担任「お子さん、ウソ言ってましたよ」ママたちが園や学校に対してモヤっとしたこと

担任「お子さん、ウソ言ってましたよ」ママたちが園や学校に対してモヤっとしたこと

子どもが保育園や幼稚園、学校に通うようになると、子の成長を感じるようになる一方、先生たちの対応や独自のルールに「これってどうなの?」と疑問を感じることも増えてきますね。どのような点にモヤモヤしているのか、ママたちの声を聞いてみましょう。


先生の対応にモヤっ

●娘の水着が盗難にあい、先生が謝りに来たが、ほとんど言い訳ばかりだった。(40歳以上/商社・卸/事務系専門職)

●放任、放置、事なかれ主義。(40歳以上/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

●同じ人ばかり役員に任命する。(35歳/小売店/事務系専門職)

●毎日の音読カードとかを返却しない先生がいる。(39歳/医療・福祉/専門職)

●子どもの個性を壊す発言をした保育士がいること。(22歳/通信/販売職・サービス系)

●ハワイ旅行を前に、子どもが保育園でその話をしたら、担任から「ハワイ旅行に行くなんて、うそをつくんですよ」と言われた。(40歳以上/医療・福祉/専門職)

先生たちが毎日忙しいのは理解しているつもりだけれど、園や学校でのトラブル対応に、「え? それって違うでしょ?」と感じるママも少なくないようです。子どもを信じていない発言や、問題をなあなあにして向き合おうとしない態度、するべき教育をしない先生に、ママたちのモヤモヤはおさまりません。

連絡が遅いことにモヤッ

●突然、持ち物のお知らせが来ること。(31歳/その他/事務系専門職)

●全般的に連絡が遅いこと。(38歳/金融・証券/事務系専門職)

●急に帰り時間が変わる事。(31歳/金融・証券/営業職)

●友人が、授業短縮連絡が前日にくると怒っていた。仕事してると急な変更は困ると思った。(32歳/建設・土木/事務系専門職)

先生だって人間ですもの、プリントの配布し忘れや、連絡事項の伝達し忘れがあるのはわかります。でも、「明日、〇〇持って行くんだって」という子どもの言葉に、「聞いてないよ!」と、焦るママが続出。子どもが困ることがないように、前日にコンビニや夜遅くまでやっているホームセンターに駆けこんだママもいるのでは? 仕事をしていると、急な予定変更に応じるのにも限界があるので、もし可能でしたら余裕をもって連絡してもらえると助かります!!

連絡方法にモヤッ

●何でもアプリで連絡になり不便。(23歳/電機/秘書・アシスタント職)

●プリントが多い。(34歳/小売店/販売職・サービス系)

おたよりの配布方法も、今では紙よりアプリで配信するパターンが増えています。いつでもスマホで見られるのは便利ですが、うっかりダウンロードを忘れて必要な情報を見逃してしまうことも。かといって、紙のプリントが多すぎても整理しきれないし、どちらが便利なのかわからなくなりそう。学校側も、保護者からの「紙は環境によくない!」派と「通信環境が整っていない!」派に板挟みになって、大変そうです……。

融通がきかないことにモヤッ

●裁縫が苦手なのに、手作りのカバンをひとつもたせてあげて、と言われた。(28歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

●コロナの影響で、1学期にたった1回しかプールの授業がないのに、学年別に色が違う帽子やスクール水着、合計3,000円超買わないといけないこと。たった一回なら、帽子や水着は自由にしてくれても良いのに……。融通のきかないところがモヤッとします。(38歳/その他 /主婦)

体操服や水着など、園や学校の指定の持ち物があるケースに頭を悩ませているママも。統一させることで、子どもたちを混乱させないようにする、差が出ないようにする、という配慮もあるのかもしれませんが、あまりにも杓子定規な対応に、親の方が困惑してしまいます。共働き世帯のほうが多いこのご時世、なぜ「手作り」指定なのかも理解できません。

まとめ

先生たちが、毎日たくさんのことを教えてくれて、子どもたちのお世話をしてくれることには、親として感謝しかありません。だからこそ、多少モヤモヤすることはあっても、子どもたちが楽しんで通園・通学していると、「こんなことくらいで文句言ったら、モンペと思われそう」と思って、自分の気持ちにフタをしてしまうママもいるようです。先生と保護者が子どもにとってよりよい環境を作れるよう、お互いに歩み寄って改善策が見つかるのが一番いいですね。

マイナビ子育て調べ
調査日時:2021年7月16日~20日
調査人数:173人(22歳~40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


