最新!男の子(幼児)に人気の習い事5選

最新!男の子(幼児)に人気の習い事5選

子供が大きくなり幼稚園や保育園に行き出すようになると、習い事に通う子も増えてきますよね。現代ではいろんな種類の習い事があり、男・女でも人気の習い事が違うものです。今回は、習い事を始めるときに気をつけたいことや、男の子が夢中になる人気の習い事を紹介していきます。


自分の子供に合う習い事は何?

子供が成長しいろんなことができるようになってくると、子供に何か習い事をさせてあげたいと考える方も多いのではないでしょうか。今ではたくさんの習い事が溢れていて、自分の子供にどんな習い事が合っているのか、何に興味を持つのか、親としても悩むところはたくさんありますよね。

習い事では技術を習得することはもちろん、新しいことへのチャレンジで知らないことも体験でき、子供の世界が広がるチャンスでもあります。一つ一つの習い事は子供にとって、とても影響力が大きくなります。親がやらせたいばかりではなく、子供の意見も尊重しながら、自分の子供に合う習い事をさせてあげられるようにしましょう。

子供が習い事を嫌がったら

せっかくいろいろ悩み考えやらせた習い事でも、子供の方から「やめたい」と言い出すときもあるでしょう。習い事に行きたがらない、「行きたくない!」と泣いてしまう。そんな姿を見ていると「無理に行かせるのもかわいそうだな」と思ってしまいますよね。

やめることは簡単にできます。でも、子供がなぜやめたいと言っているのか?必ず理由があるはず。やめたい理由は、親が予想もしていなかったということもあります。まずは子供の話にしっかりと耳を傾けましょう。それを聞いてから、これから習い事を続けるか否かを考えてみましょう。

時間を置いて、再確認!

習い事を始める前に、無料体験などに一度行ってみるのもおすすめです。体験に行くとほとんどの子供は「やりたい!」と言うと思いますが、そこですぐに入会するのではなく、いったん時間を置いて考えてみましょう。時間を置いている間に興味をなくしてしまっている場合もあります。逆に、体験に行ったときのことを楽しそうにずっと話していたり、体験のときにやったことを家でもするようなら、やる気がみなぎっている証拠。習い事をスタートさせるチャンスです。

子供だから遊びたいのは当然!習い事の数を見直そう!

子供のためにと思い、あれもこれもとたくさんの習い事をさせたいと思うこともありますよね。しかし、子供にとっては遊ぶことも大事な仕事の一つ。遊びを通して社会性も育まれていきます。それに、小さい頃はそれほど難しくなかった学校の勉強も、小学校高学年にもなるとだんだんと難しいものに。勉強と習い事を両立させるのも大変です。「遊びたいのに学校の勉強も習い事も大変…。」では、子供もストレスがたまってしまいます。それが理由で習い事が嫌になってしまうことも。子供がキャパオーバーにならないように、習い事の数も見直してみましょう。

継続は力なり!続ける事に意味がある

習い事を続けることは、メリットもたくさんあります。嫌なことがあってもすぐに逃げ出さない我慢強さが身につきます。嫌な理由を探し、解決策を考える力が養われるのです。それに、一つの習い事を長く続けてきたということは、誇りになり自信にもつながります。大人になってもその自信は持ち続けることになるでしょう。

子供の嫌がるサインは必死なサイン!見逃さずに受け止めて!

子供が習い事を嫌がるのには、必ず理由があります。理由もわからず無理矢理続けさせるのはかわいそうですよね。まずは子供の話をしっかりと聞き、やめたい原因は何なのか、解決策はあるかなどを話し合ってみましょう。やめたい理由として、子供に向いていない習い事をしている場合があります。例えば、体を動かすことが好きなのに、机上に向かって黙々と作業をするような習い事をしているなど。これでは子供もストレスになってしまいます。

ほかには先生と合わないことが原因だったり、いじめが原因の場合もあります。

いじめが原因の場合、とてもデリケートな問題になってきます。ケンカをしただけなのか、もっと深刻な問題なのか。親が様子を見ることももちろん大切ですが、子供がいじめを原因と話してくれているのなら、教室を変えることも検討した方がいいかもしれません。教室を変えても、その習い事でいじめられていたということがトラウマになるのなら、やめさせるのも一つです。

先生が原因の場合は、一度教室に見学に行って、いろいろ質問してみましょう。先生といっても同じ人間。子供である生徒と合わないということも当然あります。子供が先生を嫌がることもあるかもしれません。しかし、そんな時は一緒に先生の悪口を言うのではなく、どうして嫌なのかを探ってみてください。先生に直接話ができる内容や、話すことで解決できることがあるかもしれません。むやみに教室を変えるより、そちらの方が子供にも良い影響を与えられるかもしれませんね。

