授乳中にお寿司は食べていい?避けた方がいいネタは?【管理栄養士監修】

授乳中にお寿司は食べていい?避けた方がいいネタは?【管理栄養士監修】

産後、お寿司を食べる機会は多いかと思います。普段の食事のほか、日本人の場合はお祝いやイベントの際、食卓にお寿司が並ぶことも少なくないでしょう。でも、授乳中は食事に気をつけなければいけないことを考えると「お寿司は大丈夫?」とちょっと心配になることも。今回は授乳中のお寿司について解説します。


この記事の監修者
川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
一般社団法人母子栄養協会HP

「川口由美子 先生」記事一覧はこちら⇒

授乳中だけど、お寿司は食べても大丈夫?

「これって母乳を飲ませている時期でも食べていいのかな?」と疑問に思うお母さんも少なくないようです。それは普段から食生活に気をつけている証ですね。でも、意外と授乳中にとってはいけない飲食物は限られているのです。

お寿司は食べてOK!

「授乳中にお寿司を食べていいか」という疑問に対しての答えは「YES」です。

寿司店のメニューを見ると、お漬物、生ハム、天ぷら、コーンに焼肉と、そのバリエーションの豊かさに驚いてしまいますが、メインは何と言っても魚介類のネタでしょう。日本での魚介類の消費量は年々下がり続けていますが、お寿司でおいしく食べられるのであれば、それは喜ばしいことでしょう。

たんぱく質や必須脂肪酸が豊富

魚介類をネタにしたお寿司では、授乳中に積極的に摂取したい良質なたんぱく質や必須脂肪酸(DHA、EPA)が豊富に含まれています。また、特に女性は不足しがちな鉄も赤身魚などで摂ることができます。

主食と主菜が一度にとれる

お寿司は主食と主菜を一緒に摂れるメニューです。育児に手いっぱいで自分の食事がおろそかになってしまうことも少なくありませんが、授乳中はバランスよく普段よりも多めにエネルギーや栄養を摂る必要があります。

バランスがいい食事と言われてもピンとこないかもしれませんが、エネルギー源となるご飯などの「主食」、不足しがちなビタミン・ミネラル源となる野菜・いもなどの「副菜」、体の構成に必要なたんぱく質源である肉・魚・卵などの「主菜」の3つを揃え、それに乳製品や果物を加えると理想的なバランスをとることができます[*1]。

1日に2回以上、主食・主菜・副菜の3つを揃えることが理想とされていますが、魚介類や玉子をネタにしたお寿司の場合は主食と主菜の両方が一度にとれます。これにほうれん草のおひたしと具だくさんの味噌汁をつけるなどすれば、1食としてはバランスがとれるでしょう。

授乳中に避けた方がいいネタはある?

妊娠中は水銀を心配して本マグロやキンメダイなどの摂取量に気をつてけいたことでしょう。また、リステリアによる食中毒にかからないように、スモークサーモンや生ハムなどを避けるなどした経験から、「授乳中も気をつけなければいけない?」と思ってしまうかもしれません。実際、これらのリスクはどうなのでしょうか。

水銀に関しては心配なし

妊娠中はお母さんが摂取した水銀が胎盤を通じて胎児に移行してしまうため、水銀を多く含む魚介類に注意が必要です。しかし、母乳を通じて赤ちゃんが摂取する水銀の量は大変少ないため、授乳中に関しては食べる魚介類の種類や量に制限は設けられていません[*2]。

お寿司などでもとることができる魚介類は、授乳中に必要な栄養素が豊富です。また、通常の食事で体内に入る量は健康に影響を与えない程度で、しばらくすれば体外に排出されます(2ヶ月で半分に減る)[*3]。いろいろな魚をおいしくたべたいですね。

生ハムやスモークサーモンも問題ない

最近では、単なる魚の刺身ではない生ハムやスモークサーモンなど趣向を凝らしたネタも多く見かけます。これらの食品はリステリア感染症のリスクがあり、妊娠中は感染しやすく胎児への影響を与える可能性があるため、妊婦は避けるべきとされています。

一方、健康な授乳中のお母さんであればリステリア症の発症リスクはとても低いとされています[*4]。積極的にたくさん摂る必要はありませんが、楽しむ分には問題ない食品です。

鮮度や保存方法に注意

授乳中だからといって避けた方がいいお寿司のネタは特にありませんが、授乳の有無にかかわらず、生ものを食べる場合は鮮度や保存方法には気をつけましょう。

生の魚介類を食べる上で心配なのが、腸炎ビブリオやアニサキスによる食中毒です。これらに感染しても即母乳に影響することはありませんが、授乳期間中はただでさえ睡眠不足や疲労感を日常的に抱えているお母さんが多いものです。そこへ食中毒で体調を崩すようなことは避けたいですね。

最近では、お寿司のデリバリーやテイクアウトを利用するご家庭も多いかと思います。「夕飯に食べるまでだから」と室温で放置せず、必ず冷蔵保存してなるべく速やかに(遅くともその日のうちに)消費しましょう。

まとめ

普段、家庭で魚料理をしようとするとなかなか面倒なものです。そんなとき、手軽に魚とご飯が一緒に食べられるお寿司は便利ですね。妊娠中に気をつけなければいけなかった水銀やリステリア菌に関してはさほど心配はいりません。購入したお寿司を新鮮なうちに食べて、魚介類に含まれる栄養をしっかり摂りましょう!

