ママのための悩み解決サイト
【医師監修】子育てに疲れてもう限界! イライラ・モヤモヤを解消するには?

【医師監修】子育てに疲れてもう限界! イライラ・モヤモヤを解消するには?

初めての慣れない育児にストレスを感じたり、育児を手伝ってくれないパートナーにイライラしたり……。子どもの笑顔や成長に喜びを感じる一方、育児疲れで心が不安定になっているママも少なくないようです。子育て中に感じるイライラやモヤモヤは、どうやって解消したらいいのでしょうか? さまざまなストレス解消法を紹介します。


この記事の監修ドクター
西條クリニック 西條朋行先生
徳島大学医学部卒業、日本医科大学付属病院精神神経科 病棟医長を経て、西條クリニック院長。新宿御苑前駅 徒歩1分にある、心療内科・精神科のクリニックです。当院では、エビデンス(科学的根拠)に基づいた良質の医療を提供し、患者さんの苦痛の軽減と解消をはかることのみならず、患者さんの問題を、それを内在する「環境全体の問題」と捉え、患者さんご自身について、あるいは、ご自身の環境との付き合い方について、「前よりもはっきりわかった」「役に立つことを知った」と実感していただけるように心掛けています。
http://saijo.net

育児疲れとは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

育児疲れの原因はさまざま。原因が1つだけであることもありますが、多くの場合は複数の原因が重なり合っています。どのような原因があるのか、それによってどのような影響があるのかまとめました。

育児疲れの原因 1

まず挙げられるのは、睡眠不足や肉体的な疲労です。赤ちゃんのお世話は24時間休みなし。特に生まれたばかりの頃は、数時間おきの授乳におむつ替えなどで睡眠不足になりがちです。生後数カ月過ぎても、夜泣きがひどかったり、寝つきが悪いなどで、ママはゆっくり睡眠をとることができない場合が多々あります。赤ちゃんがおとなしいわずかな時間に家事を片づけたり、他の兄弟の世話をして、疲れがとれない人も多いことでしょう。

育児疲れの原因 2

精神的な疲労もあります。まだ言葉が通じない赤ちゃんの場合、「なぜ泣いているのか」「なぜ機嫌が悪いのか」「なぜごはんを食べてくれないのか」などがわかりません。泣き止ませようと抱っこしても泣き続け、せっかく作った離乳食も拒否されることが続けば、ママの心も折れそうになりますよね。自我が発達する2~3歳の「イヤイヤ期」に入ると、言葉や行動でママに反抗するように。「いつまで続くの……」と精神的に追い込まれてしまうママもいることでしょう。

精神的な疲れの原因は子どもだけではありません。子育てに口出しをする親や義理母、友人などの言葉、子育てに積極的ではない夫にイライラを感じる人もいます。

育児疲れの影響(ママに起きること)

肉体的・精神的な疲れによって、ママの身体にはどのような影響が出るのでしょうか。睡眠不足や肉体疲労が重なると、母乳が出にくくなることも。さらにホルモンの分泌もアンバランスになり、産後の回復が遅れたり、産後の抜け毛に影響することもあります。「母乳が出ない」「子どもが泣き止まない」「夫が育児に参加しない」「姑の過干渉がストレス」と自分を追い詰めるうちに、子どもに向かう気力がなくなってしまったり、ヒステリックにどなってしまいがちになる場合もあるのです。

イライラ・モヤモヤの解消法

子育て真っ最中のうちは、なかなか自分のために時間を割くことはできないものです。限られた時間で、モヤモヤやイライラを解消するには、どうしたらいいでしょうか?

おしゃべりで愚痴を吐き出す

モヤッとしたものを抱えていたら、それを口に出して吐き出すのも一つの方法です。子どもが生まれると、子どもつながりの新しい知り合いが増えるようになりますね。育児教室や児童館、育児サークル、公園などで知り合ったママとおしゃべりをして、子育ての悩みを聞いてもらうのもいいですね。そんなおしゃべりの中で「悩んでいるのは自分だけではないんだ」と実感することもあるかもしれません。

しかし、話を聞く側からしてみると「会うたびに愚痴話を聞かされる」のは負担になることも。悩みや愚痴ばかりこぼす人にならないよう、メリハリある会話を心掛けたいものです。

