【漫画】テレワーク終了!  私も息子も綱渡りの毎日だけど……『発達障害親子のワーママDAYS』Vol.11(最終回)

【漫画】テレワーク終了! 私も息子も綱渡りの毎日だけど……『発達障害親子のワーママDAYS』Vol.11(最終回)

長男は自閉スペクトラム症と注意欠如・多動症。グラフィックデザイナーとして働く私も発達障害の傾向があって……? 凸凹親子の日常を描いたコミックエッセイ『発達障害親子のワーママDAYS』、いよいよ最終回です。


<<『発達障害親子のワーママDAYS』をすべて読む>>
よいこ
この漫画の著者。専業主婦からグラフィックデザイナーのパートとして再就職し、現在は仕事と家庭の両立を目指すワーママ。4歳差育児に奮闘中。
長男 あー
自閉症スペクトラム(ASD)・注意欠陥・多動性障害(ADHD)で、特別支援学級に在籍する小学4年生。

よいこさんのテレワークが終わり、あーくんは?

前回の続きです。

あーくんの登校しぶりが出始めたことで、仕事と育児の両立に悩んでいたよいこさん。しかし、テレワークという状況を利用して「いつでもあーくんを家で見れる状態」にしておいたり、夫さんと協力したりしながらが、あーくんが登校できるよう、今できることをして全力サポート。

そしていよいよ、よいこさんのテレワークが終了する日を迎えようとしていたのでした。

ここまで、発達障害母子のドタバタな日々にお付き合いいただきありがとうございました!

正直いまだに、いつ長男が不登校になるかという恐怖と戦いながらの毎日です。ましてやコロナ。どの親御さんも、学校に行かせるも地獄、行かせないも地獄ですよね。

ただ、発達障害長男の将来のためにもお金があるに越したことはないし、何より自分のためにも、まだしばらくは仕事を続けたいなあと思っています。
そして、もし同じような境遇で悩まれていたり、迷われていたりするママさんがいらっしゃるとしたら、とりあえず言いたいことは「環境を変えることを恐れないでほしい!」ということ!

外で働いて賃金を得ることばかりが価値があるわけではないし、今がその時ではない人もいると思う。でも、もしちょっとでもやってみたいと思うなら、家族を巻き込んで実行してみてほしい。

発達障害当事者で、子供も発達障害、オット社畜、実家遠方の超ハイリスクなわたしが言うんだから、間違いないって保証します! 案外どうにかなるよ!


(漫画・文:よいこ)


自身も発達障害グレーゾーンでありながら、発達障害の息子を育てるよいこさんの奮闘記は、これで終了です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

(編集部)

<<『発達障害親子のワーママDAYS』をすべて読む>>

よいこさんのプロフィール

長男9歳、次男5歳の2児の母で、社畜系転勤族の妻。長男は自閉症スペクトラム(ASD)・注意欠陥・多動性障害(ADHD)の診断あり。ほぼ実録の漫画をInstagramやブログに投稿しています。

Blog「地獄でなぜ悪い。~自閉症&ADD長男との待った無しDAYS」
Instagram @yokoiyoiko

※本記事にでてくる病気、症状、治療法に関する表現は、作者の個人的な体験にもとづくものです。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

<<よいこさんの以前の連載『専業主婦の再就職日記~アウェイ育児の向こうがわ』をすべて読む>>

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


子どもの耳掃除はやっちゃダメ!? 上原さくらさん「信じられないくらい耳垢が詰まって」と衝撃

子どもの耳掃除はやっちゃダメ!? 上原さくらさん「信じられないくらい耳垢が詰まって」と衝撃

タレントの上原さくらさんが、一歳半になる長女が風邪をひいて耳鼻科へ連れて行き、本当に驚くことがあったとブログに綴っています。それは子どもの耳に、驚くべきサイズの耳垢がたくさん詰まっていたから。子どもの耳掃除をどんなふうにすればいいのか悩むママパパは多いと思いますが、「耳垢は取らなくていい」って本当なのでしょうか?


