくてもおかしくはありません。必ずしも餅の上に自力で立つ必要はなく、つかまり立ちでも良いです。転んでしまったとしても問題はありません。大人が支えて子供に足踏みをさせるという地域もあります。

餅踏みのお祝いには誰を呼べば良いの?

お祝いに誰を呼ぶのかも悩むところです。両家の両親や近しい親族を呼ぶことが多いようですが、これも地域やその家によって異なり、明確な決まりはありません。

餅踏みの由来は? 一升餅とは違うの?

餅踏みや踏み餅と呼ばれる行事で使う餅のことを一升餅といいます。一升分のお米から作られた丸い餅です。餅を踏むお祝い方法そのものを、一升餅と呼ぶこともあります。ちなみに、一升と一生をかけて「一生食べ物に困らないように」という由来があるといわれています。そのほかにも「足が丈夫になるように」「一生健康であるように」といった意味も込められているとされます。丸形の一升餅には、本来「円満な人生を送れるように」という意味もあるのですが、最近では丸型以外にハート型の一升餅を使うこともあります。

まとめ

子供のお祝い事は初節句など様々なものがあります。餅踏みは地域によってやり方は異なりますが、難しく考えすぎる必要はありません。しかし一生に一度のことですし、しっかり準備してお祝いしたいですね。悩んだ時には実際に経験してきた先輩方の意見を取り入れましょう。

子供の行事に関する記事一覧を読む

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


矢口真里さん壮絶な二歳差育児でほとんど眠れず「フラフラ」に。0歳抱っこし2歳の夜泣き対応

矢口真里さん壮絶な二歳差育児でほとんど眠れず「フラフラ」に。0歳抱っこし2歳の夜泣き対応

10月1日に第二子の出産を報告したタレントの矢口真里さんが、26日にSNSを更新。2歳の長男と生まれたての次男との素敵なプライベート写真で笑顔を見せました。しかし実のところ、二人育児が始まって「絶賛寝不足中の私です」と、あまりの壮絶さにフラフラになっているそう。


【漫画】先生が告げた驚愕の事実、園でのゆいどんの様子が……家と違うっ!『ワーキング母ちゃん日記』Vol.43

【漫画】先生が告げた驚愕の事実、園でのゆいどんの様子が……家と違うっ!『ワーキング母ちゃん日記』Vol.43

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。隔週火曜日更新で、大好評連載中です。


子どもの耳掃除はやっちゃダメ!? 上原さくらさん「信じられないくらい耳垢が詰まって」と衝撃

子どもの耳掃除はやっちゃダメ!? 上原さくらさん「信じられないくらい耳垢が詰まって」と衝撃

タレントの上原さくらさんが、一歳半になる長女が風邪をひいて耳鼻科へ連れて行き、本当に驚くことがあったとブログに綴っています。それは子どもの耳に、驚くべきサイズの耳垢がたくさん詰まっていたから。子どもの耳掃除をどんなふうにすればいいのか悩むママパパは多いと思いますが、「耳垢は取らなくていい」って本当なのでしょうか?


浜崎あゆみさん帝王切開での出産告白。出産方法に「正しいとか間違いとか、楽だとか大変だとかない」

浜崎あゆみさん帝王切開での出産告白。出産方法に「正しいとか間違いとか、楽だとか大変だとかない」

歌手の浜崎あゆみさんがInstagramに帝王切開の手術痕の画像を投稿し、自身の出産が帝王切開だったことを明かしました。画像には「私は帝王切開をしたママです」から始まる英語の文章があり、浜崎さんは「私は自分のお腹の傷を愛おしく誇りに思う」と綴りました。なぜ、この投稿をしたのでしょうか?


大人気絵本作家、ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」ギフトボックスが発売

大人気絵本作家、ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」ギフトボックスが発売

10月28日(木)に、大人気絵本作家ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」シリーズ(ブロンズ新社)のギフトボックスが、全国の書店で発売になります。


最新の投稿


【パパの手料理が食べたい!】夫が料理をすることはありますか?

【パパの手料理が食べたい!】夫が料理をすることはありますか?

「料理は主婦の仕事」という考え方は既に古く、今は夫婦で協力して家事や育児をこなす時代です。しかし、各家庭の実態はどうでしょうか? まだまだ料理はママ任せという家庭が多いのでは? そこで、夫が家で料理をする頻度についてアンケートをとってみました。パパの手料理にまつわるエピソードと一緒にお楽しみください。


【漫画】昔は優しかった夫。でも専業主婦になってみると……『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.5

【漫画】昔は優しかった夫。でも専業主婦になってみると……『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.5

自己主張ができない性格の主婦・翔子。希望して専業主婦になったものの、夫の顔色をうかがってばかりの日々に嫌気がさし、離婚が頭をよぎるように。大きな話題となった大人気セミフィクション・コミックエッセイ『離婚してもいいですか? 翔子の場合』(著・野原広子/KADOKAWA)の試し読みを連載形式でお届けします。


なぜ娘はそんなにパパが嫌いなの? パパの行動を観察してみたら……【ソコかぁ!】

なぜ娘はそんなにパパが嫌いなの? パパの行動を観察してみたら……【ソコかぁ!】

Instagramで子育て漫画を発信されるまむさん。まむさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメなんだっけ?気をつけたい食べ物

【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメなんだっけ?気をつけたい食べ物

蜂蜜(はちみつ)はそのままでも、紅茶などの飲み物に入れても、料理に使っても、まろやかな甘みを醸し出してくれます。しかも栄養あふれる自然食品。でも、赤ちゃんにあげてはダメという話も聞きます。妊娠中も注意したほうが良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。


【賛成? 反対?】夫婦別姓に意見あり! 共働きママのオピニオン

【賛成? 反対?】夫婦別姓に意見あり! 共働きママのオピニオン

夫婦共働きのご家庭では、戸籍上の名字と仕事用に使う名字が異なっている人も多いでしょう。いま話題の夫婦別姓について、ママたちはどのような意見を持っているのか、アンケートを実施しました。賛成派も反対派も、まずは対話から! お互いの意見を聞いてみましょう。