【助産師解説】卒乳は何歳にすればいい?<みんなの体験談>

【助産師解説】卒乳は何歳にすればいい?<みんなの体験談>

母乳は何歳まであげていいものなのでしょうか。「実際いつ卒乳したか」と「卒乳のきっかけ」を先輩ママに聞いてみました。卒乳の具体的な方法や注意点についても、助産師の坂田先生に解説いただくので、参考にしてみてくださいね。


この記事を解説してくれた先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

「坂田 陽子 先生」記事一覧はこちら⇒

何歳で卒乳した?<みんなの体験談>

気になる卒乳の時期について、先輩ママたちに聞いてみました。

※マイナビ子育て調べ  調査期間:2021年10月28日~2021年11月12日 調査人数:150人(21歳~40歳以上の女性)有効回答数:75人の回答より抜粋
※ここで紹介した方法と結果は、個人の体験によるものです。記載の方法を推奨したり、結果を保証するものではありません。

最多は「1歳前半」!

先輩ママたちに、母乳やミルクを卒乳・断乳した時期について聞きました。もっとも多かったのは「1歳前半」で47%、次に多かったのは「0歳代」で34%という結果でした。

卒乳・断乳した時期

卒乳を決めたきっかけ

また、何がきっかけで卒乳・断乳することにしたのかも聞きました。

卒乳のきっかけ

<体験談>卒乳の時期・きっかけ・大変さ

授乳方法:母乳・ミルク混合
卒乳時期:1歳6ヶ月
きっかけ:離乳食が順調だった
卒乳時期について:ちょうどよかった
大変だった?:そうでもなかった
(38歳/小売店/販売職・サービス系)
授乳方法:完全ミルク
卒乳時期:1歳
きっかけ:離乳食が順調だった、授乳が辛かった
卒乳時期について:ちょうどよかった
大変だった?:そうでもなかった
(39歳/小売店/販売職・サービス系)
授乳方法:母乳メイン
卒乳時期:1歳4ヶ月
きっかけ:離乳食をよく食べて、飲みが悪くなってきたから
卒乳時期について:ちょうどよかった
大変だった?:そうでもなかった
(33歳/建設・土木/事務系専門職)
授乳方法:母乳メイン
卒乳時期:2歳6ヶ月以上
きっかけ:1歳半で一度試みたが無理だった。さすがに2歳になったので再度実行した
卒乳時期について:ちょうどよかった
大変だった?:そうでもなかった
(40歳以上/医療・福祉/専門職)
授乳方法:母乳メイン
卒乳時期:1歳
きっかけ:私自身が中耳炎になり、抗生物質を飲まざるをえなくなったから
卒乳時期について:ちょうどよかった
大変だった?:そうでもなかった
(35歳/学校・教育関連/専門職)
授乳方法:母乳メイン
卒乳時期:2歳2ヶ月
きっかけ:特になし。飲まなくなるまで飲ませようかと
卒乳時期について:少し遅かった
大変だった?:大変だった
(40歳以上/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
授乳方法:母乳メイン
卒乳時期:10ヶ月
きっかけ:フルタイムで職場復帰したので出なくなってきたから
卒乳時期について:早すぎた
大変だった?:大変だった
(40歳以上 /情報・IT/技術職)
授乳方法:母乳・ミルク混合
卒乳時期:11ヶ月
きっかけ:体の負担
卒乳時期について:少し早かった
大変だった?:そうでもなかった
(23歳/自動車関連/技術職)
授乳方法:完全ミルク
卒乳時期:1歳1ヶ月
きっかけ:ママの職場復帰
卒乳時期について:少し早かった
大変だった?:大変だった
(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
授乳方法:母乳・ミルク混合
卒乳時期:1歳2ヶ月
きっかけ:自分が仕事に復帰しないといけなくて、もともとミルクも飲ませていたので大丈夫かなと思っていたら、欲しがらなくなった
卒乳時期について:ちょうどよかった
大変だった?:そうでもなかった
(38歳/情報・IT/技術職)

「1歳半では約7割が卒乳」していたというデータも

保護者348人に聞いたアンケート調査では、1歳6ヶ月健診の受診時点で卒乳していた子は67.2%、まだ授乳している子は32.8%だったという報告もあります[*1]。

