ママのための悩み解決サイト
【医師監修】子育てに疲れてもう限界! イライラ・モヤモヤを解消するには?

【医師監修】子育てに疲れてもう限界! イライラ・モヤモヤを解消するには?

初めての慣れない育児にストレスを感じたり、育児を手伝ってくれないパートナーにイライラしたり……。子供の笑顔や成長に喜びを感じる一方、育児疲れで心が不安定になっているママも少なくないようです。子育て中に感じるイライラやモヤモヤは、どうやって解消したらいいのでしょうか? さまざまなストレス解消法を紹介します。


この記事の監修ドクター
西條クリニック 西條朋行先生
徳島大学医学部卒業、日本医科大学付属病院精神神経科 病棟医長を経て、西條クリニック院長。新宿御苑前駅 徒歩1分にある、心療内科・精神科のクリニックです。当院では、エビデンス(科学的根拠)に基づいた良質の医療を提供し、患者さんの苦痛の軽減と解消をはかることのみならず、患者さんの問題を、それを内在する「環境全体の問題」と捉え、患者さんご自身について、あるいは、ご自身の環境との付き合い方について、「前よりもはっきりわかった」「役に立つことを知った」と実感していただけるように心掛けています。
http://saijo.net

育児疲れとは?

Getty logo

育児疲れの原因はさまざま。原因が1つだけであることもありますが、多くの場合は複数の原因が重なり合っています。どのような原因があるのか、それによってどのような影響があるのかまとめました。

育児疲れの原因 1

まず挙げられるのは、睡眠不足や肉体的な疲労です。赤ちゃんのお世話は24時間休みなし。特に生まれたばかりの頃は、数時間おきの授乳におむつ替えなどで睡眠不足になりがちです。生後数ヶ月過ぎても、夜泣きがひどかったり、寝つきが悪いなどで、ママはゆっくり睡眠をとることができない場合が多々あります。赤ちゃんがおとなしいわずかな時間に家事を片づけたり、他の兄弟の世話をして、疲れがとれない人も多いことでしょう。

育児疲れの原因 2

精神的な疲労もあります。まだ言葉が通じない赤ちゃんの場合、「なぜ泣いているのか」「なぜ機嫌が悪いのか」「なぜごはんを食べてくれないのか」などがわかりません。泣き止ませようと抱っこしても泣き続け、せっかく作った離乳食も拒否されることが続けば、ママの心も折れそうになりますよね。自我が発達する2~3歳の「イヤイヤ期」に入ると、言葉や行動でママに反抗するように。「いつまで続くの……」と精神的に追い込まれてしまうママもいることでしょう。

精神的な疲れの原因は子供だけではありません。子育てに口出しをする親や義理母、友人などの言葉、子育てに積極的ではない夫にイライラを感じる人もいます。

育児疲れの影響(ママに起きること)

肉体的・精神的な疲れによって、ママの身体にはどのような影響が出るのでしょうか。睡眠不足や肉体疲労が重なると、母乳が出にくくなることも。さらにホルモンの分泌もアンバランスになり、産後の回復が遅れたり、産後の抜け毛に影響することもあります。「母乳が出ない」「子供が泣き止まない」「夫が育児に参加しない」「姑の過干渉がストレス」と自分を追い詰めるうちに、子供に向かう気力がなくなってしまったり、ヒステリックにどなってしまいがちになる場合もあるのです。

イライラ・モヤモヤの解消法

子育て真っ最中のうちは、なかなか自分のために時間を割くことはできないものです。限られた時間で、モヤモヤやイライラを解消するには、どうしたらいいでしょうか?

おしゃべりで愚痴を吐き出す

モヤッとしたものを抱えていたら、それを口に出して吐き出すのも一つの方法です。子供が生まれると、子供つながりの新しい知り合いが増えるようになりますね。育児教室や児童館、育児サークル、公園などで知り合ったママとおしゃべりをして、子育ての悩みを聞いてもらうのもいいですね。そんなおしゃべりの中で「悩んでいるのは自分だけではないんだ」と実感することもあるかもしれません。

しかし、話を聞く側からしてみると「会うたびに愚痴話を聞かされる」のは負担になることも。悩みや愚痴ばかりこぼす人にならないよう、メリハリある会話を心掛けたいものです。

