【医師監修】子どもに多い中耳炎の症状と種類とは?

【医師監修】子どもに多い中耳炎の症状と種類とは?

子供がかかりやすいと言われている、中耳炎。今回は、中耳炎の症状や原因、医療機関での治療方法、予防方法などについてご紹介します。


中耳炎ってどんな病気?

Lazy dummy

※画像はイメージです

中耳炎とは、どのような病気なのでしょうか? そもそも、「中耳」とは耳の中のどの部分のことを指すのでしょうか。まずは、耳の中の仕組みにも軽く触れつつ、中耳炎についてご説明します。

「中耳」とは?

ヒトの耳の奥には鼓膜(こまく)がありますが、鼓膜のさらに奥には空洞があるのです。中耳とは、鼓膜と、この空洞の部分(鼓室:こしつ)、耳小骨(じしょうこつ)、さらに鼻の奥の方につながる耳管(じかん)からなります。中耳は鼻の奥と耳管でつながっています。 ちなみに、耳は外側から、外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)と3つの区画に分かれています。

中耳炎はどうやって起こるもの?

中耳炎とは、中耳に菌やウイルスが侵入し、炎症が起きて、膿が溜まってしまう病気です。急性中耳炎の場合、鼻の奥にある原因菌が耳管を通って侵入し、感染することで発症します。通常は、プールやお風呂の水が耳の中に入ってしまったからといって、中耳炎になるものではありません。

中耳炎の原因のひとつに風邪があります。中耳炎は、風邪の原因となる菌やウイルスが中耳に入ってしまうことで発症するケースがほとんどで、中耳炎は風邪とセットで起こるものだと言われているほどです。実際に、鼻水が出るたびに中耳炎になってしまう人も多いようです。

中耳炎は、特に子供がなりやすい病気です。その理由としては、風邪を引きやすいことに加え、子供の耳の管は大人と比べて太く短く、傾きもより水平に近いため、菌が入りやすくなっていることも関係があります。

中耳炎の種類

中耳炎とひとくくりに言っても、実はいくつかの種類があり、症状や疾患の度合いも様々。また、中耳炎にかかると合併症を引き起こす可能性もまれにあるようです。次は、中耳炎の種類についてご説明します。

急性中耳炎

中耳炎の中でも一般的なのが、急性中耳炎。耳痛や難聴、耳をふさがれたような感覚、耳鳴り、発熱、耳だれなどの症状が見られます。乳児がかかった場合には、症状を訴えることができないため、泣いたり不機嫌になったり、耳を触っていたりすることがあります。また、発熱が見られるほか食欲不振になることがあります。

慢性中耳炎

慢性中耳炎とは、急性中耳炎が治ることなく続き、鼓膜に穴が開いたままで耳だれを繰り返す状態です。痛みはほとんどありません。

滲出性中耳炎

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎の原因で一番多いのは、急性中耳炎がしっかり治りきらない状態で、鼓室に膿が、滲出液となって溜まったままになるケースです。通常、中耳炎の膿は、中耳の粘膜から吸収されたり、耳管を通じて排出されることが多いのですが、アデノイド(鼻とのどの間にあるリンパ組織)が大きかったり、急激な気圧の変化、長期的な鼻水などがあると、耳管の働きを悪化させることで、滲出性中耳炎の原因となります。

もし中耳炎にかかってしまったら

中耳炎にかかってしまった場合には、医療機関で診察・検査をしてもらい、治療を行うことになります。中耳炎の検査や治療って、具体的にどのような事をするのでしょうか? 次は、医療機関で行われる中耳炎の検査方法、診断方法、治療方法に加え、日常生活の中で心がけるべき点についてもご紹介します。

中耳炎の診断方法

診断方法は、問診と視診が中心になるのがほとんどです。視診では、耳鏡(じきょう)という器具を用いて耳内を観察し、鼓膜の異常や耳だれしていないかなどを調べます。患者が乳児や幼児の場合には、保護者が問診に答えることになります。いつもと違う様子を、具体的に伝えましょう。