いつがベスト? 卒乳時期の見極め方

そもそも卒乳のタイミングは、どうやって見極めれば良いのでしょうか。

離乳食をしっかり食べているか確認しよう

母乳やミルクは、離乳前の赤ちゃんが育っていくのに欠かせない栄養源です。ですから、卒乳するかどうか考えるときには、その赤ちゃんが「母乳やミルク以外から十分に栄養を摂れるようになっているか」が大切になってきます。

状況によって多少異なりますが、離乳食は「生後5、6ヶ月ごろ」に始めるのが一般的です。ただ、最初は「1日1回1さじずつ」。

初期はまず乳汁以外のものを口にするのに慣れるところから始まります。その後、徐々に自分の口内で食品をつぶせるようになったり、軟らかいものからうまく飲み込めるようになったり、味や舌ざわりに慣れたりしながら、いろいろなものが食べられるようになっていきます。

食事の回数が1日3回になるのは「離乳後期(カミカミ期)」で生後9~11ヶ月ごろ、生後12~18ヶ月ごろには「離乳完了期(パクパク期」となります。

離乳後期と離乳完了期に一般的な分量や食材の種類などの目安については下記の記事で紹介しているので、チェックしてみましょう。

離乳食後期(生後9~11ヶ月ごろ)の基本を解説!よくある悩み・疑問も【管理栄養士監修】

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8422

食事・散歩・睡眠などの生活リズムが整い、2回食にも慣れる離乳食後期。親御さんも離乳食づくりにだいぶ慣れてきたと思いますが、3回食に進むタイミングなど新たな疑問もわいてきます。今回は離乳食後期の量や調理のポイントなど、この時期の離乳食の進め方のコツをお伝えします。

離乳食完了期(生後12~18ヶ月)のポイントを解説|よくある悩み・疑問も【管理栄養士監修】

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8423

栄養のほとんどを食事からとるようになる離乳食完了期、通称“パクパク期”。開始の目安や食材ごとの調理法、食べさせ方、おやつの取り入れ方など、大人の食事に近づくこの時期の進め方のポイントをお伝えします。調理の手間をはぶくコツや、母乳・ミルクとのバランスなど、このころによくある悩みも要チェック!

自然に卒乳させる方法は?

「卒乳しよう!」と思ったら、どうやって進めていけば良いのでしょうか。授乳方法ごとに解説します。

母乳の場合(1)自分から飲まなくなるのを待つ方法

離乳食をよく食べるようになってくると、授乳の回数は自然と減ってきます。

さきほど紹介した1歳6ヶ月健診時のアンケート調査でも、すでに卒乳していた子では「自然に卒乳した」が57.4%でもっとも多く、「我慢させた」は31.8%だったそうです[*1]。

ただ、1歳前後の場合は、赤ちゃんが自然に欲しがらなくなることはあまりないと言われています[*2]。

おしえて、ようこ先生!

卒乳について、助産師の坂田先生に寄せられた実際の相談と対処法を紹介します。

ケース1

離乳食が進むにつれて、大好きだったおっぱいの回数も減ってきたのですが、どうしても寝る前の授乳がやめられません……

このご相談では、授乳をすれば15分ほどで眠りにつくのに、授乳なしで寝かせようとするとおっぱいを欲しがって泣くので、しばらくすると根負けしてしまい、授乳をして寝かせるということが続いていました。

ところが、ある日、ママはお風呂にゆっくりとつかり、寝かしつけを「パパ」に頼んだところ、最初の20分は泣いていましたが途中で諦めたようで、パパの横で眠りにつきました。

その後、寝かしつけはパパの役割になり、順調に卒乳できたそうです。

このように、少し目線を変えて工夫するだけで、自然に卒乳できることもありそうですね!

ケース2

泣いたらすぐ授乳、寝かしつけも授乳で……という風に育てていたら、授乳を減らしたいなあと思って日中に気をそらせるようなことをしてもかえって逆効果で、大泣きして授乳をせがむようになってしまいました……

この赤ちゃんにとっては、おっぱいが「心のよりどころ」になっていたのかもしれませんね。

でも、赤ちゃんに「もうすぐおっぱいバイバイだよ!今はどうぞ楽しんでね!」と1ヶ月間ほど言い聞かせているうちに、少しずつ授乳しなくてもいい時間が延びていったそうです。