子供の興味を促す

子供が習い事を始めたいのには、さまざまな理由があります。しかし、時には子供の意見が全く参考にならないときも。そんな時には子供の興味を促してみましょう。

例えば、「お友達が通っているから自分も行きたい!」と言うのであれば、その教室の体験へ行ってみたり、野球やサッカーであれば、実際に観戦に行って子供の興味を促してみるのもいいでしょう。そこで、子供本人に「この習い事がやりたい!」と言わせることが大切です。子供とはいえ、自分の言ったことに責任を持たせるのも大事。

そして、親も子供の習い事に興味を持ってあげましょう。親が子供の習い事に関心がないと、子供も習い事に対して興味がなくなっていきます。習い事から帰ってきたら、「今日はどんなことをしたの?」と話を聞いてあげたり、練習に一緒に付き合ってあげたりなどしてください。親が自分の習い事に興味を持ってくれることは、子供にとっては本当に嬉しいことなんです。それだけで子供のやる気にもつながります。

男の子に人気の習い事

3歳頃にもなると、男の子は女の子に比べて体力のある子が多くなってきます。幼稚園や公園で普段遊んでいるような全身遊びでは物足りない子も。また、運動量を増やすことで、現代の子供の問題とされている運動不足の解消も期待されています。水泳や体操は日常以外での運動量を増やすことができますし、サッカーなどチームで行う習い事では、協調性を育むのにも一役買ってくれます。

体を動かす以外の習い事では、お勉強系の幼児教室なども人気。特に、英語や英会話は小さい頃から英語に触れる習慣を持たせたいと、パパやママに人気の習い事の一つです。

では、男の子に人気の習い事を、一つ一つ詳しくご紹介していきます。

水泳

水泳は、何年も前から幼児期におすすめの習い事として人気です。水泳は全身運動なので、運動不足の解消や全身の筋肉を付けるのにも適した習い事。運動神経を高めることができ、体力作りにも向いています。幼稚園からプール遊びがありますし、小学校に上がると水泳の授業は必ずあります。小さい頃から水泳を習っておくことで水への恐怖心がなくなり、学校でもスムーズに授業を受けることができるようになります。高価な道具を揃える必要もないため、気軽に始められるのも人気の理由です。

英語・英会話

英語・英会話は男女問わず人気の習い事です。最近では、英語活動を保育カリキュラムに組み込んでいる幼稚園もあります。小さい頃は柔軟に音の発音を聞き分けられるため、始めるのが早いほうが良いとされている英語・英会話。早くから英語に触れさせる機会を与えてあげると、お勉強という意識ではなく、英語は楽しいものであり、一つの言語である、という認識も持てるようになります。

体操

最近の子供たちは、テレビやゲームに触れる時間が増えています。それに伴い、子供たちの運動能力も低下していると言われています。体操教室では跳び箱や鉄棒、マット運動など、全身を使って運動できることがたくさん。運動不足の解消にもなり、体を動かすことでストレスの解消にもつながります。全身の体を使うことで、柔軟性が高まり、ケガをしにくい体を作ることも。たくさんのメリットが期待されます。

サッカー

男の子に人気の習い事でおすすめなのがサッカー。男の子は女の子にも増して体力があり、とにかくよく動きます。サッカーは野球に比べ、小さい子供でもゲームになりやすいスポーツ。集団で行うスポーツなので、協調性も養われます。たくさん走り全身を動かすことで、体も丈夫に。転んでしまうことも多くなると思いますが、簡単には泣かない、強い男の子らしさも身に付きます。

幼児教室・そろばん

お勉強系の習い事では、幼児教室やそろばんが人気です。幼児教室では、物の数え方やひらがなの読み書きなどを、少人数制で教えてくれます。幼稚園に入園する前から通わせていて、そのまま続ける子供も多いよう。

そろばんは、計算の基礎や暗算が得意になるだけではなく、手先の器用さや集中力を身に付けることも。数字を注意深く読み取る能力も高まり、大きな桁にも苦手意識がなくなります。数字を読み取るトレーニングが、洞察力の原点になるのです。大人になっても十分活かせることのできる習い事の一つとして人気です。

まとめ

親も悩んでしまう子供の習い事。体力があり、動き回ることが大好きな男の子には、水泳や体操、サッカーのように、全身を使うことができる習い事が人気です。昔から、男の子にはスポーツをさせるのが良いと言われています。ですが最近では、スポーツ系とお勉強系を同時期にさせるのも良いという考えも。

さまざまな習い事がありますが、それぞれ特徴もあり、期待できる効果も違います。バランス良く習わせることで脳の活性化にもつながり、心身共に成長できます。子供にとって、いろんな面でプラスになることがたくさんある習い事。子供の感性を磨くチャンスでもあります。子供がやりたいことをさせてあげるのが一番かもしれませんが、その子の性格も考えて、習わせるものを選ぶのがいいですね。これから習いごとを始めるのに、参考にしてみてください。

