【漫画】辞めたかったけど……育休から復職してよかったこと『夫を捨てたい。』Vol.1

【漫画】辞めたかったけど……育休から復職してよかったこと『夫を捨てたい。』Vol.1

「好きだから結婚したはずなのに、どうしてこうなっちゃったんだろう。私は夫を捨てたいと思っている……」ギクリとするような言葉ではじまる、いくたはなさんのコミックエッセイ『夫を捨てたい。』。この話題作から、衝撃のクライマックスにあたる4章「夫を捨てた日」を切り出して短期集中連載!


<<『夫を捨てたい。』より「夫を捨てた日」をすべて読む>>

育休前は辞めたかった仕事、でも復職はうれしかった

大学生のときに付き合い始め、社会人3年めで、妊娠を機に結婚。「この人とならしあわせになれる」と思っていた、いくたはなさん。

しかし、子どもが産まれて、家事に育児にと生活が一変したはなさんに対し、夫の生活は何も変わらないように見えました。

飲み会に行けば連絡もなく朝帰り、夫婦の会話といっても仕事の愚痴を聞くばかり。もちろん、家事も育児も、はなさんに丸投げ。夫への不満がたまっていくはなさん。やがて、夫とうまく会話できない、腹が立っても、ちゃんと怒ることもできないと感じるように……。

妊娠がわかったときは、仕事を辞めて家庭に入りたいと思っていましたが……。育休中は社会にとりのこされたように孤独で、少し早めに仕事に復帰することにしたのでした……。

家事、育児、仕事が三つどもえになって襲ってくる仕事復帰後のママ。

忙しく、相変わらずの夫に不満を感じながらも、徐々に仕事にも慣れてきて、穏やかな日々をすごせるようになったはなさんでしたが……。

次回、つかのまの平和に、終わりを告げるできごとが起こります。

(漫画:いくたはな/文:マイナビ子育て編集部)

<<『夫を捨てたい。』より「夫を捨てた日」をすべて読む>>

書籍『夫を捨てたい。』について

夫を捨てたい。

¥ 1,078

(2020/09/08 時点)

共働きなのに家事をしてくれない夫。週に何度も飲み会に参加して、朝帰り。
子どもが生まれてからも、それは変わらない。

仕事、家事、育児、すべてが私の肩にのしかかっている。
どうして私ばかり頑張らなきゃいけないの?

そんなとき、働きながら子どもを育てているママがつい考えてしまう「この結婚、間違ってた?」というキモチを漫画化した話題作、いくたはなさんの『夫を捨てたい。』(祥伝社)。

書籍のなかでは、

・1人め育休中の孤独
・飲み会に行ったきりの夫を待つ夜
・夫と元カノが一緒に歩いているところを目撃!それなのに……
・復職直後のドタバタ

など、見逃せないエピソードがたっぷり描かれています。

いくたはなさんのプロフィール

育児に仕事に奔走する母。
育児の体験談や夫婦の出来事をイラストや漫画で描き、ブログやInstagramに投稿。
2020年9月刊行の著書『夫を捨てたい。』(祥伝社)が注目を集める。
2021年9月15日には、夫に対してだけ苛立ちが止まらない妻を描いた『夫にキレる私をとめられない』(KADOKAWA)を発売したばかり。

ブログ 「いくたの前向記後向」
Instagram @iktaa222

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


子どもの耳掃除はやっちゃダメ!? 上原さくらさん「信じられないくらい耳垢が詰まって」と衝撃

子どもの耳掃除はやっちゃダメ!? 上原さくらさん「信じられないくらい耳垢が詰まって」と衝撃

タレントの上原さくらさんが、一歳半になる長女が風邪をひいて耳鼻科へ連れて行き、本当に驚くことがあったとブログに綴っています。それは子どもの耳に、驚くべきサイズの耳垢がたくさん詰まっていたから。子どもの耳掃除をどんなふうにすればいいのか悩むママパパは多いと思いますが、「耳垢は取らなくていい」って本当なのでしょうか?


