平愛梨、完全母乳育児の痛みと悩み「育児は本当に分からない」

平愛梨、完全母乳育児の痛みと悩み「育児は本当に分からない」

4月に第三子となる男児を出産した平愛梨さん。現在は夫の長友佑都さん(サッカー日本代表/リーグ・アン・オリンピック・マルセイユ所属)のフランスで幼い三兄弟を育てる苦労をInstagramにつづっています。


平愛梨、完全母乳で三児育てる悩み

平愛梨さんは2017年1月に長友さんと結婚し、イタリアへ。2018年2月に長男・バンビーノくん(愛称、以下同)、2019年8月にトルコで次男のベベックくんを出産。第三子の妊娠は公表していませんでしたが、今年4月22日に突然、長友さんがSNSで三男bebeくんの誕生を報告しました。

異国の地で出産し子育てしている平さん。しかもほぼ年子の育児とあって、産後一週間のタイミングで更新したInstagramでは<どんな日常になっていくのか自分でも想像つきませんが夫と仲良く3男児としっかり向き合っていこうと思います お気づきの点などありましたらドシドシ、アドバイスください>と、読者のアドバイスを募集していました。

日本時間5月8日の投稿では、日本から平さんの母親が手伝いに来てくれてとても助かっていることを明かし、<母がいなかったら⁈と思うとゾッとする>としていた平さん。それでも、三男に構おうとしているお兄ちゃんズの様子が危なっかしくて目が離せず、ついつい「ダメでしょ」「やめなさい」とキツめに叱ってしまうのだとか。この日も読者に向けて、<こうした方がいいよ‼︎ アドバイスすっごく欲しいです ください>と呼びかけました。

そして日本時間5月14日に更新したInstagramで、平さんは<アドバイス下さった方ありがとうございました>と読者への感謝を述べつつ、今の悩みを具体的につづっています。

<完全母乳育児の私は3時間置きに胸の張りや痛みがやってくる
その痛みと2男児が悪さをしたタイミングが重なるとヒーハーとつい強めの注意になりがち
「ダメ」「やめなさい」とつい出ちゃう言葉。>
<以前このように呟くと「まだ3歳ですよ!通じるはずもなく分かるはずもないですよ」とメッセージ頂きました>

このメッセージに納得した平さんは、まずは赤ちゃんに近づいてお世話しようとしている子どもたちに「ありがとう」の気持ちを伝えてから、「bebeはネンネしてるからシーっ」と伝えることを実践。長男のバンビーノくんは笑顔で理解してくれたそうです。

ただ、もうすぐ2歳とはいえまだまだ小さいベベックくんは、一度は理解するものの、またすぐ「赤ちゃん、あかちゃーん」と近寄ってしまい……。

<何度言ったら分かるの⁈と気が滅入りそうになりますが、何度言っても分かるはずない!(ことも理解してます) こりゃ参ったね>
<困るコトをされた時に痛みがあるととてもじゃないけどニコやかに&穏やかになんてなれない
残念だ、ワタシ>
<育児は本当に分からない。
自分が正しいとも思わない。>

兄弟姉妹を育てていると、平さんのように落ち込んでしまうことはしばしば。ただ、平さんはInstagramに書いて公開することで、同じような体験をした・している多くのママたちが、それぞれの価値観で温かい言葉をくれることに感謝しているようです。

<ここに書くと同じママ達が実体験やそれぞれの価値観で色んなことを教えてくれる
たくさんの人の言葉を聞いて色んな視野があっていいと思う
色んなことを取り入れて子供達に接してみたい♡>

ちなみに平さんが現在住んでいるフランスでの唯一のママ友は、長友さんと同じマルセイユ所属の酒井宏樹選手の奥様だけだそう。それもあって、距離は遠くとも、同じように育児をしているママさんたちとつながれるInstagramは大切な場所になっているのではないでしょうか。

赤ちゃんに構いたくて仕方がないバンビーノくんとベベックくん(平愛梨さんInstagramより)

完全母乳育児ってどういうこと?

出産してママになれば、ごく自然と母乳があふれて、赤ちゃんもゴクゴクとおっぱいを飲んでくれるというイメージがあるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

母乳は最初から十分な量が出るわけではなく、赤ちゃんに何度も吸ってもらうことで分泌量が増えていきます。母乳を出すためのマッサージは人によっては激痛ですし、赤ちゃんがなかなか飲んでくれなくて泣きそうになったというママの声も少なくないのです。

新生児期(生後1ヶ月まで)は2~3時間おきの、1日8~12回の授乳が目安。平さんは3時間おきに胸の張りや痛みがやってくると明かしていましたが、同じような経験をしたママは本当に多いと思います。また、十分な量の母乳が出ていないような気がして、プレッシャーに押しつぶされそうになるママも。母乳でもミルク混合でもミルクのみでも、赤ちゃんに大事な栄養はちゃんと届いているので、安心してください。

