「毎日学童は可哀想」? ワーママの「罪悪感」を考える #岩橋ひかりのキャリアの引き算

「毎日学童は可哀想」? ワーママの「罪悪感」を考える #岩橋ひかりのキャリアの引き算

ワーママの頭の中は、育児や家事や仕事……すべてが同時のマルチタスク。日々そんな状態で、みなさん疲れてしまっていませんか? キャリアコンサルタントの岩橋ひかりさんが、忙しいワーママたちに「引き算」の考え方や岩橋さんが実践している方法をお伝えしていく連載です。


岩橋ひかり
株式会社MYコンパス代表取締役
キャリアコンサルタント。株式会社MYコンパス代表取締役。お茶の水女子大学生活科学部卒業、同大学院ライフサイエンス専攻修了。2017年株式会社MYコンパスを設立し、女性に特化した個人向けキャリアコンサルティング事業を開始。コミュニティ型オンライン講座「MYコンパス・アカデミー」のプログラム開発、講師育成、運営を行うほか、女性向けキャリア講座やセミナーに講師として多数登壇。著書に「最強のライフキャリア論。 人生まるごと楽しむための思考法」
https://mycompass.co.jp/

今日の引き算は「罪悪感の引き算」

夏休みがはじまりました。
緊急事態宣言が発令される中での東京オリンピック開催と、経験したことのない非日常な状況が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

非日常な状況であっても、その年齢で過ごす夏は人生一度だけ。
夏休みは貴重な時間です。

とはいえ、子どもたちの夏休み期間中も、大人は通常稼働。

「仕事がなければ、もっと子どもと一緒に過ごしてあげられるのに」
「毎日学童は可哀想」
「塾の夏期講習で埋め尽くされる夏休みでいいのだろうか?」
そんな葛藤を抱いたり、

「毎日、お弁当つくるのは大変すぎる」
と辛く感じたり。

ともすれば、自分が仕事をしているせいで……と罪悪感を感じてしまいがちな夏休み。
夏休みをどう過ごすのかは、小学生のお子さんを持つワーキングマザーにとってなかなか難しいテーマでもあります。

我が家は、長男が小5、長女が小1と、子どもたち2人ともが小学生になって迎える初めての夏休み。今となってはそんな罪悪感を感じることもぐっと減りましたが、長男が小学生になる前は、小1の壁、特に夏休みの過ごし方に戦々恐々でした。
「小学生の夏休みを子どもと一緒に過ごしたい」そんな思いもあって、長男が保育園年長の頃に働き方を変える選択をしたほどです。

働くママへの処方箋「罪悪感を成長するきっかけに」

そして今年も夏休みを迎え。「小学生の夏休みを子どもたちと一緒に過ごしたい」と思っていたはずの私は、ほぼ毎日仕事をして過ごしております。

というのも、働き方を変えた結果、自分の仕事が楽しくなりすぎてしまい、仕事をせず子どもとどっぷり一緒に過ごす夏休みは一度もないまま今に至ります。

当初、「仕事がなければ、もっと子どもと一緒に過ごしてあげられるのに」と思ってましたし、そう出来るために働き方を変え、会社員を卒業、独立しました。
ですが、自分でコレと選んだテーマで仕事し始めた結果、子どもたちと過ごす以上に楽しくなってしまった。私にとっては「子どもと過ごす夏休み>仕事」ではなく、「没頭できる仕事>子どもと過ごす夏休み」であり、コレが好き!楽しい!と思える仕事が大切だったのです。

「仕事がなければ、子どもともっと一緒に過ごせるのに」と罪悪感を抱いてしまうこともきっとあるでしょう。ですが、それは「母親だから子どもと一緒に過ごすべき」「子どもは母親と一緒に過ごしたいと思っているに違いない」というある種の思い込みにより引き起こされるものだったりもします。

小学生にもなると、子どもたちは自分の世界を持ち始めます。
「夏休みなのに、狭い学童に閉じ込めて可哀想」と思うかもしれませんし、私もそう思っていました。ですが、娘は大好きな友達と一緒に過ごせると喜んで通っています。

また、夏休みとは話が逸れますが、少し前にニュース番組で「学校では給食中も会話は禁止、子どもたちが一人で食事をしているなんて可哀想」という論調で報じていたので、娘に「給食の時間、一人で食べて寂しくない?」と聞いてみました。
すると「ごはんだけに集中できて、おいしいなーと思いながら食べてるよ!」と笑顔で答えてくれました。
思いがけない回答に驚きましたが、大人が可哀想だと思っていることだって、それは大人の思い込みである場合もあるんですよね。子どもたち一人ひとりの受け止め方は違うし、可哀想だと決めつけるのは良くないなと、娘の笑顔に考えさせられました。

「大人になるって楽しい!」「仕事って楽しい!」
私は子どもたちにこんな希望を持ってもらう役割だと思い、妙な使命感すら抱き、夏休み期間中も仕事に没頭しています。

子どもと過ごす時間より、仕事をしている時間の方が多くなりがちで、「悲しい思いをさせてごめんね」そんな想いがよぎるときは、今の仕事に対する熱意を改めて見直してみることから始めてみてはいかがでしょうか。
夏休みを、母親自身も成長するきっかけに活用してみてくださいね!

