【医師監修】子供の胃腸炎、症状と原因は? 気をつけたい脱水症状とケア

【医師監修】子供の胃腸炎、症状と原因は? 気をつけたい脱水症状とケア

子供を苦しめる胃腸炎には、さまざまな原因があります。今回は、子供の胃腸炎について、考えられる原因、症状、治療法、そしてホームケアについてご紹介します。


この記事の監修ドクター
向洋こどもクリニック 梶梅 輝之先生
川崎医科大学 卒業後、広島市立 舟入病院小児科部長を経て向洋こどもクリニックを開院。子供の病気の診療や予防はもちろんのこと、心身の健全な発達を支援し、ご家族の皆様と子供の成長をともに喜び合えるクリニックにして行きたいと考えています。
http://www.mndcc.jp/index.html

子供の胃腸炎とは?

Getty logo

子供の胃腸炎の原因

胃腸炎とはその名の通り、何らかの原因で胃腸に炎症が起きた状態のことです。主な原因を紹介します。

■ウイルス
・ノロウイルス
・ロタウイルス
・アデノウイルス など
*冬期に感染することが多いです。

■細菌
・腸炎ビブリオ
・サルモネラ
・病原性大腸菌
・カンピロバクター など
*夏期に感染することが多いです。

■寄生虫
・アメーバ
・クリプトスポリジウム など

乳幼児の胃腸炎の原因は「ロタウイルス」が多い

生後6ヶ月~2歳児がかかりやすいのが、ロタウイルスによる胃腸炎です。5歳までにほぼすべての子供がロタウイルスに感染するとされています。ロタウイルスに感染した患者の嘔吐物や便などの処理後に十分な手洗いが行われなかった場合の手指や、それによって汚染されたドアノブなどを介して、ウイルスが口に入ることで感染します。

中でも、乳幼児は、症状が激しく出るケースが多いです。主な症状として、水のような下痢や嘔吐を繰り返し、発熱、腹痛なども起こります。脱水症状がひどくなる場合もあり、入院が必要になることがあります。

ロタウイルスへの感染の予防として、予防接種が挙げられます。日本ではロタウイルスのワクチン2種類が承認されており、任意接種が可能です。

なお、感染しているかどうかは嘔吐物や便を処理するときは不明なので、体液を含んでいるものを扱うときは、常に感染している可能性があるとみなして、使い捨ての手袋を用いたり、十分に手洗いをしたり、日頃から十分に注意していくことが望ましいでしょう。

子供の胃腸炎の症状

Getty logo

代表的な症状

以下に、子供の胃腸炎の症状として考えられるものをご紹介いたします。

・嘔吐
・下痢
・腹痛
・発熱
・吐き気

脱水症状のサインとは?

胃腸炎の合併症で最も多いのは「脱水症状」です。胃腸炎になると、嘔吐や下痢で体の水分が失われていきますので、脱水症状にならないように、十分に注意して看てあげる必要があります。以下、「脱水症状のサイン」をご紹介します。

・唇や舌、手のひらが乾いている
・尿が濃い、量が少ない
・顔色が良くない
・元気がなくぐったりしている、うとうとしてすぐに寝てしまう
・皮膚にはりがない

子供の胃腸炎の治療法

Getty logo

基本的な治療法

ウイルス性胃腸炎には有効な薬がありません。よって、それぞれの個別の症状に対する対症療法が行われます。脱水を防ぐための水分補給と栄養補給が中心となり、点滴が必要となる場合も。

細菌性胃腸炎の場合も対症療法が行われ、抗生物質(抗菌薬)は必要ないことが多いとされています。

子供の胃腸炎のホームケア

Getty logo

最も重要なのは「水分補給」

胃腸炎にかかると、下痢や嘔吐によって水分が失われていきます。このような脱水症状は、子供の生命に危険を与える可能性もありますから「水分補給は最も重要なケア」です。以下、水分のとり方をご紹介します。

■経口補水液
・薬局などで購入できる市販のものとしては「OS-1」「アクアライトORS」など
・家庭では、湯冷まし1Lに、食塩3g(小さじ1/2杯)、砂糖40g(大さじ4.5杯)、好みで果汁(レモンやグレープフルーツなど)を混ぜて作ることができます。

■経口補水液の飲ませ方(経口補水療法)
最初は5cc(ティースプーン1杯)から始めて、1~5分おきに飲ませてください。嘔吐が見られなければ少しずつ1回に飲む量を増やしていきます。一度にたくさん飲ませると吐いてしまい、かえって脱水が進んでしまうことがあるので気をつけましょう。まだ母乳(ミルク)を飲んでいる赤ちゃんの場合は、母乳(ミルク)を少しずつ何度も与えてください。

心配な点がある場合は、医師に相談しましょう。

食事やお風呂

■食事
嘔吐が続いているうちは、食事を与えても、すぐに吐いてしまうので、無理に与えなくて大丈夫です。水分を与えても嘔吐しなくなったのを確認したら、食事を与えます。食事は、消化吸収の良いものが基本です。食物繊維の多い食べ物、刺激の強い食べ物、脂質の多い食べ物は、胃腸に負担をかけるので避けましょう。望ましい食事は、おじや、うどん、すりおろしりんご、スープ、豆腐、ヨーグルトなどです。食材は小さくカットしてください。1回の食事で食べられる量は少なくしつつ、1日5回前後など、食事の回数を分けてあげましょう。

