ママのための悩み解決サイト
七夕にお願いごとをするのはなぜ? 子供のために親が知っておきたい豆知識

七夕にお願いごとをするのはなぜ? 子供のために親が知っておきたい豆知識

保育園や幼稚園、小学校でも季節の行事として取り上げられている七夕。織姫と彦星の話をなんとなく知っているという人も、改めて七夕の意味を紹介していきます。


七夕の起源を知ろう

Getty logo

七夕はどうして「七夕」と書くのだろうと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。七夕はいくつかの由来があり、それらが合わさり今の七夕として定着しています。

七夕の起源とは

日本の年中行事である、ご節句のひとつでもある七夕。なぜ「たなばた」と呼ばれるかご存知でしょうか。

昔、日本では女性が「棚機(たなばた)」という機械で着物を織り、棚にお供えをして神様に豊作祈願や人々のけがれを払うという行事がありました。その後、仏教が伝わり、この行事もお盆前の準備として7月7日に行われるように変わっていきました。子供にたなばたの読み方を聞かれたら、この由来を教えてあげましょう。

織姫と彦星の物語

七夕には欠かせない織姫と彦星の話ですが、中国の話に由来します。旧暦の7月7日に天の川を挟んで美しく輝く星が、琴座のベガと鷲座のアルタイルです。琴座のベガを織女の星座として裁縫の仕事をする女性=織姫、鷲座のアルタイルは農業の仕事をする男性=彦星とし、中国では、七夕の日を1年に1度のめぐり合いの日と考えるようになりました。夜空に輝く星を見て、物語を生み出すなんて、とてもロマンチックですね。

七夕に願い事をするのはなぜ?

Getty logo

七夕の由来はわかりましたが、では七夕に願い事をするのはなぜでしょうか?

乞巧奠という風習

七夕にお願い事をするというものは、中国の「乞巧奠(きこうでん)」という風習からきています。昔、中国では、7月7日に、織女星にあやかり、女性の大切な仕事であるはた織りや裁縫が上達するようにと祈りを捧げる行事がありました。初めは、祈りの中心ははた織りや裁縫だけでしたが、祈りの内容が時とともに芸事や書道の上達などさまざまな内容に広がっていきました。

この乞巧奠(きこうでん)という行事が平安時代に日本に伝わり、七夕にお願い事をするという風習へと変化したのです。

笹を飾る風習

日本では中国の行事に少しアレンジが加えられて、七夕が広まっています。

昔、宮中では、果物や野菜、干し鯛やアワビなどのお供え物をし、星を眺め、雅楽や詩歌を楽しみました。お供え物の下に敷くサトイモの葉にたまる夜露で墨を溶かし、梶の葉に和歌を書いて願いごとをしたとされています。宮中行事である七夕が一般庶民にも広がると、さらにアレンジが加わります。貴重な梶の葉ではなく、五色の短冊に願い事を書いて、手に入れやすい笹竹につるして願い事がかなうようにお祈りをするようになるのです。

竹や笹はまっすぐと育つことから、その生命力に神秘的なパワーがあるとされていました。そのため竹や笹にあやかり、子供の成長を願う親が多かったと言われています。

五色の短冊とは

七夕に使う五色の短冊にも実は意味があるのをご存知でしょうか。この五色とは、中国の陰陽五行説にちなんだ五色で、それぞれに意味があります。

青(緑)=木
赤=火
黄=土
白=金
黒(紫)=水

この五色で、この世のすべての根源を表しているとされています。日本の行事や祭事にも使用されることが多く、鯉のぼりで魔除けに使う吹き流しにも採用されています。

そのほかの飾りが持つ意味とは

子供と七夕の準備をする時に、色紙で色々な飾りを作っていませんか? これらの飾りにも意味があるのでご紹介します。

・折り鶴 ⇒ 長寿
・神子 ⇒ 裁縫の上達や、一生着るものに困らないようにという願い、災いの身代わり
・巾着 ⇒ 金運、網飾りは豊作や大漁祈願
・くずかご ⇒ 節約や清潔を意味します

五色の短冊だけでなく、笹飾りを付けると、笹が一段と華やぎますが、華やかさの裏に人々の願いや思いが込められているのです。

願い事だけじゃない七夕に行う行事とは

Getty logo

願い事がメインになる七夕という風習ですが、願い事以外にも保育園や小学校の給食などでは特別食が用意されることもあります。

七夕の行事食とは

七夕の日に食べる行事食は「そうめん」です。七夕にそうめんを食べると、大病にかからないとされています。なぜそうめんなのかという由来もいくつかの説があります。

鬼になり疫病をはやらせた子供の好きだったお菓子を供えると、はやりの疫病がおさまった(そのお菓子の名前がそうめんに似ているので)ことにちなむという説、七夕に見る天の川に似ているからという説、織姫のはたおりに似ているのではた織りの上達祈願のためという説などさまざまです。
子供と一緒に食べるときは、オクラの輪切りを星に見立てて飾ったり、星形に切り抜いたニンジンや薄焼き卵などを散りばめて、華やかにアレンジしてみてはいかがでしょうか。

七夕ゼリー

地域によっては、保育園や小学校の給食で七夕の日に「七夕ゼリー」が用意されるところもあります。星空に見立てたゼリーには、星形のカラフルなゼリーがトッピングされ、人気メニューとなっているようです。

かき氷に使うブルーハワイシロップとゼラチンを使えば、キレイな水色のゼリーができます。好きなフルーツを星形にくりぬいてトッピングすれば、夜空を再現したイメージのゼリーができます。ゼリーは簡単にできるお手軽スイーツなので、ぜひ子供と一緒に作ってみてください!

