平愛梨さん、完全母乳育児の痛みと悩み「育児は本当に分からない」

平愛梨さん、完全母乳育児の痛みと悩み「育児は本当に分からない」

4月に第三子となる男児を出産した平愛梨さん。現在は夫の長友佑都さん(サッカー日本代表/リーグ・アン・オリンピック・マルセイユ所属)のフランスで幼い三兄弟を育てる苦労をInstagramにつづっています。


平愛梨、完全母乳で三児育てる悩み

平愛梨さんは2017年1月に長友さんと結婚し、イタリアへ。2018年2月に長男・バンビーノくん(愛称、以下同)、2019年8月にトルコで次男のベベックくんを出産。第三子の妊娠は公表していませんでしたが、今年4月22日に突然、長友さんがSNSで三男bebeくんの誕生を報告しました。

異国の地で出産し子育てしている平さん。しかもほぼ年子の育児とあって、産後一週間のタイミングで更新したInstagramでは<どんな日常になっていくのか自分でも想像つきませんが夫と仲良く3男児としっかり向き合っていこうと思います お気づきの点などありましたらドシドシ、アドバイスください>と、読者のアドバイスを募集していました。

日本時間5月8日の投稿では、日本から平さんの母親が手伝いに来てくれてとても助かっていることを明かし、<母がいなかったら⁈と思うとゾッとする>としていた平さん。それでも、三男に構おうとしているお兄ちゃんズの様子が危なっかしくて目が離せず、ついつい「ダメでしょ」「やめなさい」とキツめに叱ってしまうのだとか。この日も読者に向けて、<こうした方がいいよ‼︎ アドバイスすっごく欲しいです ください>と呼びかけました。

そして日本時間5月14日に更新したInstagramで、平さんは<アドバイス下さった方ありがとうございました>と読者への感謝を述べつつ、今の悩みを具体的につづっています。

<完全母乳育児の私は3時間置きに胸の張りや痛みがやってくる
その痛みと2男児が悪さをしたタイミングが重なるとヒーハーとつい強めの注意になりがち
「ダメ」「やめなさい」とつい出ちゃう言葉。>
<以前このように呟くと「まだ3歳ですよ!通じるはずもなく分かるはずもないですよ」とメッセージ頂きました>

このメッセージに納得した平さんは、まずは赤ちゃんに近づいてお世話しようとしている子どもたちに「ありがとう」の気持ちを伝えてから、「bebeはネンネしてるからシーっ」と伝えることを実践。長男のバンビーノくんは笑顔で理解してくれたそうです。

ただ、もうすぐ2歳とはいえまだまだ小さいベベックくんは、一度は理解するものの、またすぐ「赤ちゃん、あかちゃーん」と近寄ってしまい……。

<何度言ったら分かるの⁈と気が滅入りそうになりますが、何度言っても分かるはずない!(ことも理解してます) こりゃ参ったね>
<困るコトをされた時に痛みがあるととてもじゃないけどニコやかに&穏やかになんてなれない
残念だ、ワタシ>
<育児は本当に分からない。
自分が正しいとも思わない。>

兄弟姉妹を育てていると、平さんのように落ち込んでしまうことはしばしば。ただ、平さんはInstagramに書いて公開することで、同じような体験をした・している多くのママたちが、それぞれの価値観で温かい言葉をくれることに感謝しているようです。

<ここに書くと同じママ達が実体験やそれぞれの価値観で色んなことを教えてくれる
たくさんの人の言葉を聞いて色んな視野があっていいと思う
色んなことを取り入れて子供達に接してみたい♡>

ちなみに平さんが現在住んでいるフランスでの唯一のママ友は、長友さんと同じマルセイユ所属の酒井宏樹選手の奥様だけだそう。それもあって、距離は遠くとも、同じように育児をしているママさんたちとつながれるInstagramは大切な場所になっているのではないでしょうか。

赤ちゃんに構いたくて仕方がないバンビーノくんとベベックくん(平愛梨さんInstagramより)

拡大する

完全母乳育児ってどういうこと?

出産してママになれば、ごく自然と母乳があふれて、赤ちゃんもゴクゴクとおっぱいを飲んでくれるというイメージがあるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

母乳は最初から十分な量が出るわけではなく、赤ちゃんに何度も吸ってもらうことで分泌量が増えていきます。母乳を出すためのマッサージは人によっては激痛ですし、赤ちゃんがなかなか飲んでくれなくて泣きそうになったというママの声も少なくないのです。

新生児期(生後1ヶ月まで)は2~3時間おきの、1日8~12回の授乳が目安。平さんは3時間おきに胸の張りや痛みがやってくると明かしていましたが、同じような経験をしたママは本当に多いと思います。また、十分な量の母乳が出ていないような気がして、プレッシャーに押しつぶされそうになるママも。母乳でもミルク混合でもミルクのみでも、赤ちゃんに大事な栄養はちゃんと届いているので、安心してください。

