離乳食にポテトサラダはいつから?中期~完了期の注意点とおすすめレシピ、保存方法【管理栄養士監修】

離乳食にポテトサラダはいつから?中期~完了期の注意点とおすすめレシピ、保存方法【管理栄養士監修】

ポテトサラダはじゃがいもがメインの材料ですが、そのほかにも色々な食材や調味料が使われています。離乳食でポテトサラダはいつごろからあげられるのでしょうか。今回は赤ちゃんに大人用から取り分ける際の注意点やおすすめのレシピなどをご紹介します。


この記事の執筆者
三浦真由美 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
料理教室Me Time代表 食育ほっぺの会 認定講師
病院や高齢者施設で栄養指導・栄養ケア・マネジメントを経験。出産後は子どもの食の大切さを再認識し、離乳食や幼児食についての学びを深める。
「あなたらしく生きるために食べることで笑顔になれるように、その人に合ったアドバイスを心がけます」

「三浦真由美 先生」記事一覧はこちら⇒

この記事の監修者
川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
一般社団法人母子栄養協会HP

「川口由美子 先生」記事一覧はこちら⇒

離乳食にポテトサラダはいつから?

スーパーの惣菜コーナーの定番でもあるポテトサラダですが、自宅で作るという人も多いでしょう。食卓に並ぶ機会の多いメニューだけに、離乳食用に取り分けられたら便利ですよね。では、いつごろから赤ちゃんに食べさせられるのでしょうか。

離乳食にポテトサラダは中期ごろから

離乳期にポテトサラダは中期ごろ(7〜8ヶ月ごろ)から与えることができます。ただし、赤ちゃんが食べられる食材を使って、マヨネーズ抜きでポテトサラダ風にアレンジするくらいがいいですね。

通常、ポテトサラダを作る時にマヨネーズや塩・こしょうなどを使いますが、離乳期にはあえて使わなくてもよいものです。特に、マヨネーズには油分が多く含まれますし、味も濃いので離乳食にはふさわしいとは言えません。何より、生卵を使っているのでアレルギーを引き起こす可能性もあります。加熱しないマヨネーズを使うのは離乳完了期(1歳〜1歳半ごろ)以降にしましょう。

自宅で大人用のポテトサラダを作る際、じゃがいも以外の野菜もゆでたものを使用し、味を付ける前に離乳食分を取り分けして、大人の分だけマヨネーズ・塩・こしょうで味をととのえれば、家族みんなでポテトサラダを楽しめますね。

離乳期のマヨネーズに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。
▶︎離乳食でマヨネーズはいつから使える?

大人用のポテトサラダ、そのまま取り分けは幼児期以降

大人用のポテトサラダをそのまま子供にあげるのは、離乳食が終わった幼児期以降がいいでしょう。そのころになれば、離乳食よりもいろいろな味つけのものが食べられます。

外食などで味が濃い場合にはそのまま取り分けをせず、例えば白身魚にポテトサラダをちょっとのせてあげるなど調味料のようにしてあげると、食欲増進につながっていいかもしれませんね。


離乳食にポテトサラダを作る時のポイント・注意点

赤ちゃんのためのポテトサラダでは、材料や調理の面で大人向けに作る場合と異なります。ポイントを押さえて美味しく作りましょう。

ハムなどの肉加工品の使用は控えめに

ハムなどの肉加工品は肉を塩漬けして作るので塩分が多く含まれるので、離乳食のポテトサラダに使うには、塩分過多になってしまいます。また、肉の色をよくするために発色剤などの添加物も使用されるものもあります。

「ハムは調味料」と考えて使うとしても少ししておき、マヨネーズなどを使うのであればハムなどの肉加工品は避けておくといいですね。

食材は必ず火を通す

通常、ポテトサラダに使用するきゅうりや玉ねぎは、生のものを塩もみして水を切って使用しています。でも、赤ちゃんにとって、生のきゅうりなどはかたかったり、玉ねぎは刺激が強すぎたりするので、一度ゆでてから使うようにしましょう。