体を動かす

運動には、落ち込んだ心に自信を取り戻す効果や気晴らし効果があります。また、血行が促進されるため、母乳の出がよくなることも期待できるほか、肩こりを和らげる効果もあります。

ジムなどに通って、本格的に身体を動かすのもいいですが、子育て中はなかなかできない人も多いでしょう。そこで、家の中でも身体を動かす方法をとりいれてみましょう。子供番組を見ながら、子供と一緒に踊れば、身体を動かすだけでなく、子供とのコミュニケーションにもつながりますね。また、手軽にできるラジオ体操は有酸素運動としての効果が期待できるメソッドの1つ。体操の中には、深呼吸や体を伸ばすストレッチ運動も組み込まれています。ヨガのポーズの中には、ストレス解消に効果があると言われるものも。ヨガなら小さなスペースででき、子供のお昼寝最中でも取り組めそうですね。

趣味に没頭する

1日ほんのわずかの時間でも、自分だけのために時間を割くことができれば、気持ちをリフレッシュさせることができます。子供が寝たあとや、パートナーが子供と遊んでいる間などを使って、趣味に没頭してみるのもいいでしょう。ネイルをしたりするのも、ストレス解消だけでなく自分もキレイになれる作業なので一石二鳥ですね。ただし、「子供が起きてしまった」などで作業が中断されると、ストレス解消どころか余計にストレスが生まれることも。なるべくすき間時間でできることからはじめたほうがいいかもしれません。

1つの作業に集中することは、ストレス緩和に大きな効果があると言われています。「大人の塗り絵」にも癒しの効果があるそう。色鉛筆があればいつでも取り掛かれ、すき間時間でもできるのでお勧めですよ。

アロマでリラックスする

アロマセラピーは、植物から抽出した天然の精油を使い、その芳香成分を利用して心身を癒し、リラックスさせてくれるものです。ママの入浴やマッサージのときに精油を使うのもいいですが、部屋の中に香りを漂わせておくのもお勧めです。ラベンダーはリラックス効果が期待できる精油の代表。柑橘(かんきつ)系のオレンジの香りにも、不安な気持ちを楽にしてくれる効果が期待できるといわれています。

ただし、使うときにはしっかりと安全な使い方や使用量を確認しましょう。公益社団法人日本アロマ環境協会は、原則として、妊娠中の女性や3歳未満の子供には芳香浴(香りを漂わせる方法)以外での使用を推奨していません[*1]。

育児マンガやエッセーを読む

「笑う」ことは幸福感をもたらすほか、ストレスを減らす効果やリラックス効果があると言われています。お笑い番組を見たり、すき間時間を利用したりしてマンガを読むのもいいでしょう。中でも子育てエピソードが盛り込まれた育児マンガはお勧め。先輩ママが描く子育てマンガやエッセーは勉強になるものも多く、共感できるエピソードも多いはずです。

ベビーマッサージをする

赤ちゃんの夜泣きやグズリに悩むママも多いはず。そんな時はベビーマッサージを試してみてはいかがでしょうか。親子のスキンシップを育むベビーマッサージには、ママの中の赤ちゃんに対する愛着を高め、ポジティブな感情を強める効果が期待できます。また、肌と肌のふれあいですから、赤ちゃんをリラックスさせてくれるだけではなく、赤ちゃんに触れたママ自身にも、良い効果をもたらしてくれることが期待できます。

マッサージは、赤ちゃんの機嫌がいいときに行いましょう。特別に時間を割かなくても、着替えのときや入浴のタイミングに合わせて行うことができます。

一人の時間を持つ

子供とできるストレス解消法や、すき間時間でできるリラックス方法を紹介しましたが、中には「まとまって一人になれる時間がほしい」と思うママもいるはず。ここでは一人になることのメリットを解説します。

「一人の時間が欲しい」はわがままではない

大事な子供がいるのに、「子供から離れて一人になりたいなんてわがまま!?」と、罪悪感を抱える人もいるかもしれません。しかしママは母親であるだけでなく妻でもあり、ひとりの女性でもあります。ほかにも「主婦」「会社員」「〇〇サークルの一員」「△△校の卒業生」など、人によってさまざまな顔がプラスされるはずです。それぞれの顔を大切にするために、「一人になりたい」という気持ちがあるのは当然のこと。自分勝手でもわがままでもない自然な欲求なのです。

