近藤千尋さん「イヤイヤ期」に悪戦苦闘「ご飯投げてくる」「夜寝る前は白目になる(笑)」

近藤千尋さん「イヤイヤ期」に悪戦苦闘「ご飯投げてくる」「夜寝る前は白目になる(笑)」

二児のママでタレントの近藤千尋さんが、もうすぐ2歳になる次女のすさまじい「イヤイヤ期」ぶりをInstagramで公開しました。オムツを履くのも服を着るのもイヤがり、ごはんを食べないどころか投げつけることも……。4歳長女のときはイヤイヤ期がなかったそうで、初めてのイヤイヤに悪戦苦闘しています。


次女がイヤイヤ全開!

タレントの近藤千尋さんは、夫のジャングルポケット・太田博久さんと一緒に、4歳と1歳の姉妹を子育て中。9月26日にInstagramを更新し、まもなく2歳になる次女のイヤイヤ期に苦戦していると綴っています。

来月で2歳の次女の「イヤイヤ日記をここに書きます」とした近藤さん。最近の次女は、服も着てくれないし、オムツを履いてくれない時もあるそう。服を着ないでリュックを背負うときもあるそうですが、注意すれば当然「イヤァァ~~~!」なんでしょうね。

食事も大変。「ご飯は投げてくる。(おにぎりは)とくに投げやすそう。それに対して注意するともう食べてくれなくなるよ笑」「冷蔵庫の前でじたばた。アイス!おかし!ジュース!笑」と、映像が目に浮かぶようなイヤイヤっぷりです。

お風呂に入るのも「イヤイヤ」で時間がかかり、歯磨きタイムも「イヤイヤ」でママに歯磨き粉をつけるなど、暴れまくりですが、これは「自分で何でもしたい」という成長の現れで、健全な証拠です。といっても、それに付き合う親はたまったものではありませんよね。

近藤さんは「最近は心を無にすることを覚えて(夜寝る前は白目になるけど。笑)」生活しつつ、鬼のように怒ってしまうこともあるそうで、「家ではいつも走り回って追いかけて(鬼マーク)こんな顔してるよ笑」と綴りました。

「世の中のイヤイヤ期を乗り越えたお母さんお父さんに拍手です。。
こんな時もあったなぁと思える日が来るまで負けないぞ!めげないぞ!!
イヤイヤ期のお子さんを持つ皆さん!
共に頑張りましょう」
(近藤千尋さんInstagramより)

「服を着てぇ~!」はだかんぼでリュックを背負う次女ちゃん

拡大する

イヤイヤ期の対応「どうしたいの!?」はNG

「魔の2歳児」ともいうように、2歳はイヤイヤ期のピーク。自己主張が強くなり、親のいうことを聞かなくなります。でも、これは子どもの中で自我がしっかり育っている証拠です。

子どもは脳の発達が未熟で、感情のコントロールがうまくできないため、思うようにいかないときやうまく伝わらないときにイライラして感情を爆発させてしまいます。2歳くらいになると自立心から、身の回りのことを何でも自分でやりたがるようになります。でも、自分が「したいこと」と「できること」にはギャップがあります。親の手伝いを「イヤ!」と拒否するのですが、実際にやってみると上手にできないので、手伝ってほしい、頼りたいという葛藤が生まれて泣き出してしまうのです。

子どものイヤイヤに付き合うのは、親も精神的に疲れます。でも、子どもの言葉をそのまま受け止めて「あぁもう、どうしたいの!?」と厳しく問い詰めたり、大人が冷静さを失ってかんしゃくを起こすのはNGです。

子どもの「イヤイヤ」が始まったら、まずはその子が何を伝えようとしているのか考え、気持ちを代弁して受け止めましょう。真正面から争ってもお互い傷ついてしまうだけです。かんしゃくを起こしている子どもを落ち着かせるには、まずは大人自身が冷静になることです。体罰や暴言はしつけの効果がないばかりか、子どもの健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、「どうせできないから」と始めから親がやってしまうと、子どものやりたい気持ちを押さえつけてしまい、意欲が育ちません。時間がかかっても見守り、適宜声をかけて手伝い、途中までになってもできたことは褒めてあげましょう。

声かけも大切です。たとえば着替えるとき、何も言わずに突然服を脱がせたら、誰でも驚いて泣いたり、抵抗したりしますよね。子どもも当然同じです。「お風呂に入ろう」「散歩に行こう」「ごはんの時間だよ」など、日常生活のちょっとしたことでも、何かする前に必ず子どもに声をかけましょう。

どうしてもイヤイヤがひどい、対応が難しいと感じるときは、地域の育児相談を利用するなど、専門家に相談することもできます。たとえば、「子どものかんしゃくに対して怒りを覚え、制御不能になることがよくある」「子どものかんしゃくに従い続けている」「子どもが自分自身や他人を傷つけることがある」「子どもが非常に扱いづらく、けんかが多く、ほとんど協力してくれない」といったふうに、とても困っている場合は、専門家への相談を検討してみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連するキーワード