中耳炎の検査方法

中耳炎の検査は、聴力を調べたり、鼓膜の動きを測定する方法があります。

また、滲出性中耳炎の場合は、鼓膜の状態を観察したり、専門的な検査方法によって判断します。鼓膜を通して中耳に溜まっている液体を確認することもあります。

中耳炎の治療方法

中耳炎の治療方法は、中耳炎の種類や炎症の状態によって変わってきます。

〈急性中耳炎の場合〉
医療機関では、抗菌薬や消炎鎮痛薬が処方されることがあります。場合によっては中耳炎を引き起こしている上気道炎の治療や手術による鼓膜切開を行うこともあります。

〈慢性中耳炎の場合〉
抗生物質を内服したり、点耳薬を処方するなど、基本的には急性の場合と同じく炎症を抑える治療を行います。再発を起こしやすいため、手術によって鼓膜の穴を塞ぐ処置をとることもあります。

〈滲出性中耳炎の場合〉
抗生物質の投与や、溜まった浸出液を取り除くための薬を服用します。併せて、耳に悪影響となっている、鼻・のどの病気の治療も行っていきます。場合によっては、鼓膜を注射針で刺したり切開して浸出液を除去する処置をとることもあります。何度も再発を繰り返す場合には、切開部に換気チューブを入れて換気をよくすることもあります。

中耳炎の治療は、鼓膜の奥の膿が完全になくなり、聞こえが元に戻ることで終了です。痛みがなくなったり、何となく治っているような気がすると、通院をやめてしまう人もいますが、しっかり治し切るまで治療を続けないと中耳炎を繰り返す原因になります。医療機関で完治したとの判断を受けるまでは、治療を続けましょう。

中耳炎の予防方法

合併症のリスクがある上に、治療も場合によっては辛そうな中耳炎。できれば、かからないようにしたいものですよね。次は、中耳炎を予防するために心がけたいことについて説明します。

日常生活で注意したいこと

鼻通りを良くしておくことは、中耳炎の予防につながります。日常生活では子供の鼻通りを気にしておきましょう。鼻は左右別々にそっとかむようにさせて、鼻水をすすらせないようにしましょう。

健康的な毎日を過ごす

乱れた生活習慣は、体の抵抗力を低下させて細菌やウイルスが侵入しやすい状態を作ってしまい、中耳炎の原因となります。子供には栄養バランスのとれた食事をとらせ、適度に体を動かす遊び・運動などをさせて、健康的な毎日を過ごすよう心がけましょう。

生後6ヶ月~2歳ぐらいまでは風邪予防を

中耳炎は、病気への抵抗力がまだ弱い生後半年~2歳ぐらいをピークにかかりやすいのが特徴のひとつ。中耳炎を予防するには、中耳炎の原因となる風邪の予防を心がけることが必要不可欠となります。

まとめ

中耳炎は、風邪や鼻水が原因で起こることが多いので、誰にでも十分に可能性のある病気です。放っておくと悪化して合併症を引き起こすこともあるので、心当たりがある場合にはきちんと耳鼻科で受診をしておきたいところです。風邪をひいたり鼻水が多い時には、同時に耳も気にするようにして耳鼻科で診てもらうようにしましょう。もし中耳炎にかかってしまったら、完治するまできちんと治療を続けて無理のない生活を心がけるようにしてください。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.07.30)

この記事の監修ドクター
向洋こどもクリニック 梶梅 輝之先生
川崎医科大学 卒業後、広島市立 舟入病院小児科部長を経て向洋こどもクリニックを開院。子供の病気の診療や予防はもちろんのこと、心身の健全な発達を支援し、ご家族の皆様と子供の成長をともに喜び合えるクリニックにして行きたいと考えています。
http://www.mndcc.jp/index.html