たまには子供を預けて外出する

子供が「泣く」「言うことを聞かない」「おもちゃを散らかす」のは日常茶飯事。どんなに子供がかわいくても、四六時中そのような状態であれば、ママのストレスはたまる一方です。ストレスが爆発する前に、子供と離れ、一人になる時間を持ちましょう。子供と離れる少しの時間で心に余裕ができ、穏やかに子供に向かうことができます。

パートナーや親の協力が得られない場合は、一時保育を行っている保育園を利用する方法もあります。子供の一時預かりを行っている百貨店や映画館もあるので、積極的に利用したいですね。

一人で抱え込まないことが大事

「自分の子供なのだから、私がしっかり育てなくては!」と考えるママも多いことでしょう。責任を持って子育てをすることは大切ですが、一人で全部抱え込んでしまうのとは話は別です。育児において周囲に力を借りる方法についてまとめました。

周囲に助力を求める

赤ちゃんの夜泣き、便秘、急な発熱、子供を預ける場所がない、なかなか歩き出さない……。育児には悩みがつきものですが、一人で悩んでもなかなか解決しません。そんなときは思い切って、育児のサポートを行う施設に行ったり、パートナーや先輩ママ、親など周囲に相談してみましょう。

育児を頑張るママは素敵ですが、「助けなんて必要ないのかも」と、周囲がなかなか手を差し伸べられないということもあります。もしかしたら、気づかないだけで、周囲に育児を助けてくれる味方がいるかもしれません。

夫を育児に巻き込むには

“イクメン”という言葉が流行する一方、育児参加に無関心に見えるパートナーもいます。しかし、実は無関心というわけではなく、どうやって子供に接したらいいのか戸惑っているだけかもしれません。また、最初は無関心でも、お手伝いを頼んでいるうちに育児に目覚める可能性だってあります。

今、パートナーが育児に協力してくれていない場合、まずは、哺乳瓶での授乳や抱っこであやす、一緒に遊ぶなど、簡単なものからお手伝いをお願いしてみましょう。そしてお手伝いが終わったあとは「ほめまくり戦術」で持ち上げます。このとき、多少の不満点には目をつぶること。育児初心者に、いきなり完璧を求めるのは酷なもの。パートナーに子供の相手を任せたら、子供と一緒になって部屋を散らかした……なんてこともよくある話ですが、「こんなに汚して!」という言葉を飲み込み、子守りをしてくれたことをまずは評価してあげてください。そうして、少しずつパートナーに子供を任せられる時間が長くなれば、ママが一人になれる時間もできていくはずです。

育児をがんばる自分を認める

毎日、育児や家事をがんばる自分を認めてあげましょう。子供を育てるというのは大切な仕事。完璧を求めるママも少なくありませんが、「まだまだ!」、「こんな育児ではダメだ!」と自分を追いつめないことも大切。多少の失敗も「仕方ないか」と認めることで、心にゆとりが生まれます。

まとめ

育児のストレスは多少なりともどんなママも抱えています。うまく気晴らしを取り入れられればいいのですが、限界までためてしまうと、ママ自身はもちろん子供にも悪影響を与えてしまうことも。自分なりのストレス解消法を見つけ、ガス抜きできるようにしましょう。しかし「ストレスを解消しなきゃ!」と思い過ぎても、それが逆にストレスのもとになるので要注意です。自分を自分で追い詰めず、頑張っている自分を認めてあげてくださいね。

参考文献
[*1]公益社団法人日本アロマ環境協会 安全に楽しむために
https://www.aromakankyo.or.jp/basics/safety/ 
(参照2018-5-10)

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.06.11)

【医師監修】子育てで旦那にイライラする10パターンと解消法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/156/

旦那さんにイライラしていませんか?新婚当時は大丈夫だったのに、育児が始まると途端にイライラするように。特に共働き夫婦はストレスも倍増します。ただ、育児の参加が少ない旦那さんでも子供の大事な父親。離婚を回避するためにも、ママたちが共通して感じている10個の例を挙げ、ストレス解消法を探っていきたいと思います。 