■風呂
38度を超える発熱をしていたり、吐き気が強い時、下痢が止まらない時などは体力を消耗させないためにお風呂に入らないほうが良いでしょう。症状が悪化してしまう可能性があるほか、吐瀉物や下痢で、浴槽を汚染してしまう可能性があり、衛生面で問題があります。

すでに吐き気は治まっているが、多少下痢があるという状態では、ごく短い時間の入浴ならば大丈夫です。長時間の入浴は、体力を使うため控えましょう。また、体調が戻らず発熱などがあっても「体がべとべとして気持ち悪い」ということは特に夏場などには多いはずです。このような場合は、お湯を使った濡れタオルで体を拭いてあげましょう。

また、下痢のうんちは肌を刺激しやすいので、お尻についたままにしていると、肌がかぶれてしまいます。下痢をしたら、すぐにおむつを交換して、シャワーや座浴でお尻を清潔にしてから、極力こすらないようにしつつ柔らかいタオルなどで水分を拭き取ってあげてください。また、二次感染を防ぐため、おむつ交換のあとには石けんを使って十分に手洗いをしましょう。

【医師監修】子供の水いぼの原因と感染経路は? 予防と治療法などについて

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1261

子供の皮膚に、肌と同じ色をした丸くツルッとしたブツブツができているという場合は、「水いぼ」かもしれません。ここでは、水いぼができる原因や感染経路、水いぼができたときの治療法や対処法などをご紹介していきます。

まとめ

Getty logo

胃腸炎は適切なケアによって重症化を防げる医療が進んできています。乳児は症状の進行が早く、下痢などによる脱水症状も起こる可能性があるため、症状が出たら早めに、病院を受診させてください。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.20)

※記事の修正を行いました(2019.06.17)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

ベビー・子ども向けブランド「the kindest」から、初の子ども向けおやつ、ソフトクッキーが、販売開始されました。


「Afternoon Tea LIVING」の新作レインアイテムが優秀! ママ注目の機能をチェック

「Afternoon Tea LIVING」の新作レインアイテムが優秀! ママ注目の機能をチェック

「Afternoon Tea LIVING」は、レインアイテムの新作を5月27日から発売します。


外出自粛のストレス解消に! 親子で参加できる「はぎゅわっとチャレンジ」がスタート

外出自粛のストレス解消に! 親子で参加できる「はぎゅわっとチャレンジ」がスタート

妊活・妊娠・育児情報を発信するInstagram「Hagyu」は、コロナ禍における子育てコミュニケーションとストレス解消を推進するキャンペーンを開始しました。


雨も夏の日も万能! 気候に合わせて使える“自転車用チャイルドシートカバー”が登場

雨も夏の日も万能! 気候に合わせて使える“自転車用チャイルドシートカバー”が登場

育児グッズブランド「chibito」から、自転車のチャイルドシート用レインカバーにサンシェードと蚊よけの機能を加えた、オールシーズン使えるチャイルドシートカバーが、5月25日より発売されます。


ストッケ、生まれてすぐ&ハイチェアにも付けられる「バウンサー」に新色が登場

ストッケ、生まれてすぐ&ハイチェアにも付けられる「バウンサー」に新色が登場

ベビー用品ブランド「ストッケ」 のハイチェア「ストッケ ステップス」シリーズから、チェアに取り付けが可能なバウンサーの新色と、チェア用のベビーセットクッションの新柄が、7月8日より発売されます。


最新の投稿


【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

ベビー・子ども向けブランド「the kindest」から、初の子ども向けおやつ、ソフトクッキーが、販売開始されました。


【医師監修】子供の蕁麻疹(じんましん)。その原因は? 対処法を教えて!

【医師監修】子供の蕁麻疹(じんましん)。その原因は? 対処法を教えて!

子供の肌に赤いぶつぶつができると、もしかしたら食物アレルギーではないかとドキドキする人も多いのではないでしょうか。しかし、蕁麻疹(じんましん)の原因は必ずしも食物アレルギーとは限りません。ここでは子供の蕁麻疹について解説します。


【医師監修】着床出血がないことってあるの!? 気になる妊娠の可能性は?

【医師監修】着床出血がないことってあるの!? 気になる妊娠の可能性は?

受精卵が子宮に着床すると起こるという「着床出血」。それがもしなかったら、「妊娠していない」ということなのでしょうか? ここでは、着床出血なしに妊娠する場合はあるかどうか、妊娠によって起こることがある、着床出血以外の症状についても紹介します。


【医師監修】着床出血はいつ来るの? 時期の目安をおしえて!

【医師監修】着床出血はいつ来るの? 時期の目安をおしえて!

「着床出血」とは、受精卵が子宮内膜に「着床」することで起こる出血のこと。「着床が起こる=妊娠が成立する」ということなので、妊娠を待ち望む人にとってはとても気になる現象です。ここでは、着床出血はいつ来るものなのか、またどんな特徴があるのかなどについて解説します。


【助産師解説】生後0ヶ月(新生児)の母乳の授乳間隔は?成長とお世話の仕方

【助産師解説】生後0ヶ月(新生児)の母乳の授乳間隔は?成長とお世話の仕方

新生児期(生後0ヶ月)の母乳やミルクとの混合の授乳間隔について助産師が解説します。おっぱいの途中で寝てしまう、授乳リズムがなかなか作れない、おっぱいが足りていないのでは?など、この時期によくある疑問についてもまとめました。