(文:岩橋ひかり)

関連リンク

第1回:「頭と心の中にある雑念」を忘れる方法とは?
第2回:新生活がスタートする前に「やらないことを決める」
第3回:ワーママがやりがちな「遠慮」は絶対NG
第4回:漠然とした不安とサヨナラするコツとは?
第5回:女性は「こうあるべき」を手放して
第6回:会社や夫への怒りやイライラをどう処理する?

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


子どもの「感染症対策」まとめ! 手洗いさせるには? 赤ちゃんにマスクは必要?

子どもの「感染症対策」まとめ! 手洗いさせるには? 赤ちゃんにマスクは必要?

新型コロナウイルスの流行でますます重要になっている感染症対策。大人と同様に子どもも感染症対策が重要ですが、手洗い、うがいが正しくできているのか、マスクを着けさせていいのか、パパママにとっては気になるところ。改めて、子どもの「手洗い」「うがい」「マスク」についておさらい!


ヤマハの電動アシスト自転車「PAS Crew」新モデル発売!子どもの頭部を270度包むリヤチャイルドシート搭載

ヤマハの電動アシスト自転車「PAS Crew」新モデル発売!子どもの頭部を270度包むリヤチャイルドシート搭載

ヤマハ発動機は2月14日、こだわりデザインとパパにもママにもちょうど良いサイズの24型子供乗せ電動アシスト自転車「PAS Crew(パス クルー)」2022年モデルを発売しました。


究極の問い「仕事か子育てか」に悩み抜いて出した結論 #岩橋ひかりのキャリアの引き算

究極の問い「仕事か子育てか」に悩み抜いて出した結論 #岩橋ひかりのキャリアの引き算

ワーママの頭の中は、育児や家事や仕事……すべてが同時のマルチタスク。日々そんな状態で、みなさん疲れてしまっていませんか? キャリアコンサルタントの岩橋ひかりさんが、忙しいワーママたちに「引き算」の考え方や岩橋さんが実践している方法をお伝えしていく連載です。


モップ洗いまでロボットにお任せ!モップ自動洗浄機能付きロボット掃除機「TECBOT M1」発売

モップ洗いまでロボットにお任せ!モップ自動洗浄機能付きロボット掃除機「TECBOT M1」発売

家庭用ロボット掃除機を専門に開発する​​TEC MOLD HOLDINGS LIMITEDは1月17日、モップ自動洗浄まで一体化したロボット掃除機「TECBOT M1(テックボットM1)」の応援購入プロジェクトを、Makuakeで開始しました。


入園直後に起こりがちなトラブル・誤解への対処法 #渡邊大地の令和的ワーパパ道 Vol.22

入園直後に起こりがちなトラブル・誤解への対処法 #渡邊大地の令和的ワーパパ道 Vol.22

『産後が始まった! 夫による、産後のリアル妻レポート』『夫婦のミゾが埋まらない 産後にすれ違う男女を変えるパートナーシップ学』(ともにKADOKAWA)など、夫婦のパートナーシップをテーマにした著書が話題の渡邊大地さんによる新連載! 令和における新たなワーパパ像を、読者のみなさんとともに考えます。


最新の投稿


子どもがアダルトコンテンツに興味を持ったら?『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』Vol.4

子どもがアダルトコンテンツに興味を持ったら?『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』Vol.4

子どもが「性」の問題に直面したとき、親はどうサポートしたらよいのでしょう。「性」の話はタブー視されがちですが、自分を守るためにも正しい知識は必要です。産婦人科専門医の高橋怜奈先生監修の『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』(主婦と生活社)から、親子で学びたい「性」の話についてご紹介します。


【誕生日占い】10月15日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

【誕生日占い】10月15日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

『10月15日』生まれの性格や向いてることや苦手なことってどんなこと?占い師lukia☆先生にこの日がお誕生日の子の運勢を占ってもらいました!さらに才能を伸ばすためのヒントや2022年の運勢も。番外編では歴史上の出来事や10月15日生まれの偉人・有名人・アニメキャラも紹介!


赤紫色(あかむらさきいろ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

赤紫色(あかむらさきいろ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

【赤紫色(あかむらさきいろ)】とは、赤みが強めのあざやかな紫を指します。日本の伝統色である【赤紫色】にどのような由来があって、どのように愛されてきたのか、子どもにそのまま教えてあげられるよう、やさしい言葉で解説します。海外の方に英語で説明できるよう、英語での解説も紹介しています。


【誕生日占い】10月14日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

【誕生日占い】10月14日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

『10月14日』生まれの性格や向いてることや苦手なことってどんなこと?占い師lukia☆先生にこの日がお誕生日の子の運勢を占ってもらいました!さらに才能を伸ばすためのヒントや2022年の運勢も。番外編では歴史上の出来事や10月14日生まれの偉人・有名人・アニメキャラも紹介!


【漫画】夫が即寝! 夫婦で話したいこと、いっぱいあったんじゃないの!?『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.82

【漫画】夫が即寝! 夫婦で話したいこと、いっぱいあったんじゃないの!?『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.82

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。