こわがりでも、大丈夫。子どものメンタルヘルスをテーマにした絵本『かいじゅうたちはこうやってピンチをのりきった』

こわがりでも、大丈夫。子どものメンタルヘルスをテーマにした絵本『かいじゅうたちはこうやってピンチをのりきった』

子どもたちには「こわいもの」がたくさんあります。子どもたちが不安や恐怖と上手に付き合っていくヒントになる絵本『かいじゅうたちはこうやってピンチをのりきった』(作/新井洋行 監修/森野百合子 パイ・インターナショナル)を、この絵本の編集者である沖本敦子さんが紹介します。


『かいじゅうたちは こうやってピンチをのりきった-かいじゅうとドクターと取り組む1 不安・こわい気持ち-』新井 洋行(著), 森野 百合子(監修)/パイインターナショナル

不安やこわい気持ちの正体は、ゾワゾワちゃん

絵本に登場するかいじゅうたちは、注射や人前で話すこと、夜中のトイレなど、こわいものがいっぱい。それぞれ、ちょっと無茶苦茶なやり方で、ピンチを切り抜けようとするのですが……。

注射が嫌いなサスピッチは……

カチンコチンになって、ピンチを切り抜けた??

みんなは、不安や恐怖に襲われた時に「あるもの」がやってくることに気がつきます。その正体は「ゾワゾワちゃん」。

「ゾワゾワちゃんが くると ドキドキして はしって にげたくなるんだ」とひとりが言うと、みんなは、「うんうん」と頷きます。「こわがりのかいじゅうなんて、かっこわるいよ。ゾワゾワちゃんなんか、出て行け!」とみんなでつめよった時、恐怖のかいじゅう「ゾワゾワキング」が出てきて、ゾワゾワちゃんが出現する意味を教えてくれます。

不安と恐怖の正体は、ゾワゾワちゃんだ!


「ゾワゾワちゃんはね、みんなを こまらせたいわけじゃなくて、たすけたくて あらわれる」のだと。

大人になった私たちでも、プレゼン中に声が震えたり、残酷なニュースに不安定になったり、意見の異なる相手に制御できない怒りをぶつけたりしてしまうことがあります。それらを自ら解決する術や、不安のメカニズムに関する知識のない子どもたちは、コロナ禍の今、なおさら苦しい状況にいることでしょう。

けれども、監修の森野百合子先生(児童精専門医/英国児童・思春期専門家専門医)が書かれているように、不安や恐怖はあなたを苦しめるものではなく、「あぶないものや、気をつけた方がいいものを教えてくれる」大切な信号。ゾワゾワちゃんは、私たちが毎日を安全に過ごせるよう、守ってくれる大切な感情なんです。

不安や恐怖に、キャラクターを与える

世の中には、「勇敢、タフ=かっこいい」「こわがり、弱虫=かっこわるい」という図式が少なからずあります。こわがり=だめな自分と考えると、「強くならなきゃ」とさらに自分を追い込んで、せっかくゾワゾワちゃんが送ってくれているシグナルを見逃してしまいます。ゾワゾワちゃんを無視してがんばり続けた結果、燃え尽きてしまいかねません。

不安を抱かせるのは、弱い自分ではなく、自分の中に宿る「ゾワゾワちゃん」。自分の中に発生する感情にキャラクターを与えることで、私たちはぐっと冷静になれ、客観的な視点を持つことができる。

たとえば、道で小さな子が泣いていたら「どうしたの? だいじょうぶ?」と、落ち着いて声をかけようとする優しさが、人間には備わっているでしょう(と、私は思いたいです)。だから、ゾワゾワちゃんが出てきたら、自己嫌悪でパニックになるのではなく、泣いているゾワゾワちゃんをあやすような気持ちで、不安やこわい気持ちの正体を探っていけばいいのです。

ゾワゾワちゃんは、言葉を持っていませんし、基本的に不器用。私たちを守ろうと必死になるあまり、時に不快で突飛な方法で、私たちを苦しめてくることもある。でも、その裏には、「私たちを守りたい」というゾワゾワちゃんの強い願いがあるのです。

