【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

犯罪からわが子を守るために家庭で実践したい安全教育。いざというとき身を守るには、知識だけでなく「安全基礎体力」をつけることが必要です。そのノウハウが詰まった書籍『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』(岩崎書店)から子どもと一緒に安全チェックができるクイズを連載でお届けします。


著者プロフィール
清永 奈穂さん
NPO法人体験型安全教育支援機構代表理事
株式会社ステップ総合研究所所長
2000年にステップ総合研究所を設立。犯罪、いじめ、災害などから命を守るための研究に取り組み、大学などの研究員や政府、自治体等の委員会委員なども務める。各地の自治体、幼稚園、保育園、小学校などで独自の体験型安全教育を行っている。著書に『犯罪から園を守る・子どもを守る』(メイト)、『犯罪からの子どもの安全を科学する』(共著 ミネルヴァ書房)、『危険から身を守る 学校・通学路・遊び場・家』(監修/一部 岩崎書店)など。

<<『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』をすべて読む>>

【問題】どっちが安全?

家のへいがたくさんあって、人もあまりいないところと、
商店街(しょうてんがい)などの人がいるところがあるね。

どっちが安全?

【答え】人がたくさんいるところ

【解説】
人がいる商店街のほうが安全。たくさんの人の目があるし、女の子を知っている人がいては、あやしい人も声をかけられない。遠回りでも、 商店街など、人通りのあるところを歩くこと。

あぶない場所は「ひまわり」さん

たとえば「さわらせて」と言いながらさわろうとしたら「だめです」、 その場からちがうところへ移動しようとしたら「いきません」と言います。

「こうしたところが特にあぶない」
「ふだん、ここを特に注意しておけばだいじょうぶ」
という場所があります。

とりになるところ
まわりにだれもいない公園や駅、大きなショッピングモールやスポーツセンターなどのトイレ。
学校からのかえり道、お友だちとわかれて家に入るまで。

わりから見えない・見えにくいところ
あぶない人は人が通らないところでわるさをしようとします。両がわが高いへいや木にかこまれている道路。ビルとビルの間のうら道。

かれ道、わき道やうら道の多いところ
わるさをしたあと、「ヒョイ」 とすがたをかくすことができるわかれ道やうら道、交差点の多い場所はあぶないです。 どこから近づこうか、どこへにげようかとあぶない人の選択肢が多くなります。

ようされていないおうちや あき地のあるところ
あぶない人は、なるべく人の目のない場所、あき家などに連れこもうとします。
管理人のいない駐車場でも車のかげにかくれて子どもをねらっています。
<<『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』をすべて読む>>

書籍『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』について

岩崎書店の子育てシリーズ (5) 「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育

¥ 1,320

(2021/6/21 時点)

小学校に入学すると、子どもが1人で外を歩く機会も出てきます。
犯罪から子どもを守るにはどうすればいいのでしょうか。
やはり「子どもに自分自身を守る力を身につけさせること」=家庭での安全教育が必要でしょう。

この書籍の著者は元犯罪者や警官などからその手口や心理などを聴取し、膨大なデータから子どもを守る方法を開発。千葉県警察本部の女性警察官とともに作った「いやです、だめです、いきません」をタイトルに、家庭でできる安全教育の実践方を紹介しています。

「走る」、「さけぶ」、「いやと言う」など、いざというときの対処を家庭で練習する方法、危ない人や危ないことが起きる場所の特徴、ねらわれやすい子どもの様子を丁寧に解説。「通学マップ」を作成しながら、危ない場所を喚起する方法も紹介されています。どの章も子ども自身も興味を持って親子で読めるよう、わかりやすいイラストが満載です。

小学校入学前の安全点検におすすめの頼れる一冊です。

(文:清永奈穂、イラスト:石塚ワカメ『「いやです、だめです、いきません」 親が教える子どもを守る安全教育』(岩崎書店)より一部抜粋/マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


家賃のコスパが抜群!「本当に住みやすい街大賞 2022」3位にランクインした「多摩境」……ってどんな街?

家賃のコスパが抜群!「本当に住みやすい街大賞 2022」3位にランクインした「多摩境」……ってどんな街?