さまざまな県でお祭りが七夕祭りが開催

年中行事の中でもロマンチックな七夕ですが、毎年全国各地で七夕まつりが開催されるので、機会があればお出かけしてみてはいかがでしょうか。

【仙台七夕まつり】
七夕まつりといえば仙台!というほど、盛大に開催されます。毎年8月6日〜8日の3日間とスケジュールも決まっているので、旅行の計画が立てやすいのもポイントです。

【湘南ひらつか七夕まつり】
神奈川県平塚市で開催される七夕まつりです。毎年7月7日を挟んだ前後数日にわたって行われ、市内外から300万人以上もの人が集まります。

【安城七夕まつり】
愛知県安城市で毎年8月の第一週の週末の3日間にわたって開かれます。JR安城駅周辺の商店街の方々が考案してスタートしたお祭りですが、現在では、日本三大七夕まつりになるほど規模が拡大しています。

まとめ

Getty logo

七夕はロマンチックなだけでなく、さまざまな祭事や言い伝えが重なりアレンジされて、今の七夕として成り立っています。子供と準備できることも多い行事なので、ぜひ一緒に楽しみたいですね。

雛人形の人気ブランドはやっぱり久月? 選び方のコツとは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/264/

雛人形の人気ブランドといえば久月が有名です。初めて桃の節句を迎える時、雛人形の準備で大変です。ただ、雛人形は種類も多く作家ものは特に値段も高額です。「コンパクトタイプが良い?」、「木目込み人形って?」など、雛人形の基礎知識や選ぶコツ、購入時期についてお伝えします。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


育児 子どもの行事

関連する投稿


【助産師解説】新生児のゲップ、出ない…助産師が教えるゲップのコツ

【助産師解説】新生児のゲップ、出ない…助産師が教えるゲップのコツ

新米ママにとって、新生児期の赤ちゃんのお世話は、わからないことや迷うことが多いもの。中でも、簡単なようで意外と難しいのが「授乳後の赤ちゃんのゲップ出し」。背中のトントンが弱いのか、抱き方が悪いのか、なかなか出てくれないときは焦ります。今回は助産師さんにゲップの出し方のコツを解説いただきます。


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?新生児の便、色・状態・回数は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?新生児の便、色・状態・回数は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。主な6つのポジショニングとNGパターン、正しい姿勢をとれているかを確認できる4つのチェックポイントをお伝えします。


【助産師解説】新生児・赤ちゃんのしゃっくり、止めた方がいい?やってはいけない止め方

【助産師解説】新生児・赤ちゃんのしゃっくり、止めた方がいい?やってはいけない止め方

初めてママになって、毎日出会う赤ちゃんに関する発見や驚き。その中のひとつに「しゃっくり」があるようです。大人でも出ることがあるしゃっくりですが、新生児を含む赤ちゃんはびっくりするほど多く出ることがあります。今回は赤ちゃんのしゃっくりについてママ体験談と、助産師さんによる解説をお届けします


【助産師解説】産後すぐ授乳で乳首が痛い!痛みの原因と8つの対策

【助産師解説】産後すぐ授乳で乳首が痛い!痛みの原因と8つの対策

授乳により乳首が痛くなる原因と、解消するための対策を助産師さんが解説! 初めての授乳では、気づいたら乳首が痛くて…ということも。母乳育児をあきらめなくてもいいように、正しい授乳方法と痛みの対処法をチェックしましょう。


最新の投稿


【医師監修】着床出血の具体的な症状とは?量や色、痛み、症状などとQ&A

【医師監修】着床出血の具体的な症状とは?量や色、痛み、症状などとQ&A

妊娠した時に起こることがあるという着床出血。生理や他の出血との見分けはつくのでしょうか。また、着床出血がある場合、ない場合で、何か違いはあるのでしょうか。今回は、着床出血について量などの具体的な症状や原因、特徴についてまとめました。


【医師監修】妊娠超初期症状の出血の原因と対処方法。茶色や鮮血は危険?

【医師監修】妊娠超初期症状の出血の原因と対処方法。茶色や鮮血は危険?

妊娠超初期は医学用語ではありませんが、赤ちゃんとなる卵子が排卵され、受精して子宮に着床するころです。妊娠を確定するにはまだ早く、妊娠を待ち望む女性にとって気持ちが落ち着かない時期ですね。そんな超初期の症状の中で、ここではさまざまな要因で起こる出血に焦点をあてて紹介します。


【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

妊娠を待ち望む女性にとって予定日が過ぎても生理が来ないと、「もしかしたら妊娠したかも?」と気になります。妊娠すると、生理が来ないだけでなく、他にはどのような症状があるのでしょうか。今回は妊娠超初期の症状や体の変化について詳しく説明します。


【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

妊娠中は赤ちゃんや胎盤・羊水の重さ、また血液の増加分などで体重が増えるのは当たり前のこと。しかし、肥満や妊娠中の体重増加が多すぎる人は、肥満によってかかりやすい疾患の発症リスクが高まったり、出産時のトラブルリスクに。妊娠中の太りすぎのリスクや、妊婦の体重をどうコントロールすれば良いのか、についてまとめました。


【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

妊娠初期のころから、たびたび感じる「お腹の張り」。妊娠後期、特に臨月に入れば、陣痛の張りなのか、そうではない張りなのか、見分け方も気になるところです。感じ方は人それぞれですが、中には注意したい「張り」もあります。今回は妊娠後期以降に感じやすいお腹の張りについてまとめました。