浜崎あゆみさん帝王切開での出産告白。出産方法に「正しいとか間違いとか、楽だとか大変だとかない」

浜崎あゆみさん帝王切開での出産告白。出産方法に「正しいとか間違いとか、楽だとか大変だとかない」

歌手の浜崎あゆみさんがInstagramに帝王切開の手術痕の画像を投稿し、自身の出産が帝王切開だったことを明かしました。画像には「私は帝王切開をしたママです」から始まる英語の文章があり、浜崎さんは「私は自分のお腹の傷を愛おしく誇りに思う」と綴りました。なぜ、この投稿をしたのでしょうか?


大人気絵本作家、ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」ギフトボックスが発売

大人気絵本作家、ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」ギフトボックスが発売

10月28日(木)に、大人気絵本作家ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」シリーズ(ブロンズ新社)のギフトボックスが、全国の書店で発売になります。


熊田曜子さん娘の誕生日に感慨「夜中も8回起きるとかが普通」だった赤ちゃん時代の苦労を振り返る

熊田曜子さん娘の誕生日に感慨「夜中も8回起きるとかが普通」だった赤ちゃん時代の苦労を振り返る

タレントで三姉妹を育てるママの熊田曜子さんが、次女の6歳の誕生日をお祝いしたことをInstagramで明かしています。個室のイタリアンレストランで、次女の好きな食べ物尽くしでお祝いをしたそう。熊田さんは6年前の日々を思い出して感慨深げです。


JOYさん「イクメンという言葉は大事」⇒「育児は妻にまかせてる」「オムツ替えない」というパパも未だに……「意識変えていきたい」

JOYさん「イクメンという言葉は大事」⇒「育児は妻にまかせてる」「オムツ替えない」というパパも未だに……「意識変えていきたい」

タレントで一児の父であるJOYさんが、「イクメン」という言葉に違和感を覚えつつもまだまだ「イクメン」が必要な理由を、Instagramで綴っています。JOYさんは「イクメンオブザイヤー2021」の芸能部門を授賞し、10月19日に東京都内で行われた授賞式に出席しています。


最新の投稿


【漫画】私の行動基準は「夫の機嫌を損ねないように」『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.4

【漫画】私の行動基準は「夫の機嫌を損ねないように」『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.4

自己主張ができない性格の主婦・翔子。希望して専業主婦になったものの、夫の顔色をうかがってばかりの日々に嫌気がさし、離婚が頭をよぎるように。大きな話題となった大人気セミフィクション・コミックエッセイ『離婚してもいいですか? 翔子の場合』(著・野原広子/KADOKAWA)の試し読みを連載形式でお届けします。


【誕生日占い】1月10日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

【誕生日占い】1月10日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

『1月10日』生まれの性格や向いてることや苦手なことってどんなこと?占い師lukia☆先生にこの日がお誕生日の子の運勢を占ってもらいました!さらに才能を伸ばすためのヒントや2022年の運勢も。番外編では歴史上の出来事や1月10日生まれの偉人・有名人・アニメキャラも紹介!


【医師監修】蒙古斑が消えない2つのケースとは?消える時期と消えない場合の治し方

【医師監修】蒙古斑が消えない2つのケースとは?消える時期と消えない場合の治し方

赤ちゃんに現れるあざの一種「蒙古斑」(もうこはん)。自然と消えることが多いものの、一部なかなか消えない場合があります。今回は、蒙古斑ができる原因や大人になっても蒙古斑が消えないケース、蒙古斑の治療法などをご紹介します。


「ウヒョーッ♪ スハスハ」ママがこっそり吸っているのは……? 姉弟育児で大事な気遣い【尊】

「ウヒョーッ♪ スハスハ」ママがこっそり吸っているのは……? 姉弟育児で大事な気遣い【尊】

Instagramで子育て漫画を発信されるemocoさん。emocoさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【冷や汗タラーッ……】義実家との付き合いで「やっちゃった!」と思った失敗エピソード13選

【冷や汗タラーッ……】義実家との付き合いで「やっちゃった!」と思った失敗エピソード13選

自分の実家とは勝手が違う義実家。気を付けて過ごしていたけれど、気づくと義両親の顔がひきつってる……。そんな「ヤバッ! 失敗した?」という経験はありませんか? 今回はママたちに、義理の実家とのつき合いで失敗した経験について聞いてみました。