体を動かす

運動には、落ち込んだ心に自信を取り戻す効果や気晴らし効果があります。また、血行が促進されるため、母乳の出がよくなることも期待できるほか、肩こりを和らげる効果もあります。

ジムなどに通って、本格的に身体を動かすのもいいですが、子育て中はなかなかできない人も多いでしょう。そこで、家の中でも身体を動かす方法をとりいれてみましょう。子ども番組を見ながら、子どもと一緒に踊れば、身体を動かすだけでなく、子どもとのコミュニケーションにもつながりますね。また、手軽にできるラジオ体操は有酸素運動としての効果が期待できるメソッドの1つ。体操の中には、深呼吸や体を伸ばすストレッチ運動も組み込まれています。ヨガのポーズの中には、ストレス解消に効果があると言われるものも。ヨガなら小さなスペースででき、子どものお昼寝最中でも取り組めそうですね。

趣味に没頭する

1日ほんのわずかの時間でも、自分だけのために時間を割くことができれば、気持ちをリフレッシュさせることができます。子どもが寝たあとや、パートナーが子どもと遊んでいる間などを使って、趣味に没頭してみるのもいいでしょう。ネイルをしたりするのも、ストレス解消だけでなく自分もキレイになれる作業なので一石二鳥ですね。ただし、「子どもが起きてしまった」などで作業が中断されると、ストレス解消どころか余計にストレスが生まれることも。なるべくすき間時間でできることからはじめたほうがいいかもしれません。

1つの作業に集中することは、ストレス緩和に大きな効果があると言われています。「大人の塗り絵」にも癒しの効果があるそう。色鉛筆があればいつでも取り掛かれ、すき間時間でもできるのでお勧めですよ。

アロマでリラックスする

アロマセラピーは、植物から抽出した天然の精油を使い、その芳香成分を利用して心身を癒し、リラックスさせてくれるものです。ママの入浴やマッサージのときに精油を使うのもいいですが、部屋の中に香りを漂わせておくのもお勧めです。ラベンダーはリラックス効果が期待できる精油の代表。柑橘(かんきつ)系のオレンジの香りにも、不安な気持ちを楽にしてくれる効果が期待できるといわれています。

ただし、使うときにはしっかりと安全な使い方や使用量を確認しましょう。公益社団法人日本アロマ環境協会は、原則として、妊娠中の女性や3歳未満の子どもには芳香浴(香りを漂わせる方法)以外での使用を推奨していません[*1]。

育児マンガやエッセーを読む

「笑う」ことは幸福感をもたらすほか、ストレスを減らす効果やリラックス効果があると言われています。お笑い番組を見たり、すき間時間を利用したりしてマンガを読むのもいいでしょう。中でも子育てエピソードが盛り込まれた育児マンガはお勧め。先輩ママが描く子育てマンガやエッセーは勉強になるものも多く、共感できるエピソードも多いはずです。

ベビーマッサージをする

赤ちゃんの夜泣きやグズリに悩むママも多いはず。そんな時はベビーマッサージを試してみてはいかがでしょうか。親子のスキンシップを育むベビーマッサージには、ママの中の赤ちゃんに対する愛着を高め、ポジティブな感情を強める効果が期待できます。また、肌と肌のふれあいですから、赤ちゃんをリラックスさせてくれるだけではなく、赤ちゃんに触れたママ自身にも、良い効果をもたらしてくれることが期待できます。

マッサージは、赤ちゃんの機嫌がいいときに行いましょう。特別に時間を割かなくても、着替えのときや入浴のタイミングに合わせて行うことができます。

一人の時間を持つ

子どもとできるストレス解消法や、すき間時間でできるリラックス方法を紹介しましたが、中には「まとまって一人になれる時間がほしい」と思うママもいるはず。ここでは一人になることのメリットを解説します。

「一人の時間が欲しい」はわがままではない

大事な子どもがいるのに、「子どもから離れて一人になりたいなんてわがまま!?」と、罪悪感を抱える人もいるかもしれません。しかしママは母親であるだけでなく妻でもあり、ひとりの女性でもあります。ほかにも「主婦」「会社員」「〇〇サークルの一員」「△△校の卒業生」など、人によってさまざまな顔がプラスされるはずです。それぞれの顔を大切にするために、「一人になりたい」という気持ちがあるのは当然のこと。自分勝手でもわがままでもない自然な欲求なのです。