大人も子どもも、こわいものがあってあたり前

みんなそれぞれ、いろいろなものがこわいのです

私は現在、8歳男児育児の真っ最中。もともとこわがり族なのですが、母親になった今も、子ども時代と変わらず臆病でこわがりです。かいじゅうたちがずらりと並んだこのページを息子と見ながら順番に「おこられるの、こわい?」「もっちろん」、「ちゅうしゃはこわい?」「あんまりこわくない」「嘘でしょ? ちゃあちゃんはすっごくこわいよ」なんて、問診票がわりに使って遊びました(「ちゃあちゃん」は母である私のことです)。

面と向かって「あなたのこわいものを、今からふたりで語り合おう」なんて言われても、子どもは警戒して戸惑うだけ。でも、絵本を介したおしゃべりでは、そうしたことも自然にできる。そういう意味でも、私はこのページが大好きです。ちなみに息子は「わらわれるのこわい」に反応していて、「そうか、小学2年生の彼は、他人の評価が気になるまで、内面が成長してきたんだな」と、ちゃあちゃん的にも、思うところがありました。

絵本を介して、不安や恐怖を大人に打ち明ける

「がんばれば、不安や恐怖に打ち勝てる。克服しよう、乗り越えよう」というメッセージも多い世の中で、この絵本はやや異色かもしれません。本書には「不安や恐怖はなくならない。それならば、その感情を嫌悪して追い出そうとせず、受容して、共存していく方法を一緒に考えてみない?」というメッセージが込められています。

大人だって、たいてい不安や恐怖を抱えているもの

絵本というのは、あたたかく、のびのびとした包容力のある媒体。大人と子どもで一緒に楽しめる、親密なコミュニケーションツールでもあります。『かいじゅうたちはこうやってピンチをのりきった』は、そうした絵本の愛すべきフォーマットの上に成り立っている作品です。

「不安やこわい気持ちを大人に言ってはいけない、心配をかけてはいけない」と、本能的に感じている子どもたちが多いからこそ、大人が自ら、自分のこわがり部分をさらけだし、子どもと一緒にくつろいだ空気の中で、この絵本を読んで「こわがりだって、大丈夫」という安心感を育んでほしいと思います。

子どものメンタルヘルスをテーマにした絵本『かいじゅうたちはこうやってピンチをのりきった』が、必要とされる読者に手に届いてくれることを、かいじゅうチーム一同みんなで願っています。こわがり親子や、こわがり中高大学生、社会人。大人になってもこわがり族のみなさまに、ぜひお読みいただけたらうれしいです。

『かいじゅうたちは こうやってピンチをのりきった-かいじゅうとドクターと取り組む1 不安・こわい気持ち-』

『かいじゅうたちは こうやってピンチをのりきった-かいじゅうとドクターと取り組む1 不安・こわい気持ち-』

¥1,485 (税込)

(2021/10/11 時点)

沖本敦子
子どもの本の編集者。ブロンズ新社勤務を経て、フリーランスとなる。編集を手がけた絵本に、ミリオンセラーとなった「だるまさん」シリーズ(かがくいひろし)、『りんごかもしれない』(ヨシタケシンスケ)、「しごとば」シリーズ(鈴木のりたけ)、『たまごのはなし』(しおたにまみこ 以上全てブロンズ新社)、『ねたふりゆうちゃん』(阿部結 白泉社)他多数。麦田あつこの名前で、文章の仕事も手がける。作品に『ねむねむ こうさぎ』『こうさぎ ぽーん』(絵 森山標子ブロンズ新社)などがある。8歳男児と夫の3人暮らし。性格は、楽観的だけど怯え系。
https://twitter.com/AtsukoOkimoto

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連するキーワード


絵本 育児

関連する投稿


26歳差夫婦で第四子妊娠の菊地瑠々さん、切迫流産の危険があり安静命令に「同じような状況のお母さんがいたら頑張っていきましょう」

26歳差夫婦で第四子妊娠の菊地瑠々さん、切迫流産の危険があり安静命令に「同じような状況のお母さんがいたら頑張っていきましょう」

20歳で26歳年上の男性と結婚し、5歳・3歳・1歳の3児ママになったモデルの菊池瑠々さん。現在は第四子を妊娠中ですが、産婦人科受診で切迫流産の危険性を指摘されたと報告しています。