年齢の近いきょうだいの育児と新生児のお世話の両立は大変なものですが、コロナ禍の今は特に、平さんのようにSNSでつながるママ友の声が励みになりますよね。

(文:マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


出産前後のすれ違いを回避せよ! 実録・渡邊家の夫婦ミーティング(前編) #渡邊大地の令和的ワーパパ道 Vol.14

出産前後のすれ違いを回避せよ! 実録・渡邊家の夫婦ミーティング(前編) #渡邊大地の令和的ワーパパ道 Vol.14

『産後が始まった! 夫による、産後のリアル妻レポート』『夫婦のミゾが埋まらない 産後にすれ違う男女を変えるパートナーシップ学』(ともにKADOKAWA)など、夫婦のパートナーシップをテーマにした著書が話題の渡邊大地さんによる新連載! 令和における新たなワーパパ像を、読者のみなさんとともに考えます。


舟山久美子さん、出産ドキュメンタリー動画を公開。陣痛中は夫と電話、産声とともに号泣

舟山久美子さん、出産ドキュメンタリー動画を公開。陣痛中は夫と電話、産声とともに号泣

モデルでタレントの“くみっきー”こと舟山久美子さんが、出産の模様を収めたドキュメンタリー動画を自身のYouTubeチャンネルに投稿しています。舟山さんは9月3日に第一子を出産。予定日より一週間早く産気づき、入院していたそう。陣痛に耐え、パパ立ち会いで無事に赤ちゃんが生まれました。


板野友美さん「立ち会い出産はしたくなかった」気持ちが、妊娠して変わった理由

板野友美さん「立ち会い出産はしたくなかった」気持ちが、妊娠して変わった理由

第一子を妊娠中のタレント・板野友美さんが、NONSTYLE井上裕介さんのYouTubeチャンネルに登場し、結婚生活や過去の恋愛についてを中心に、ざっくばらんなトークを展開。井上さんから「立ち会い出産しないの?」と聞かれると、板野さんは「もともとしたくなかったけど……」と、複雑な胸の内を明かしました。


【初マタ出産記】Vol.7 ジェンダーリビールで夫に性別発表! 腰痛でコルセットと杖が手放せなかった妊婦生活~中原さんの場合~

【初マタ出産記】Vol.7 ジェンダーリビールで夫に性別発表! 腰痛でコルセットと杖が手放せなかった妊婦生活~中原さんの場合~

妊娠・出産は一大イベント。特に初マタだと夫や家族への報告、妊婦検診、職場への報告や引き継ぎ、産前の準備などなど、初めてのことで大忙しです。 妊娠出産は人それぞれといいますが、それでも先輩ママたちの経験を聞くと心強いもの。本連載では働く「初マタママ」の妊娠から出産までの体験記をご紹介します!


第一子出産の舟山久美子さん「赤ちゃん可愛いすぎて預けられない」、我が子をじっくり観察する入院生活

第一子出産の舟山久美子さん「赤ちゃん可愛いすぎて預けられない」、我が子をじっくり観察する入院生活

タレントの“くみっきー”こと舟山久美子さんが、9月6日に第一子男児の出産を報告しました。YouTubeチャンネルにも動画を投稿し、誕生したばかりの赤ちゃんの姿を公開して「本当に可愛い~」とデレデレです。


最新の投稿


【わかんないよ!】娘「おしりとって」??? ⇒ 意味がわかっても理解できない幼児語

【わかんないよ!】娘「おしりとって」??? ⇒ 意味がわかっても理解できない幼児語

Instagramで子育て漫画を発信されるりりえさん。りりえさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


離乳食で鉄分はどうとる?鉄分豊富な食材やおすすめレシピ【管理栄養士監修】

離乳食で鉄分はどうとる?鉄分豊富な食材やおすすめレシピ【管理栄養士監修】

離乳食が進むにつれて、赤ちゃんは離乳食の内容によっては栄養バランスが崩れやすくなり、特に健康維持のために大切な「鉄分」が不足しがちに。そこで今回は、鉄分の大切さと鉄分補給のおすすめメニューをご紹介します。


簡単で万能「離乳食の野菜スープ」アレンジレシピと保存テクニック【管理栄養士監修】

簡単で万能「離乳食の野菜スープ」アレンジレシピと保存テクニック【管理栄養士監修】

離乳食で野菜をとるのは大変ですが、野菜スープがとても便利です。一度作り方を覚えると、いろいろなアレンジができますよ! 基本の作り方や話題の炊飯器での作り方などについてご紹介します。


【漫画】#86 妊娠中に突然の出血! あわてて夫に連絡するも……『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

【漫画】#86 妊娠中に突然の出血! あわてて夫に連絡するも……『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


【漫画】夫を捨てても、楽にはなれない。『夫を捨てたい。』Vol.14

【漫画】夫を捨てても、楽にはなれない。『夫を捨てたい。』Vol.14

「好きだから結婚したはずなのに、どうしてこうなっちゃったんだろう。私は夫を捨てたいと思っている……」ギクリとするような言葉ではじまる、いくたはなさんのコミックエッセイ『夫を捨てたい』。この話題作から、衝撃のクライマックスにあたる4章「夫を捨てた日」を切り出しての短期集中連載、ついに最終回!