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【助産師解説】新生児のゲップ、出ない…助産師が教えるゲップのコツ

【助産師解説】新生児のゲップ、出ない…助産師が教えるゲップのコツ

新米ママにとって、新生児期の赤ちゃんのお世話は、わからないことや迷うことが多いもの。中でも、簡単なようで意外と難しいのが「授乳後の赤ちゃんのゲップ出し」。背中のトントンが弱いのか、抱き方が悪いのか、なかなか出てくれないときは焦ります。今回は助産師さんにゲップの出し方のコツを解説いただきます。


【助産師解説】産後のむくみ、どうやって解消する?原因と対策<ママ体験談>

【助産師解説】産後のむくみ、どうやって解消する?原因と対策<ママ体験談>

妊娠中だけじゃなく、産後にもむくみがあるなんて……。実は産後のむくみは、多くのママの悩みのタネなのです。そこで、産後のむくみの原因と対策を助産師さんが解説。先輩ママたちの工夫も参考になりますよ。


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?新生児の便、色・状態・回数は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?新生児の便、色・状態・回数は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】産後の床上げっていつ?外出、水仕事、お風呂は?<ママ体験談>

【助産師解説】産後の床上げっていつ?外出、水仕事、お風呂は?<ママ体験談>

出産後、「産後の床上げ(とこあげ)」はいつできるのでしょうか? 先輩ママの体験と助産師さんのアドバイスをまとめました。産後はできるだけ安静を保ちたいものですが、なかなかそうはいかない場合もありますよね。床上げまでの期間を無理なく過ごす方法も参考にしてください。


【助産師解説】生後0ヶ月(新生児)の母乳、授乳間隔は?コツと赤ちゃんの様子

【助産師解説】生後0ヶ月(新生児)の母乳、授乳間隔は?コツと赤ちゃんの様子

新生児期(生後0ヶ月)の母乳やミルクとの混合の授乳間隔について助産師が解説します。おっぱいの途中で寝てしまう、授乳リズムがなかなか作れない、おっぱいが足りていないのでは?など、この時期によくある疑問についてもまとめました。


最新の投稿


【医師監修】妊娠初期の下腹部痛が起こる主な原因と対処方法

【医師監修】妊娠初期の下腹部痛が起こる主な原因と対処方法

妊娠がわかれば、うれしい気持ちになると同時に、「赤ちゃんはちゃんと育っているだろうか」とついつい心配になってしまうものです。特に下腹部痛が起こると「もしかして、何かの異常?」と不安に思うかもしれません。ここでは、妊娠初期(~妊娠15週)に起こる下腹部痛の主な原因や対処法について解説します。


【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

妊娠を待ち望む女性にとって予定日が過ぎても生理が来ないと、「もしかしたら妊娠したかも?」と気になります。妊娠すると、生理が来ないだけでなく、他にはどのような症状があるのでしょうか。今回は妊娠超初期の症状や体の変化について詳しく説明します。


【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

妊娠中は赤ちゃんや胎盤・羊水の重さ、また血液の増加分などで体重が増えるのは当たり前のこと。しかし、肥満や妊娠中の体重増加が多すぎる人は、肥満によってかかりやすい疾患の発症リスクが高まったり、出産時のトラブルリスクに。妊娠中の太りすぎのリスクや、妊婦の体重をどうコントロールすれば良いのか、についてまとめました。


【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

妊娠初期のころから、たびたび感じる「お腹の張り」。妊娠後期、特に臨月に入れば、陣痛の張りなのか、そうではない張りなのか、見分け方も気になるところです。感じ方は人それぞれですが、中には注意したい「張り」もあります。今回は妊娠後期以降に感じやすいお腹の張りについてまとめました。


【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは?陣痛とそのほかの痛みとの見分け方

【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは?陣痛とそのほかの痛みとの見分け方

「臨月」と呼ばれる妊娠10ヶ月に入ると、出産の日はもうすぐ。赤ちゃんに会えるのは楽しみだけれど、特に初めての出産の場合は陣痛がいつ始まるかドキドキ、不安な人も多いのではないでしょうか。一方で、臨月に感じるお腹の痛みすべてが陣痛ではありません。今回は臨月の腹痛について、陣痛とそのほかの痛みとの見分け方も含めてご紹介します