12月8日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)が「本当に住みやすい街大賞」のランキング圏外から3位に急上昇した、とある街について特集。子育て世帯に住みやすそうな街として、おおいに盛り上がりました。


「突然世界が色を失ったような感覚だった」息子が知的障害のある自閉症だとわかった日

「突然世界が色を失ったような感覚だった」息子が知的障害のある自閉症だとわかった日

ママライターのべっこうあめアマミさんが、長男が知的障害のある自閉症とわかったときのことを描いた漫画が沸々と話題になっています。障害を持つ子どもとその親たちに寄り添いたいというべっこうあめアマミさん。その作品をご紹介します。


串カツで運気を“揚げる”! 串カツ田中が自宅で楽しむ『縁起串セット』を発売、年末年始のごちそうに

串カツで運気を“揚げる”! 串カツ田中が自宅で楽しむ『縁起串セット』を発売、年末年始のごちそうに

串カツ田中は12月20日まで、『縁起串セット』の予約販売を「串カツ田中オンラインショップ」にて実施します。12月21日からは、通常販売も開始します。


産後2ヶ月で妊娠・あいのり桃さん、妊娠検査薬が一週間で反応!?「まさか、ずれてただけじゃんって」

産後2ヶ月で妊娠・あいのり桃さん、妊娠検査薬が一週間で反応!?「まさか、ずれてただけじゃんって」

恋愛バラエティ番組『あいのり』(フジテレビ系)の元メンバーで人気ブロガーの桃さんが、第二子を妊娠し安定期に入ったと公表。桃さんは今年5月に第一子・たろくん(愛称)を出産しており、産後2ヶ月での妊娠です。その詳細を、YouTubeで明かしました。


【漫画】誰とも喋らない孤独な育児、でも淋しいなんて言えない『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.69

【漫画】誰とも喋らない孤独な育児、でも淋しいなんて言えない『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.69

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


最新の投稿


母子手帳ケースおしゃれで便利なブランドおすすめ10選

母子手帳ケースおしゃれで便利なブランドおすすめ10選

妊娠中から産後も使う母子手帳。便利に、なるべくきれいな状態で使うために、お気に入りの母子手帳ケースをゲットするのがおすすめです。この記事では母子手帳ケースの種類や母子手帳のサイズについての解説と、人気の母子手帳ケースブランド10選をご紹介。購入を検討中のプレママさんに役立つ情報をお届けします。


家賃のコスパが抜群!「本当に住みやすい街大賞 2022」3位にランクインした「多摩境」……ってどんな街?

家賃のコスパが抜群!「本当に住みやすい街大賞 2022」3位にランクインした「多摩境」……ってどんな街?

12月8日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)が「本当に住みやすい街大賞」のランキング圏外から3位に急上昇した、とある街について特集。子育て世帯に住みやすそうな街として、おおいに盛り上がりました。


「突然世界が色を失ったような感覚だった」息子が知的障害のある自閉症だとわかった日

「突然世界が色を失ったような感覚だった」息子が知的障害のある自閉症だとわかった日

ママライターのべっこうあめアマミさんが、長男が知的障害のある自閉症とわかったときのことを描いた漫画が沸々と話題になっています。障害を持つ子どもとその親たちに寄り添いたいというべっこうあめアマミさん。その作品をご紹介します。


美ボディ研究YouTuber「さくまみお」プロデュースの美ボディウェアブランドデビュー!第一弾はナイトブラ

美ボディ研究YouTuber「さくまみお」プロデュースの美ボディウェアブランドデビュー!第一弾はナイトブラ

AnyMind Groupは、美ボディ研究YouTuber「さくまみお」がプロデュースする美ボディウェアブランド「miour(ミアー)」をローンチします。公式オンラインストアでは、12月11日の21:00より先行販売を開始。一般販売は、12月17日の20:30から実施します。


「おい、端っこ歩け!」……いつもの下校グループで突然はじまった主従関係『ともだち Vol.1』

「おい、端っこ歩け!」……いつもの下校グループで突然はじまった主従関係『ともだち Vol.1』

子どもたちだけの世界ができ、大きく成長する小学生。しかし親の目が届きにくくなる分、友人関係でのトラブルも起きやすくなります。Instagramで子育て漫画を発信される愛すべき宇宙人(@aisubekiutyu_jin)さんが経験した、息子さんが低学年のころのトラブルを短期連載でご紹介します。