1日中おっぱい求めて泣く娘。「こんなツライ思いをして…」カジサックさん妻、壮絶だった断乳。夫は禁句を連発

1日中おっぱい求めて泣く娘。「こんなツライ思いをして…」カジサックさん妻、壮絶だった断乳。夫は禁句を連発

お笑いコンビ「キングコング」梶原雄太さんの妻で、梶原さんがカジサックとして行うYouTubeにも登場している“ヨメサック”が、第5子の断乳がこれまで以上に壮絶なものだったと明かしました。


一日中おっぱいを欲しがるように…

カジサックさんは11月11日に「ヨメサックから皆様へ伝えたいこと」と題した動画を配信。二人で晩酌トークする形で、2020年2月に誕生した三女・はるちゃんの断乳に苦労したと語りました。

はるちゃんは眠いときにママのおっぱいが絶対必要な子で、夜のみならず日中のお昼寝でもおっぱいを求めていたそう。機嫌が悪くなった時や泣いているときもおっぱいを欲しがるなど、はるちゃんにとっておっぱいは精神安定剤だったようです。

しかし。ヨメサックさんにとって授乳は苦痛でした。なぜなら、不快性射乳反射(ディーマー)で、授乳で幸せを感じることがなく、授乳時に吐き気や不快感、喉の渇きや睡魔などに襲われるためです。

また、はるちゃんは1歳でも夜中に3~4回は起きておっぱいを欲しがり、朝方に30分おきに起きることも。ママが慢性的な寝不足であるだけでなく、はるちゃん自身も寝不足で日中も眠たがるという悪循環になっていました。

そこで、授乳をやめることがお互いにとって良いはずと考え、1歳での断乳を決意。小中学生のきょうだいがいるため、春休みの時期にチャレンジしたそう。ただ、このときははるちゃんの想像以上の号泣や自身の胸の張りもつらく、失敗。

「こんなにお互いツライ思いをしてやめなきゃいけないのかとか、こんなに悲しい思いをさせてまでやめることなのかとか、もうちょっと後でもいいかな」と思い直し、数ヶ月後の夏休みにリベンジして1歳5ヶ月でおっぱいをやめることができたそうです。

これまで長男以外は完全母乳で育ててきたというヨメサックさんですが、カジサックさんが横で見ていても「はるちゃんのときがいちばんツラそうだった」といいます。特に、春休みに一度失敗してからは、「おっぱいがずっと欲しい!」状態になってしまい、「もう1日中泣いてるみたいな」日も。

ヨメサックさんは「断乳は、ママの固い決意が一番大事なんだって」と言い、夏休みの再挑戦でいかに耐えたかを振り返りました。

夫の「あげたらええやん」は禁句!

初日は大暴れで、寝室を真っ暗にして抱っこしてヨシヨシしても、はるちゃんは「ギャァーーー」と大泣きし、ママの手を振り払いながら激怒。立って抱っこすると飛び降りんばかりの勢いで暴れ、あまりの騒動に別室にいたカジサックさんが「あげたらええやん」「かわいそうやろ」と言いに行ったそう。

ヨメサックさんは「ホント、イラッとしたよね」「いや、一番(かわいそうと)思ってる人だから。一番ツラい人に向かって」と、当時の怒りをぶちまけました。

カジサックさんの言い分としては、「100:0で僕が悪いですよ。ただね、はるちゃんだけじゃなくヨメサックもめっちゃツラそうだから一回あげたらって気持ちに……」とのことですが、強い決意を固めて心を鬼にしているママにとっては、「そうじゃないんだよ!」って感じですよね。

2日めも大騒動だったものの、3日めには諦めが見えてきたそうで、「寝る前は麦茶を飲む」ルーティンを追加した効果もあったのか、そのままはるちゃんはおっぱいを卒業できたそうです。

ヨメサックさんは最後に「卒乳する方や、赤ちゃんがもういらないっていうまであげたい人もいるからさ、そういう方はそういう方法を取ったらいいと思うんだけど、私は断乳って方法をとったからさ」「もうこの日まで!って決めて、その日まではもうたくさん抱きしめて、好きなだけあげて、この日って決めたらそこで辞めるという方法を取りました、私は」と言い、あらためて「ママの決意が大事」と強調。

パパの心得としては、「あげたらええやん」は絶対NGな禁句で、「ママに『ツラかったな』って言ってあげるのが一番いい」とまとめました。

ヨメサックから皆様へ

拡大する

急いで母乳を止めたい事情がある場合は?