たまには子どもを預けて外出する

子どもが「泣く」「言うことを聞かない」「おもちゃを散らかす」のは日常茶飯事。どんなに子どもがかわいくても、四六時中そのような状態であれば、ママのストレスはたまる一方です。ストレスが爆発する前に、子どもと離れ、一人になる時間を持ちましょう。子どもと離れる少しの時間で心に余裕ができ、穏やかに子どもに向かうことができます。

パートナーや親の協力が得られない場合は、一時保育を行っている保育園を利用する方法もあります。子どもの一時預かりを行っている百貨店や映画館もあるので、積極的に利用したいですね。

一人で抱え込まないことが大事

「自分の子どもなのだから、私がしっかり育てなくては!」と考えるママも多いことでしょう。責任を持って子育てをすることは大切ですが、一人で全部抱え込んでしまうのとは話は別です。育児において周囲に力を借りる方法についてまとめました。

周囲に助力を求める

赤ちゃんの夜泣き、便秘、急な発熱、子どもを預ける場所がない、なかなか歩き出さない……。育児には悩みがつきものですが、一人で悩んでもなかなか解決しません。そんなときは思い切って、育児のサポートを行う施設に行ったり、パートナーや先輩ママ、親など周囲に相談してみましょう。

育児を頑張るママは素敵ですが、「助けなんて必要ないのかも」と、周囲がなかなか手を差し伸べられないということもあります。もしかしたら、気づかないだけで、周囲に育児を助けてくれる味方がいるかもしれません。

夫を育児に巻き込むには

“イクメン”という言葉が流行する一方、育児参加に無関心に見えるパートナーもいます。しかし、実は無関心というわけではなく、どうやって子どもに接したらいいのか戸惑っているだけかもしれません。また、最初は無関心でも、お手伝いを頼んでいるうちに育児に目覚める可能性だってあります。

今、パートナーが育児に協力してくれていない場合、まずは、哺乳瓶での授乳や抱っこであやす、一緒に遊ぶなど、簡単なものからお手伝いをお願いしてみましょう。そしてお手伝いが終わったあとは「ほめまくり戦術」で持ち上げます。このとき、多少の不満点には目をつぶること。育児初心者に、いきなり完璧を求めるのは酷なもの。パートナーに子どもの相手を任せたら、子どもと一緒になって部屋を散らかした……なんてこともよくある話ですが、「こんなに汚して!」という言葉を飲み込み、子守りをしてくれたことをまずは評価してあげてください。そうして、少しずつパートナーに子どもを任せられる時間が長くなれば、ママが一人になれる時間もできていくはずです。

育児をがんばる自分を認める

毎日、育児や家事をがんばる自分を認めてあげましょう。子どもを育てるというのは大切な仕事。完璧を求めるママも少なくありませんが、「まだまだ!」、「こんな育児ではダメだ!」と自分を追いつめないことも大切。多少の失敗も「仕方ないか」と認めることで、心にゆとりが生まれます。

まとめ

育児のストレスは多少なりともどんなママも抱えています。うまく気晴らしを取り入れられればいいのですが、限界までためてしまうと、ママ自身はもちろん子どもにも悪影響を与えてしまうことも。自分なりのストレス解消法を見つけ、ガス抜きできるようにしましょう。しかし「ストレスを解消しなきゃ!」と思い過ぎても、それが逆にストレスのもとになるので要注意です。自分を自分で追い詰めず、頑張っている自分を認めてあげてくださいね。

参考文献
[*1]公益社団法人日本アロマ環境協会 安全に楽しむために
https://www.aromakankyo.or.jp/basics/safety/ 
(参照2018-5-10)

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.06.11)

【医師監修】子育てで旦那にイライラする10パターンと解消法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/156/

旦那さんにイライラしていませんか?新婚当時は大丈夫だったのに、育児が始まると途端にイライラするように。特に共働き夫婦はストレスも倍増します。ただ、育児の参加が少ない旦那さんでも子供の大事な父親。離婚を回避するためにも、ママたちが共通して感じている10個の例を挙げ、ストレス解消法を探っていきたいと思います。 

【医師監修】育児中のイライラ解消法14選!! ストレスを夫にぶつける前に!!