自分の気持ちはまだ上手く伝えられない赤ちゃんたちですが、言われていることは意外となんでもわかっているような気がします。

母乳の場合(2)授乳回数を徐々に減らしていく方法

「職場復帰」「保育園入園」や「睡眠不足」「授乳が辛い」などで、ママに授乳をやめたい気持ちが強い場合の方法も紹介します。

具体的には、

・1日の授乳回数を2~3日ごとに1回ずつ、またはそれよりもゆっくりしたペースで減らす

というやり方を試します。

「日中の授乳回数」を先に減らしていらっしゃるママたちは多いです。日中だと、外に出かけたり、遊びで気をそらせたりして、実施しやすいからです。

でも、減らす時間帯にとくに決まりはありません!
赤ちゃんとママがトライしやすい時間帯から始めるのが一番良いでしょう。

なお、授乳回数を徐々に減らしていくときのコツには、以下のようなものがあります。

・ママからは授乳に誘わないが、子供にせがまれたら拒まない

・「月齢に合ったおやつを食間にあげる」「絵本や公園などに子供の興味を向ける」などで、授乳から気をそらす

「おっぱいは少しにしよう」「ご飯を食べてから」「おっぱいはもうバイバイしよう」などと子供に話してみる

母乳の場合(3)まずは夜間だけおっぱいを止める方法

「夜間断乳」という方法もあります。具体的には、以下のように行います。

・子供ができるだけ長い時間熟睡するよう、日中たくさん遊ぶなどして生活リズムを整える

寝る前にたっぷり授乳する

添い乳で寝かせることをできるだけ控える

よりくわしくは下記の記事を参照してください。

【助産師解説】夜間断乳、成功の秘訣5つ!いつごろからできる?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3530

夜間断乳はいつからできる?成功するには?という疑問に、助産師がお答えします。ママの寝不足の原因のひとつに、夜の授乳があるかと思います。せめて夜の間だけでも授乳をやめたいと思っているママも少なくないようです。夜間断乳のメリットとともに、注意点についても知っておきましょう。迷っている方は検討するうえでの参考にご覧くださいね

ミルクの場合

ミルクの赤ちゃんの場合も、卒乳時には「離乳食から十分に栄養を摂れる」ようになっている必要があります。

「育児用ミルク(乳児用調製粉乳)」の対象年齢は、「生後0~12ヶ月」[*3]。

ただ、乳児期も後半からは、舌や口の動きが変わったり歯が生えたりするなどして、乳汁ではないものを食べる準備が始まってきます。

とはいえ、これが始まる時期やスピードは赤ちゃんによって異なるので、その子に合わせて離乳食を進め、徐々にいろいろな食品を食べることに慣れさせていくわけです。

卒乳を考え始めるタイミングには、ミルクの場合も「離乳食の進み」をまずチェックしてあげてくださいね。

フォローアップミルクは?

ちなみに、よく疑問に思うのが「フォローアップミルク」は与えたほうが良いのかどうか

フォローアップミルクは「生後9ヶ月~3歳以降」が対象の製品ですが、育児用ミルクと違って母乳の代わりにはなりません。離乳期以降の赤ちゃんに、「たんぱく質」や「鉄」などの栄養素をバランスよく補うためのものなので、これだけで必要な栄養を補給できるわけではないのです。

フォローアップミルクは、離乳食が十分に食べられていて体重が順調に増えているなら、とくにあげなくても大丈夫です。

卒乳時期に気を付けること

卒乳の時期に注意しておきたいポイントも紹介します。

子供の気持ちを大切に

育児では、新しくチャレンジすることが次々と出てきて、初めて試みるときにはいろいろ慌てがち。卒乳も赤ちゃんが最初にみせてくれる大きな成長ステップのひとつですが、栄養の摂り方が変わるだけでなく、これを機に親子のかかわり方も変化していきます。

「母乳やミルクを終わりにするのだから、離乳食をしっかり食べてもらわなければ……」という方向につい気持ちが行きがちですが、栄養面だけ気にするのではなく、授乳の回数は減らしてもスキンシップは減らさないで、赤ちゃんの気持ちに寄り添いながら徐々に進められると良いですね。

寝かしつけ・夜泣き対策

卒乳によって出てくる悩みでよくあるのが、「おっぱいをあげられないので寝かしつけが大変」というもの。毎日続くとかなり負担ですよね。

ただ、そもそも「寝かしつけのための授乳」はあまり勧められません。赤ちゃんが、授乳なしでは寝付けなくなってしまうことがあるからです。夜、赤ちゃんが目を覚ますたびに授乳で寝かしつけている家庭ほど、夜泣きする確率が高いこともわかっています[*4]。

