「めちゃくちゃキツい。罪悪感煽られた」……広島県の「働く女性応援よくばりハンドブック」に傷ついたママたちの声

「めちゃくちゃキツい。罪悪感煽られた」……広島県の「働く女性応援よくばりハンドブック」に傷ついたママたちの声

広島県が配布している「働く女性応援よくばりハンドブック」について、“よくばり”という表現や、一部の内容に不適切な部分があるとして物議を醸しています。本来働く女性=ワーキングママを応援するために制作されたもののはずですが、一転、働く女性たちの怒りを買うことになってしまいました。


「罪悪感煽られた」

(photoAC)

なかでも批判を浴びているのが、冊子内の「ワーキングママの心構え」のページ。ここでは、上司からの「子どものいない社員の負担が増す。休日出勤が増える他の社員や、会社の経営状況も理解してほしい」や、夫からの「こっちだって仕事で疲れている。夜泣きがうるさくても我慢してるし、多少は手伝ってるんだから、勘弁してほしい」といった、ワーキングママに対して好意的でない意見をあえて想定して取り上げています。

それに対してワーキングママがどんな心構えをするべきかが記載されており、たとえば「同僚の負担を軽減するための方法を、上司と一緒に考えましょう」という助言、「(パパには)『お願いは時間を区切って具体的に』『手伝ってもらったことにダメ出しはしない』。ちょっと大げさに感謝すると、パパもやる気を出してくれます」といったアドバイスが載っています。

この件について取り上げた『ひるおび!』(TBS系)では、SNS上の意見を取り上げ、「このページめちゃくちゃキツい。罪悪感煽られたというか なんかもうグサッときました…」「『誰もが働きやすい環境づくり!』ではなく『子育てと仕事両立したいだなんて欲張りなあなたは周りの人にこれをすべき!』に見えます」といったコメントを紹介しました。

コメンテーターの立川志らくさんは、「両方やっている人がよくばりという表現をされたら傷つく方もいらっしゃるんだろう」とした上で、「当たり前のことなんですよ、お互いに気を使いましょうと。それをあえて文章化しちゃうと、結構しんどいお母さんたちにはグサッときちゃうものがあるのかもしれないと」と、言葉の表現の問題であるという見解を述べました。

同じくコメンテーターの朝日奈央さんは、「元々は働く女性を応援したいというその一心で作られたものだと思いますし、悪気があったわけではないと思うんですけど、表現の仕方が良くなかったのかなって思います」と、冊子の制作側に悪意はなかったことを推し量ったコメントをしています。

「育児と仕事の両立」は女性だけ?

実際にこの冊子には、妊娠・出産に関する各種支援制度が紹介されていて分かりやすいと評価される部分もあり、広島県が自治体としてワーキングママを支援しようとしていることには違いありません。マタニティハラスメントについてや、男性育休、パパの育児に関する情報への案内も載っています。

しかし一方で、前述した「ワーキングママの心構え」のページなどは、「育児と仕事の両立は女性だけなの?」という疑問を呼び、様々な批判に結び付いてしまいました。子どもを育てながら働いている人は、「ママ」だけではありません。男性側も「育児と仕事の両立」をするものだという視点を持ってほしいですし、企業側も育児中の社員について理解が必要ですよね。

広島県の湯﨑知事は、「女性がうんぬんではなくてすべての県民がどちらかを犠牲にしたり諦めるということではなくて希望がかなえられるようにと、そこを目指しているということであります」とコメントしています。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連するキーワード


仕事 育児

関連する投稿


板野友美さん・高城亜樹さんが妊娠産後トークで大盛り上がり「産後は甘くない」

板野友美さん・高城亜樹さんが妊娠産後トークで大盛り上がり「産後は甘くない」

元AKB48の板野友美さんと高城亜樹さんが、互いのYouTubeチャンネルでコラボトークを公開。何かと共通点が多いという二人が、ママとして初めての育児で戸惑ったことや、スポーツ選手の妻としての大変さなどを語り合っています。