浜崎あゆみさん帝王切開での出産告白。出産方法に「正しいとか間違いとか、楽だとか大変だとかない」

浜崎あゆみさん帝王切開での出産告白。出産方法に「正しいとか間違いとか、楽だとか大変だとかない」

歌手の浜崎あゆみさんがInstagramに帝王切開の手術痕の画像を投稿し、自身の出産が帝王切開だったことを明かしました。画像には「私は帝王切開をしたママです」から始まる英語の文章があり、浜崎さんは「私は自分のお腹の傷を愛おしく誇りに思う」と綴りました。なぜ、この投稿をしたのでしょうか?


熊田曜子さん娘の誕生日に感慨「夜中も8回起きるとかが普通」だった赤ちゃん時代の苦労を振り返る

熊田曜子さん娘の誕生日に感慨「夜中も8回起きるとかが普通」だった赤ちゃん時代の苦労を振り返る

タレントで三姉妹を育てるママの熊田曜子さんが、次女の6歳の誕生日をお祝いしたことをInstagramで明かしています。個室のイタリアンレストランで、次女の好きな食べ物尽くしでお祝いをしたそう。熊田さんは6年前の日々を思い出して感慨深げです。


JOYさん「イクメンという言葉は大事」⇒「育児は妻にまかせてる」「オムツ替えない」というパパも未だに……「意識変えていきたい」

JOYさん「イクメンという言葉は大事」⇒「育児は妻にまかせてる」「オムツ替えない」というパパも未だに……「意識変えていきたい」

タレントで一児の父であるJOYさんが、「イクメン」という言葉に違和感を覚えつつもまだまだ「イクメン」が必要な理由を、Instagramで綴っています。JOYさんは「イクメンオブザイヤー2021」の芸能部門を授賞し、10月19日に東京都内で行われた授賞式に出席しています。


【漫画】一人暮らししたい兄、1歳弟に塩対応される⇒その理由は?『クールな長男は、今日も家族に甘い』Vol.15

【漫画】一人暮らししたい兄、1歳弟に塩対応される⇒その理由は?『クールな長男は、今日も家族に甘い』Vol.15

あおの家長男ヒカくん(高3)は、クールなふりして実は家族に激甘!? 年の離れたメリちゃん(小5)、ルルちゃん(小1)、チイくん(1歳)との兄弟愛は、胸キュン必至です!


最新の投稿


【漫画】私の行動基準は「夫の機嫌を損ねないように」『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.4

【漫画】私の行動基準は「夫の機嫌を損ねないように」『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.4

自己主張ができない性格の主婦・翔子。希望して専業主婦になったものの、夫の顔色をうかがってばかりの日々に嫌気がさし、離婚が頭をよぎるように。大きな話題となった大人気セミフィクション・コミックエッセイ『離婚してもいいですか? 翔子の場合』(著・野原広子/KADOKAWA)の試し読みを連載形式でお届けします。


【誕生日占い】1月10日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

【誕生日占い】1月10日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

『1月10日』生まれの性格や向いてることや苦手なことってどんなこと?占い師lukia☆先生にこの日がお誕生日の子の運勢を占ってもらいました!さらに才能を伸ばすためのヒントや2022年の運勢も。番外編では歴史上の出来事や1月10日生まれの偉人・有名人・アニメキャラも紹介!


【医師監修】蒙古斑が消えない2つのケースとは?消える時期と消えない場合の治し方

【医師監修】蒙古斑が消えない2つのケースとは?消える時期と消えない場合の治し方

赤ちゃんに現れるあざの一種「蒙古斑」(もうこはん)。自然と消えることが多いものの、一部なかなか消えない場合があります。今回は、蒙古斑ができる原因や大人になっても蒙古斑が消えないケース、蒙古斑の治療法などをご紹介します。


「ウヒョーッ♪ スハスハ」ママがこっそり吸っているのは……? 姉弟育児で大事な気遣い【尊】

「ウヒョーッ♪ スハスハ」ママがこっそり吸っているのは……? 姉弟育児で大事な気遣い【尊】

Instagramで子育て漫画を発信されるemocoさん。emocoさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【冷や汗タラーッ……】義実家との付き合いで「やっちゃった!」と思った失敗エピソード13選

【冷や汗タラーッ……】義実家との付き合いで「やっちゃった!」と思った失敗エピソード13選

自分の実家とは勝手が違う義実家。気を付けて過ごしていたけれど、気づくと義両親の顔がひきつってる……。そんな「ヤバッ! 失敗した?」という経験はありませんか? 今回はママたちに、義理の実家とのつき合いで失敗した経験について聞いてみました。