マヨネーズは使わず代用品で味付け

マヨネーズを使わない場合は、無糖ヨーグルトと合わせたり、豆腐や豆乳を混ぜると、マヨネーズの代用になります。また、育児用ミルクや離乳食用のホワイトソースを加えると、ほんのりと甘みととろみがつくので食べやすくなります。

離乳食ポテトサラダの保存方法

ゆでたり潰したりと調理工程が多いポテトサラダは、少量を作るよりある程度まとめて作るのがいいですね。ただし、おいしさや安全を考えて保存方法には注意しましょう。

冷蔵保存

離乳食用にたくさん作ったら1回に食べる分だけ皿に取り出し、残りは冷蔵庫で保管します。再度食べるときは加熱してから食べさせます。「赤ちゃんが少ししか食べなかったから」といって、口をつけたものを冷蔵庫で保管するのは菌が繁殖する恐れがあります。また、ポテトサラダに加えた野菜から水分が出てきて傷みやすくなりますので、2〜3日以内には使い切りましょう

冷凍保存

じゃがいもは塊のまま冷凍すると、解凍する際じゃがいもの組織が壊れて食感が悪くなりますので、滑らかにつぶしたものを冷凍しましょう。加える野菜の水分はしっかり切り、1回分づつラップなどに包んで保存します。

冷蔵保存と同じように赤ちゃんが食べる前には加熱しましょう。冷凍保存する場合は、1週間を目途に使い切りましょう。

ポテトサラダを使った離乳食アレンジレシピ

じゃがいもをつぶしたものはいろんな離乳食に応用しやすいです。大人用のポテトサラダに使うじゃがいもをやわらかくゆでて、赤ちゃん用にアレンジしましょう。

離乳中期(7〜8ヶ月)|ポテトサラダのアレンジのコツ

大人用に茹でたじゃがいもを細かくつぶし、無糖ヨーグルトと混ぜ合わせるといいでしょう。

離乳後期(9〜11ヶ月)|ポテトサラダのアレンジのコツ

大人用にゆでたじゃがいもを、丸形や小判型に整えて少量の油をひいたフライパンで焼き、ポテサラ風おやきにすることができます。じゃがいもはやわらかいので焼きかためても食べることができます。加熱することで水分が蒸発し、風味が増します。

離乳完了期(1歳〜1歳半)|ポテトサラダのアレンジのコツ

赤ちゃん用のマヨネーズは半分程度に

家庭で作るものなら調味料の調整ができるので、大人用のポテトサラダを取り分けることもできます。

じゃがいもは細かく砕くほどに表面積が多くなり、マヨネーズの使用量が増えますので、あらつぶしの状態で、通常の半分程度のマヨネーズで和えるといいでしょう。赤ちゃん用に取り分けてから、大人には塩こしょうやマヨネーズを追加するなどして味をととのえます。

まとめ

ポテトサラダは、じゃがいも・玉ねぎ・にんじんなどのストック野菜を活用すれば、節約にもなる料理です。しかし、マヨネーズやハムなどの肉加工品、生野菜を使用することが多く、消化機能の未熟な離乳期の赤ちゃんが大人と全く同じものを食べることはおすすめできません。ポテトサラダの下準備で、野菜をやわらかく茹でたものを取り分けて、ポテトサラダ風にアレンジして赤ちゃんも同じ食材を食べるということが良いですね。

(文:三浦真由美 先生、監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


川崎希さん0歳長女の食いつきがすごい! 初めての「出汁をとった離乳食」レシピ動画を公開

川崎希さん0歳長女の食いつきがすごい! 初めての「出汁をとった離乳食」レシピ動画を公開

元アイドルでアパレル経営者の川崎希さんとアレクサンダーさん夫婦が、共同のYouTubeチャンネル「アレクのんちゃんちゃんねる」で、生後8ヶ月の長女(通称“美人ちゃん”)がパクパク食べるという離乳食のレシピ動画を公開しました。