子どもの習い事の「平均月謝」が高額な地域、2位は関東、では1位は? 地域ごとに習い事のジャンルにも特徴が

子どもの習い事の「平均月謝」が高額な地域、2位は関東、では1位は? 地域ごとに習い事のジャンルにも特徴が

国内最大級の子どもの習い事メディア「SUKU×SUKU(スクスク)」は1月18日、「全56ジャンルの習い事平均月謝についてのアンケート」の結果を発表しました。この調査は、0歳から18歳の子どもに習い事を経験させたことのある保護者1,008人のを対象に、子どもの習い事の月謝について地方別の調査結果をまとめたものです。


保育園にお迎えに行くと…娘の髪型が衝撃的なことに!「謎の技術」「重力どうなってるんですか!?」

保育園にお迎えに行くと…娘の髪型が衝撃的なことに!「謎の技術」「重力どうなってるんですか!?」

Twitterで話題の投稿を編集部がピックアップしてお届けします。今回は、保育園でセットしてもらった斬新&ハイレベルな髪型をご紹介!


小倉優子さん、調理家電にドはまり中 自宅でわたあめ、焼き芋、焼き鳥もラクラク手作り!

小倉優子さん、調理家電にドはまり中 自宅でわたあめ、焼き芋、焼き鳥もラクラク手作り!

タレントの小倉優子さんが、ブログでさまざまな調理家電を使う様子を公開。わたあめやピザなど、なかなかお家では手作りできないようなメニューを、子どもたちと一緒に楽しんでいるようです。


【傘の運命】小学生男子の傘の折れ方が理解不能「え? そっち!?」「そこ折れるんだ」

【傘の運命】小学生男子の傘の折れ方が理解不能「え? そっち!?」「そこ折れるんだ」

Twitterで話題の投稿を編集部がピックアップしてお届けします。今回は、「え?そっち!?」と思わず驚いてしまうような小学生男児の傘の折れ方をご紹介!


最新の投稿


【助産師解説】オススメの授乳姿勢はどれ?パターン別授乳の体勢と4つのポイント

【助産師解説】オススメの授乳姿勢はどれ?パターン別授乳の体勢と4つのポイント

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。新生児の赤ちゃんやなかなか吸い付けない赤ちゃん向け、帝王切開後や腰痛があるときにオススメの姿勢、飲み残し・吐き戻し・中耳炎があるときにやってほしい体勢など、パターン別の授乳姿勢をお伝えします。


【助産師監修】乳腺炎を引き起こす食べ物・食事内容とは?乳製品や肉はダメって本当?

【助産師監修】乳腺炎を引き起こす食べ物・食事内容とは?乳製品や肉はダメって本当?

かかるとツライ乳腺炎。できることなら予防したいところですが、そのためにはどんな食事を心がければいいのでしょう。また脂肪分のとりすぎが乳腺炎の原因になるというのは本当でしょうか。ママが知っておきたいポイントを紹介します。


コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

産後ケア普及を通じて「産後を起点とする社会問題(産後うつ/乳児虐待/夫婦不和)の解決」をめざすマドレボニータは、コロナ禍で出産した女性とそのパートナー654人を対象に2021年4月1日~10月31日に実施した「コロナ禍の産後のパートナーシップ」についてのアンケート調査結果を公開しました。


デリケートゾーン初心者さんは新宿マルイ本館へGO! 「はじめてのデリケートゾーンケア」テーマのポップアップストア開催

デリケートゾーン初心者さんは新宿マルイ本館へGO! 「はじめてのデリケートゾーンケア」テーマのポップアップストア開催

「生理に寄り添うセルフケア」をコンセプトにしたフェムテック/フェムケアD2C事業やメディア事業を展開中のあしたるんるんラボは、1月25日〜2月6日に新宿マルイ本館にて「はじめてのデリケートゾーンケア」をテーマにしたポップアップストアを開催します。


精神科医監修|子どもがかわいくないと感じるときはどうする?産後うつとの関係は?

精神科医監修|子どもがかわいくないと感じるときはどうする?産後うつとの関係は?

わが子のことがかわいく思えないことに悩む親御さんは、実は多いようです。ここでは、子どもがかわいくないと感じたことはあるか、その気持ちにどう対処したかを先輩ママに聞きました。現在悩んでいるママへの応援メッセージも紹介します。