「卒乳」と「断乳」は同じように使われることもありますが、実はちょっと違います。

卒乳は「赤ちゃん主体」で母乳やミルクを卒業することをいい、基本的に赤ちゃんが“自分から”母乳やミルクを飲まなくなることをいいます。おっぱい終了日に向けて子供が無理なく自然とおっぱいから離れていくように調整していきます。ママの乳房は張りの強い状態から、授乳回数を徐々に減らしながら張りを弱めていき、母乳の分泌量を減らしていくことで乳腺炎になりにくいです。

断乳は、ママが決めた時期に短期間で母乳を中止するという意味合いになります。断乳の場合はママの母乳分泌量が多く、張りの強い乳房の状態で母乳育児を急に終えることになり、乳腺炎になることがあります。

昔は1歳を過ぎると早く授乳を止めることを急かされ「断乳」を試みるママが多かったようですが、最近では「欲しがるだけ飲ませたらいい」という考え方も増えています。

ママの健康上の理由など、急いで母乳を止めなくてはいけない場合は、母乳の分泌を止める薬があるので、産婦人科で相談してみましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


1歳娘が子ども用ハーネスをつけていると「可哀想に、犬の散歩みたいよ!」と言われたが⇒ ママ「これオススメです!」

1歳娘が子ども用ハーネスをつけていると「可哀想に、犬の散歩みたいよ!」と言われたが⇒ ママ「これオススメです!」

Twitterで話題の投稿を編集部がピックアップしてお届けします。今回は、年子育児で子ども用ハーネスを使用する保護者の声をご紹介!


「オムツ交換は汚いからやらない」……からの激変! 大久保嘉人パパの進化ぶりに賞賛

「オムツ交換は汚いからやらない」……からの激変! 大久保嘉人パパの進化ぶりに賞賛

1月21日放送『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、「パパの家事育児の不満」が特集されました。ゲストとして登場したのは、サッカー元日本代表の大久保嘉人さん。坂下千里子さんや千秋さんらとともに、家事や育児、親としての成長の軌跡について語り合いました。


子どもの「感染症対策」まとめ! 手洗いさせるには? 赤ちゃんにマスクは必要?

子どもの「感染症対策」まとめ! 手洗いさせるには? 赤ちゃんにマスクは必要?

新型コロナウイルスの流行でますます重要になっている感染症対策。大人と同様に子どもも感染症対策が重要ですが、手洗い、うがいが正しくできているのか、マスクを着けさせていいのか、パパママにとっては気になるところ。改めて、子どもの「手洗い」「うがい」「マスク」についておさらい!


竹内由恵さん子育て支援広場で息子が「数分間フリーズ」微笑ましい成長をイラストで綴る

竹内由恵さん子育て支援広場で息子が「数分間フリーズ」微笑ましい成長をイラストで綴る

静岡で生後11カ月の長男を育てているフリーアナウンサーの竹内由恵さん。Instagramでは子育てを通じて感じたことを、可愛らしいイラストとともに綴っています。1月20日の投稿では、子育て支援広場へ行ったときのベビーの様子を明かしました。


カジサックさん、1歳の三女・はるちゃんが額を3針縫うケガ。頭を打ってしまったときはどうしたらいい?

カジサックさん、1歳の三女・はるちゃんが額を3針縫うケガ。頭を打ってしまったときはどうしたらいい?

YouTuberのカジサックこと、お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太さんが、妻の“ヨメサック”さんとともに、1歳の三女・はるちゃんが額を縫うケガをしたことを報告しました。


最新の投稿


子どもがアダルトコンテンツに興味を持ったら?『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』Vol.4

子どもがアダルトコンテンツに興味を持ったら?『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』Vol.4

子どもが「性」の問題に直面したとき、親はどうサポートしたらよいのでしょう。「性」の話はタブー視されがちですが、自分を守るためにも正しい知識は必要です。産婦人科専門医の高橋怜奈先生監修の『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』(主婦と生活社)から、親子で学びたい「性」の話についてご紹介します。


「足の小指ってなんのためにあるの?」と聞いた長男 ⇒ 9年後、見事フラグ回収!

「足の小指ってなんのためにあるの?」と聞いた長男 ⇒ 9年後、見事フラグ回収!

Instagramで子育て漫画を発信されるyoka(ヨカ)ボチボチいこかさん。yoka(ヨカ)ボチボチいこかさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【誕生日占い】10月15日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

【誕生日占い】10月15日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

『10月15日』生まれの性格や向いてることや苦手なことってどんなこと?占い師lukia☆先生にこの日がお誕生日の子の運勢を占ってもらいました!さらに才能を伸ばすためのヒントや2022年の運勢も。番外編では歴史上の出来事や10月15日生まれの偉人・有名人・アニメキャラも紹介!


赤紫色(あかむらさきいろ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

赤紫色(あかむらさきいろ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

【赤紫色(あかむらさきいろ)】とは、赤みが強めのあざやかな紫を指します。日本の伝統色である【赤紫色】にどのような由来があって、どのように愛されてきたのか、子どもにそのまま教えてあげられるよう、やさしい言葉で解説します。海外の方に英語で説明できるよう、英語での解説も紹介しています。


【誕生日占い】10月14日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

【誕生日占い】10月14日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

『10月14日』生まれの性格や向いてることや苦手なことってどんなこと?占い師lukia☆先生にこの日がお誕生日の子の運勢を占ってもらいました!さらに才能を伸ばすためのヒントや2022年の運勢も。番外編では歴史上の出来事や10月14日生まれの偉人・有名人・アニメキャラも紹介!