ワクチン接種を済ませたのは半数以上、コロナ禍のママたちの悩みとは?

ワクチン接種を済ませたのは半数以上、コロナ禍のママたちの悩みとは?

ワクチン接種が順次行われているなか、まだまだ終息の目途が立っていない新型コロナウイルス。今回は、ママたちに新型コロナウイルスのワクチン接種の実態とともに、新型コロナウイルスにまつわる悩みなどを聞いてみました。


新型コロナウイルスのワクチンは接種しましたか?

ママたちのワクチン接種の実態は、「1回目のみ接種した」と「2回目も接種した」を足すと、約半数以上が最低1度はワクチンを接種している結果となりました。

では、ママたちはコロナ禍で子育てをするなか、どのような悩みを抱えているのでしょうか。コロナに関する不安や悩みのほか、マスク生活についての悩みについても聞いてみました。

ママたちが抱える、新型コロナウイルスにまつわる不安や悩みとは?

子どもへの感染リスク

●子どもがワクチン接種できない年齢なので心配。(37歳/子ども3歳/電機/営業職)

●子どもがマスクをできないので感染が不安。(30歳/子ども3歳/建設・土木/事務系専門職)

現在、ワクチン接種の対象は12歳以上となっているほか、子どもの年齢によってはマスクをすることが難しいケースもあります。感染予防の方法が限られてくるため、子どもへの感染を懸念しているママの声が挙げられました。

休園・休校時の対応

●学校や保育園、ひとりコロナにかかるだけで学級閉鎖や登園自粛というのが困る。(34歳/子ども11歳・7歳・6歳・1歳/その他/その他)

●幼稚園が分散登園になって、子どもが家で体力を持て余している。(34歳/子ども5歳/不動産/販売職・サービス系)

休校や休園にともない、本来は学校や園に行くはずの日も自宅で過ごす子どもがいるケースもあるようです。急に言われても仕事の調整があるし、お昼ご飯も用意しないといけないし、ママもその対応に追われて大変。終息の目処も立っていないなか、この状況がいつまで続くのか不安ですよね。

ワクチンにまつわる不安も

●(ワクチンを)打つ予定ですが、接種後に亡くなっている方もおり、果たしてワクチンが安心なのか不安もあります。(38歳/子ども6歳・4歳/専業主婦)

●副反応が怖いです。体がだるくて子どものお世話できなくなるのが辛いです。(29歳/子ども2歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

ワクチン接種は順次行われていますが、接種後の急変や副反応、接種後の感染などといったネガティブなニュースが取りざたされているのも事実。ワクチンを打ったから安心、とはなかなかならない状況です。

ママたちが抱える、マスク生活のストレスや悩みは?

子どもにマスクをさせることの難しさ

●3歳ではマスクも難しく、布でも嫌がって外してしまう。(39歳/子ども3歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

●子どもがすぐマスクをなくしてしまうこと。(32歳/子ども5歳/金融・証券/事務系専門職)

●4歳の子どもは慣れていないため、マスクを5分も経たないうちに外してしまいます。(38歳/子ども6歳・4歳/専業主婦)

本来であれば子どもにもマスク着用を徹底させたいところですが、年齢によってはマスクができなかったり、マスクの着用を嫌がってすぐに外してしまったりすることも。子どものマスク管理が難しいのも、ママたちの悩みとなっているようです。

肌荒れしてしまう

●マスク荒れ。夏だったこともあり、蒸れすぎてしまったのか、人生で初めてすごい肌荒れをした。(40歳以上/子ども4歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

●汗をかく時期に不織布マスクをしていると、鼻の下あたりがかぶれて痛くなる。(35歳/子ども1歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

この夏もコロナ禍で、マスク着用が徹底されました。そんななかで、多くの人を悩ませたのが蒸れによる肌荒れ。「マスクの素材が肌に合わず、かぶれてしまった」というママの声もありました。

息苦しい……!!

●息苦しいので、知らぬ間に鼻がマスクから出ている。(31歳/子ども3歳/医療・福祉/事務系専門職)

●息苦しさで辛い。(33歳/子ども1歳/商社・卸/営業職)

ちょっと急いで走ったときや、少し気温が高いときなど、マスクで鼻ごと覆うのが辛く、息苦しさに悩むママの声も。かといって、呼吸が楽にできるスカスカなマスクを着用するのも心配です。

メイク崩れでモヤモヤ

●化粧が崩れる。(29歳/子ども5歳/小売店/販売職・サービス系)

●マスクで化粧が乱れる。(26歳/子ども2歳/機械・精密機器/事務系専門職)

マスクによって、メイクが崩れたり、ファンデーションがマスクについてしまったり、という悩みも多数挙げられました。一方で、「マスク着用によって化粧をする必要がなくなった」というママの声もありました。

まとめ

新型コロナウイルスのワクチン接種は、半数以上が2回接種済み、あるいは1回目のみ接種しているという結果となりました。一方で、ワクチンの副反応や接種後の感染を懸念する声も多いほか、終息の目途が立たないなかで多くのママたちが不安や悩みを抱えていることもわかりました。長期にわたるマスク生活も、ストレスや悩みの原因となっているようです。今はできる限り感染拡大予防に努め、この状況が落ち着く事を願うほかありません。

マイナビ子育て調べ
調査日時:2021年9月3日〜13日
調査人数:113人(22歳〜40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連するキーワード


ライフスタイル

関連する投稿


ランジェリーにもパーソナルカラーを!気づかなかった魅力を引き出すランジェリーが新登場

ランジェリーにもパーソナルカラーを!気づかなかった魅力を引き出すランジェリーが新登場

RAVIJOURが展開するランジェリーブランド「ravime(ラヴィミー)」は11月18日、パーソナルカラーリストとして活躍する亜耶バネッサ氏の監修アイテムを、ravime公式オンラインストアで発売します。11月19日からは、全国の店舗にて販売を開始します(一部店舗を除く)。


【ふるさと納税】もっとも満足度の高かった返礼品はお肉! では不満だった返礼品は?