18万5,000通り以上の組み合わせから選べる! 羽倉ランドセル2023年入学モデルの注文受付開始

18万5,000通り以上の組み合わせから選べる! 羽倉ランドセル2023年入学モデルの注文受付開始

手づくりランドセルを生産する工房「羽倉ランドセル」は1月13日から、公式HPで「羽倉ランドセル2023年ご入学モデル」の注文受付を開始しました。


【1~6歳児のごはん事情】魚を食べる頻度が一番高い年齢は? 「子どもが『魚』と『肉』を食べる頻度」調査結果発表

【1~6歳児のごはん事情】魚を食べる頻度が一番高い年齢は? 「子どもが『魚』と『肉』を食べる頻度」調査結果発表

冷凍幼児食ブランド「homeal(ホーミール)」を運営するhomealは1月18日、1~6歳の子どもを持つママ・パパを対象に「子どもが『魚』と『肉』を食べる頻度」について調査しました。


1歳娘が子ども用ハーネスをつけていると「可哀想に、犬の散歩みたいよ!」と言われたが⇒ ママ「これオススメです!」

1歳娘が子ども用ハーネスをつけていると「可哀想に、犬の散歩みたいよ!」と言われたが⇒ ママ「これオススメです!」

Twitterで話題の投稿を編集部がピックアップしてお届けします。今回は、年子育児で子ども用ハーネスを使用する保護者の声をご紹介!


「オムツ交換は汚いからやらない」……からの激変! 大久保嘉人パパの進化ぶりに賞賛

「オムツ交換は汚いからやらない」……からの激変! 大久保嘉人パパの進化ぶりに賞賛

1月21日放送『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、「パパの家事育児の不満」が特集されました。ゲストとして登場したのは、サッカー元日本代表の大久保嘉人さん。坂下千里子さんや千秋さんらとともに、家事や育児、親としての成長の軌跡について語り合いました。


最新の投稿


【漫画】#18 私とお腹の子が危機でも帰ってこない夫。すると1歳娘が……優しさに涙『モラハラ夫に人生を狂わされた話 再構築編』

【漫画】#18 私とお腹の子が危機でも帰ってこない夫。すると1歳娘が……優しさに涙『モラハラ夫に人生を狂わされた話 再構築編』

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


家族でも嫌ならNG! プライベートゾーンって?『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』Vol.5

家族でも嫌ならNG! プライベートゾーンって?『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』Vol.5

子どもが「性」の問題に直面したとき、親はどうサポートしたらよいのでしょう。「性」の話はタブー視されがちですが、自分を守るためにも正しい知識は必要です。産婦人科専門医の高橋怜奈先生監修の『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』(主婦と生活社)から、親子で学びたい「性」の話についてご紹介します。


「お母ちゃん仕事しないよ~!」仕事が終わる日を指折り数えて待ってた娘に涙

「お母ちゃん仕事しないよ~!」仕事が終わる日を指折り数えて待ってた娘に涙

Instagramで子育て漫画を発信される田辺ヒカリさん。田辺ヒカリさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


臙脂(えんじ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

臙脂(えんじ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

【臙脂(えんじ)】とは、黒みがかった濃い赤色のことです。日本の伝統色である【臙脂】にどのような由来があって、どのように愛されてきたのか、子どもにそのまま教えてあげられるよう、やさしい言葉で解説します。海外の方に英語で説明できるよう、英語での解説も紹介しています。


【医師監修】妊娠超初期に下痢は起こる?その理由と流産などへの影響

【医師監修】妊娠超初期に下痢は起こる?その理由と流産などへの影響

妊娠したことがわかるかわからないくらいの超初期に、お腹がゆるくなったり下痢になることがあります。妊娠超初期に下痢になるのはなぜでしょうか? 下痢になる理由や、妊娠にどんな影響があるのかお伝えします。