育児 エンタメ ファミリー

関連する投稿


【漫画】先生が告げた驚愕の事実、園でのゆいどんの様子が……家と違うっ!『ワーキング母ちゃん日記』Vol.43

【漫画】先生が告げた驚愕の事実、園でのゆいどんの様子が……家と違うっ!『ワーキング母ちゃん日記』Vol.43

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。隔週火曜日更新で、大好評連載中です。


子どもの耳掃除はやっちゃダメ!? 上原さくらさん「信じられないくらい耳垢が詰まって」と衝撃

子どもの耳掃除はやっちゃダメ!? 上原さくらさん「信じられないくらい耳垢が詰まって」と衝撃

タレントの上原さくらさんが、一歳半になる長女が風邪をひいて耳鼻科へ連れて行き、本当に驚くことがあったとブログに綴っています。それは子どもの耳に、驚くべきサイズの耳垢がたくさん詰まっていたから。子どもの耳掃除をどんなふうにすればいいのか悩むママパパは多いと思いますが、「耳垢は取らなくていい」って本当なのでしょうか?


浜崎あゆみさん帝王切開での出産告白。出産方法に「正しいとか間違いとか、楽だとか大変だとかない」

浜崎あゆみさん帝王切開での出産告白。出産方法に「正しいとか間違いとか、楽だとか大変だとかない」

歌手の浜崎あゆみさんがInstagramに帝王切開の手術痕の画像を投稿し、自身の出産が帝王切開だったことを明かしました。画像には「私は帝王切開をしたママです」から始まる英語の文章があり、浜崎さんは「私は自分のお腹の傷を愛おしく誇りに思う」と綴りました。なぜ、この投稿をしたのでしょうか?


大人気絵本作家、ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」ギフトボックスが発売

大人気絵本作家、ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」ギフトボックスが発売

10月28日(木)に、大人気絵本作家ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」シリーズ(ブロンズ新社)のギフトボックスが、全国の書店で発売になります。


【漫画】その寝かしつけ、一番ダメなパターンやで?『naoファミリーの笑える日常』Vol.2

【漫画】その寝かしつけ、一番ダメなパターンやで?『naoファミリーの笑える日常』Vol.2

育児って、夫婦関係って、毎日こんなにおもしろい!ーー子育て世代なら誰しも共感できる内容なのに、2児のイラストレーターnaoさんの手にかかればクスっと度が倍増する不思議!! 新感覚の「予測不可能×脱力系育児漫画」に、癒されちゃってください♪


最新の投稿


【漫画】私の行動基準は「夫の機嫌を損ねないように」『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.4

【漫画】私の行動基準は「夫の機嫌を損ねないように」『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.4

自己主張ができない性格の主婦・翔子。希望して専業主婦になったものの、夫の顔色をうかがってばかりの日々に嫌気がさし、離婚が頭をよぎるように。大きな話題となった大人気セミフィクション・コミックエッセイ『離婚してもいいですか? 翔子の場合』(著・野原広子/KADOKAWA)の試し読みを連載形式でお届けします。


【誕生日占い】1月10日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

【誕生日占い】1月10日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

『1月10日』生まれの性格や向いてることや苦手なことってどんなこと?占い師lukia☆先生にこの日がお誕生日の子の運勢を占ってもらいました!さらに才能を伸ばすためのヒントや2022年の運勢も。番外編では歴史上の出来事や1月10日生まれの偉人・有名人・アニメキャラも紹介!


【医師監修】蒙古斑が消えない2つのケースとは?消える時期と消えない場合の治し方

【医師監修】蒙古斑が消えない2つのケースとは?消える時期と消えない場合の治し方

赤ちゃんに現れるあざの一種「蒙古斑」(もうこはん)。自然と消えることが多いものの、一部なかなか消えない場合があります。今回は、蒙古斑ができる原因や大人になっても蒙古斑が消えないケース、蒙古斑の治療法などをご紹介します。


「ウヒョーッ♪ スハスハ」ママがこっそり吸っているのは……? 姉弟育児で大事な気遣い【尊】

「ウヒョーッ♪ スハスハ」ママがこっそり吸っているのは……? 姉弟育児で大事な気遣い【尊】

Instagramで子育て漫画を発信されるemocoさん。emocoさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【冷や汗タラーッ……】義実家との付き合いで「やっちゃった!」と思った失敗エピソード13選

【冷や汗タラーッ……】義実家との付き合いで「やっちゃった!」と思った失敗エピソード13選

自分の実家とは勝手が違う義実家。気を付けて過ごしていたけれど、気づくと義両親の顔がひきつってる……。そんな「ヤバッ! 失敗した?」という経験はありませんか? 今回はママたちに、義理の実家とのつき合いで失敗した経験について聞いてみました。