離乳食の中期〜しらすのレシピ5選【管理栄養士監修】

離乳食の中期〜しらすのレシピ5選【管理栄養士監修】

離乳中期(7〜8ヶ月)ごろからの赤ちゃんが食べられるしらすを使った離乳食レシピをご紹介します。かぼちゃや豆腐、ブロッコリー、じゃがいも、トマト、ほうれん草など様々な食材を合わせておいしく作ってみてくださいね。


離乳食の後期〜納豆のレシピ5選【管理栄養士監修】

離乳食の後期〜納豆のレシピ5選【管理栄養士監修】

離乳後期(9〜11ヶ月)ごろからの赤ちゃんが食べられる納豆を使った離乳食レシピをご紹介します。混ぜてご飯にかけるイメージの強い納豆ですが、野菜やお肉と和えたり、加熱したりしてもおいしいので、いろいろ試してみてくださいね。


パパもママも忙しい日の子どもの食事に。the kindestから丼もの2種新登場

パパもママも忙しい日の子どもの食事に。the kindestから丼もの2種新登場

MiLはこのほど、「the kindest(カインデスト)」のキッズフードシリーズから、国産野菜ときのこを使った幼児向けの牛丼と中華丼の販売を開始します。


離乳食の完了期〜なすのレシピ5選【管理栄養士監修】

離乳食の完了期〜なすのレシピ5選【管理栄養士監修】

1歳を過ぎるとだいぶいろいろなものが食べられるようになります。今回は離乳完了期(1歳〜1歳半)の赤ちゃんが喜ぶなす(茄子)を使った離乳食レシピをご紹介します。和・洋・中、取り揃えましたのでぜひ試してみてくださいね。


最新の投稿


【初マタ出産記】Vol.5 妊娠悪阻にコロナ禍での発熱!! 不安だらけのマタニティライフ~Tさんの場合~

【初マタ出産記】Vol.5 妊娠悪阻にコロナ禍での発熱!! 不安だらけのマタニティライフ~Tさんの場合~

妊娠・出産は一大イベント。特に初マタだと夫や家族への報告、妊婦検診、職場への報告や引き継ぎ、産前の準備などなど、初めてのことで大忙しです。 妊娠出産は人それぞれといいますが、それでも先輩ママたちの経験を聞くと心強いもの。本連載では働く「初マタママ」の妊娠から出産までの体験記をご紹介します!


ゲームに負けて号泣、悪態をつく息子。母がついに立ち上がる!【うちの子とゲームのつきあい方 Vol.4】

ゲームに負けて号泣、悪態をつく息子。母がついに立ち上がる!【うちの子とゲームのつきあい方 Vol.4】

子どものゲーム遊びについて悩んでいるご家庭も多いのでは? 今回はInstagramで子育て漫画を発信されるなおたろーさんが、実際にご自宅で実践した方法を短期連載でご紹介! 『うちの子とゲームのつきあい方 第4回(最終回)』


【子どもの防犯トレーニング】いざという時に自分の身を守る! 断る・叫ぶ練習『いやです、だめです、いきません』Vol.4

【子どもの防犯トレーニング】いざという時に自分の身を守る! 断る・叫ぶ練習『いやです、だめです、いきません』Vol.4

『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』(岩崎書店)より、わが子を犯罪から守るために家庭で実践したい安全教育を抜粋してお届けする連載の第4回。今回は「身を守るための10の練習」の中から「はっきり断る練習」と「叫ぶ練習」を紹介します。


授乳中の疑問!プロテインは飲んで大丈夫?【管理栄養士監修】

授乳中の疑問!プロテインは飲んで大丈夫?【管理栄養士監修】

授乳中にプロテインを飲んでもいいのか迷う女性は多いようです。プロテインと聞くと、トレーニング中の人が飲むもの、ダイエットのために取り入れるものなどのイメージがあるのではないでしょうか。プロテインも上手に使えば授乳中のお母さんの栄養補助に使うことができます。


【ベスポジ】パパの腕枕じゃないと眠れない! べったり密着にズッキューン♡

【ベスポジ】パパの腕枕じゃないと眠れない! べったり密着にズッキューン♡

Instagramで子育て漫画を発信されるまきこんぶさん。まきこんぶさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。