年齢の近いきょうだいの育児と新生児のお世話の両立は大変なものですが、コロナ禍の今は特に、平さんのようにSNSでつながるママ友の声が励みになりますよね。

(文:マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】夫は海外出張。孤独なわたしのもとに現れた突然の訪問者『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.26

【漫画】夫は海外出張。孤独なわたしのもとに現れた突然の訪問者『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.26

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【漫画】帝王切開を報告。でも夫は自分のことばかりで……『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.25

【漫画】帝王切開を報告。でも夫は自分のことばかりで……『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.25

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【初マタ出産記】Vol.3 書類にはおぞましい言葉の数々が! つわりで入院&帝王切開の初マタライフ~浜田さんの場合~

【初マタ出産記】Vol.3 書類にはおぞましい言葉の数々が! つわりで入院&帝王切開の初マタライフ~浜田さんの場合~

妊娠・出産は一大イベント。特に初マタだと夫や家族への報告、妊婦検診、職場への報告や引き継ぎ、産前の準備などなど、初めてのことで大忙しです。 妊娠出産は人それぞれといいますが、それでも先輩ママたちの経験を聞くと心強いもの。本連載では働く「初マタママ」の妊娠から出産までの体験記をご紹介します!


あいのり桃、妊娠中に一番ツラかったことが産後変化「不思議と飲みたくならないね」

あいのり桃、妊娠中に一番ツラかったことが産後変化「不思議と飲みたくならないね」

恋愛バラエティ番組『あいのり』(フジテレビ系)の元メンバーで人気ブロガーの桃さんが18日夜、同じく『あいのり』元メンバーで親友のクロさんとのYouTubeチャンネル「桃クロちゃんねる」で久々のライブ配信を行い、第一子である息子“ももたろくん”の出産を振り返りました。


授乳中の豆乳が母乳に良いって本当? イソフラボンの影響は?【管理栄養士監修】

授乳中の豆乳が母乳に良いって本当? イソフラボンの影響は?【管理栄養士監修】

なんとなくヘルシーで健康によさそうなイメージのある「豆乳」ですが、授乳中に飲むと母乳によい影響があるかもと聞くことがあります。これは本当なのでしょうか。豆乳に含まれるさまざまな栄養素の働きとともに解説します。


最新の投稿


【漫画】夫婦をやり直したくて始めた別居。けれどすぐに悪い予感が……『妻が鬼畜不倫、僕は復讐することにした』Vol.9

【漫画】夫婦をやり直したくて始めた別居。けれどすぐに悪い予感が……『妻が鬼畜不倫、僕は復讐することにした』Vol.9

この幸せがいつまでも続くと思っていたのに……。妻の裏の顔に驚愕! 不貞の証拠がゴロゴロ出てきて、もはや妻を愛せない。こんな人間に親権を渡してなるものか‼ サレ夫におこったドロドロの離婚劇が始まる――。ガマ太郎さん『妻が鬼畜不倫、僕は復讐することにした』(KADOKAWA)の内容を一部抜粋してお届けします。


「夫婦喧嘩をしない」「自然に親しむ」コロナ禍で新しく始めた家での習慣

「夫婦喧嘩をしない」「自然に親しむ」コロナ禍で新しく始めた家での習慣

コロナ禍で仕事のスタイルや生活スタイルが変わった人も多いでしょう。衛生面をはじめとして、新しい生活習慣が身に付いたという家庭もあるのではないでしょうか。アンケートから、みなさんがコロナ禍で始めた新しい習慣をご紹介します。


【漫画】夫は海外出張。孤独なわたしのもとに現れた突然の訪問者『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.26

【漫画】夫は海外出張。孤独なわたしのもとに現れた突然の訪問者『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.26

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【漫画】仕事から逃げた。家庭からも逃げたい。自己嫌悪に陥る私に友がくれた言葉『母親だから当たり前?』Vol.8

【漫画】仕事から逃げた。家庭からも逃げたい。自己嫌悪に陥る私に友がくれた言葉『母親だから当たり前?』Vol.8

夫と娘と私、どこにでもいる平凡で幸せな家族。でも、義父母と敷地内同居を始めてから、押し付けられるさまざまな価値観に違和感を覚えて……。フツウの母親って、家族っていったい何? 龍たまこさん『母親だから当たり前?』(KADOKAWA)より、一部内容を連載でお届けします。


【鼻の穴からこんにちは!】とりたい母と俊敏な赤ちゃんの熾烈な攻防!!

【鼻の穴からこんにちは!】とりたい母と俊敏な赤ちゃんの熾烈な攻防!!

Instagramで子育て漫画を発信されるはるまるさん。はるまるさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。