【医師監修】子供がスイミングに通う 11個のプラス効果とは?【幼児の習い事】

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/138/

スイミングの効果は筋肉を鍛えることだけではなく、脳にも良い影響が及ぶことが分かっています。じつは今、子供の習い事で人気があるのがスイミングなのです。小さいときから始めることができますし、大人も一緒に楽しむことができるのも魅力です。今回は幼児などの子供がスイミングスクールに通う魅力についてご紹介していきます。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


福田萌、4歳長男がツーショット撮影を全力回避「首を振り全力で映らないようにする息子」

福田萌、4歳長男がツーショット撮影を全力回避「首を振り全力で映らないようにする息子」

この春に一家4人でシンガポールへ移住し、新生活を開始した福田萌さん。一緒に写真を撮ろうとするも4歳の息子さんが全力で首を横振りしてキュートな顔を全然撮らせてくれない~、という「あるある」な状況をInstagramに投稿しています。


土屋アンナ、まるでお姫様な娘たちのバレリーナ姿!「ぷりぷりレオタード」で満面の笑顔

土屋アンナ、まるでお姫様な娘たちのバレリーナ姿!「ぷりぷりレオタード」で満面の笑顔

モデル・歌手の土屋アンナさんが6月5日に更新したInstagramで、長女と次女がバレエのレオタードを着用し、「プリンセス気分」でごきげんな写真を公開。「可愛すぎ」「癒される」と話題です。


【医師監修】3歳児の特徴は? 発育・発達段階と接し方のポイント

【医師監修】3歳児の特徴は? 発育・発達段階と接し方のポイント

3歳はたくさんしゃべって活発に動き回るようになる時期。心も体もぐんぐん成長していきます。その一方で、それまでなかった育児の悩みが増えてくる時期でもあります。3歳ならではの発育・発達の特徴や、育児のお悩み解決策・接し方のポイントについてお話しします。


おうちで体操と英語が学べる!子ども向けオンライン体操教室「イエジム」

おうちで体操と英語が学べる!子ども向けオンライン体操教室「イエジム」

OnTechは7月22日より、オンラインで受講できる子ども向け体操教室「イエジム」の提供を開始しました。


幼児向けスポーツ教室「忍者ナイン」小学校受験合格向け特別講習を開始

幼児向けスポーツ教室「忍者ナイン」小学校受験合格向け特別講習を開始

やる気スイッチグループが展開する幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」は、「スポーツ科学」を用いて秋から始まる私立小学校・国立小学校の入試試験合格に向けた「受験体操特別講習」を東京・神奈川・埼玉・千葉4会場で6月から9月まで各4回ずつ開催します。※埼玉会場は受付終了。


最新の投稿


軽量でパワフル、使い勝手も向上したコードレス スティッククリーナー日立から登場

軽量でパワフル、使い勝手も向上したコードレス スティッククリーナー日立から登場

日立グローバルライフソリューションズは8月下旬より、新モーターの開発で強い吸引力を実現、本体の軽量化、ヘッド部分に新機能を搭載したコードレス スティッククリーナー「パワーブーストサイクロン」PV-BH900Jを発売します。


東芝からシンプルデザインの多機能コンベクションオーブントースター新発売

東芝からシンプルデザインの多機能コンベクションオーブントースター新発売

東芝ライフスタイルは、同社初のコンベクションタイプオーブントースターの高級モデル「HTR-R8」を9月上旬、中級モデル「HTR-R6」を10月中旬より発売すると発表しました。価格はオープン価格です。


夏休みに苦手を克服!「楽しく運動のコツをつかむ! 忍者ナイン夏の陣」開催

夏休みに苦手を克服!「楽しく運動のコツをつかむ! 忍者ナイン夏の陣」開催

総合教育サービス事業のやる気スイッチグループは、7月20日〜8月31日の夏休み期間限定で、幼児・小学生向けスポーツ教室「楽しく運動のコツをつかむ! 忍者ナイン夏の陣」を開催します。9つの体育種目の苦手種目を克服し、得意分野はさらに伸ばそうという目的で、忍者ナインのスタッフが丁寧に指導します。


舟山久美子さんマタニティフォト撮影でハプニング ⇒ 「アタフタして可愛かった」旦那さんの姿

舟山久美子さんマタニティフォト撮影でハプニング ⇒ 「アタフタして可愛かった」旦那さんの姿

モデルでタレントの“くみっきー”こと舟山久美子さんが妊娠8ヶ月で撮影したマタニティフォトを公開。ブログやYouTubeでは撮影の裏側も余すところなく伝えており、少し赤面してしまうほどラブラブな夫婦の姿を披露しています。


【助産師解説】授乳中のおやつは何カロリーまで?食べ方の注意点とおすすめ5選

【助産師解説】授乳中のおやつは何カロリーまで?食べ方の注意点とおすすめ5選

何かとお腹がすく授乳中。間食のおやつは何カロリーまで食べてもOKなのでしょうか?食べ方のポイントや注意点について助産師が解説します。市販のものから手作りまで、おすすめのおやつもご紹介!