それまで授乳で寝かしつけていたのなら、卒乳を機に赤ちゃんに「自力でねんねする力」を付けてもらい始めることを考えてもいいでしょう。そのためには「生活リズムや睡眠環境を整える」「夜のルーティーンをつくる」などいくつかコツがあります。

以下の記事でおすすめの方法をくわしく解説しているので、参照してみてください。

【医師監修】赤ちゃんの寝かしつけ方のコツを月齢別に解説

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1183

なかなか寝ない、寝てもすぐ起きる、夜中に何度も起きる、夜間授乳したらまた寝ない……。赤ちゃんの寝かしつけには悩みがつきもの。ここでは、子供の睡眠にくわしい森田麻里子先生のアドバイスとともに、親が寝不足になって育児が辛くならないように、その負担を軽くするためにできることをまとめました。

【医師監修】ネントレはいつから? その方法と工夫のポイント

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7953

子供がなかなか寝ないのはよくあることですが、睡眠不足が続くと、どんなママ・パパでもつらくなってしまいます。あまりにも寝ないと、子供自身の健康も心配に。ここでは、そんなママ・パパのために、「ネントレ」とはどんな方法なのか、寝かしつけに役立つヒントなどについて紹介します。

おっぱいケア

母乳の卒乳では、ママのおっぱいケアも必要です。乳汁は赤ちゃんに乳首を吸われ、飲み取ってもらうことでつくられるので、授乳の回数が減ればだんだん量が少なくなってきます。

ただ、卒乳のはじめのころは乳汁の産生がなかなか止まらず、乳房に溜まりすぎることが原因でおっぱいが腫れたり、痛んだり、熱を持ったりして「乳腺炎」を起こすことがあります。

これは適度に搾乳すればたいてい治まりますが、放っておくと炎症が悪化して高熱が出ることもあります。そうなると医療機関で抗生物質(抗菌薬)の内服が必要になったり、ひどく悪化してしまうと、乳房に膿が溜まってしまい切開による治療が必要になることがあります。

ですから、卒乳のときは乳腺炎を起こさないために、あらかじめ「おっぱいケア」をしておくと安心です。くわしいやり方は下記で解説しているので、参考にしてください。

助産師解説!卒乳ケアは必要?やり方と時期・注意点<体験談>

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/14778

卒乳するとき、赤ちゃんの反応が気になる一方で、「おっぱいケアは必要かどうか」についても疑問に思うかもしれません。今回は、卒乳のときにおっぱいは何かケアしたほうが良いのかどうかや具体的な方法・注意点について、助産師の坂田先生に解説してもらいます。

まとめ

「卒乳は何歳で始めれば良いのか」について紹介しました。大変な子育てのなかでも、授乳タイムが親子のきずなを実感できる「至福の時間」だった場合は、いざ「おっぱい卒業」となるとさみしい気持ちになりますね。

反対に早く卒乳してほしいと思っている場合は、おっぱい・ミルク大好きな赤ちゃんに困ってしまうことも。でも、卒乳はいつか必ずできるもの。焦らず、ご飯をよく食べているかチェックしながら、親子で徐々に慣れていきましょう。

(文:坂田陽子先生/構成:マイナビ子育て編集部)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]井出正道ら:「卒乳に関する保護者の意識調査」小児歯科学雑誌54(4): 462−469 2016
[*2]「特集:母乳育児の疑問 Mr.&Mrs.水野が一挙解決! お母さんのお悩みケーススタディ大特集」ペリネイタルケア 38-3 2019.3
[*3]日本乳業協会 「乳児用調整粉乳」と「フォローアップミルク」の違いは何ですか?
[*4]森田麻里子・星野恭子:医者が教える赤ちゃん快眠メソッド, ダイヤモンド社, 2020

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


離乳食と授乳のバランス<回数・量・順番>母乳やミルクはいつまで?【管理栄養士監修】

離乳食と授乳のバランス<回数・量・順番>母乳やミルクはいつまで?【管理栄養士監修】

出産後、状況ごとに育児で悩むことは多々あったかと思いますが、中でも離乳食は量や進め方、時期など悩み多きテーマですよね。今回は「離乳食と母乳(おっぱい)・ミルクのバランス」について解説したいと思います。