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研プラスから『こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン』を9月17日発売開始されました。2003年発刊以来、シリーズ累計200万部を超えるベストセラー「こどもずかん」初の写真版です。


ピジョンから最上位モデルのベビーカー「nautR(ノートアール)」新発売

ピジョンから最上位モデルのベビーカー「nautR(ノートアール)」新発売

ピジョンは10月9日に、最上位モデルのA形ベビーカー「nautR(ノートアール)」を、アカチャンホンポ及び百貨店の一部店舗、ピジョン公式オンラインショップにて発売します。


マックの新ハッピーセット9月18日から期間限定新登場!

マックの新ハッピーセット9月18日から期間限定新登場!

日本マクドナルドは9月18日より期間限定で、ハッピーセット(R)「ジュラシック・ワールド」とハッピーセット(R)「ヒーリングっど♥プリキュア」を一部店舗を除く全国のマクドナルドで販売します。


【キンレイ新商品発表会】冷凍食品の「手間抜き」効果で時間と心にゆとりを

【キンレイ新商品発表会】冷凍食品の「手間抜き」効果で時間と心にゆとりを

キンレイはこのほど、8月24日から発売されている冷凍食品「お水がいらない」シリーズの新商品「お水がいらない鍋 寄せ鍋」「お水がいらない鍋 旨辛味噌鍋」「お水がいらない 五目あんかけラーメン」の発売を記念して、メディアで活躍している冷凍食品の専門家を招いた座談会を開催しました。


ベビー&キッズのギフトブランド「MARLMARL」が2020年秋冬新作を発表

ベビー&キッズのギフトブランド「MARLMARL」が2020年秋冬新作を発表

ベビー&キッズのためのギフトブランドMARLMARL(マールマール)は、9月11日に2020年秋冬シーズンのニューアイテムを発売。アニマルフードのナイトウェアや1歳〜4歳まで使えるロングユースアウターなど、秋冬シーズンのニューアイテムが多数登場しています。


最新の投稿


【医師監修】風邪の赤ちゃんの過ごし方は? お世話の基本と注意点

【医師監修】風邪の赤ちゃんの過ごし方は? お世話の基本と注意点

赤ちゃんが風邪をひいたら、少しでも早く治るように症状や様子に合わせてお世話してあげましょう。ここでは、風邪のときの環境づくりや症状を楽にする方法、病院を受診する目安についてお話します。


離乳食の卵の進め方!量は?卵白はいつから?【管理栄養士監修】

離乳食の卵の進め方!量は?卵白はいつから?【管理栄養士監修】

卵はアレルギーの心配があり、赤ちゃんの離乳食でどうやって取り入れていけばいいのか、迷うご家庭も多いことでしょう。中でもニワトリの卵である鶏卵(けいらん)は、離乳初期から使える食材ですが、量や使う部分に注意が必要です。今回は離乳食での鶏卵の進め方について解説します。


学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研プラスから『こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン』を9月17日発売開始されました。2003年発刊以来、シリーズ累計200万部を超えるベストセラー「こどもずかん」初の写真版です。


【医師監修】赤ちゃんにマスクは危険⁉ 不要な理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんにマスクは危険⁉ 不要な理由と注意点

新型コロナウイルスの流行で感染症対策が気になる昨今ですが、その一方で「赤ちゃんはマスクをしない方が良い」と言われています。赤ちゃんがマスクをするとどんな危険があるのか、またマスクを使う時の注意点などについても解説します。


【医師監修】出産予定日を計算|妊娠期間と初期・中期・後期の様子

【医師監修】出産予定日を計算|妊娠期間と初期・中期・後期の様子

妊娠すると、いつ赤ちゃんに会えるのか楽しみになり、生まれてくる時期が気になるものです。妊娠期間はどのくらいの長さなのでしょうか。出産予定日の算出方法や妊娠期間ごとの様子や注意点などを解説します。