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/24

子育てのイライラを持て余していませんか?? 出産と同時に育児は怒涛のように始まり、子どもが可愛いだけで終わりません。育児ストレスで常にイライラしたり、ノイローゼになったりする人もいます。上手にネガティブな感情を解消していくのが大切です。ここでは、育児ストレスの原因とイライラ解消法を紹介していきます。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

リゾートやテーマパーク、アミューズメントに自然体験など、家族旅行におすすめのスポットや旅の過ごし方はさまざま。そのうちのひとつに、観光列車での旅もありますよね。子どもと一緒に楽しむのにぴったりの鉄道は? 家族でぜひ一度乗ってみてほしい観光列車をご紹介します。


家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行というとアミューズメント付きの滞在型ホテルでゆっくりというパターンが多いご家庭も少なくないのでは? そんな過ごし方もちょっと飽きちゃったという場合におすすめなのが、台湾。初めての家族旅行にもぴったりな台湾の魅力とおすすめスポットをご紹介します。


家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

近年、タイが家族旅行の新スポットとして注目されていることをご存じですか? まだ子どもが小さくて海外旅行はちょっと……と悩んでいるご家庭には特におすすめ。滞在先やグルメ、アクテビティなど、家族旅行におすすめの過ごし方と、タイの魅力をお伝えします。


ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

韓国は日本から飛行機でおよそ2時間半と、もっとも手軽に行ける海外旅行先のひとつですよね。そんな韓国の首都ソウルには子どもが楽しめるスポットが豊富で、小さなお子様連れの家族旅行にもぴったり。ソウルの魅力とおすすめスポットやグルメをご紹介します。


家族旅行にも!日本&海外の世界遺産スポット8選

家族旅行にも!日本&海外の世界遺産スポット8選

世界遺産を見に行きたいけど、子どもが大きくなるまで旅行はちょっと……と諦めてはいませんか? 家族旅行はもちろん、小さなお子様連れでも楽しめる世界遺産スポットもあります。今回、家族旅行に適した、日本と海外それぞれの世界遺産をご紹介します。


最新の投稿


子どもの入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

子どもの入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

子どもの急な発熱や体調不良には、ハラハラドキドキしてしまいますね。集団生活に入ると、流行りの病気をもらう機会や、ケガをすることもあるかもしれません。 そこで考えたいのが、子どもの病気やケガに備えた保険です。子どもの医療保険にはどのようなものがあるか、ご紹介します。


子どもがやりがちなトラブルに備えられる 個人賠償責任保険とは

子どもがやりがちなトラブルに備えられる 個人賠償責任保険とは

元気な子どもたちは、ついつい遊びに夢中になって、思わぬトラブルを引き起こすことがあります。個人賠償責任保険は、そんな日常生活での思いがけないトラブルに、幅広く対応してくれる家計の強い味方です。今回は、個人賠償責任保険の補償の範囲と、加入の仕方についてご紹介しますね。


栃木の家族旅行向けアミューズメントは?人気スポット8選

栃木の家族旅行向けアミューズメントは?人気スポット8選

自然豊かで空気がおいしい栃木。牧場や動物園が多いので、自然や動物との触れ合いを満喫したい方におすすめの旅行地です。中でも、家族旅行にぴったりのスポットはどこでしょうか?小さいお子様連れに特におすすめしたい、栃木の代表的なアミューズメントスポットをご紹介します。


扶養範囲内で損しない主婦の年収金額とは?

扶養範囲内で損しない主婦の年収金額とは?

配偶者がいる主婦の方が働くにあたって最も注意を払う必要があるのが、扶養の範囲内で働くのか否かという問題です。というのは、主婦が配偶者の扶養から外れてしまうと、課税などの面倒な問題が持ち上がってくるからです。 それでは、主婦の方が扶養の範囲内で働く際に必要な税金や社会保険の基礎知識についてご紹介して行くことにしましょう。


ふるさと納税の控除額はいくら?簡単に計算できる方法を紹介

ふるさと納税の控除額はいくら?簡単に計算できる方法を紹介

ふるさと納税を利用したいと思っても、控除される金額がわかりにくいと感じる人もいるでしょう。実際の控除額は簡単な計算式を利用する方法や、シミュレーションサイトを利用する方法があります。今回は、確定申告と併せてふるさと納税の控除額に関して解説いたします。