『モラハラ夫に人生を狂わされた話』子育て編(Vol.94~Vol.118)をイッキ読み

『モラハラ夫に人生を狂わされた話』子育て編(Vol.94~Vol.118)をイッキ読み

モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々がInstagramで大反響を呼んだ大人気コミックエッセイ連載『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をイッキ読み♪


【まとめ】「学校が休校!? 働くの親の緊急事態」一気読み

【まとめ】「学校が休校!? 働くの親の緊急事態」一気読み

このコロナ禍での休園・休校に伴い、仕事との両立に悩まれた人も多いですよね。Instagramで子育て漫画を発信するオニハハ。(@onihaha3)さんも、そんなおひとり。夏休み明けの休校を巡り悩まれた日々を、短期連載でご紹介!


最悪の事態は免れるも「本当に怖かった」紺野あさ美さん次男の指に髪の毛が絡まり総合病院へ、思いがけない経験を投稿

最悪の事態は免れるも「本当に怖かった」紺野あさ美さん次男の指に髪の毛が絡まり総合病院へ、思いがけない経験を投稿

元モーニング娘。で元テレビ東京アナウンサーの紺野あさ美さんが、8月に出産した第三子次男に思いがけない事故があったことをブログで報告しました。「ヘアーターニケット」といって指の関節に髪の毛が複雑に絡まりうっ血した状態になっており、次男の指がパンパンに腫れている写真を投稿。紺野さんは詳細を説明し、注意喚起しています。


聞いたことないギャン泣きに「病気か?発作か?」新米パパ・チェリー吉武さん悪戦苦闘の育児報告

聞いたことないギャン泣きに「病気か?発作か?」新米パパ・チェリー吉武さん悪戦苦闘の育児報告

今年8月に第一子の女の子を出産した、たんぽぽの白鳥久美子さん。愛称“チェリ子”ちゃんはスクスク育ち生後2ヶ月になり、夫のチェリー吉武さんもパパとして一生懸命頑張っています。ただ、まだ子育てが始まってたった2ヶ月、焦ってしまうことも多々あるよう。


「洗濯機でオムツ爆発」は夫の仕掛けたトラップ!? エヴァ芸人稲垣早希さん、ポリマーのこびりついた洗濯物が泣ける

「洗濯機でオムツ爆発」は夫の仕掛けたトラップ!? エヴァ芸人稲垣早希さん、ポリマーのこびりついた洗濯物が泣ける

“エヴァ芸人ママ”でおなじみの桜 稲垣早希さんが10月20日に自身のブログを更新。夫が洗濯機を回してから出掛けたため干そうと思ったら、思わぬ「トラップ」が仕掛けられていたそう。小さい子どもを育てている家庭では「あるある」ですが、コレ本当に困るやつ……。


最新の投稿


【おめめキラッキラ♡尊い】つかまり立ちで初めて見たものに感動してる赤ちゃんの顔がこちら

【おめめキラッキラ♡尊い】つかまり立ちで初めて見たものに感動してる赤ちゃんの顔がこちら

Instagramで子育て漫画を発信されるれーこさん。れーこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


あいさんの漫画『ワーキング母ちゃん日記(夫婦編)』をイッキ読み!

あいさんの漫画『ワーキング母ちゃん日記(夫婦編)』をイッキ読み!

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。どんパパとのお話を抜粋した「夫婦編」です!


【漫画】ボス、ヨメからサツマイモを死守! その理由は?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.51

【漫画】ボス、ヨメからサツマイモを死守! その理由は?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.51

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、ボスとサツマイモのお話です。


【漫画】#3 最近、家族が冷たい? 娘たちの態度に違和感を覚え……『見えない地獄』

【漫画】#3 最近、家族が冷たい? 娘たちの態度に違和感を覚え……『見えない地獄』

3人の子どもに、念願のマイホーム。平凡でごく普通の家族、大川家。しかし、主人公で夫の大川勇気が、娘たちの態度に違和感を抱いたとき、もうそこはすでに“外からではわからない地獄の入り口”だったーー。インスタグラムから電子書籍化された『妻が鬼畜不倫、僕は復讐することにした』(KADOKAWA)の作者が描く、話題作!


いくたはなさん『夫と私の凸凹二人三脚な日々』をイッキ読み!

いくたはなさん『夫と私の凸凹二人三脚な日々』をイッキ読み!

結婚して出産したって、すぐに変われるわけじゃない。自分が「母親」に、夫が「父親」に、そしてふたりが「夫婦」になるまでにかかった年月をていねいに描いた話題作『夫を捨てたい。』のいくたはなさんが、3男1女を育てる夫婦の「これまで」と「現在」のリアルを描きます。