会社や夫への怒りやイライラをどう処理すべき?#岩橋ひかりのキャリアの引き算

会社や夫への怒りやイライラをどう処理すべき?#岩橋ひかりのキャリアの引き算

ワーママの頭の中は、育児や家事や仕事……すべてが同時のマルチタスク。日々そんな状態で、みなさん疲れてしまっていませんか? キャリアコンサルタントの岩橋ひかりさんが、忙しいワーママたちに「引き算」の考え方や岩橋さんが実践している方法をお伝えしていく連載です。


岩橋ひかり
株式会社MYコンパス代表取締役
キャリアコンサルタント。株式会社MYコンパス代表取締役。お茶の水女子大学生活科学部卒業、同大学院ライフサイエンス専攻修了。2017年株式会社MYコンパスを設立し、女性に特化した個人向けキャリアコンサルティング事業を開始。コミュニティ型オンライン講座「MYコンパス・アカデミー」のプログラム開発、講師育成、運営を行うほか、女性向けキャリア講座やセミナーに講師として多数登壇。著書に「最強のライフキャリア論。 人生まるごと楽しむための思考法」
https://mycompass.co.jp/

今日の引き算は「怒りの引き算」

「時短勤務なのに、仕事量は変わらず、むしろ増えてるのに、
お給料は下がるのは何だか納得がいかない」

「残業ありきで、なんで終業後に会議が設定されるの?」

「私も仕事してるのに、なんで私ばっかりが家事をしなくちゃいけないの!」

ワーママの方は、こんな憤りやイライラを感じたことがあるのではないでしょうか。

こんにちは。キャリアコンサルタントの岩橋ひかりです。
先日長男が11歳の誕生日を迎え、私も母になって11年。
ワーキングマザー歴は10年を超えました。

会社員ワーママとして5年、その後は起業家ワーママとして過ごしている私ですが、ワーママになる前と後では、感情が揺れ動く機会が圧倒的に増えました。楽しい方にも、そうでない方にも、喜怒哀楽を味わい尽くす日々。

その中でも特に、怒りの感情を抱く機会が増加。特に会社員ワーママ時代は、怒り、憤り、イライラを毎日のように感じていました。
子どもを叱ることももちろんありますが、冒頭のように、会社に対して、また夫に対して怒りの感情を抱くことも。

特に復職後、自分でもこれまでに味わったことの無いような怒りのエネルギーにあふ溢れ、憤りを抱えて過ごす毎日。会社でも家でも、しょっちゅうイライラしていました。

働くママへの処方箋「怒りは引き算しなくていい」

正直に告白すると、当時の私は、怒りの感情をうまくコントロールできずに、怒りを怒りのままにぶつけていた、ダメなワーママでした。

時短だからって、なんで謙虚でいることを強制されなければいけないのか?
担当業務なのに、聞かされないままになぜ結論が変わっているのか、納得いかない。
子どもがいるからといって、緩やかな働き方を望んでいると決めつけないでほしい……。

そんな怒りの感情をうまく消化できず、上司や同僚に直接怒りをぶつけて玉砕。更に、自己嫌悪に陥るという悪循環。

こうした失敗から、怒りを怒りのままにぶつけても、物事は良い方向には進まないと痛感。怒りのの感情のままにぶつけて相手を変えようとしても無理で、自分が損をしてしまうことを学びました。

でも、イライラするものはイライラするし、怒りや憤りの感情は湧き上がってくるもの。
そうした感情を押し殺したり、我慢しようとするのは逆効果。怒りを無理して引き算する必要はありません。

おすすめは、怒りの感情を別の形で活用することです。
湧き上がる怒りの感情を自己理解のために使ってみましょう。

というのも、怒りを感じるポイントは人によって全然違います。
同じ境遇で、同じ出来事に直面しても、怒りを感じる人もいればそうでない人もいます。
イライラしているときは、感情的になっているので気づきにくいのですが、実はイライラしているのは自分だけで、同じ環境下でも、なんとも感じない人もいます。

また逆に、自分にとって何ともない出来事に対して、怒りの感情を抱く人もいます。
怒りを感じることは、自分が大切にしていることや問題意識が隠れているポイントであり、自分らしさを知るには絶好の機会だと考えています。