「母乳じゃなくてごめんなさい」なんて思わないで。小児科医が伝えたいこと

「母乳じゃなくてごめんなさい」なんて思わないで。小児科医が伝えたいこと

母乳育児の素晴らしさが語られがちな今、母乳が出なかったり、育児用ミルクを選んだりしたことに罪悪感を持つお母さんもいます。でも「環境に合わせてお母さんが選べばいいし、罪悪感を持たなくていい」と森戸先生。そこには深い理由があって……。


江崎グリコが多胎児家庭支援の新たな取り組みをスタート! 専門講座を受講した多胎児ママに相談できるオンライン相談会で"つながり"を

江崎グリコが多胎児家庭支援の新たな取り組みをスタート! 専門講座を受講した多胎児ママに相談できるオンライン相談会で"つながり"を

単胎児と比較して、すべての面においてハードな多胎児育児。そんな多胎児育児を支援すべく、様々な取り組みを行なっている江崎グリコが、今回多胎児を育てるママの心理的な負担の軽減を目的とした施策を新たにスタートさせました。


栄養士に気軽に相談できる! 無料で使える栄養・育児相談サービス【明治つながる栄養士】を試してみた

栄養士に気軽に相談できる! 無料で使える栄養・育児相談サービス【明治つながる栄養士】を試してみた

コロナ禍で人に会いにくい昨今、先輩ママと知り合う機会や、交流も以前と比べて持ちにくくなり、リアルな情報が入ってこないうえ、孤独も感じやすくなってしまう……。そんなママにぜひご紹介したいのが、粉ミルクでおなじみ『明治ほほえみ』が展開する栄養・育児相談サービス【明治つながる栄養士】。使ってみた結果をレビューします。


助産師解説!卒乳ケアは必要?やり方と時期・注意点<体験談>

助産師解説!卒乳ケアは必要?やり方と時期・注意点<体験談>

卒乳するとき、赤ちゃんの反応が気になる一方で、「おっぱいケアは必要かどうか」についても疑問に思うかもしれません。今回は、卒乳のときにおっぱいは何かケアしたほうが良いのかどうかや具体的な方法・注意点について、助産師の坂田先生に解説してもらいます。


最新の投稿


「びっくりドンキー」2種類の辛さから選べる旨辛バーグが期間限定で販売開始!

「びっくりドンキー」2種類の辛さから選べる旨辛バーグが期間限定で販売開始!

ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」に、今年も旨辛バーグメニューが1月26日(水)から、期間限定で登場します。今年は「やさしい辛さ」と「やみつきになる辛さ」の2種類の辛さから選べるようになっています。


「オムツ交換は汚いからやらない」……からの激変! 大久保嘉人パパの進化ぶりに賞賛

「オムツ交換は汚いからやらない」……からの激変! 大久保嘉人パパの進化ぶりに賞賛

1月21日放送『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、「パパの家事育児の不満」が特集されました。ゲストとして登場したのは、サッカー元日本代表の大久保嘉人さん。坂下千里子さんや千秋さんらとともに、家事や育児、親としての成長の軌跡について語り合いました。


焦茶色(こげちゃいろ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

焦茶色(こげちゃいろ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

焦茶色(こげちゃいろ)とは、焦げたような黒みが強い茶色のこと。日本の伝統色である【焦茶色】にどのような由来があって、どのように愛されてきたのか、子どもにそのまま教えてあげられるよう、やさしい言葉で解説します。海外の方に英語で説明できるよう、英語での解説も紹介しています。


完全に陣痛を甘く見ていた妊婦。まさかこれが噂の……『怒涛の妊娠出産レポ Vol.17』

完全に陣痛を甘く見ていた妊婦。まさかこれが噂の……『怒涛の妊娠出産レポ Vol.17』

Instagramで育児漫画を発信しているカボ子(@kyoumo_kaboko)さん。キラキラした妊婦生活を想定していたものの、妊娠後期はトラブル続き! 絶対安静をなんとか乗り越え、迎えた分娩は……。カボ子さんの初めての妊娠・出産レポを短期連載でご紹介します。


【誕生日占い】10月13日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

【誕生日占い】10月13日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

『10月13日』生まれの性格や向いてることや苦手なことってどんなこと?占い師lukia☆先生にこの日がお誕生日の子の運勢を占ってもらいました!さらに才能を伸ばすためのヒントや2022年の運勢も。番外編では歴史上の出来事や10月13日生まれの偉人・有名人・アニメキャラも紹介!