【蒸れ対策? 老後のため?】ママに調査!デリケートゾーンの脱毛してる?

【蒸れ対策? 老後のため?】ママに調査!デリケートゾーンの脱毛してる?

他人にはちょっと聞きづらいけど、気になるのがデリケートゾーンの脱毛。海外では当たり前と言われていますが、実際にはみんなどうしているのでしょうか? そこでママたちの脱毛の有無と、している人・していない人それぞれの理由を聞いてみました。


デリケートゾーンの脱毛、してますか?

デリケートゾーンの脱毛をしていないというママが約8割、していないママが約2割という結果になりました。

では、脱毛しているママはどんな理由で脱毛しているのでしょうか? 脱毛していないママの理由にも合わせてご紹介します。

デリケートゾーンの脱毛をした理由

衛生的に保ちたい

●清潔に保ちたいため。(40歳以上/商社・卸/事務系専門職)

●蒸れて暑くなるのが嫌なので、ある程度きれいにしている。(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

●臭いやムレが気になって。(37歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)


常に下着で隠されている部位で、排泄や生理などに関わるので、蒸れや臭いが気になるという人は多いでしょう。そのため、清潔さや衛生面を考えて脱毛を決意したという回答が多く寄せられました。

独身時代に済ませた

●独身時代に、とてもがんばって取り組んでいました。(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

●結婚したら時間がなくなると思い、独身時代に実行。実行して正解。時間が本当にない。(40歳上/小売店/販売職・サービス系)

●独身時代やったけど今はモサモサ。(39歳/医療・福祉/専門職)


脱毛をした時期としては、やはり結婚前という人が多いようです。独身時代には男性との接触も多く、身だしなみのひとつとして脱毛をしたのでしょう。また、金銭的にもある程度自由になる独身時代の方が行いやすいということもありますね。

将来を見据えて

●まだ途中。今後の介護のために、脱毛をしている。(37歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

●処理をした方が出産や将来も楽だと知ったから。(35歳/ソフトウェア/事務系専門職)


出産などのほか、高齢になって介護を受けるときに、介護をしてくれる人に対しての礼儀や恥ずかしさを軽減するために脱毛をしたという人もいました。だいぶ先を見据えて、すでに行動している人がいるんですね!

デリケートゾーンの脱毛をしていない理由

痛みが気になる

●勇気がなくてしていない。(39歳/金融・証券/営業職)

●痛そうだから。(39歳/専業主婦)

●痛くて途中でやめた。(34歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)


やはり場所が場所だけに、痛みが気になるという人が多く見受けられました。「勇気がない」と回答したママは、痛みのほかに恥ずかしさがあるのかもしれませんね。施術を受けようと決意するまでのハードルは、なかなか高そうです。

経済的理由

●金欠だから。(25歳/小売店/販売職・サービス系)

●高いので脱毛はしていない。カミソリで週に回剃っていたが、よく考えたら脇と脛だけひどいので、脇と脛だけ2日に一回、他は週一で剃るようにしている。(29歳/自動車関連/事務系専門職)

●お金があれば今すぐにでもしたい。(30歳/商社・卸/事務系専門職)


脱毛をしたいと思っていても、金銭面がネックになっているママが多いようです。自分にお金をかけるより、優先すべきはやっぱり子ども。決して安くない金額なので、どうしても二の足を踏んでしまいますよね。

自然のままがいい

●自然でよい。(40歳以上/情報・IT/技術職)

●ナチュラルで良いと思う。(34歳/金融・証券/専門職)


ありのままの自分を受け入れているという人も多いようです。確かに常に他人の目に晒されるわけではなく、自分と特定の人が受け入れてくれさえすれば、そのままでいいと考えるのも納得できます。

まとめ

脱毛している人の多くは、清潔さ・衛生面を考えて、実行をしていました。確かに脱毛をすることで、処理そのものも楽になり、人と接するときにも気にせずにいられるということもあるのでしょう。一方、脱毛するには費用が嵩み、それを理由に脱毛していないという人も多いようです。逆に考えれば、経済的なところがクリアになれば、もっと脱毛をする人が増える可能性も高いのかもしれません。

マイナビ子育て調べ
調査日時:2021年7月16日~20日
調査人数:173人(22歳~40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

最新の投稿


【助産師解説】オススメの授乳姿勢はどれ?パターン別授乳の体勢と4つのポイント

【助産師解説】オススメの授乳姿勢はどれ?パターン別授乳の体勢と4つのポイント

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。新生児の赤ちゃんやなかなか吸い付けない赤ちゃん向け、帝王切開後や腰痛があるときにオススメの姿勢、飲み残し・吐き戻し・中耳炎があるときにやってほしい体勢など、パターン別の授乳姿勢をお伝えします。


【助産師監修】乳腺炎を引き起こす食べ物・食事内容とは?乳製品や肉はダメって本当?

【助産師監修】乳腺炎を引き起こす食べ物・食事内容とは?乳製品や肉はダメって本当?

かかるとツライ乳腺炎。できることなら予防したいところですが、そのためにはどんな食事を心がければいいのでしょう。また脂肪分のとりすぎが乳腺炎の原因になるというのは本当でしょうか。ママが知っておきたいポイントを紹介します。


コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

産後ケア普及を通じて「産後を起点とする社会問題(産後うつ/乳児虐待/夫婦不和)の解決」をめざすマドレボニータは、コロナ禍で出産した女性とそのパートナー654人を対象に2021年4月1日~10月31日に実施した「コロナ禍の産後のパートナーシップ」についてのアンケート調査結果を公開しました。


デリケートゾーン初心者さんは新宿マルイ本館へGO! 「はじめてのデリケートゾーンケア」テーマのポップアップストア開催

デリケートゾーン初心者さんは新宿マルイ本館へGO! 「はじめてのデリケートゾーンケア」テーマのポップアップストア開催

「生理に寄り添うセルフケア」をコンセプトにしたフェムテック/フェムケアD2C事業やメディア事業を展開中のあしたるんるんラボは、1月25日〜2月6日に新宿マルイ本館にて「はじめてのデリケートゾーンケア」をテーマにしたポップアップストアを開催します。


精神科医監修|子どもがかわいくないと感じるときはどうする?産後うつとの関係は?

精神科医監修|子どもがかわいくないと感じるときはどうする?産後うつとの関係は?

わが子のことがかわいく思えないことに悩む親御さんは、実は多いようです。ここでは、子どもがかわいくないと感じたことはあるか、その気持ちにどう対処したかを先輩ママに聞きました。現在悩んでいるママへの応援メッセージも紹介します。