(文:マイナビ子育て編集部/監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]厚生労働省「妊産婦のための食事バランスガイド」
[*2]厚生労働省「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項の見直しについて 授乳中の母親も、魚介類の摂食に注意すべきですか。」
[*3]厚生労働省「これからママになるあなたへ お魚について知っておいてほしいこと」
[*4]神奈川県衛生研究所「リステリア症について考えてみよう」

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連するキーワード


授乳 川口由美子 先生

関連する投稿


納豆おやき!おすすめレシピと調理のコツ【管理栄養士監修】

納豆おやき!おすすめレシピと調理のコツ【管理栄養士監修】

納豆は栄養豊富な食材の一つです。独特なにおいやネバネバが気になるかもしれませんが、おやきにすると食べやすくなるので、今回はそのコツをご紹介します。


離乳食の親子丼!保存方法やリメイクレシピも!【管理栄養士監修】

離乳食の親子丼!保存方法やリメイクレシピも!【管理栄養士監修】

親子丼は手軽でおいしく、日々の献立に欠かせませんよね。じつは離乳食でも取り入れることができるんです。でも、ちょっとだけ覚えておいてほしい注意点もあります。今回は離乳食の親子丼について解説します。


離乳食の納豆を使ったおやき!おすすめ理由と注意点【管理栄養士監修】

離乳食の納豆を使ったおやき!おすすめ理由と注意点【管理栄養士監修】

納豆は大豆が原料なので、たんぱく質を補いたい時に便利な食材です。ただ、そのままでは食べにくいので、おやきにすると食べやすくなります。今回は納豆を取り入れる時のポイントをご紹介します。


離乳食のオムレツ!調理のコツとおすすめレシピ【管理栄養士監修】

離乳食のオムレツ!調理のコツとおすすめレシピ【管理栄養士監修】

良質なたんぱく質を含む卵は、色々な食材と合わせてお食事に取り入れたいですよね。オムレツは様々な食材を包むことでバリエーションも広がります。ただ、赤ちゃんにあげるときにちょっと気になるのが卵アレルギーのこと。今回は離乳食のオムレツについて解説します。


手づかみできる離乳食! サンドイッチの厳選レシピ!【管理栄養士監修】

手づかみできる離乳食! サンドイッチの厳選レシピ!【管理栄養士監修】

パンが食べられるようになると主食の幅も広がります。サンドイッチはバリエーションが多く、離乳期の赤ちゃんにも手づかみ食べの練習になりおすすめです。今回は離乳期におけるサンドイッチを作るポイントと様々なレシピをご紹介します。


最新の投稿


【漫画】大歓喜のなか勧められても……父が孫の抱っこを拒んだ理由『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.38

【漫画】大歓喜のなか勧められても……父が孫の抱っこを拒んだ理由『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.38

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


イヤがるフリして嬉しさを隠しきれない息子の表情がコチラ【ほんとは大好き】

イヤがるフリして嬉しさを隠しきれない息子の表情がコチラ【ほんとは大好き】

Instagramで子育て漫画を発信されるうちここさん。うちここさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【助産師解説】妊婦の時からできる「乳カス」(乳垢)ケア方法と原因

【助産師解説】妊婦の時からできる「乳カス」(乳垢)ケア方法と原因

妊娠中や産後に、乳カス(または乳垢)と呼ばれる乳頭部分に白いカスのようなものができた経験があるママは多いようです。乳カスは、入浴前にご家庭にあるものを使えば、簡単に取り除くことができます。乳カスの掃除方法と必要な道具について、この白いカスの正体とともにお伝えします。


離乳食の裏ごし!やり方、便利グッズ、いつまで必要かを徹底解説【管理栄養士監修】

離乳食の裏ごし!やり方、便利グッズ、いつまで必要かを徹底解説【管理栄養士監修】

離乳食では、大人にとってのポタージュのように「滑らかにすりつぶす」調理をすることがあります。これを裏ごしといいます。裏ごしが必要な理由や裏ごしの方法について解説します。


【医師監修】赤ちゃんの服装|気温・季節別の選び方

【医師監修】赤ちゃんの服装|気温・季節別の選び方

赤ちゃんの服装に迷ったことのあるママは、多いのではないでしょうか。赤ちゃんは体温調節がうまくできないので、服装で調節することが大切です。今回は、季節や気温に合った服装選びのポイントや、便利なグッズなどをご紹介します。