【ふるさと納税】もっとも満足度の高かった返礼品はお肉! では不満だった返礼品は?

アグリコネクトが運営する農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン『AGRI PICK』は11月17日、ふるさと納税に関するアンケート調査の結果を発表しました。同調査は9月29日~10月6日、ふるさと納税の経験者207名を対象に実施しました。


垂れる、しぼむ……産後のバスト問題、ママたちの切実な本音

垂れる、しぼむ……産後のバスト問題、ママたちの切実な本音

女性にとって妊娠・出産は大きな仕事のひとつです。そこで気になるのが、バストの変化。大きさや形などの変化が大きいため、産後は自分に合うブラジャーが見つからない、なんて人も。そこでママたちに、出産後のバストの悩みについて聞いてみました。


レジ袋の有料化から1年! エコバックと有料レジ袋、どちらを活用してる?

レジ袋の有料化から1年! エコバックと有料レジ袋、どちらを活用してる?

2020年7月1日にレジ袋の有料化が始まって、1年以上が経ちました。今やエコバックを持ち歩くことが習慣化したという人も多いでしょう。一方で、今でもついレジ袋を買って使ってしまうという人も。ママたちは、どちらを使っている人が多いのでしょうか? 理由も合わせて調査してみました。


【漫画】防災するのとしないのではこんなに違う!『防災クエスト』Vol.1

【漫画】防災するのとしないのではこんなに違う!『防災クエスト』Vol.1

「防災ってRPGに似ているんです!」防災のプロとして活躍する国際災害レスキューナース・辻直美さんと現役パパの漫画家・エイイチさんの最新刊『防災クエスト』(小学館クリエイティブ)より、家族みんなでできる防災をご紹介。家族というパーティで協力してアイテムをそろえ、レベルを上げる……。「防災クエスト」はじまりはじまり!


最新の投稿


近所の子どもが遊びにきたときのこと。大人が忘れてしまったものに「ハッ」とされられた

近所の子どもが遊びにきたときのこと。大人が忘れてしまったものに「ハッ」とされられた

Instagramで子育て漫画を発信されるシブヤツキミさん。シブヤツキミさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【コストコ】ベトナム麺「フーティユ ナンバン」知ってる? ハマっちゃうおいしさを徹底解説!

【コストコ】ベトナム麺「フーティユ ナンバン」知ってる? ハマっちゃうおいしさを徹底解説!

ベトナムの麺料理「フーティユナンバン」ってご存知ですか? 実は我が家は、ベトナム麺と言えば、フォーしか知りませんでした。今回ご紹介する麺料理は2通りの楽しみ方ができて本当においしいです。短期間で箱売りをリピ買いした程のハマり具合なので、ご紹介します。


助産師解説!母乳でおっぱいに左右差|量・張り・痛み・しこりの対処法<体験談>

助産師解説!母乳でおっぱいに左右差|量・張り・痛み・しこりの対処法<体験談>

母乳をあげていると「片側だけ出方が悪い」「左右で大きさが違ってきた」等、左右差が気になることがあります。アンケートでもそんな状況にとまどった経験談が集まりました。今回は、母乳育児中に左右差の悩みがあるときの具体的な対処法について、助産師の坂田先生に解説してもらいます。


「いきみます!」泣きすぎて息苦しい、目がかすむ……最後の踏ん張りどころ【思ってたんとちがう! 無痛分娩レポ Vol.17】

「いきみます!」泣きすぎて息苦しい、目がかすむ……最後の踏ん張りどころ【思ってたんとちがう! 無痛分娩レポ Vol.17】

はじめての出産は未経験だからこそ理想を思い描きますよね。Instagramで子育て漫画を発信するほかほか命(@hokahokainochi)さんもそんなおひとり。しかし実際の出産は……思ってたんと違う! 今回はほかほか命さんの無痛分娩の出産レポを短期連載でご紹介!『思ってたんとちがう! 無痛分娩レポ 第17回』


【売り切れ御免!】 見かけたらすぐにカートインして! コストコの最新ホットデリまとめ

【売り切れ御免!】 見かけたらすぐにカートインして! コストコの最新ホットデリまとめ

コストコのデリカコーナーでは、オーブンや電子レンジなどで簡単に調理して食べられるものと、そのまますぐに食べられるホットデリがあります。ホットデリは調理済みな上に、売り場も常に温められていて、温かいのが嬉しい! 今回は、コストコで売っている最新のホットデリにスポットを当てて、紹介していきたいと思います。