たとえば、怒りを感じている渦中に冷静になるのは難しいかもしれませんが、その憤りをノートに書き殴っていると、不思議と気持ちが落ち着いてきます。書き出すことで、冷静になれるだけでなく、自分が大切にしている価値観に気付くことができる素晴らしい機会となるのです。
ちなみに、私自身、会社員ワーママ時代の昼休みに怒りや憤りをノートに書き殴って過ごしており、それが発端となり、その後女性のキャリアをテーマにした起業に至りました。
なるべく、イライラせずに毎日とを穏やかに過ごしたいものですが、様々な感情に揺れ動かされるのが人生の常。怒りという感情が大きく揺れ動く出来事も、うまく活用してみるのも良いかもしれません。

ワーママの皆さんが良き方向に進めることを願っております。

(文:岩橋ひかり)

関連リンク

第1回:「頭と心の中にある雑念」を忘れる方法とは?
第2回:新生活がスタートする前に「やらないことを決める」
第3回:ワーママがやりがちな「遠慮」は絶対NG
第4回:漠然とした不安とサヨナラするコツとは?
第5回:女性は「こうあるべき」を手放して

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】娘「ばーちゃんの様子が変、今すぐ来て!」⇒ボスの身に危機が!?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.50

【漫画】娘「ばーちゃんの様子が変、今すぐ来て!」⇒ボスの身に危機が!?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.50

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、ゆいさんの娘さん(1号ちゃん)が「ばーちゃんが大変!」とSOS! もしかしてボスの身に危機が!?


【漫画】お食い初め料理は元料理人の父お手製!⇒夫のせいで台無しに『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.60

【漫画】お食い初め料理は元料理人の父お手製!⇒夫のせいで台無しに『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.60

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【漫画】仕事中、妻から突然の帰宅要請に「無理。顔合わせるのもしんどい」『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.59

【漫画】仕事中、妻から突然の帰宅要請に「無理。顔合わせるのもしんどい」『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.59

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


前田敦子さん・勝地涼さん、離婚しても仲良く子育て。離婚時に決めておきたい、面会交流のこと

前田敦子さん・勝地涼さん、離婚しても仲良く子育て。離婚時に決めておきたい、面会交流のこと

俳優の前田敦子さんと勝地涼さんの“元夫婦”の関係性が、話題になっています。お二人は2018年に結婚し、2019年3月に第一子の男の子が誕生しましたが、今年4月に離婚を発表。ただ、離婚後も息子を含む三人で仲良くしているといいます。


10年先も頑張れる? 子育てと仕事の両立プランを描くなら、100個「嫌なこと」を書き出してみて #岩橋ひかりのキャリアの引き算

10年先も頑張れる? 子育てと仕事の両立プランを描くなら、100個「嫌なこと」を書き出してみて #岩橋ひかりのキャリアの引き算

ワーママの頭の中は、育児や家事や仕事……すべてが同時のマルチタスク。日々そんな状態で、みなさん疲れてしまっていませんか? キャリアコンサルタントの岩橋ひかりさんが、忙しいワーママたちに「引き算」の考え方や岩橋さんが実践している方法をお伝えしていく連載です。


最新の投稿


【医師監修】おむつはいつまで使う? 卒業時期とおむつはずれのコツ

【医師監修】おむつはいつまで使う? 卒業時期とおむつはずれのコツ

幼稚園や保育園の入園を控えた時期などに意識するのが「いつまでおむつなんだろう?」ということ。子供の成長とともに、おむつをそろそろはずした方がいいかどうか気になっているママやパパもいることでしょう。ここでは、おむつはずれの時期や知っておくと便利なやり方のコツなどをお話します。


【漫画】#117 職場でうまくいかないモラ夫が私に逆ギレ! その理由は?『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

【漫画】#117 職場でうまくいかないモラ夫が私に逆ギレ! その理由は?『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


【漫画】お食い初め料理は元料理人の父お手製!⇒夫のせいで台無しに『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.60

【漫画】お食い初め料理は元料理人の父お手製!⇒夫のせいで台無しに『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.60

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【漫画】保育園の合否が判明! 双子の同時入園は叶うか!?『プニぱぱ双子絵日記』Vol.13

【漫画】保育園の合否が判明! 双子の同時入園は叶うか!?『プニぱぱ双子絵日記』Vol.13

波乱の生活を送っていたはずが、気づいたら結婚&双子のパパに!? ぷにぱぱさんのブログ「プニぱぱ双子絵日記」から、家族愛つよめなパパによる双子育児エピソードをお届けします♪


【がっつり見えてる】娘がね、朝イチ全力かくれんぼ。どんなに上手に隠れても……豊満ボディが丸見えよ!

【がっつり見えてる】娘がね、朝イチ全力かくれんぼ。どんなに上手に隠れても……豊満ボディが丸見えよ!

Instagramで子育て漫画を発信されるosashimi111さん。osashimi111さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。